別館


写真絵日記


2020年 4月 8日(水):函館の裏山

午前6時前の街

 とうとう今日から2日間は午前6時集合です。こんなに早いのは函館で1番大きい清掃会社の健診で、胃バリウム検査を受ける人も多いです。
 6時前でも北海道はもう明るいですが、流石に車は少ないです。市電も走っていません。この写真では車が少し写っていますが、全くいない写真もありました。。

可愛い会場

 午前中2か所目は北斗市大野の追分と言う地区の会館です。
 周りには建物はありません。可愛い会館なので健診バスが大きく見えます。
 絨毯張りの大きい和室を使いますが、地区の子供さんの遊び場所になっていて、健診の間は小さい部屋で待たせて、申し訳なかったです。

函館の裏山

 午後は函館市にに戻ってガス会社の健診でした。
 5階の講堂が会場ですが、部屋から函館市の3方向を眺望できます。
 これは北側にある、私が」函館の裏山」と言っている横津連峰で、左側が横津岳です。駒ケ岳より少し高いのですよ。この山が風雪を遮ってくれていると思います。

2020年 4月 7日(火):午前7時の市電

早朝の市電

 今週2番目に遅い集合時間で、それでも午前7時15分です。
 家を7時少し前に出ました。もう明るいですね。明日から2日間は何と午前6時集合です。それよりましと諦めています。
 もう市電が走っている時間ですが五稜郭公園前電停でやっと1台を見ました。

共存

 午前に2か所の健診があったのですが、1件目がスムースに終わって、時間が空いてしまいました。こんな時は途中で「時間調整」と言う時間つぶしをします。
 港方面でローソンの駐車場に車を置きました。何人かは買い物もします。交差点を挟んだ向かいはセブンイレブンです。交通量が多いので、これでも共存しています。

砂出中のアサリ

 今年も愛知県渥美半島の弟から生き生きのアサリが届きました。
 クール便なので生きています。家へ帰ったら家内がもう砂出しをしていて、吐いた塩で水面が白くなっています。
 今夜は先ず酒蒸しで頂きます。有難うね。

2020年 4月 6日(月):森町往復

森駅前

 今週の健診は札幌で午前中に健診をし、昼に森町へ移動して来ます。森町は「町」と言う字を「まち」と読む北海道唯一の町で、駒ケ岳に対して七飯町と反対側になります。
 私は昼前の特急で森町へ行きスタッフと合流します。待っている間に撮りましたが駅前の時計塔の温度は7℃、函館程雨は降っていません。背景はよく泊まるホテルです。

バスとバン

 バンが迎えに来てくれて、バスと合流しました。スーパーやドラッグストアなどが集まった場所です。
 健診は毎年担当している会館での合同健診で、顔馴染みも多いはずですがお互いマスクをしているので判りません。終わって移動して17時に函館へ戻りました。

2020年 4月 5日(日):雨で寒くて

昨日のホシハジロ

 急に寒くなって、一日雨で、全く外出しませんでした。
 明日からは2週連続の健診の仕事が入っていて、来週は最後は江差や八雲に行きます。また午前6時集合の日が2日もあります。体調の維持に努めて、仕事をしたいものです。
 写真が無いので昨日の五稜郭公園のホシハジロをもう1枚。

2020年 4月 4日(土):お堀のホシハジロ

白い山並

 段々天気が崩れるというので、午前中に五稜郭公園に行きました。
 まだ何も無いし、ご時世で、観光客は凄く少ないです。
 お堀にかかった橋は石垣の工事車両用です。遠くの山並はまだ雪を被っています。青空にとても映えました。

ホシハジロのオス

 五稜郭公園のお堀は、春と秋の旅鳥の休憩地になります。
 今は本州で冬越しをした冬鳥が北へ帰る途中で、こちらから見ると旅鳥になります。
 写真のホシハジロはオスで3羽いました。メスの姿はありませんでした。S川では時々冬鳥として留まる個体もあります。この冬はいませんでした。

デージー

 半分以上お堀の外側を歩いて、裏門橋から中に入りました。
 目的のソフトクリームを食べて、毎年見ているデイジーを探しました。まだあまりありませんが少しかたまっている場所がありました。クロッカスは少なかったです。
 サクラの蕾はまだ色付いている程ではありません。

2020年 4月 3日(金):やはり1羽

外に出た

 最高気温は13,6℃ありましたが、風が強くて寒かったです。
 この瀬戸物のエゾリスの置物は過保護で、冬の間はマフラーや帽子を付けて、玄関の中に入れられています、。一昨日やっと外に出ました。
 尻尾はふさふさですが耳は夏毛です。購入直後にホームセンターから無くなりました。

