別館


写真絵日記


2019年 3月 3日(日):満開です

d積雪情報

 NHKのデータ放送の天気では全国の積雪情報を見られます。1時間ごとの更新です。
 昨夜は2cmでしたが、今朝の10時では0cmになっていました。写真の渡島檜山地方で積雪0は、函館市と日本海側の江差町と熊石だけです。
 この写真はクリックしても拡大しません。

満開です

 昨日咲き始めの写真をお見せした、家内が公園で貰って来た剪定されたサクラの枝の花は今日は満開になりました。それで気温の高い室内から玄関に移しました。
 私の風邪も大丈夫で、微熱も下がって症状も減りました。見てくれた職場の仲間は心配したと思いますが、明日から働けます。ご安心ください。

リスも見ている

 玄関には庭に置くリスの置物が、寒さを避けて避難しています。
 家内の手編みのマフラーと帽子を付けて、いかにも過保護ですね。庭の雪が完全に消えたら、外に出します。
 剪定後のサクラの枝は五稜郭公園では貰えるようです。

2019年 3月 2日(土):咲き始め、ひき始め

咲き始め

 数日前から風邪の症状があって、熱は6℃台ですんでいますが、咳や鼻水がつらいです。来週1週間は市内の健診が当たって、もし悪化しても最初の2日くらいは頑張らねば。
 写真は2月7日の絵日記に蕾の写真を出した、前に家内が公園の剪定の枝を貰ったサクラです。昨日あたりから咲き始めました。今日と明日は外出しないで休養します。

2019年 3月 1日(金):居ついたのか

桃屋の梅ごのみ

 8週に1回の受診日でした。特変はありません。
 昼食は 丸亀製麺 函館店に行きました。桃屋トッピング祭をしていて、「江戸むらさきごはんですよ」などが30円です。これは「梅ごのみ」でかなり酸っぱいです。
 今日は1日で釜揚げ半額ですが、私はいつもの冷たいぶっかけにしました。

日向ぼっこ?

 食後は買い物がてらに川を覗いてみました。
 今日は最高気温7.3℃で、17時現在の積雪は5cmと暖かいですが、風がありました。
 昨日いなかったS川のアオサギは風よけと日向ぼっこでしょうか、遊歩道のある堤防の下にいました。通りがかりのご婦人が近くで見るので、川岸の方に離れて行きました。

岸の近くで

 M川には一昨日川上で見たカワアイサのカップルが休んでいました。
 オスは眠っています。遠いのでこの程度にしか撮れませんでした。
 カワアイサは道東などでは繁殖していて、ヒナを連れて街を歩いている動画を見たことがありますが、こちらでは期待できないと思います。

川の中央で

 帰りにもう一度カワアイサのペアを見に行きました。
 今度は川の真ん中で近い場所にいますが、2羽が離れています。オスは相変わらず眠っていて、川の流れに流されて戻っていました。
 2羽1画面いわゆるツーショットを狙いましたが、並んではいません。

2019年 2月28日(木):フクジュソウ咲いた

家のスイセンの芽

 この時期としては暖かい日が続き、函館の積雪も1桁8cmになりました。
 玄関横のハマナスの木の根元のスイセンが数日前から芽を出していて、今日はこんな具合です。日当たりの良い場所で、家内が除雪したのが効いたのだと思います。
 これなら毎年撮っているフクジュソウも咲いているかも知れません。

M川のダイサギ

 海の近くの根崎町にある蕎麦屋さんに昼食に行く途中、川を覗いてみました。
 S川で昨日撮ったアオサギは、今日は2回見に行きましたがいません。生き物ですね。
 M川の橋を渡っているときに助手席の家内がダイサギを見つけました。車から降りて撮りに行きましたが、短い枝が邪魔になって、この1枚しか撮れませんでした。

咲いていたフクジュソウ

 食事後に根崎町の崖の途中にあるフクジュソウを見に行きました。
 さる放送局のホームページの花情報に投稿者として参加していた間は、毎年撮りに行ったのですが、いつも近所の犬に吠えられました。今年は犬がいなくてほっとしました。
 予想通りフクジュソウは少し咲いていました。雪で近付けないので望遠撮影です。

