別館


写真絵日記


2019年 1月12日(土):ハクチョウいたけど

近いオオハクチョウ

 ここ数日晴れが続いています。
 久しぶりにちょっと遠出して、北斗市上磯のH川へ行きました。オオハクチョウが越冬し、年によってはユリカモメが越冬していることがあります。野生動物・野鳥編をご覧ください。
 サケの堰の近くにはオオハクチョウは2羽しかいませんでした。

遠いオオハクチョウたち

 遠くの国道の橋の近くには20羽近いオオハクチョウがいます。
 色々な水鳥も一緒にいて、カワアイサが多いようです。ホオジロガモいそうです。
 川岸に立つと、餌を貰おうと飛ぶように集まって来るのですが、今年は完全に無視されました。足跡は少しありますが、堤防の雪が深いので、傍へは行きませんでした。

函館ジャンクション

 上磯漁港も覗いてみましたが、スズガモが少しいただけです。
 行きと同じ函館新外環、函館江差道と言う通行無料の自動車専用道路を使いました。写真は函館江差道から函館IC/JCT(ジャンクション)を通って新外環に入るところです。
 慣れないと函館ICの出口に行くのに少し迷いそうです。

凍った通路

 新外環は赤川ICが今は終点(計画は空港まで)です。
 そこから近いスーパーに行きましたが、+2.1℃まで気温が上がったので通路の雪が融けて、つるつるになっています。いわゆるブラックアイスバーンに近いです。怖いですよ。
 見晴公園にも行きましたが、今日はミヤマカケスを見ただけです。

2019年 1月11日(金):シマエナガ撮れた

サクラの剪定

 今日も辛うじて+の最高気温で晴れています。
 川は完全なマンネリなので、最近成果の無い見晴公園に行きました。
 そり遊びの観光バスが2台いましたが、ゴルフ場で行われます。金曜なのにカメラマンはかなりいました。芝生広場の方のサクラの剪定をもうしていたので、驚きました。

シマエナガ

 帰り際に昔よく手乗りをした辺りに寄りました。シジュウカラやヤマガラが来て、木の枝に置いた剥きグルミを持っていきます。エゾリスの新しい足跡もあります。
 違う鳴き声が頭上からするので見ると、高い枝の上を数羽のシマエナガが飛び回っています。すぐ枝から離れるのでなかなか撮れません。中心を外して1枚だけ撮れました。

ヤマガラ

 シマエナガは本州のエナガの北海道亜種で、マシュマロのように白いのが特徴です。2015年11月6日(絵日記) には家内が撮っています。クマゲラを撮った翌日になります。
 最近は手乗りをする人がいなくて、野鳥もなかなか傍に来ません。写真のヤマガラは函館市の市の鳥で人馴れするのが有名です。可愛いですよね。

寒そうなダイサギ

 帰りにM川だけを覗いてみました。時間なのかカワアイサは見られません。
 ダイサギが深みに立っていて、お腹まで冷水に浸かっています。いくら+気温でも、岸側には氷も張っています。寒くないのでしょうか?
 野生は逞しいと言っても、厳しいものがあります。

2019年 1月10日(木):今日は一緒に

いつものダイサギ

 朝までに雪も降りましたが、最高気温が+4.9℃で午後は晴れました。
 オオハクチョウの越冬する下海岸(戸井恵山方面)のS泊川へ行き、途中コクガンも探そうと思いました。先ずM川を覗いてみると今日はカワアイサがこちらにいます。
 川が凍結するといなくなるいつものダイサギです。

カワアイサコンビ

 カワアイサが休んでいる対岸に車を回しました。
 手前が左羽を怪我しているカワアイサで、もう1羽は昨日までS川にいた「大胆不敵」な個体です。一時3羽いましたが最近は2羽しかいません。
 キンクロハジロが仲間と思っているのか、傍で寛いでいます。

波を避けるカモメ

 風が強かったので波が高く、こんな日はカモ類やコクガンは港内にいることが多いです。
 途中の観察ポイントではカモメが波消しブロックの内側に避難しています。こうして群れでかたまって風や波を避けているのです。
 コクガンは港で遠くに3羽撮っただけでした。

オオハクチョウ6羽

 目的の川に行くと、国道の橋からはオオハクチョウは見えません。
 給餌している方がいると、少し上流の橋の近くもいます。回ってみると今日は6羽のオオハクチョウがいました。4羽と2羽の家族のようです。
 あいにくエゾリス用の剥きグルミしか持ち合わせがありません・・・

2019年 1月 9日(水):大胆不敵

首だけダイサギ

 11時過ぎに川へ行きました。晴れて、少しだけ(+0.9℃)+の最高気温です。
 最近よく鳥を見るS川の河口の近くで、岸の草の茂みの向こうにダイサギがいます。真面目に漁をしています。この近くにアオサギもいましたが休憩中のようでした。
 カワアイサも浮かんでいましたが、撮っても変わり映えの無い写真です。

