写真絵日記



合計ホスティング・レンタルサーバー 今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー

2018年 6月18日(月):4年ぶりの上ノ国町健診

広い会場です

 今朝大阪北部を中心に大きい地震がありました。犠牲になられた方々のご冥福をお祈りし、被害者の方々に心よりお見舞い申し上げます。
 4年ぶりに 上ノ国町 の健診を担当しました。2014年6月13日の絵日記は「5年連続」 です。その後2年は病気で来ず、昨年は札幌で仕事をしました。会場内部です。

外から見ると

 昼休みに食事に行った帰りに撮った会場「健康づくりセンター」の外観です。
 今日は教育委員会の健診と終了後は一般健診を行いました。
 明日からは町職員の総合健診(簡易ドック)で、今日中に眼底カメラや超音波装置が用意されました。建物の周りの黄色花はタンポポモドキです。

役場

 近くにある上ノ国町役場です。「北海道夜明けの地」と称していて、昔は江差町より栄えたそうです。お城っぽい建物と前から思っています。
 今日は7時集合でしたが、明日からは6時集合になります。露天風呂に入って、早く就寝することにします。外気に当たる露天風呂のせいか微熱の方も落ち着きました。

ホテルのコウリンタンポポ

 ホテルにもタンポポモドキが多いのですが、バスから玄関に歩く途中で、写真のコウリンタンポポを見つけました。狭い範囲にかたまって咲いています。
 みんなの花図鑑ーgoo には、日頃私が書いている、道北地方に多いと記述しています。更に、戦後にサハリンから侵入したものと推定しています。今は全道に広まりました。

2018年 6月17日(日):乙部町へ移動

笹色ツートンの812号

 今週は明日から3日間は上ノ国町の健診で、その後2日間は室蘭市で仕事です。上ノ国町の仕事は上ノ国の隣の隣町の乙部町に泊ります。今日の午後は乙部町へ移動します。
 午前中に市民の森のアジサイ園に行きました。途中であった旧標準塗装・笹色ツートンの812号です。昨日函館競馬が始まりましたが、開催中は更に古い530号も動くそうです。

路傍のフランスギク

 アジサイはまだ小さい蕾でした。もう2週間くらいかかりそうです。
 路傍や野原にはフランスギクやタンポポモドキが元気に咲いています。
 このフランスギクは野生の花とは思えない鮮やかさです。昔道東では道路の法面(のりめん、道の横の斜めの部分)を固めるのに植えられたことがあったそうです。

雲石峠越え

 午後3時近くのJRの特急の自由席で八雲町へ来て、しばらく待ってマネージャーの運転するバンと合流しました。乙部町へ出るには厚沢部町経由の道がなだらかです。
 通路はバスの運転手さんが決めます。きついけど近い雲石峠を久しぶりに通りました。上の方では霧も出て来て雰囲気がありますが、道路はかなり改善されていました。

ツィンルーム

 今回乙部町で泊るのは バリアフリーホテル あすなろ です。スタッフは泊ったことがある人も多いですが、私は初めてです。昔は化粧品会社の運営するホテルでした。
 何処もバリアフリーになっています。トイレも車椅子対応ですが、惜しむらくはバスが付いていません。大浴場を利用するよう言われました。露天風呂もあるようです。

2018年 6月16日(土):明日から出張

庭のカルミア

 庭のカルミアの花が開花しだしました。
 ツツジの仲間で、20年以上前の母の日に息子が鉢植えで贈ってくれたものを、家内が地面に植えました。凄く大きくなって、もう上の方は見られないくらいです。
 これから全部咲くと豪華です。花弁は一斉に散って地面に広がります。

函館山

 明日からの出張の荷物をゆうパックで宿泊先のホテルに送りに東郵便局に行きました。
 東郵便局は湯の川にあります。ついでに川も覗いてみました。今日も河口は殆どがウミネコで、とても賑やかですが顔が黒いカモメはいません。
 河口から見た函館山です。左端が立待岬です。カモメ判りますか?

gasone8009go

 写真が無いので、昨日立待岬へ行った帰りに撮った市電の写真を見て下さい。
 函館駅から函館山方向に市電が進むと、十字街電停で函館どっく方面と谷地頭方面に別れます。この十字街には古い見地物が残っていて、レトロな雰囲気があります。
 谷地頭から戻って来た8009号 いちたかガスワン 号です。

misuzu8005go

 こちらは函館どっくから来た8005号美鈴号で、美鈴珈琲 の宣伝塗装です。
 2枚の写真の背景のビルは アクロス十字街 で函館市企業局の庁舎です。交通局もその一部です。
 十字街電停はベイエリアの最寄り駅なので、乗降客がとても多いです。

2018年 6月15日(金):立待岬へ

向かいは下北

 最高気温は昨日と同じ16℃台ですが快晴です。
 1午前中にかねて予定していた立待岬に行きました。途中の墓地のところでは一方通行の1車線の道の周りが草ぼうぼうで、観光客なら不安を感じてしまいます。
 でもハマナスは満開です。その向こうに見えるのは青森県の下北半島です。

崖のエゾカンゾウ

 家内はエゾカンゾウの群生が好きですが、函館ではまず見られません。
 立待岬の崖にはエゾカンゾウがあって、今が見ごろと咲いていました。
 手入れも出来ない場所なので、草や小さい木と一緒になっていて、絨毯のようにはなりません。バックの海の青が良いですね。

ハマナスの通路

 立待岬は函館を代表するハマナスの名所です。
 たくさんのハマナスの木の間が通路になっている感じです。すでに小さい実になっている物もありますが、これから花が次々と咲きます。
 ハマナスはバラの原種に近いようで、とても良い香りがします。

イソヒヨドリのメス

 奇麗な鳴き声がして、大き目の鳥が飛んで行きました。
 探すと近くの休憩所の屋根にイソヒヨドリのメスが止まっていました。これ以上近づこうとすると、他のお客さんの動きで逃げられました。
 遠かったので50%縮小画像をトリミングしました。今日の鳥ですね。

2018年 6月14日(木):モデルさん

オオウバユリの蕾

 今日も肌寒くて、最高気温は16.9℃でした。午後は晴れる予報です。
 昼頃に見晴公園に行きました。サクラと紅葉の時期は賑わうのですが、今は来園者は少なく、半分くらいは犬の散歩の人です。
 巨大に成長するオオウバユリも伸びて来て、蕾も判るようになりました。

草刈り

 見晴公園は野鳥の名所として知られ、エゾリスも見られます。
 でも旧岩船氏庭園(香雪園)と言う国指定の庭園の名勝です。函館市の管理する公園で、今は雑草の草刈りを進行しています。数人が同時に機械で草刈りをしています。
 音も大きいので、この近くには鳥もリスも寄り付きません。

ヒヨドリ

 野鳥の鳴き声は今日もよく聞きましたが、傍には近寄れません。
 帰ろうとして水飲み場に寄ったら、近くの枝にヒヨドリがやって来ました。家の庭にも来る鳥だと家内は馬鹿にしていますが、モデルさんみたいなので撮らせて貰いました。
 仲間と鳴き交わしていて、とても賑やかです。愛想好いですよね。

カワアイサとウミネコ

 買い物を済ませた帰りに、習慣のようになっているM川の河口を覗いてみました。
 今日も多数のウミネコがいましたが、ユリカモメはいません。もう帰ってしまったのでしょう。カメラで見ているとS川との境の部分にカワアイサが1羽見えました。
 この後もう1羽が浮いてきて、カワアイサは2羽と判りましたが撮れませんでした。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について