別館


写真絵日記


2018年 1月10日(水):大雪はまぬがれる

見晴公園の歩道

 昨夜は強い風が吹きましたが、我が家では被害はありません。
 雪も少し降っただけで、NHKのデータ放送で見ると、16時現在の積雪は14cm、昨日より5cm増えています。雪の多かった旭川市では積雪66cmだそうです。
 昼過ぎに見晴公園に行きましたが、歩道はちゃんと除雪されていました。

ツタの実の雪

 明るくなって来たので、帰りにM川を覗いてみました。
 よく絵日記に取り上げる川際の遊歩道のツタの実は、今年はまだたくさん実が残っています。レンジャクなどが来る前にツグミなどに食べられてしまうことが多いのです。
 雪が乗っていて、赤い実が引き立ちます。3月までもって欲しいです。

堰の上のカモメ

 今日はカワアイサは全く見られませんでした。
 上流の堰の上にオオセグロカモメが止っています。新しい物に対する適合力が強いですね。上流の川底の工事の流出物を止めるためのブイ式の堰だそうです。
 この下流ではホオジロガモのオスが漁をしていました。

チリ産ブルーベリー

 今日スーパーで買って来た生のチリ産ブルーベリーで、1パック150gで税込426円と安くはありません。昨年夏以降は国産の冷凍ブルーベリーを探し回っていました。
 しかし大きいスーパーでは輸入物の冷凍ブルーベリーを何時も売っていて、その後にこの生のブルーベリーを見つけました。アメリカ産と合わせると、1年中生が食べられます。

2018年 1月 9日(火):マンネリ復帰

枝被りのカワアイサ

 10m/s以上の風が吹き荒れていますが、日の射している時間が多かったです。
 怠惰な生活をから脱して、又マンネリに復帰しようと昼頃川に行きました。
 M川のカワアイサがよく休んでいる木の下には、今日は2羽だけでした。枝に隠れるようにしているので、枝被りになります。それでも1枚、顔が全部見える写真が撮れました。

工事のお知らせ

 S川に回ると、川岸の湯浜公園の横の道路が工事中で、車は通行止めです。
 公園の端に工事の様子を書いた看板が立てられていました。舗装して歩道を作るそうです。川沿い遊歩道は観光客もよく歩いています。海を見に行くようです。
 函館の積雪は17時で9cmです。公園の芝生に雪はありません。

ホオジロガモのオス

 河口まで歩いてみましたが、波もそんなにありません。
 合流するM川には、今日も1羽ぼっちでホオジロガモのオスが泳いでいました。時々潜るので漁をしているようです。一時期一緒だったホオジロガモのメスはいませんでした。
 近寄って来ないので、遠くて小さくて、トリミングした画像です。

休むアオサギ3羽

 他に防波堤に砕ける波頭や、温泉街の様子も撮りましたが、やはり生き物が良いです。
 いつもアオサギが休んでいるS川沿いのお屋敷の林の上には、今日は3羽が見えました。風が吹くので、胸の飾り羽が揺れています。
 アオサギが漁をするのをしばらく見ていません。小食なのでしょうか?

2018年 1月 8日(月):怠惰な一日

d-NHKあなたの街の天気

 暖かい一日でしたが、昼は暗くて、少し風邪気味のような感じもして外出しませんでした。
 いつもお世話になっているNHK総合テレビのデータ放送の「あなたの街の天気」です。最高気温も6℃近くありました。でも土日は大寒波のせいで、真冬日に逆戻りします。
 来週は仕事と自分の健診で札幌へ出張しますが、今から心配です。

背中の手入れ(2018.1.3))

 日頃絵日記は怠惰と呆けの防止のためと言っています。
 こんな時は在庫の写真でお茶を濁すのが常です。ちなみに「茶を濁す」は「その場しのぎで表面を取り繕う様子を指す表現」だそうです。ネットですぐ調べられます。
 1月3日に行った 函館市熱帯植物園 の温泉に入るおサルさんです。

寛ぐサルたち(2018.1.3)

 こちらはウェルカムページの背景と同じ写真で、縦横比の関係でこちらが広いです。
 神妙な顔をして温泉に入っているサルを見ると、ほのぼのしていて、とても人間的です。飽きませんよ。入場料も大人300円、餌も1袋100円です。機会がありましたら是非どうぞ。
 こんな生活をしていると、本当に怠惰病になるかも知れません。