うたせ湯カルガモ

 M川は半分凍っていて、今日はダイサギもアオサギもいません。
 最近はこちらではカワアイサもカワガラスも見ません。
 温泉施設の温排水が滝のように流れ込む辺りは。凍らないのでカルガモが2羽食事中でした。うたせ湯風の写真を撮ろうとカメラを向け、1枚撮ったら立ち去りました。

冠雪函館山

 M川河口も覗いてみました。
 S川との合流部の間に立つ柵の下でダイサギが漁をしています。少し遠いですが絵日記に使おうと思っていました。でも海越しの函館山が奇麗なので、こちらにしました。
 画面右手前に写っているのは湯川漁港です。たまに行っています。

岸のカワアイサ

 帰りにS川の、車1台しか通れない橋から上流を見ると、カワアイサが見えます。
 近くに車を置いて、川を覗いてみると、この辺は川幅が狭いので目の前で休んでいます。大胆不敵です。写真を撮っていたら一度立ち上がって、少しだけ離れました。
 近くにダイサギもいましたが、そちらの方がシャイでした。

2019年 1月 8日(火):冷たい川で

遠くは凍っている

 午後は晴れました。幸い積雪も10cmちょっとで増えていません。
 先ずS川沿いに少し歩くと、ダイサギ、カワアイサ、アオサギが撮れました。
 次にM川へ行くと、細い橋の近くに今日もダイサギがいました。ここは温排水が流れ込んで凍らない場所です。遠くの川面は凍っています。こんな感じです。

降りたアオサギ

 ダイサギの横を通り過ぎたときに、目の前の川にアオサギが降り立ちました。
 この場のアオサギはシャイで余り近くには来ないし、近寄ると飛んで行くことが多いです。アオサギの降りた場所は凍りかけていて、氷が割れてるような感じがしました。
 足元の波紋も通常の水面と違って少し変だと思いました。

これだけの距離

 アオサギが降りたら、ダイサギがスタスタ歩いてアオサギに近寄って行きます。
 前に絵日記で紹介したカワアイサに近寄った様子と同じ感じでした。
 サギ同士だから並ぶのかと思って期待して見たのですが、これが精一杯でした。野生動物・野鳥編に「仲良しだった」と言う一遍があります。

雪の中のアオサギ

 アオサギはこの後で家内が見に行ったら逃げました。やはり愛想悪しです。
 M川の上流も歩きましたが、浚渫工事がうるさくて何もいません。
 帰りにも同じコースを通ると、カワアイサは同じ場所でしたが、ダイサギとアオサギは移動していました。S川岸の雪の上に立つアオサギです。足が雪にめり込んでいます。

2019年 1月 7日(月):違う川に

どんど焼き

 函館では正月飾りなどを燃すどんど焼きは1月7日と早く行われます。
 昼頃に車で湯の川の湯倉神社行きましたが、少し待って駐車場に入れました。
 プラスチックの飾りなどを外して、火中に投げて燃します。最近毎年来ているので、初詣と合わせて1月だけで2回目の神社参拝です。御利益がありそう・・・

凍りかけたM川

 そのまま見晴公園に行きましたが、クマゲラは甘くはありません。最高気温ー0.9℃(最低はー8.2℃)とやはり寒いです。16時現在の積雪は11cmと札幌や旭川の3分の1です。
 帰りにM川へ回ってみると、写真のように川の本流も凍りかけています。アオサギもダイサギもカワアイサも姿を見せませんでした。

店内禁煙に

 冷えてしまったので、近くの蕎麦屋さんに行きました。
 昨年暮れに玄関わきで工事をしていましたが、その後初めての来店です。階段を上がると立派な喫煙室があり、左の店内の入り口の自動扉には「店内禁煙」の文字があります。
 近くの席でタバコを吸われるのが嫌で、少し離れた蕎麦屋さんに行っていました。

違う川で泳ぐ

 家へ帰る途中でS川を覗いてみました。こちらはM川より凍結しません。
 いつものアオサギはいませんでしたが、公園の近くでカワアイサが1羽漁をしていました。水中を覗き乍ら 泳いで、盛んに潜っていました。今年はここでは見ていません。
 私の前を高速で泳いで行きます。左羽に怪我の無いカワアイサでした。

2019年 1月 6日(日):水鳥だけ

アオサギ

 最高気温は−0.2℃とぎりぎり真冬日でしたが、積雪は12cmで増えていません。
 家にこもっている訳には行かないので、昼頃出かけました。
 昨日アオサギがいたS川の蔵の傍には今日はいません。第2候補地の少し下流側へ行くと、川岸に立っていました。 雪も降っていて目立たないので、危うく見逃すところでした。

マガモとコガモ

 下流では成果が無かったので、M川の支流のY川に回りました。
 遊歩道際のツタの間から下を見ると、たくさんのカモが眠っています。
 でも不思議なことに箱館で一番多くて留鳥のカルガモが1羽もいません。右側はマガモで左側はコガモです。コガモは例年より少し少ないようですが、今年はマガモが多いです。

カワアイサのコンビ

 M側の河口の傍の島になった場所にはよくカワアイサがいます。
 嬉しいことに今日は2羽が一緒でした。夏も冬も一緒のことが多いのに、今年は何故か単独行動が目立ちます。
 いつもなら来ているはずのホオジロガモが今年は見られません。