赤い実とヒヨドリ

 買い物もすませた帰りにM川で昨日見たカワアイサのペアを探しましたがいません。最近はオスのコンビも見ていません。
 ツタの実には少数のツグミが来ますが、すぐ逃げます。ヒヨドリはさすがに人馴れしていて、悠々と目の前で食べています。大きいけど地味な鳥なので損していますね。

2019年 2月27日(水):カワアイサのペア

センター通り

 今週の休みに入ったので、ゆっくり朝寝をしました。
 今年は1月11日にシマエナガが撮れて、その後もいるようなので昼頃に見晴公園に行きました。緑のセンターの前の通りです。広い道には積雪はありません。
 17時現在の函館の積雪は丁度10cmだそうです。

芝生が顔を出す

 シマエナガだけでなくミヤマカケスも期待できる時期ですが、どれも会えませんでした。
 細い道にはまだ雪が残っています。ここでは融けたところから芝生が顔を出していて、春の訪れが感じられます。
 カメラマンさんが数名谷間のところでたむろしていましたが、話し込んでいただけです。

カワアイサのペア

 買い物をして、帰りにM川のスーパーなどのある上流に車を置きました。
 川を覗くと、何と目の前をカワアイサのカップルが泳いでいます。いつもいるオスだけのコンビではありません。後の茶髪がメスです。
 写真を撮っていたら先ずメスが飛び立って逃げ、オスが後を追いました。

いつものアオサギ

 S川にも寄ってみました。いつものアオサギが先日と同じような場所にいました。後の小さいヤナギは芽吹いているような感じです。
 携帯電話のカメラで撮っていた年配の女性に、何と言う鳥か、夏でもいるのかなどたくさん質問されました。ダイサギもよく見ているそうです。

2019年 2月26日(火):今週の健診は終わり

まだ残雪がある

 昨日より寒くなり、朝車の窓に氷が付いていました。
 同じ集合時間で同じ健診です。初日の金曜が一番忙しかったです。
 電車通りなのにまだ路傍に雪が積まれた場所があります。2月22日の絵日記で取り上げたより雪は減っているようです。1車線減っているので渋滞の原因になります。

朝日の8001号

 この写真はもっと街の中央部に近いので、道路脇の雪山はありません。
 昨年は函館史上最大の大雪になり、私も何度もタクシーを利用する羽目になりました。今年は楽ですね、と受診者とよく話します。
 朝日の当たっている市電は、今日も女性運転手さんのようです。

窓からの函館山

 さすがに3日目になると受診者も減って、まあまあ楽も出来ました。
 先生お元気そうで、と言ってくれるお馴染みさんが多いですが、年の割にはと言う意味と思います。
 昼に会場の窓から撮った函館山です。鳥はカモメでしょうね。

2019年 2月25日(月):市電ばかりでは

競馬場前の720号

 今週は今日明日と先週金曜の続きの健診です。混まなければ良いですが。
 家を出て函館競馬場前の交差点で赤信号で停まったら、目前を720号千秋庵函館総本家号が通過していきました。側面に描かれたお菓子は山親父と言うせんべいです。
 背景はJRA函館競馬場で、とても巨大な建物です。

柏木町電停

 柏木町電停で、720号と8002号べいこく号が同時に電停に入りました。
 「べいこく」は米国ではなく函館米穀のべいこくです。運転手さんは女性のようですね。
 今日は最高気温が+7.9℃、最低気温も+3.8℃で一気に雪融けが進んでいます。17時現在の函館の積雪は12cmとか。もうじき一桁になりそうです。

杉並町電停

 今日は8時集合で、もう少し遅いと近くの女子高の生徒の姿が多い杉並町電停も、今日は空いていました。道路はこの時間あたりから混みだして、まだ道路脇に残雪少しがあるので通過に時間がかかります。
 市電は3002号はこだてわいん号です。標準塗装でエアコンが付いています。

会館と健診バス

 午前中は時折雨もぱらつくぱっとしない天気でしたが、午後は晴れて来ました。
 今日は市電の写真しか撮らなかったので、絵日記用に函館山の写真を撮ろうと思ったのですが、かすんでいます。と言う訳で会場の会館と健診バスを撮りました。
 明日1日頑張れば?今週は休みに入ります。

