別館


写真絵日記


2019年 1月 2日(水):鳥見始め

いつものアオサギ

 午前中は晴れていたのですが、昼頃から小雪模様になりました。
 今年初めての鳥見に近所の川に行きました。
 S川の蔵の傍で、いつものアオサギが岸に立っていました。通りすがりの人が見て行きますが、もう人目は気にしないようです。積雪は少ないです。

雪の上のコガモ

 M川の支流のY川では。岸の雪の上でコガモが4羽眠っていました。
 北国から来たばかりの時は、人が近付くと鳴いて逃げますが、もうすかっり人馴れして悠々と眠っています。両端がオスです。
 雪の上で眠れるとは野生は強い物ですね。

いつものカワアイサ

 そこからM川の対岸の遠くの方で、カワアイサが岸辺で眠っていました。
 他の場所を見てから、そこへ行ってもました。
、カワアイサは岸から離れて泳いでいました。川幅が広くて遠いので、大きくは撮れません。それでも左羽を怪我しているカワアイサと判りました。

雪のダイサギ

 今日はダイサギを見ていないので、上流のスーパーの駐車場に車を置いて、M川沿いに歩いてみました。この頃は雪が本降りになっています。
 少し歩くと対岸にダイサギがいました。遠いなと思っていたら、こちら側に飛んで来ました。雪が写ってしまうので鮮明には撮れません。雪のダイサギです。

2019年 1月 1日(火):市電で初もうで

年賀

 明けましておめでとうございます。上は年賀状のカットで、拡大はしません。
 平成の最後の元旦を、それなりに元気に迎えました、と書きました。最近は干支のカットは使わずに、その年撮った写真を使っています。昨年はエゾリスでした。
 昨年12月14日に近所の川に来たハクチョウ一家の写真です。

参拝待ち行列

 天気も好くて気温も+になりました。
 家内と娘は歩いて、私と孫は市電で、湯の川の 湯倉神社 へ初もうでに行きました。うまい具合に同時に現地に到着しました。
 参拝客も多くて、ガードマンに5人1列で並ばされます。

湯の川電停の812号

 帰りは4人で湯の川電停から函館アリーナ前まで市電で帰ることにしました。そこの市民生協の昼食を取るためです。
 待っていたら旧標準塗装の笹色ツートンの812号が入って来ました。古い型で非広告車両は殆どありません。笹色ツートンもこの1両だけになったしまいました。

駒場車庫

 最近雪が積もった時に812号よりもっと古い530号車を何回か見ました。
 期待して電車通りを歩いて、駒場車庫を覗いてみました。530号はいません。
 先月12月17日の絵日記で取り上げた、新しくおとなしくなったNHK函館放送局のどーも君号がいました。建物の中は除雪車のササラ電車です。

2018年12月31日(月):ハクチョウ増えた

増えていた

 娘も孫もS泊川の越冬オオハクチョウを見たことがありません。
 今日は天気が好いので、午前中に行ってみました。
 橋を渡ると家内が「増えている」と言いました。前回は少なかったのです。家から一番身近で越冬するオオハクチョウです。

オオハクチョウです

 橋の歩道に歩いて、そこからハクチョウたちを撮りました。
 間近の一軍です。クチバシの黄色い部分が広く、首が長いオオハクチョウです。
 時々近所のM川に来るハクチョウはここから来ていると言う人がいます。この前のように1日でいなくなることもあるし、数日滞在することがあります。

全部?

 ハクチョウたちのいる場所の全景を撮ってみました。
 クリックして拡大すると判りますが、20羽近く写っています。なおコンクリートの上の高い場所にいるのはダイサギです。
 上流の橋の傍では、給餌されていることがありますが、今日は行きませんでした。

ハセスト中道店

 今日は夕方まで晴れていて、最低気温はー2.1℃、最高気温は+3.1℃、積雪も減って16時現在で12cmになりました。
 昼食は ハセガワストア 中道店のイートインで やきとり弁当> を食べました。娘は久しぶりで、孫は初めてで、美味しいと好評でした。

2018年12月30日(日):市電と水鳥

窓越しに

 洗濯物が急に4人分になったので、近くのコインランドリーに行きました。
 出来上がる前の1時間余で川を見に行きました。
 信号で停まっている間に窓越しに撮った写真で、ちょっと青っぽいです。函館アリーナ の前で信号を待つ 8010号 布目 号です。結構雪があるでしょう。