雪の上のダイサギ

 M川の中洲の橋の近くに毎日いるダイサギは今日はません。でも橋より少し上流で、飛び上がって降りて来たのが見えました。
 そちらへ行ってみると、岸の雪の上を歩いて移動して、川の中を覗いていました。
 この後で見晴公園に行きましたが、今日も成果はありませんでした。

2019年 1月 5日(土):足跡だけ

らっくる号4号

 お客さんが帰って洗濯物が多いので、電停の前のコインランドリーに行きました。
 丁度現役最古の車両530号が来たのですが、駐車している間に行ってしまいました。
 それと正反対の現役で1番新しい超低床市電らっくる号の4号9604号です。写真でお判りのように積雪は多くはありません。今日も辛うじて+気温になり、積雪は13cmです。

いつものアオサギ

 洗濯に1時間かかるので、その間に川へ行きました。
 昨日はいなかったS川の蔵の傍の川には、アオサギが岸に上がっていました。
 水に向こう岸の柵が写っているのは良い効果ですが。左奥にペットボトルが落ちているのはまずいです。ここは外人韓国客も多く通って、アオサギを見ているのです。

ダイサギ

 M川のダイサギは昨日とちょっと違う場所に立っています。
 倒れたアシの上に立って、自分の足が濡れないようにしています。
 最近撮った写真はすべて水の中に入って漁をしていました。倒れたアシには少しだけですが雪が積もっていて、やはり寒そうに見えます。

エゾリスの足跡

 洗濯が終って家に帰りましたが、午後も晴れていたのでて見晴公園に行きました。
 土曜なのでそこそこカメラマンがいましたが、クマゲラは鳴き声も聞けませんでした。
 緑のセンターで会ったカメラマンさんはシマエナガを撮ったそうですが、クマゲラは見ていません。温室の近くでエゾリスの足跡を撮りました。手は丸くて足は長いです。

2019年 1月 4日(金):お馴染みさんだけ

紫の実を食べる

 8週に1回の受診日で、特変はありません。
 娘や孫は昼の新幹線で帰りましたが、見送れませんでした。
 駅まで家内を迎えに行き、食事をしてから川へ行きました。M川の柵では今日もドバトが木の実を食べています。赤いツタの実は嫌いらしい、紫の実が好きな様子です。

隠れるダイサギ

 人だけ渡れる細い橋の近くには、今日はダイサギが漁をしていました。
 いつもいるように思ったのですが、いない日もあります。
 白い雪が積もった岸辺に引っ込むようにいるので、隠れているよう見えます。多分餌の魚から自分の姿を隠しているのだと思います。

眠るカワアイサ

 今日もカワアイサは1羽だけ見ました。
 もっと広い範囲を探せば別のカワアイサもいたのだと思います。
 このカワアイサは一番よく見るお馴染みさんで、左の羽を怪我して一部が垂れています。これでも素早く飛ぶことが出来るのでご安心ください。

燃える薪ストーブ

 川で成果が無かったので、昨日クマゲラを見た公園に行きました。
 今日は最高気温は+2.8℃と上がり、積雪も17時で12cmとずいぶん減りました。午後だったせいかカメラマンもいないし、クマゲラは時間は無関係ですが気配がなかったです。
 それでも冷えるので、昨日まで休みだった緑のセンターの薪ストーブで暖をとりました。

2019年 1月 3日(木):3年ぶりのクマゲラ

登るクマゲラ

 昨年の正月に帰省したときは、2017年12月31日に見晴公園でリスを見ました。
 今日も期待して4人で見晴公園行きました。家内たちと別行動をしていたら、娘から「クマゲラがいるよ」とメールがあり、急いで駆け付けました。
 大急ぎで撮った杉の木にしがみ付くクマゲラのメスです。

クマゲラのメスです

 着いてすぐに「キョーン」と言うクマゲラの懐かし鳴き声を聞きました。
 後頭部だけ紅いのはクマゲラのメスで、オスは額まで赤いです。
 杉の木を飛んで移動していましたが、私が付いてじきに飛び去りました。これが唯一ピントが合って、ぶれていない写真です。愛嬌のある顔をしています。

背中から(家内撮影)

 私より先に来た家内の話では、少し離れて長い望遠を付けた2人のカメラマンが、木の上を狙っていたそうです。リスでも撮っているかと思ったら、クマゲラが近くへ飛んで来ました。
 家内はたくさん撮っていますが、林の中で遠くて暗くて、ぶれたりピンボケも多いです。この写真と次の写真は家内の撮影です。木の祠に掴まっています。

ふり向く(家内撮影)

 ふり向いたクマゲラのメスです。
 調べてみたら、この公園では 2015年11月5日(絵日記) に見て以来です。そのページから2014年、2013年に見た絵日記にリンクがあります。
 野生動物・野鳥編の 「公園のクマゲラ 春編」にオスメスの写真が多くあります。

もどる 次へ>

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について