写真絵日記



2018年 2月 7日(水):仕事の前に

湯の川温泉電停

 私が車で仕事に行くと、家内は近場のスーパーに歩いて行くことになります。行き付けのスーパー2軒はM川の上流にあります。今日は車でその内の1軒に行きました。
 途中の湯の川温泉電停には湯の川行きの8008号 NCV 号が停車していました。画面左奥には2002号Coca・Cola号が見えます。ちゃんと動いていました。

ツタの実と野鳥

 行きにM川の街側の岸を覗いてみました。
 実の付いたツタの上の方には雪がたくさん積もっています。
 ここで見たのは大部分がツグミです。近寄ると逃げるので遠くからしか撮れません。画面に2羽のツグミが写っています。実はかなり減っているようです。ヒヨドリも写っていますよ。

柵の上のキレンジャク

 買い物を済ませてから待ちと反対側の岸沿いの道路に車を置きました。
 ツグミやヒヨドリだけでなくここではレンジャクの姿が見えました。
 これは家内が見つけてくれて撮った柵の上のレンジャクです。ヒレンジャクかとも思いましたが、羽の前の方に白い部分があってキレンジャクと判りました。

枝の上のキレンジャク

 こちらは木の上にいたキレンジャクで、見つけた時は2羽いました。尻尾の先が写っているのでキレンジャクとすぐ判ります。まだ取り残されたレンジャクが少しいるんですね。
 仕事に行く途中、きょろきょろしましたが、レンジャクは街中では見られませんでした。
 今日は一番多い400余名の受診者でした。この健診は明日で終りです。

2018年 2月 6日(火):市電も飛行機も

タイヤも埋まる

 昨日から雪が降り続いて、午前中に雪掻きをする前の家の車です。
 こんな風にタイヤまで積雪で埋まってしまったのは記憶にありません。掻いても掻いても、雪が降って来て積もるので、効果がありません。夕方の函館の積雪は74cmでした。
 Yahoo!ニュースの 北海道ニュースUHB です。時間が経つと削除されます。

CATVの交差点カメラ

 車で行けるか心配になって、ケーブルテレビ NCV の交差点カメラを見ました。
 市電がササラ電車の除雪が追い付かずに、11時から運転見合わせとお昼のNHKのニュースで報じられていましたが、函館駅前と十字街交差点には市電の姿がありません。
 函館空港では24時間に42cmの積雪があり、欠航になっています。

キットカットミニ3個

 と言う訳で、今日は数年来のトラック健診で、初めてタクシーを利用しました。規定の交通費からは足が出てしまいましたが、安全第一で仕方ないですね。
 今日は毎年恒例のスタッフ1人当たり3個ずつのキットカット・ミニを配りました。健診スタッフは19名、センターさんなどが4名です。これは私の取り分の3個です。

セット済み健診会場

 昨日は空の健診会場の写真を紹介しましたが、今日は椅子などが並べられた写真です。
 右に採血と心電図、その奥が聴力、左前が受付です。画面外右で計測や尿検査、視力・血圧測定のコーナーがあり、私の背後に診察ブースが2つあります。
 大雪のせいか受診者は少なかったです。残りは2日間、どうなるでしょう。

2018年 2月 5日(月):健診開始

積雪は少ない

 しばらく仕事から離れていましたが、今月は今週と再来週の各5日間、それにその翌週2日間の健診と市内の産業医訪問が1件あります。寒気で悪天候が心配です。
 毎年流通団地でのトラック健診は自分で運転して直行直帰しています。吹雪が心配でしたが、気温が高くて、出かける前の車の積雪はこの程度でした。

道路はこんな

 最高気温+1.9℃、最低気温は-2.4℃なので、途中の道路は雪が融けて、水が流れています。これは本通からもうじき赤川通りと言う場所ですが、道路は水浸しです。
 道路脇の雪を集めた壁は自動車より高くなっています。例年の2倍の積雪で、函館では見慣れぬ光景になっています。夕方の積雪深は56cm、札幌より3cm低くなりました。

私より遅いバス

 道路状況が判らないので、いつもより10分以上早く家を出ました。
 途中で渋滞や混雑が無く、13時前に付いてしまいました。健診は13時半開始です。
 何と健診班はまだ来ていません。じきに健診バスがやって来て、会場の前に駐車しました。素晴らしい青空で、天気予報の雪だるまは何だったのでしょう。

