別館


写真絵日記


2020年 5月18日(月):ブルーベリーの花

満開ブルーベリー

 雨こそ降りませんでしたが最高気温は12℃と寒かったです。明日はもっと寒い予報です。
 昼が満ち潮になるので、今日はカワアイサは見られませんでした。
 ドラッグストアではマスクは一人7枚入り1袋の販売制限でしたが、昨日購入したスーパーでは箱入りが山積みでした。庭のブルーベリーは満開近くなりました。

まだひっそり

 5月14日の絵日記でM川沿いのホテルの、満開近いスズランの写真を使いました。
 花の茎が長いドイツスズランと思いますが、我が家のドイツスズランはツツジの等の木陰に植えられています。それでまだ蕾もとても小さいです。
 大きく咲くと家内が摘んで花瓶に差すと思うので、それを紹介します。

2020年 5月17日(日):マスク数量制限無し

少し離れている

 昼頃から晴れて暖かい日でした。最高気温は18.6℃でしたが風が無かったです。
 食事と買い物の間に川を覗いて見ました。
 一昨日見たカワアイサのコンビがいつもの場所で昼寝中でした。動き回るので会えないこともあります。右の浮かんでいるカワアイサは満潮の流れで、流されていました。

マスク150枚購入

 いつものスーパーに今日は50枚入りのマスクの箱が、数か所に置いてありました。
 見本もあって、購入の数量制限はありません、と書かれています。値段は税別で50枚入り1箱2,980円でした。数週間前には一人7枚入り1袋しか買えず、その後は見ていません。
 コロナ時代に入ったので、マスクは常に必要ですね。

2020年 5月16日(土):カモメたち

オオセグロカモメ

 夜は雨ですが夕方まだは殆ど曇りのようです。
 買い物に出た途中、2日前にカワアイサを見た場所に行きました。今日は干潮ではなくて、よくいるオオセグロカモメが2羽だけいました。カモメは結構川の上流まで来ています。
 がっしりしていて足がピンクで、一番多いオオセグロカモメです。

殆どウミネコ

 帰りに河口へ寄ってみました。小柄の多数のカモメがS川との境の堤にいます。
 こちらは中型のカモメのウミネコで、足は竹のような色をしています。ニャーニャー鳴くんですよ。冬には余り見ないように思います。
 画面右端の体が一部欠けているのは足がピンクでした。

2020年 5月15日(金):手造りマスク

排水溝清掃中

 午前中外出したついでに、カワアイサがいるか川を覗いてみました。
 カワアイサのお気に入りの場所の横の道路で、排水溝の清掃をしているらしくて、人も犬走に降りてホースで排水もしていました。作業車もたくさんいます。
 せっかく戻ったカワアイサもこれでは休めません。姿は無かったです。

1特定健診721号

 先日言ってネモフィラを購入した柏木町の花屋さんに家内が行きました。
 私も同行して、今日も市電撮影です。青空で最高気温も20.3℃になりました。
 古い形の721号車がやって来ました。市がスポンサーで特定健診の宣伝塗装です。この710形は先日車体更新を受け1両が7000形として生まれ変わりました。

手造りマスク

 午後は古巣の国立病院で産業医として安全衛生委員会に 出て、職場巡視もしました。
 薬を受け取りに病院前の行き付けの調剤薬局に行くと、手造りマスクを売っていました。1枚250円で、鼻の部分には針金も入り、口の当たる場所にはガーゼが付いています。
 洗濯できるとのことで、家内用に3枚買いました。私は恥ずかしいです。

2020年 5月14日(木):揃って戻る

揃って戻る

 快晴ですが風がとても強くて寒いです。長袖のコートを着ました。
 M川河沿いの遊歩道を歩いて行くと、中洲が島になったような場所の流れ着いた木の幹に懐かしい模様の鳥が2羽います。毎年ほぼ一年中いるカワアイサのオスのコンビです。
 数週間見なかったような気がしますが、やはりここで夏越しをするようです。

ホテル前のスズラン

 その場所にあるホテルは建物が古くなって閉鎖すると聞いています。
 そこの玄関横のスズランが満開になっていると家内に教えられました。
 花壇の半分だけが満開になっていて、日照の問題なのでしょう。家のスズランもやっと白い蕾が見えて来ました。スズランは木陰を好むと教えられたのですが。

反対側から

 遊歩道と人だけ渡れる細い橋を歩いて対岸に行きました。
 こちらの方がカワアイサに近いのですが、1羽は眠ってしまいました。その眠っている右側のカワアイサが左羽を怪我しています。
 これからメスのような頭に茶色のエクリプスの姿に変化していきます。

