別館


写真絵日記


2021年 4月 5日(月):晴れても寒い

ネコヤナギ

 3週間ぶりに眼科を受診しました。左目の裸眼視力が1.0ありました。次は4週後です。
 帰ってから昼頃に買い物がてら川を覗いてみました。
 晴れて最高気温は12.7℃になりましたが、風が寒いです。M川岸のネコヤナギはすっかり花が開いています。やはり春なんですね。

遠い山の残雪

 河口にはカルガモの他はまだ残っている3羽のヒドリガモが眠っていました。
 函館山は雪は消えていますが、私が函館の裏山と言っている横津連峰には雪が残っています。横津岳はばんだい号墜落事故で知られていますが、駒ケ岳より少し高いのです。
 川沿いのお店は有名なラーメン屋さんです。

2021年 4月 4日(日):一日雨で

昨日のカルガモ

 今日は一日中雨でした。用事で外出はしましたが、カメラは持って行きません。  そんな訳で昨日撮ったカルガモのペアの写真を見て下さい。
 草の芽も伸びだして北国にも春が来ました。実は考えてこの写真の前景にネコヤナギの芽も入れたのですが、近すぎてぼけてしまいました。

2021年 4月 3日(土):近付いて来た

遠いカワアイサ

 昼前にM川に行きましたが上流側にはカルガモが少しいるだけです。
 河口へ回ってみると、S川とM川の境の柵の向こう岸にカワアイサが1羽で休んでいました。ここではよく見ます。
 遠いので証拠写真にしかなりません。

泳ぐカワアイサ

 諦めていると勢い良く水の中に入って来ました。
 柵をくぐってM川に入り、ゆっくり上流に泳ぎ出しました。漁をする様子は全くなく、首をストレッチなどしながら泳いで行きます。
 久しぶりなのでサービスをしてくれたような気がしました。

2021年 4月 2日(金):花の写真だけ

ムラサキツツジ

 昨日川の傍でイスカを見たので、今まで一番多くイスカを見ている見晴公園に行くことにしました。昼過ぎまでは晴れの予報ですが、今日は少し気温が低いです。
 出がけに昨日の絵日記に書いた、我が家のムラサキツツジの花を撮りました。いよいよ春になった感じがします。

公園のクロッカス

 見晴公園ではイスカ狙いで、松ぼっくりが多く落ちている場所の数か所でイスカを待ちましたが、そんなに甘くはありません。
 今日は前回よりも行動範囲を広げて、緑のセンターまで行きました。毎年撮っている温室近くのクロッカスです。大きいけど2色しかありません。

2021年 4月 1日(木):イスカの群れ

3色ぞろい

 今日も好天です。この時期にしては暖かいです。
 先日は黄色い花だけ咲いていた、生垣の下のクロッカスは、紫の花も開いて、白い花ももうじき咲きそうです
 ムラサキツツジも開花しましたが、写真の枚数の関係で後日に回します。

キセキレイ

 Y川がM川に合流する手前に、水が少ないと小石の水底が現れる場所があります。
 今は昼は干潮です。石の上に家内がセキレイを見付けました。
 見るとお腹が黄色いキセキレイです。ここではキセキレイを初めて見ました。1枚撮ったら飛び去ったようで、もう姿は現しませんでした。

対岸の群れ

 車を置いた時に鳥の群れが空を飛んでいるのを見ました。もうキレンジャクもいないな、と思っていたら、対岸にその群れが止まっています。
 対岸の空き家のオニグルミの木です。遠いけど一応撮ってみました。ウソのような体形の赤い鳥と緑の鳥が混ざっています。イスカですね。

イスカです

 この川岸の松の木の松ぼっくりを食べているイスカを撮ったことがあります。
 鳥たちが止まっている木の下まで車を回して撮りました。
 最初は窓を開けて撮ったのですが、逃げないようなので、車から降りて撮りました。右の赤い方がオスです。ちょっと遠いです。

2021年 3月31日(水):函館新外環初走行

空港に向かう

 3月28日に 函館新外環(空港道路) が全線開通しました。リンク先に詳細があります。
 もう混んでないと思って今日試走に行きました。終点の函館空港ICにはトラピスチヌへ行ける道道函館南茅部線から入りました。
 ウィークディなのに結構な交通量です。看板が見えます。

見晴トンネル

 今日の写真は助手席の家内が全部撮りました。
 函館空港ICから新外環に入ると、じきに見晴トンネルがあります。
 見晴公園よりかなり外側を工事しているのを、前に見たことがあります。2km先の日吉ICは我が家から一番近いICです。

赤川IC案内

 日吉ICの次が今まで開通していた赤川ICで、その案内が出て来ました。
 遠くの山には雪が見えますね。
 家内は助手席側に見える函館の光景も撮っていましたが、黄砂もあるし、窓も黄砂で汚れているのでぼやけた写真になりました。

赤川IC入口

 赤川ICで函館新外環を降りて、買い物をし、帰りは赤川ICから日吉ICまで新外環を利用しました。写真は赤川ICの入り口で、今まではここから新外環に入っていました。
 新外環に対応する旧外環と言う言葉はありませんが、産業道路(道道100号線)が外環状線に当たります。今は混雑で有名です。

2021年 3月30日(火):黄砂襲来

ぼやけた函館山

 テレビの道内ニュースでは朝から函館に黄砂襲来のニュースを流しています。
 北海道でも何年に1回は黄砂がやって来ます。
 ぼやけた函館山の写真を撮ろうと、昼頃にM川河口に行きました。かろうじて山頂のアンテナ群が見えますね。明日には飛来は無くなるそうです。

8003うみしん号

 まだ川は増水していて、河口でオスのカワアイサとホオジロガモを1羽ずつ撮りましたが遠いです。後はキンクロハジロが2羽と、上流でダイサギを見ました。
 湯の川温泉電停の交差点で、運転席から8003号 うみしん 号を撮りました。ガラス越しなのでぼやけていて、黄砂のせいではありません。

2021年 3月29日(月):スイセンも開花

開花したスイセン

 暖かい日で、何度か絵日記で取り上げたスイセンも一輪だけ開花しました。続けて他のスイセンも開くと思います。
 庭のムラサキツツジの蕾も色が着いて来たと家内が言っています。段々春の便りが出来ると思います。

困ったダイサギ

 買い物ついでに川を覗いてみましたが、昨夜結構な雨だったので濁流になっています。
 M川の中州の島にも珍しく何もいませんでした。
 もっと下流の中州の、強い流れで倒れたアシの上にダイサギが立っていました。川が濁っているので漁が出来ないのです。草食はしないと思います。

2021年 3月28日(日):クロッカス開花

黄色いクロッカス

 気温が上がって来て、スイセンの蕾が大きくなったことを絵日記で紹介しましたが、それより先にドウダンツツジの生垣の下のクロッカスが開花しました。
 まだ黄色の花だけですが、じきに他の色も開花します。
 今日のM川はカワアイサはいなくて、ダイサギしか撮れませんでした。

2021年 3月27日(土):いつもと同じ

眠るカワアイサ

 午前中に外出したのでM川を覗いてみました。
 カワアイサのオス1羽だけが、お気に入りの場所で眠っていました。
 昨日撮ったのと中州の島の反対側になります。相棒のオスや時々見るメスの姿はありませんでした。

歩くダイサギ

 もう少し下流側の遊歩道の下でダイサギが漁をしていました。
 上から覗き込んだら、近いので中州の反対側に飛んで行きましたが、離れた場所ではないのでかえって撮りやすいです。
 尻尾の羽が垂れていますが、濡れるからでしょうかね。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について