戻って来たアオサギ

 最高気温も+2.0℃まで上がり、積雪も15cmに減りました。
 S川の蔵の傍にはアオサギはいなかったのですが、車を動かすと前から飛んで来て降りました。もう一度行ってみると、いつもの場所に立っていました。
 雪が多い時はここでは見なかったです。ゴミが良くないですね。

ダイサギとアオサギ

 M川は今日は少ししか氷がありません。
 温排水が流れ込む方の水路にダイサギとアオサギが立っていました。かなり離れているので、無理に1画面に収めると判りづらいでしょうか。
 右から泳いで来るのはカルガモで、今日もカワアイサは見られませんでした。

8006号JACCS号

 1時間余でコインランドリーに戻り、前を通る市電を撮りました。
 車と重なるので2台しか撮れませんでした。こらは車が来ない内と思って、市電が画面の端になってしまいました。構図的には面白いかも。
 8006号 JACCS 号です。JACCSは函館が発祥の地です。

2018年12月29日(土):ようこそ函館へ

川岸のドバト

 また雪が降って、とうとう積雪も20cmを超えました。
 昼過ぎに新幹線で娘と孫が来るので、14時頃に函館駅まで迎えに行きます。
 出がけに川へ行くと、M川は昨日ほどは凍っていませんがダイサギもアオサギもカワアイサもいません。積雪で食べ物が無いので、川岸の木の実をドバトが食べていました。

函館駅の電飾

 函館駅まで運転して行きましたが、道路がサラサラの積雪でわだちが出来て滑ります。駅前通で車輪が埋まって動けない車もいました。
 函館駅前のイルミネーションで、時々テレビでも取り上げられます。函館山の形で、円い灯りはイカ釣り船の漁火をイメージしているようです。

スーパーの除雪

 帰る途中でスーパーによって買い物をしました。
 年末年始の品物を買う人で賑わっていて、駐車場もいっぱいです。
 積雪を集めると駐車場が狭くなってしまうので、今日は除雪をしていました。雪置き場の雪をトラックに積んでいます。除雪排雪も雪国の冬の仕事です。

2018年12月28日(金):寒い川で

アオサギ

 雪は時々降りますが、積雪は昨日とほとんど変わっていません。
 車の雪を降ろして、買い物の途中川を覗いてみました。積雪で車が置きづらいです。
 M川の人だけ渡れる橋の向こうにダイサギがいて、よく見ると近くにアオサギがいます。この辺は温泉施設の排水で、寒くても凍らない場所です。

アオサギ飛んだ

 少し離れたダイサギと同一画面に収めようと考えました。
 橋の反対側からアジアのからの観光客が数名賑やかにやって来ます。カメラや三脚を持った人もいます。私は台湾人と思ったのですが、家内は色が黒かったと言っています。
 その話声でアオサギは飛び立ちました。画面右側に写っています。

露天風呂

 橋の反対側で、温排水で湯気が立っている近くにカルガモが集まっています。
 殆どが寝ていますが、頭や背中に雪が乗っています。
 まるで露天風呂のような感じですが、やはり人通りが多いので離れて行きました。周りも凍って、本当に露天風呂のように見えることがあります。

引き返す

 川の中央に向かって2羽のカルガモが歩いて行って、氷の上に乗りました。
 川の中央に歩き出しましたが、開いた水面は遠いので立ち止まって引き返して来ました。右の1羽はまだ向こうを見ています。
 S川は細くて流れがあるので余り凍りませんが、M川はよく氷結します。辛いですね。

2018年12月27日(木):雪で寒い

車の積雪

 寒波がやって来て、函館もよく降り、全国ニュースでも取り上げられました。
 函館空港(フライト情報) は欠航が相次ぎました。
 午後雪掻きをした時の、車に積もった積雪です。
 車を動かせるようにはなりましたが、結局出かけませんでした。

d-NHK天気

 いつも使わせてもらっているNHKデータ放送のあなたの街の天気です。
 13時50分現在で、最高気温はー4.7℃、最低気温は-7.9℃でした。外にいたときは-7.0℃だったそうで、これは寒いですね。
 この寒さも明日までのようです。積雪は夕方で18cmでした。

一昨日の2羽

 写真が無いので、一昨日のカワアイサとダイサギが並ぶ写真を見て下さい。
 水面の映り込みが無くて、こちらの方が絵日記で使ったより見易いと思います。
 今日は多分川は一部で凍っていたと思います。水鳥も頭や背中に雪を乗せて、辛い季節の写真になります。明日は何とか出かけたいものです。