2020年 5月13日(水):規制一部解除

ドウダンツツジの花

 時々降ったり晴れたりの不安定な日でした。
 昼頃に買い物などでちょっとだけ、外出しました。
 ドウダンツツジの生垣が大きくなり、混み合ったので1本玄関わきに移植しました。横からも日が当たり、他の木より大きくなりました。今は花をいっぱい付けています。

カモメの水浴び

 昼が干潮なので、M川河口を覗いて見ました。霧が出ていて函館山はぼやけています。
 旅の途中のシギチ(シギやチドリ)も北に帰るユリカモメもいません。
 オオセグロカモメが水浴びをしています。羽に付いた海水の塩を落とすのです。
 北海道でも患者の出ていない函館の地方は、規制が今後一部解除されます。

2020年 5月12日(火):ライラック開花

紫のライラック

 快晴で最高気温も21.4℃になりました。
 札幌のライラックが咲いたとのニュースを見て、毎年撮っている梁川町の ベルクラシック函館 周辺の街路樹になっているライラックを見に行きました。
 紫花は白花より遅く、まだ開花し始めです。こちらがライラックらしい色です。

白いライラック

 白花のライラックはもう咲き揃っていました。
 木が並んでいる場所ではとても良い香りがします。
 毎年風景や通りの車などを入れて写真を撮っていますが、今年はストレートで花だけの写真です。日当たりの良い所が早く咲きます。

揚げナス豆腐そば

 昼食は仕事中ホテルに車を置いての昼休みに行っている、シエスタハコダテ 向かいの えびす庵本店(はこぶら) に入りました。
 写真は家内が注文した「揚げナス豆腐そば(税込830円)」です。冷たくも出来ます。私も前に食べたことがありますがボリュームもあります。

黒い718号

 家内が 丸井今井デパート函館店 のデパ地下に行ってしまったので、私は市電撮影をしました。新しくて写真の無い市電は通りませんでした。
 こちらは前にも紹介しましたが、ジュエリーかまた の宣伝塗装の718号車です。遠目には真っ黒に見えてインパクトがあります。

2020年 5月11日(月):初夏の兆し

伸びたスズラン

 本州では30℃行ったそうですが、函館では最高気温は15.9℃でした。風があって寒い位ですが、日差しもあって買い物に行くことにしました。
 前に芽が出たのを紹介した庭一面のドイツスズランは葉が大分伸びました。茎が伸びて白い蕾が見えたら、又ご紹介します。

つつじの開花

 もうカルガモのヒナ連れが見られるかとS川から覗きましたが、まだコガモがいました。
 M川にはマガモが少数まだ残っていましたが、対岸から盛んにヨシキリの鳴き声が聞こえました。もうじき冬鳥もいなくなりそうです。子連れの一家もいません。
 遊歩道脇の赤いツツジは開花が始まっています。初夏の兆しでしょうか。

2020年 5月10日(日):一日雨で

ネモフィラの丘

 一日雨で暗くて寒、く最高気温も14.3℃でした。全く外出しなかったので昨年の写真を。
 2019年4月23日に茨城県の 国営ひたち海浜公園 で写真のネモフィラの丘を訪ねました。今日の写真は2枚ともに4月26日の絵日記で使ったものです。
 丘の上から下を見下ろすとナノハナの畑があります。

ネオフィラの花

 これはネモフィラの花のアップです。
 去年から家内が何度か買って来て庭に植えています。白いネモフィラの花もあります。
 今年は3か所で購入しましたが、1本100円から380円まで値段の差がありました。
 今週は金曜だけ産業医活動があるだけです。

2020年 5月 9日(土):イスカのオス

スナッフルス号718号

 今日は晴れ間もありますが明日は一日雨だそうです。
 昼頃に見晴公園に行くことにしましたが、その途中用事で湯の川方面に立ち寄りました。
 私は運転手だったので、家内が用事中は、いつものように市電撮影しました。古い街並みを駆け抜ける718号SNAFFLES号です。洋菓子店で今は札幌にも工場があるとか。

イスカのオス

 公園に入ってじきに杉林の中を鳥の群れが飛んで行きました。
 マヒワかなと思って追いかけたら、イスカでした。
 私が追い付いた2羽はいずれもイスカのオスで、餌のことからか喧嘩もしていました。逃げないので大きく撮れました。、尻尾の前の下腹部がとても赤いです。

マツぼっくりと

 これは多分先と違うオスと思います。イスカはアトリの仲間です。
 クチバシの先が交差しているのが特徴です。メスは4月12日の絵日記に出しましたが緑色です。交差したクチバシは松ぼっくりの実を取るのに便利です。
 家内は今日もエゾリスを撮りましたが、別行動なので仕方ないですね。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について