これから準備

 セッティングを始めたばかりの、会場のホールです。
 500人の受診者もさばける広さがありますが、これは準備を始めたばかりの光景です。
 多い時は500名以上の受診者がありますが、今日は約350名でした。半ば過ぎて来た受診者は待たずにすんだと喜んでいました。明日はセッティング済の会場をお見せします。

2018年 2月 4日(日):降りました

伊奈農園の大イチゴ

 風が一晩中吹いて、雪も降りました。積雪深は59cmで札幌より4cm多いです。
 雪掻きをしていたら愛知県の田原市に住む弟から、すごく大きいイチゴが届きました。昨年肺炎になってお見舞いに送ってくれた物です。サイズが判るようにコップを入れました。
 思いやりを込めて大切に育てました・・と言う伊奈農園のカードが入っていました。

馴染のダイサギ

 気温が高くて、最低気温は-0.1℃、最高気温は+3.9℃です。
 交通量の多い道は雪が融けてぐちゃぐちゃで、舗装面が出ています。
 川岸のツタの実にレンジャクがいないか探しに行きました。Y川で漁をしていたダイサギです。後で枝被りにならないように近寄ったら、愛想無しで飛び去りました。

仲好しの2羽

 今日もM川にはカワアイサが3羽いました。オス2羽とメス1羽です。
 一昨日も書きましたが、オス1羽とメスが近くにいて、もう1羽のオスは離れています。これは仲良し2羽の方で、オスの左羽は傷ついていません。見間違ったようです。
 まだ真冬ですから、ペアを作るには早いような気がします。

カワアイサ3羽

 じきに3羽一緒に行動します。でもなかなか近付いてはくれません。
 一昨日もそうでしたが、川沿いの遊歩道は除雪されていなくて歩けません。レンジャクは全く見られませんでしたが、ツグミやヒヨドリは飛んでいました。
 明日から4日間トラック健診で、上に書いたように絵日記は遅くアップします。

2018年 2月 3日(土):荒れ始め

窓越しヒヨドリ

 午後になっても+気温ですが、雪が舞って風が強いです。
 夕方からは吹雪く予報で、暗くて、こんな日に出かけても写真は撮れません。
 あわよくばレンジャクが来ないかと庭の枝に刺したリンゴにはヒヨドリしか来ません。雨に濡れた窓越しに撮ったので、この写真は小さくて、クリックしても拡大しません。

dNHKあなたの街の天気

 16時過ぎにはまだ注意報しか出ていませんでしたが、NHKのデータ放送のあなたの街の天気の3時間ごとの予報を見て下さい。風は10m/sと強いです。
 3時間ごとの予報の雪だるまが傾いて、周りは斜めの雪です。吹雪を現しています。日付が替わると普通の雪だるまです。気温は0〜1℃と寒くはないようです。

食べるレンジャク(2017/1/30)

 そんな訳でお見せする写真が無いので、1月30日に大量のレンジャクに遇ったときの写真を1枚見て下さい。たくさん撮ったので、しばらく使えそうです。
 画面の大部分はキレンジャクです。いつも感心するのはレンジャクは首が柔らかいですね。木の枝にぶら下がって、木の実を食べるには必要な能力かも知れません。

2018年 2月 2日(金):置いてけぼり?

キレンジャクです

 干潮を過ぎていましたが、近くの海岸にコクガンを見に行きましたが遅かったです。
 川岸のツタの実にレンジャクが来ていないか見に行きました。道路脇の大きい木にたくさんの鳥が止っていましたが、殆どがツグミとヒヨドリで、レンジャクが2羽いました。
 こちらはキレンジャクです。トリミング画像で、ヒレンジャクも1羽いました。

カワアイサのメス

 M川のY川を分岐する辺りに、久しぶりにカワアイサのオス2羽と、数か月見ていなかったメスが1羽いました。メスだけを撮った画像です。
 メスは頭が茶色で冠羽がぼさぼさで格好良いです。夏にはエクリプスと言ってオスもこのような羽色になってしまうので、そんなに珍しい訳ではありません。

