別館


写真絵日記


2019年12月 9日(月):主役はハクチョウ

カワアイサのオス3羽

 午前中に先ず川を見に行きました。S川沿いのパチンコ屋さんの屋根にダイサギがいて、お屋敷の林にアオサギがいましたが、絵日記ではパスします。
 家内にM川のほとりで車から降ろして貰うと、川の対岸にしばらく見なかったカワアイサのオスが3羽います。いつもいるのは2羽なので。毎年いるのと違うのかも。

同じ岸に

 M川では毎年のように真冬にオオハクチョウを見るので、そんな話もしていたのですが、カワアイサと反対側の岸にオオハクチョウが3羽休んでいます。
 すぐ傍にはダイサギもいました。この川でダイサギとオオハクチョウを同時に撮ったのは初めてです。体形がずいぶん違いますね。

3種8羽揃い踏み

 そこへダイサギがもう1羽飛んで来て水面に降りると先の1羽が飛び立ちました。オオハクチョウは気にしていないようです。
 この写真をクリックして拡大すると、画面奥に並んで遠ざかって行く3羽のカワアイサが写っています。これは後で気が付きました。

通り過ぎる

 対岸へ回りましたがダイサギはいなくなってしまったので、近くにはオオハクチョウ3羽しかいません。カワアイサの内の1羽は人馴れしているのか目の前を往復していました。
、右が人馴れしたカワアイサです。オオハクチョウもカワアイサもいつまでいるのか判りません。オオハクチョウは近くの別の川から来たのか、移動の途中なのかも知れません。

2019年12月 8日(日):積雪9p

車の積雪

 風が無いと雪はしんしんと降ります。無音ですね。
 昼頃に出かけようと外へ出ると、積雪は無いと思っていたのに何と車の上に少し雪が乗っています。NHKのデータ放送(アメダス使用)では正午で9cmの積雪深でした。
 特別出かける予定も無かったので、今日は家でごろごろして過ごしてしまいました。

2019年12月 7日(土):リス撮り放題

見付けた

 午前中は晴れの予報なので家内と相談して見晴公園に行きました。
 谷間の近くで、昔mixiをしていて私と接触したことがあると言う男性に話しかけられました。エゾリスが木の上にいると教えてくれました。
 帰りにその辺を探すとエゾリスが雪の斜面に立っています。

餌を探す

 写真を撮りながら見ていると、雪の下の餌を探しています。
 見ているとじきに見つけて枝の上で食べ始めます。
 小さい餌しか無いようで、すぐに食べ終えて又探しています。野生動物の給餌は良くないことですが、ポケットにあった剥きぐるみをあげました。

足許に置きグルミ

 これはもう完全なやらせ写真で、エゾリスの足元の前の方の枝には、剥きぐるみが置いてあります。
 人馴れしていて手からも餌を取って行きました。とてもお腹が空いていたのか、市販の剥きグルミが美味しいのか食べ終わりません。

正面から

 これは正面顔でなかなか美形ですね。
 携帯で家内を呼んで、家内も撮り放題に参加していました。ここはとても暗いのでISO800で撮り、余り鮮明ではありません(言い訳)。
 鳥はハシブトガラが撮れたのですが、遠すぎました。剥きグルミは帰りに又購入しました。

2019年12月 6日(金):洋風ポテト

お店の入り口

 年末も近付きました。日頃お世話になっている方々にささやかな御礼でもと考え スナッフルス 湯浜店に行きました。函館は17時現在の積雪10cmmと道内他都市より多いです。
 玄関の横にも雪がありますね。ちなみに今日は最高気温ー1,5℃、最低気温-8.9℃と寒さが厳しいので、車で外出しても短時間しか歩きません。

洋風ポテト

 同店は札幌にも進出していて工場もあります。
 今年の新商品として写真の「函館洋風すいーとぽてと」を教えられました。
 何か同社のイメージに合わないような気がしますが、これにチーズオムレットを付けて送ります。月曜の18時以降に届きます。ご笑納ください。

M川のダイサギ

 買い物に行くついでに川を覗きました。S川の昨日と同じ場所にダイサギがいましたが、雪が多く降っていて、奇麗には撮れませんでした。
 こちらはM川にいたダイサギです。雪の降る中で漁をしていました。カモたちは露天風呂のような場所に集まっていましたよ。

2019年12月 5日(木):外出しました

漁するダイサギ

 昨年ワクチンをしていたのにインフルエンザになりました。今年もちゃんと予防接種をしていたのに、8℃近い熱が出て、2日に知り合いの開業医さんにかかったら風邪でした。
 薬を飲んで大人しくしていたら、昨日から熱も出なくなり、今日外出しました。函館は15cmの積雪で札幌等の他都市より多いです。写真はS川で漁をしているダイサギです。