2019年 2月24日(日):積雪減る

S川のアオサギ

 強風注意報が出るほど風が強かったですが、函館の今日の最高気温は+6.7℃で、17時の積雪は15cmに減りました。明日は+8.0℃の予報なので、春近しと言う感じです。
 今週は明日から2日間だけ、先週末と同じ「目の回る」健診です。
 S川の草の多い岸辺にはアオサギが立っています。足元には雪はありません。

外人観光客

 アオサギを見ているときに追い越して行った一団は中国語を話していました。
 函館は今は台湾からの直行便が週8便あるそうで、中国本土からはありません。S川の川岸は多くの外国人観光客が歩いていて、この人たちも乳母車を押していました。
 着ている服が私たちより本格的な寒地向きの服装です。

M川上流

 M川に回りましたが、今日もカワアイサはいませんでした。ダイサギは草陰です。
 人しか渡れない細い橋があるのですが、そこから上流を撮りました。右側の流れが中央に曲がる場所に、先日までブイのように浮かんだオレンジ色の堰がありました。
 ずっと上流の浚渫工事が終って、堰は取り払われました。すっきりしました。

樹上のアオサギ

 行きに久しぶりにS川沿いのお屋敷の林にアオサギがいるのに気付きました。今年はアオサギが少ないと何度も書きましたが、多い年ではここに5.6羽のアオサギがいました。
 函館のアオサギは春になると街から離れて、田んぼや郊外に行ってしまいます。夏には余り見ません。寒いと思っているうちに季節は進んでいるようです。

2019年 2月23日(土):やっとお休み

キンクロハジロのペア

 今週は日曜が移動日でしたので、久しぶりのお休みです。
 今日は全国的に昨日より寒いそうですが、それでも最高気温は+4.5℃(最低は-4.3℃)で、17時現在の積雪は20cmになりました。ちなみに札幌は50cm、旭川は66cmとか。
 昼頃に川へ行きました。S川にいたキンクロハジロのペアです。不敵な顔です。

マガモのペア

 もう少し下流でマガモのペアが逆立ちして水底の草を取っています。
 丁度干潮だったので、コガモもカルガモもこのような「逆立ち採食」をしています。
 オスメスが揃って、シンクロのように逆立ちしないかとちょっと粘ったのですが、なかなか同時には行きません。左がオスで右がメスです。

M川のダイサギ

 昨日家内はカワアイサ2羽とダイサギ2羽をM川で見たそうですが、今日はカワアイサはいませんでした。氷も融けて無くなっています。
 細い橋の近くでダイサギが漁をしていました。川上から近付いたので逆光になってしまいました。川下から撮り直そうと横を歩いたら、鳴きながら飛び去りました。

S川のダイサギ

 帰りにS川の車1台しか通れない橋から、下の川のダイサギを見つけました。
 車を置いて横の遊歩道から撮影しました。なかなか餌は獲れません。
 この川岸の遊歩道はアジアからの観光客が海岸まで歩いて行くので、カルガモがいても喜んでくれます。ダイサギなら良い旅の思い出になってくれるでしょう。

2019年 2月22日(金):目が回る

かすんでいる

 今日と来週月火の3日間は春の自動車整備振興会での合同健診です。
 昨日と同じ8時15分集合ですが、街の様子が違ってかすみがかかったいるようです。
 バスからもいつも見える函館山が見えませんでした。黄砂かなと家内と話したのですが、夕方聞いたらPM2.5のせいだったそうです。

待ち椅子がいっぱい

 この健診は忙しいので有名?です。受診者が多いだけでなく、一人で数項目の特殊健診を受ける人が多いからです。用意した待ち椅子もこんな感じです。
 午前中の3時間で180余名の受診者があったそうで、一人1分ですから目が回りそうです。午後も開始時には短時間ですが、診察待ちの椅子が20脚になったそうです。

間に合った?

 午後の途中からは受診者もまばらになり、ほっとしました。
 窓から函館山は見えるようになりましたがやはりかすんでいます。
 16時半に車で迎えに来てくれた家内と、近所のお寿司屋さんの駐車場から撮った、ビル影に殆ど沈んだ夕陽です。空気が汚れていたせいか真っ赤な夕陽でした。

もどる 次へ>

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について