別館


写真絵日記


2021年 1月 5日(火):本年初鳥見

MS&AD8007号

 晴れ間が多く、雪は時折舞う程度で最高気温や積雪は昨日と変わりません。
 午前中に所用があって湯の川方面に行きました。
 待っている間に私は市電撮影を狙いました。幹線道路は雪が融けて濡れています。新標準塗装の8007号MS&AD号です。魚やクジラの絵が楽しいです。

S川のダイサギ他

 先に行ったM川は氷結していました。
 買い物をすませた帰りに、S川の細い橋からアオサギとダイサギを見つけましたが、川に雪を捨てる人が二人もいてアオサギはいなくなりました。
 手前のカルガモや遠くのマガモと一緒のダイサギです。雪背景は目立ちません。

2021年 1月 4日(月):雪帽子

特大海老天

 真冬日が続いていますが吹雪などはありません。今日は最高気温は-3.9℃、最低は-7.2℃で、夕方の積雪は26cmです。幹線道路以外は積雪はありますが車で走れます。
 昼食に久しぶりに丸亀製麺函館店に行きました。正月メニューは量が多いので、ぶっかけに左の特大海老天を付けました。天ぷらの方がうどんより40円も高かったです。

雪帽子

 帰りに本通のナナカマド並木を見て、赤い実に雪が帽子のように乗っているところを探しましたが、うまい具合には乗っていません。
 有名なフランス菓子の店舗の駐車場に車を置いて、やっと撮った写真です。おかげでクッキーを買う破目になりました。

2021年 1月 3日(日):ステイホーム

昨日の市電

 昨日から天候もよく、夕方の積雪は24cmと少し減って、札幌より少なくなりました。
 車も出せる状態ですが、用事も無いし、M川は凍っていると思って外出しませんでした。
 午前中は箱根駅伝を見て、午後は録画してあった映画を見て、完全にステイホームです、と言う訳で、昨日撮影した古い形の市電720号を見て下さい。塗装は新しいです。

2021年 1月 2日(土):雪の街の市電

笹色ツートンの812号

 出してなかった方への年賀状の返信の投函とかコンビニでの送金依頼とかあって、昼頃に外出しました。夕方での積雪は26cm、今日は最高気温は-6.7℃と寒いです。
 帰りに立ち寄った深堀町のスーパーの前から、通り過ぎる市電を撮りました。笹色ツートンという旧標準塗装の812号車で。これ1台ですからファンには貴重です。

2021年 1月 1日(金):謹賀新年

城岱牧場の牛

 明けましておめでとうございます。写真は年賀状に使った七飯町城岱牧場の牛です。
 今年はコロナのせいで家内と二人で新年を迎えました。
 相変わらず寒いです。最高気温は今日は何と-7.9℃、最低気温は-10.4℃でした。夕方の積雪は27cmです。車は雪降ろしをしてエンジンをかけましたが、出かけませんでした。

2020年12月31日(木):年越し

車の積雪

 強力寒波のせいで北海道では最低気温が-30℃超えの地点が出ましたが、幸い函館は-9.0℃(最高は-5.9℃)でした。夕方の積雪は21cmと少々増えました。
 午後3時過ぎに獲った車の積雪です。明日はエンジンをかけます。
 今年は入院手術もあって、ご心配をおかけしましたが、家内と二人で自宅で年越しです。

2020年12月30日(水):外出しません

28日にカワアイサペア

 北陸や山陰地方は荒れているようで、飛行機は欠航しているそうです。
 函館は今日はまだ風もなく空も明るい時間が多くて、雪も少なかったです。
 でも私は外出しなかったので、今日の写真はありません。と言う訳で、一昨日カワアイサを3羽見た時の、最初に撮ったペアの写真を見て下さい。水鏡になっています。

2020年12月29日(火):ホオジロガモだけ

半分凍っている

 弱い雪が降り続いています。今日は最高気温−1.8℃、最低は−5.3℃でした。夕方の積雪深は18cmあります。年末にこんなに雪があるのは珍しいと家内と話しました。
 車は出せるので昼前に買い物に行きました。途中昨日カワアイサ3羽を見た場所へ行くと、画面右側の下流側は凍っています。カワアイサはずっと上流でしょう。

ホオジロガモののオス

 河口へも行きました。一昨日はホオジロガモやウミアイサを見ています。
 今日は遠くから見て、白黒の鳥が1羽だけいました。
 雪が降っているのでピントが合いづらいです。50%拡大写真をトリミングしています。一昨日もいたホオジロガモのオスでした。明日から荒れるそうですよ。

2020年12月28日(月):カワアイサ2+1羽

カワアイサ2+1羽

 今日も1日晴れていて、最高気温は*3.5℃でした。夕方の積雪は16cmです。
 昼頃に川へ行くと久しぶりに氷の解けたM川の上流にカワアイサが3羽いました。2羽は岸に上がっていて、カップルのオスは左羽に怪我のある方です。
 もう1羽は近くをうろうろしていました。

鉢花

 家内が花を買いたいと言うので、柏木町の かすみ園 へ行きました。電車通りには積雪はありません。  温室がたくさんあって、その内の1棟に大きいシクラメンの鉢がありました。私は見とれて写真を撮りましたが。家内は購入しませんでした。

2020年12月27日(日):冬鳥色々

ホオジロガモとウミアイサ

 今日は1日晴れでした。最高気温は-0.8℃、最低は-5.7℃、夕方の積雪は14cmです。
 昼頃に買い物に出て、凍っていないM川の河口を覗くと、この冬初めて見るホオジロガモのオス(左 とウミアイサのメス(右)が眠っていました。
 何れも 野生動物・野鳥編 にページがあります。

ホオジロガモのオス

 両者ともその内に目覚めて泳ぎ出しました。
 こちらがホオジロガモのオスです。名前の通り頬が白いです。
 数年前に幼鳥のときにこちらに来て、それから毎年来てくれている個体だと思います。すぐ潜って餌を探します。

ホオジロガモのメス2羽

 こちらはS川と合流部を泳ぐホオジロガモのメスです。
 右の色の濃い方が成鳥かそれに近いと思います。
 左は幼鳥と思いますが、オスかメスか自信がありません。しばらくいてくれて、又来冬も来ると嬉しいですね。

左上がウミアイサのメス

 ウミアイサのメスは海側の水路の岸でカルガモと並んで休んでいました。
 カワアイサはカルガモと大きさは同じくらいですが、ウミアイサは小柄です、真っ直ぐのクチバシで、メスはフサフサの冠羽があります。
 手前の水路を泳ぐのはスズガモのメスでしょうか。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について