2018年12月26日(水):海産物買いに

コクガンいない

 年末なので自宅用の海産物を買おうと出かけました。
 函館山の近くに住吉漁港があって、その近くの岩礁に干潮にはコクガンが来るのをよく見ました。今日も行ってみましたが、数羽のカルガモしかいません。
 正面右側が湯の川温泉に当たります。波は静かです。

住吉漁港から函館山

 せっかく来たので、すぐ先の住吉漁港に行きました。
 海面が荒れると水鳥は港に入って、餌を取ったり避難しますが、何もいません。すぐ隣が函館公園で、山は函館山です。右側の方にアンテナ群が見えます。
 雲の低い暗い日で、岸壁の釣り人も一人しかいませんでした。

三大ガニ

 目的の東川町の藤原水産はイトーヨーカドー函館店にも出店していますが、ホームページはありません。品揃えは豊富ですが、値段もまあまあです。
 これは買わなかったですが、いわゆる「三大ガニ」が揃っています。毛ガニだけが国産で、他はロシア産です。こちらで買ってもサケもロシア産が多いです。

ミズダコ

 次いで 中島廉売 を覗いてみました。こちらは冷凍ではない生き生きの品物が多いです。
 いつもイカを送って貰う沢田商店を覗くと、すぐに声をかけられ、ここで少々買い物をしました。目の前で調理してくれます。
 これは購入はしなかったですが、大きいミズダコを茹でて切ったものです。

2018年12月25日(火):本当は仲良し

らっくる号4号

 昼前に湯の川方面へ行ったので、前を通る市電を撮りました。
 超低床市電らっくる号ですが、これは9804号で一番新しい車体です。今は4編成走っていますが、ラッピングした1両以外は、番号を見ないと区別できません。
 背景は湯の川温泉のホテル街で、ご覧のように道路面には積雪はありません。

起きるカワアイサ

 買い物前に川を覗いてみました。
 M川では河口の中州でカワアイサが1羽昼寝をしていました。
 少し離れていたダイサギが歩いてだんだん近付いて行きます。この距離になったらカワアイサは目を覚まして、顔を上げました。やはり警戒しているようです。

見つめるアオサギ

 すぐ近くの水が増えると島になる木立の中に、今日もアオサギが立っています。
 初め見たときは眠っているようでしたが、気付いたら目を覚まして、2羽の様子をうかがっているように見えます。
 でも我関せずという感じで、動くこともありませんでした。

並ぶ2羽

 ダイサギはカワアイサの方にどんどん近付いて行きますが、逃げ腰のように見えたカワアイサも再び岸にしゃがんでしまいました。
 この方向から見ると両者はとても近いよですが、実はちょっと離れています。互いに無干渉です。カワアイサは時々カモを追い払いますが、ダイサギはおとなしいです。

2018年12月24日(月):2羽で寛ぐ

S川のアオサギ

 昨日までより寒い日になりました。昼頃出がけには雪も降って来ました。
 S川の寒い岸辺には今日はアオサギが立っていました。遠くからでは目立ちません。
 もっと下流には今日はダイサギはいませんでした。毎日同じ場所にいる訳ではありません。遊歩道には外国人を含む観光客はたくさん歩いています。

キンクロハジロと泳ぐ

 M川に回ると、遠くの方にカワアイサ 1羽が見え、傍に同じような色合いのもう1羽がいます。昨日のようにカワアイサが2羽いるのかと喜んで近寄りましたが・・
 もう1羽はキンクロハジロでした。顔馴染みで仲良しなのか一緒に上流に向かって泳いで行きました。すぐ近くに並んだりしていました。

羽を拡げるダイサギ

 下流には同じ場所にダイサギがいました。
 余り見られるのは好きではないようで、動いて立ち位置を変えたりしています。
 この時は寒い中で体をほぐしていたようで、一回だけ羽を拡げて伸ばしました。寒くて、風で波もたつので、水鳥にとってつらい季節です。

2羽で寛ぐカワアイサ

 買い物帰りにもう一度M川を覗いてみました。
 上流の方に今度はカワアイサが2羽並んで寛いでいました。どちらかがバシャバシャ水浴びをするので、並んで泳ぐ写真は撮れませんでした。ここでは右が水浴びをしています。
 前のようにいつも一緒に並んでいる訳ではないけど、喧嘩別れはしていないようです。

もどる 次へ>

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について