川岸に氷

M川の方にも回ってみました。こちらは川幅が広いのでS川と違ってよく凍ります。
この写真でも岸に氷が付いているのが判ると思います。
遊歩道脇のツタには雪がたくさん乗っていて、赤い実もよく判りませんね。
こんな状態では水鳥も期待できません。

大浴場

 たびたび取り上げるM川の,人しか渡れない橋の近くの温泉排水の出口です。
 さすがにうたせ湯をするカモはいませんが、周りも温かいのでたくさんのカモが集まっています。画面左の遠くの方にも鳥がいますね。
 カルガモ、マガモとコガモでした。周りがもっと凍ると近くに集まります。

2019年12月 2日(月):しばらく絵日記休みます

昨年12月3日のユリカモメ

 最近風邪の症状が取れず、昨年はワクチンを打ったのにインフルエンザになりましました。
 今日大事を取って受診してみるとインフルエンザにはなっていませんでした。
 完全に治るまで絵日記のアップと掲示板のレスは、しばらく休みます。写真は昨年12月3日のユリカモメです。

2019年12月 1日(日):去年の今頃

コクガン(2018/11/28)

 熱は出なくなりましたが咳や鼻水はまだ続いています。
 今日は夕方まで雨降りでしたので、出かけませんでした。1年前の今頃は何をしていたでしょう。昨年今頃の絵日記を調べて見ました。11月28日の写真です。
 これは毎年見ている下海岸(戸井恵山方面)の斜路のコクガンです。

オオハクチョウ(2018/11/27)

 コクガンは床屋さんに来ていると聞きましたが、干潮が会わず行っていません。
 こちらは11月27日の大沼付近の農耕地のオオハクチョウです。渡りの途中で大沼に寄って、近場や大野平野の農耕地で休息していきます。
 いなくなる前に風邪が治ったら探しに行きたいと思っています。

2019年11月30日(土):12時間寝ました

一昨日のダイサギ2

 昨日午後川沿いを歩きましたが、夕食までは何ともありませんでした。
 しかしその後微熱が出て、私は平熱低いのですが37.6℃まで上がりました。手元の薬を服んで12時には寝てしまい、今日昼の12時に起きました。熱も下がって爽快です。
 と言う訳で出かけなかったので、写真は一昨日絵日記登場のダイサギです。

2019年11月29日(金):代り映え無し

岸に残った氷

 今日は最高気温は+2.5℃で、最低気温がー4.6℃です。やはり寒いですね。
 昼頃外出して最初に川を覗いてみました。M川沿 の遊歩道を歩くと対岸の所々に少し氷が残っています。
 11月ももう末ですからすっかり冬になったと感じられます。

今日のキンクロ

 先週初めて見た2羽のキンクロハジロと思うのですが、元気に泳いでいました。
 潜って魚を獲る潜水がもなので、頭や体に水滴が付いています。
 もっと寒くなるとこういう潜水ガモも増えて来ます。海や川は冬の方が鳥の種類が増えて楽しいのです。

i居眠り

 水が満ちて来ると水没する島状の中州には多くの鳥が休んでいます。
 よく見るとマガモが2ペア以外は全部カルガモのようです。両者は大体同じ大きさで、小さいコガモなどは遠慮するようです。
 潜水ガモは水面に浮かんで休息することが多いようです。

2019年11月28日(木):外出しました

8006号JACCS号

 昨夜で微熱も収まりました。咳などは残っていますが昼には外出しました。
 函館は夕方現在で最高気温+0.8℃、積雪は0で、札幌は最高気温ー0.8℃積雪7cmです。余り違わないけど真冬日は避けられました。
 湯の川温泉電停ですれ違った8006号JACCS号です。JACCSは函館が発祥の地とか。

コガモのオス2羽

 M川沿いに歩いたいたら足許からダイサギが飛び立って、少し下流にいたもう1羽と鳴き叫びながら上流へ飛んで行きました。
 下流の方で食事をしていたコガモのオス2羽です。繁殖羽と言うくらいで羽には繊細な模様が入っていて、顔も派手派手で目立ちます。

ダイサギ1号

 上流へ飛んで行った2羽のダイサギの内の、近くに降りた1羽です。
 Y川との分岐部に立っていますが、結構深いのでお腹もお尻も水に浸かっています。
 もう少し上流に降りた1羽も撮ったのですが、こちらは浅い岸辺で背景が暗いのでここには出しません。真っ白い鳥も撮り難い物です。

ダイサギ3

 買い物をすませて、スーパーなどがある上流も覗いてみました。
 先ほど下流にいたダイサギの内の1羽かも知れませんが、ダイサギが漁をしていました。
 冬になると街中の川に来るのですが、まだ人馴れしていないようで、ちらちら人を見ます。逆光気味で水面が光るので、撮影条件は難しい場所です。

もどる 次へ>

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について