ミニ薀蓄(うんちく)シリーズ


こちらは、本館でページにするほどでない、何かについて記述した記事です。
主に写真絵日記からの転載が主体ですが、残すことが目的ですので御許し下さい。

Part 2

判官さま(2002年 2月 2日)北海道神宮ゆかりの、六花亭のお菓子です。
かきそば(2001年11月8日)釧路は和商市場の露風庵さんの逸品。
グリーンピア(2001年10月20日)大沼の大規模年金基地の話です。
黄色いバター飴(2001年10月11日)当別のトラピスト修道院限定品です。
やきとり弁当(2001年8月18日)函館のハセガワストアのお弁当。
五勝手屋羊羹(2001年7月29日)江差の古くからの名物です。
カリンズ(2001年7月19日)庭のカリンズ。日本語ではフサスグリです。
イカ釣りロボット(2001年7月18日)製作者は浜出慈仁氏です。

2002年 2月 2日(土):判官さま

判官さま  円山公園、北海道神宮へ鳥見をしに行きました。地下鉄東西線で直行出来るのがありがたいです。神宮の無料休憩場に入ったら、注文する前に「お待たせしました」と言って、写真のお菓子が出ました。一人一個です。
 このお菓子のことは家内が知っていまして、昨年発売された六花亭の「判官さま」というものです。無料で食べれるのは知りませんでした。判官さまとは、明治の初めに札幌を治めた島義勇判官のことでしょう。神宮の門の近くにも島判官の銅像がありました。

六花亭ののぼり  帰ってから調べてみると、昨年11月、六花亭が北海道神宮に茶室(無料休憩所)を作り、その記念に作られたのがこのお菓子です。伊勢の赤福のように、みんなに愛されるお菓子になってほしいそうで、お茶室では、ほうじ茶とこの「判官さま」を、なんと無料でご馳走してくれます。
 「判官さま」は、そば粉で作られた餅で餡をくるんだもので、このまま食べてもいいのですが、ちょっと焦げ目を付けるとまたおいしくなります。日持ちがしないので道内限定品で一個80円です。

2001年11月8日(木):かきそば

牡蠣そば  釧路の初日の仕事(11月5日・月)の夕方、いつも行く和商市場内の「露風庵」へ「かきそば」を食べに行きました。釧路冬紀行にも書きましたが、牡蠣そばと牡蠣フライ、酢の物などのセットもあります。(Tel.0154-22-2662、和商市場のHP内に露風庵の案内あります)。
 今の私の胃には、そばだけで十分です。
 牡蠣の数は、重さで決まるそうで、今回は7個ありました。牡蠣の表面だけに熱が通っていて、絶妙の味です。厚岸の生牡蠣が入荷した日は、お店の入り口に看板が出ています。(以下略)

2001年10月20日(土):グリーンピア

(エゾリスの写真2枚と文章を削除しました。)

ユートピアのゲート  紅葉と昼食を求めてグリーンピア大沼へ行きました。
 100万坪の広大な敷地に、宿泊施設、スポーツ・レクリェーション施設等が設置されている大規模年金保養基地「グリーンピア」は、今年4月年金福祉事業団が解散して、現在は年金資金運用基金が管理運営し、全国に12箇所あります(グリーンピアの概要<同基金HP)。どの施設も立派で、広大すぎて、維持だけでも大変です。
 グリーンピア大沼は、82室284名収容のホテルと、キャンプ場として12棟(60名定員)のケビン、コテージ8棟(40名定員)、カナディアンハウス5棟(55名定員)の宿泊施設を持っています。温泉大浴場(日帰り入浴可)もあり、スポーツ施設としてはプールやスキー場、ボーリング場などは勿論、バギーカーのコースまであります。
 上の写真のゲートでは昔は入園料がいりましたが、今は無料です。左側にホテルが見えます。

駒ケ岳  グリーンピアの苦戦(失敗)の原因の一つは、最寄の街(ここでは函館)から遠いことです。ここも高速を使っても、1時間位かかります。それでも土曜なので結構人が入っていました。
 写真は駐車場から見た駒ケ岳です。紅葉には少し早かったです。

2001年10月11日(木):黄色いバター飴

黄色いバター飴  ルルドのマリアを見に行ったとき、買って来た、黄色い(飴色の)「トラピストバター飴」です。
 駐車場の傍の売店でしか買えないと、店員さんに聞いて、家内が買って来ました。普通のバター飴は白くて、こちらの方が固いです。
 原材料は、砂糖、水飴、バターの三つしか書いてありません。味は素朴というか昔風で、余りミルク(バター)の味がしないような感じです。