1羽だけ

 買い物の帰りに川を覗いて見ました。
 中洲が島のようになったいつもの場所にカワアイサのオスが1羽だけいました。この後で漁をしながら川下に泳いで行きました。
 左羽を怪我していない1羽です。相棒はどうしたのでしょう。

2020年 4月 2日(木):タンポポ咲いた

川岸のタンポポ

 風がとても強くて気温は高いけど寒かったです。
 昼頃に買い物に出て川にも回ってみました。S川には何もいません。
 M川には通常のカモとカモメ位です。カワアイサも見えませんでした。先日来時々道路脇にタンポポの花を見ていましたが、1輪だけでした。今日は2輪1画面です。

7001号無広告

 湯の川温泉電停の交差点で停まったら、目の前でらっくる号と3月30日の絵日記で取り上げた新形式の7000形7001号市電が交差しました。
 らっくる号を除けるのに画面の一部しか使えずトリミングしています。ポスターも外された、真っ白な胴体です。スポンサーがついて鮮やかな塗装になって欲しい物です。

ムラサキツツジ咲いた

 冬の間玄関の内側に入れてあった過保護のエゾリスの置物は、昨日やっと外に置かれました。まだ夜は寒いです。
 それを撮ろうとしていたら、家内がツツジがたくさん咲いたと教えてくれました。咲きだすと早いですね。

2020年 4月 1日(水):ホワイトハウスのクロッカス

ホワイトハウス

 花を訪ねて・短編版に取り上げた遺愛女子高校のクロッカスが見頃と新聞に載りました。ここ2年程行ってないようで、今朝訪ねました。入り口で住所氏名を書きます。
 白い建物は国指定重要文化財の旧遺愛女子学校の宣教師館です。黄色いクロッカスはありません、落ち葉はかたずけられていますが、数は昔の方が多かったと思います。

3種混在

 画面奥の小さい白い花はスノードロップスであちこちにあります。
 左側に黄色い花が見えますがこれはフクジュソウです。もう盛りは過ぎているので葉が大きくなっています。
 クロッカスではありませんが、ここだけは3色揃っています。

逃げるコクガン

 別の目的で、立待岬の近くの港に行きました。
 その近くの海岸は、引き潮時にコクガンが餌を獲りに来ます。
 覗いて見ると大部分は少し離れた場所にいて、近くにいた2羽は泳いで離れて行きました。コクガンは春も結構長くいます。

仲好し

 戻っていつもの湯の川方面のスーパーで買い物をしてから、川を覗いてみました。
 マガモもコガモモモまだいます。
 カワアイサは1羽が流れ着いた木に乗って眠っていましたが、その内に近くにいたオオバンも横に乗って羽繕いを始めました。お友達です。

2020年 3月31日(火):連日の青空

あぐりへい屋

 今日も快晴で、ここ数日青空が続いています。
 今年初めてJA新はこだて直売所の あぐりへい屋 に行きました。まだ地場産の農産物は少ないです。
 函館新外環、江差道と乗り継ぐと大野国道沿いにお店があります。

リンゴ

 地場産の果物は昨秋採れたリンゴしかありませんでした。
 赤い方はサンフジで青い方は王林です。大き目のリンゴで4個くらい入っていて380円と、スーパーで買うよりかなり安いです。
 レベルに生産者の名前が印刷されていて安心します。

駒ケ岳山頂

 そこから農道を通って北斗市上磯の川や漁港を見に行きました。前にハジロカイツブリの群れなどを見ているのですが、今日は空振りでした。
 田んぼ越しに見る駒ケ岳の山頂です。
 3月18日の絵日記「冠雪駒ケ岳」より雪が少ないと思います。

2020年 3月30日(月):新形式市電を追う

公園の九rpっカス

 天気予報で、雲を探すのが難しいと言われた快晴で、最高気温は10.2℃でした。
 午前中に見晴公園に行くと温室の近くのクロッカスが咲き揃っていました。戸外の水飲み場も冬の囲いが外され利用打出来るようになっていました。
 ヤマガラの手乗りをして、咲き始めのキクザキイチゲを撮った位で成果はありません。

カワアイサのオス

 買い物をしてから川を覗いて見ました。
 遠いカーブを曲がってカワアイサが現れましたが、また上流に泳いで行きました。家内は2羽みたそうです。見た場所が違うので、私は1羽しか確認できませんでした。
 遊歩道を上流へ追いかけると1羽が水中を覗いたり潜ったりして漁をしていました。

新7001号

 湯の川温泉電停に近づくと、目の前を昨日の絵日記に書いた7001号車が終点の湯の川方面に進んで行きました。追いかけて電停近くの駐車場に車を置いて撮りました。
 車体更新した8000形は10両ありますは、7000形はこれが最初のデビューです。
 昨日の2枚目の写真の8002号とはよく似ています。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について