カワアイサのオス2羽とメス1羽

 メスはこの写真では判りませんが、お馴染みの左羽が傷ついているオスと親しいようです。2羽は近くにいることが多いのですが、もう1羽のオスがちょっかいを出します。
 本当は3羽1画面に揃った写真を撮りたいのですが、泳ぐのは速いし、そんな写真は撮れません。辛うじて1画面に3羽が収まった写真です。いつまでいてくれますか。

右端はヒレンジャク

 対岸に回ってY川の岸に立つと、ツタの間からたくさんの鳥が逃げて行き、川向こうの離れた木に止まりました。これはトリミングはしていない画像です。
 殆どがツグミで、左の方にヒヨドリが1羽います。画面右端の後向きはヒレンジャクです。拡大すると尻尾の先が赤いのが判ると思います。レンジャクは置いてけぼりでしょうか?

2018年 2月 1日(木):レンジャク見えず

歩道に落ちたナナカマドの実

 昨日レンジャクの群が飛び回っていた場所へ行きましたが、全然姿が見えません。
 アトリを撮ったナナカマドの木は殆ど実が無くて、地面に落ちたナナカマドの実は増えています。雪も少しふったし、たくさんの人が歩く歩道なので、落果は雪にめり込んでいます。
 ツグミやヒヨドリも数が減ったような気がします。アトリは見ませんでした。

ダイサギ

 昨午後床屋さんに行くときに電車通りの駒場車庫近くのナナカマドの街路樹にレンジャクが来ていました。カメラは持っていないし、車は停められません。
 今日は川へ行きましたが、その辺は実が無くなっていて、何もいませんでした。S川にはダイサギが立っていて、遊歩道を通る観光客のカメラに撮られていました。

ツタの実は残っている

 レンジャクは街中のナナカマドの実が無くなると、M川の岸のツタの実を食べに来るのを何度も見ています。昨日に続いて様子を見に行きましたが、実はたくさん残っています。
 今日は数羽のツグミを見ました。川側のツタが垂れ下がった方にいるし、逃げ足が速いので撮れません。ヒヨドリも少しいましたが、これ位ならツタの実は無くならないでしょう。

アオサギ

 M川上流の岸にあるスーパーに行きました。今日は浚渫工事は休みです。
 重機の近くにアオサギがいたのですが、逃げられました。そちらへ行って、遠くから撮りましたが、また飛んで前の場所に戻って来ました。黒っぽいのは露出のせいでしょう。
 車で帰るときには、空中でもう1羽のアオサギと喧嘩をしていました。

2018年 1月31日(水):アトリと市電

アトリのメス

 午前中は晴の予報で、昼前に昨日キレンジャクをたくさん撮った場所へ行きました。しかしナナカマドの実はもう無くなっていて、レンジャクなど野鳥はいません。
 それでもっと電車通りに近い道路へ行きました。以前レンジャクを撮った場所です。レンジャクは群で旋回していて撮れません。近くの木にアトリが数羽いました。メスです。

アトリのオス

 アトリは代表的な冬鳥ですが、一部は移動の途中の旅鳥だそうです。
 逃げないので撮り放題ですが、1羽ずつは離れています。顔が黒くて首が黄色いのはオスです。見晴公園の地面で木の実などを大集団で食べていたのを何回か撮りました。
 レンジャクは飛び回っていて、一度は目の前の電線に3列で並びましたが、車が来て逃げました。高い木の上の方にも集団で止りましたが、行く前に飛び去りました。

らっくる号9602号

 今日は最高気温-0.8℃、最低気温-7.6℃とそんなに寒くはありません。
 積雪は53cmと毎日2cm位増えています。数日前に例年の倍と言っていました。
 交通刑務所の通りにもナナカマドがあるので、見ながら昭和橋の傍のスーパーに行きました。実は無くなっていて、市電撮影をしました。超低床市電らっくる号9602号です。

笹色ツートンの交叉

 函館市電の旧標準塗装を笹色ツートンと言っています。今は2両だけです。
 その2両が昭和橋の上で交叉しました。左が812号、右は719号です。719号の前が画面に入らず欠けてしまいました。左端の山は函館山です。道路端の雪山も入れました。
 明日も好天の様なので、もう1日キレンジャク探しをするつもりです。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について