 序でといっては何ですが、箱の裏の説明によると、
バターは明治36年、クッキーは昭和11年に作り出されたそうですが、バター飴は意外に新しくて、昭和30年が始めだそうです。
 ここのお店でしか売っていないもの(本店限定?)が、かなりあるようです。グズベリー、カリンズやマルメロジャムも売っていましたが、これは貴重品と思います。

2001年8月18日(土):やきとり弁当

やきとり弁当  函館市内と近郊に16店舗を数える、地元のコンビニチェーン・ハセガワストアの「やきとり弁当」は観光雑誌やグルメ特集にも登場する、函館名物です。1979年登場で、GLAYも食べたと、ハセガワストアホームページに書いています。
 焼き鳥といっても、豚肉(精肉)を串にさしたもので、北海道では一般的です。注文を受けてから店内で焼くので、匂いも煙も立ち込めます。秘伝の隠し味は、たれ味は函館ワイン、塩味はガーリックで、写真の大で580円とお安いです。海苔がたっぷり入っています。
 実は、これとほぼ同じものが、根室のコンビニのタイエー(ダイエーではない)で食べられます。箱も、店名と秘伝の隠し味が「十勝ワイン」となっている以外は全く同じ。どうして、同じものがあるのか、ネットで検索すると面白い?ですよ(と思います)。
 他に、函館独自の食べ物の有名なお店で、GLAYゆかりでは、ラッキーピエロがありますが、若い人向けのような感じがして、おじさんは入ったことがないです。

2001年7月29日(日):五勝手屋羊羹

五勝手屋本舗  昨日江差で、とても古い歴史を持つ和菓子屋さんの本店へ行きました。
 筒状の羊羹で有名な店で、五勝手屋本舗と言います。江差の人にはよくお土産に貰いました。札幌でも新千歳空港、羽田空港などでも買えます。

五勝手屋羊羹  蓋を取って、下から押し出して、付属の糸で切って食べます。
 昔風の味でしょうか、余り甘くはなくて、美味しいですよ。この羊羹以外にも色々ありますが、最近のお薦めは「あきあじ最中」。鮭の形をした最中の餡が羊羹です(注:私は甘党ではありません。お酒も飲めない不幸な人です)。

2001年7月19日(木):カリンズ

 今日も雨が降って寒くて、最高気温も18℃台でした。せめて22℃は欲しいものです。
東日本フェリー  昼食に東日本フェリーの埠頭に行きました。食堂もあるし、函館山の眺望がいいのですが、今日は山頂は雲に隠れていました。
 写真では車が乗り込んでいます。右の2台のトラックは、好きな人はマークでわかる通り、お馬さんの輸送トラックです。

カリンズ  家へ帰ってから、雨の中、庭のカリンズを撮りました。あるサイト様の掲示板に貼ることになっています。
 カリンズはカーランツ(カラント)ともいい、日本語ではフサスグリ、赤すぐりの名称があります。西ヨーロッパから明治の初めに輸入され、冷涼な気候によく耐えます。
 挿し木で増やしたら、家内が友達にやってしまいました。この一本でも処理しきれないほど実が付きます。ジャムにすると、甘酸っぱくて美味しいです。種が大きいので、種漉しをする必要があり、ブルーベリーやラズベリーのようには人気が出ないのでしょう。

2001年7月18日(水):イカ釣りロボット

イカ釣り船の群  今年はイカが豊漁で安いので、休漁日を増やすことが検討されているそうです。
 写真は昨日も出した、開陽丸ですが、昼なのでびっしりイカ釣り船がいます。
 かって乙部町のイカ釣り船によく一晩中(昼過ぎから朝まで)乗せてもらいました。その頃はイカは買ったことがありませんでした。

イカ釣り船
 イカ釣り船です。大きさは色々ですが、これは中クラスと思います。
 左上の集魚灯は、とても明るく、直接見ないよう言われていました。今は表面のガラスで紫外線をカットしているようですが、同じ向きで一晩中釣っていた仲間が、顔の半分だけひどく日焼けしたことがありました。
 右下に見えるのがイカ釣りロボットです。楕円形の巻き取り機が大事で、1台に巻き取り機が2機付いています。
 機械式イカ釣り機は浜出慈仁氏(1984年死去。生前お会いしたことがあります)が特許を取った「はまで式イカ釣り機」(1971年発売)が有名で国内市場の7割を占めたそうです。1983年にマイコン制御による「はまで式イカ釣りロボット」(商品名「イカロボ」)が出て、これは海外にまで輸出されています。深さや速さだけでなく、何種類ものしゃくりのパターンが記憶されていて、黙々とイカを釣ります。
 イカ釣り(イカツケ)の話はいつかページを作りたいです。

[リンク確認・修正、ドバトの話(01/06/22)を削除:2004年2月15日]

もどる

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について