2018年 1月 7日(日):どんど焼き

どんど焼き

 昨年は喪中で松飾も無くて、どんど焼きには行きませんでした。
 毎年絵日記に書いているように、函館はどんど焼きは1月7日です。七夕もお盆も7月で、港町のせいでしょうか。遅めに湯川の 湯倉神社 に、車でどんど焼きに行きました。
 神社のホームページによると1月15日にもどんど焼きをするそうです。

岸で休むカワアイサ

 食事に出て、遠出もしようかと思っていたのですが、雪が時々ぱらついています。
 諦めて近くの川に行きました。S川で1月5日に、久しぶりに草地で休むカワアイサを見ましたが、今日はその下流の砂地にいました。前の白い場所は川の水面です。
 確認しなかったけど、左羽が傷ついているカワアイサだと思います。

泳ぐカワアイサ

 次に車でM川の方に回りました。最近3羽のカワアイサが群れている木の下に、今日は1羽しかいません。反対岸に行ってそちらに向かおうと思ったら、こっちに泳いで来ます。
 目の前で行き来してくれたので、たくさん撮れました。晴れていて頭の濃い緑色も出ました。見ていると浮かんだ堰の様な物体の下を潜って下流へ泳いで行きました。

サケを食べるカモメ

 あの堰は、上流の川岸の砂や木を除去する工事の流出物を止める物のようです。
 その上流に向かった遊歩道を歩くと、オオセグロカモメがサケの死体を齧っていました。近くにも別のサケの死体が落ちています。自然産卵で帰ってくるサケも多いそうです。
 余り変わり映えしないせいか、今冬はカメラマンも少ないと思います。

2018年 1月 6日(土):今年初アカゲラ

地面の見えるカラマツ林

 先月12月31日以来1週間ぶりの見晴公園です。
 雪は融けてしまい、日当たりの良い所や、林の中で雪の少なかった場所は地面が出ています。前回はミヤマカケスがいても追いかけられなかったカラマツ林も、こんな感じです。
 孫たちが作った雪だるまは、やせ細った胴体が残っていました。

高い樹上のアカゲラのメス

 前回は複数のエゾリスと複数のミヤマカケスを見ています。
 ミヤマカケスは帰り際に遠くで鳴き声を聞いただけです。
 奥の方の民家との境の方で、上からキツツキが木を突くドラミングを聞きました。とても高い場所で、やっと見付けて1枚だけ撮れました。後頭部が黒くてオスのアカゲラです。

燃える薪ストーブ

 年末年始は緑のセンターはお休みでした。
 暖を取ったり、温かいトイレを使えないのは特に女性にはきついですね。
 今日は薪ストーブが赤々と燃えていました。家内ともう一人の男性と温まっていると、係りの人が薪をついでくれました。倒木などが多くて、薪は自家製で間に合いそうです。

M川上流

 ミヤマカケスとリスや手乗り野鳥にも会えなかったので、用事をすませて川を一カ所だけ覗いて見ました。すぐ眼の前にいたダイサギは鳴き声をあげて、飛び立ちました。
 M川の上流の大きい木の下の水面には、今日も3羽(多分)のカワアイサが見えます。画面右奥のダイサギはさっき逃げて行ったものだと思います。橋げたは工事中です。

2018年 1月 5日(金):馴染みだけ

氷った道

 昼前にコインランドリーに行きました。洗濯から乾燥まで1時間かかります。
 その間に川を覗きに行きました。先ずS川沿いに少し歩き、上流に向かうカワアイサとすれ違いました。雪が残った場所は、表面が融けて氷ってツルツルです。
 これは川沿いの公園の横の道です。車が固めた雪が氷になっています。

久しぶりに戻った

 S川を河口まで行きましたが、ホオジロガモのメス以外は常連さんだけです。
 公園の方に戻って来ると、先程上流に行ったカワアイサが前によく見た場所で休んでいました。先月12月21日に初めて身近で眠るカワアイサを見て吃驚しました。
 先日は別の場所で休んでいましたが、今日はこちらに戻って来たようです。

首だけダイサギ

 行きにはいなかったダイサギが、川岸の草の中から顔を出していました。
 漁をしています。カメラを持って獲物を咥えるところを撮ろうと待ちましたが、うまく獲れません。野生動物・野鳥編の「大物獲った!2」はダイサギが主人公です。
 今冬はまだダイサギはこの1羽しか見ていないようです。

ガスワン号8009号

 M川も覗いて見ましたが、今日はカワアイサのトリオは、見えませんでした。
 時間になったのでコインランドリー店へ戻り、家内が取り込んで入り間に、競馬場前電停に入って来る市電を撮りました。この色が現標準塗装です。
 今は3両しか無くて、こんな塗装は部分塗装と言うようです。

2018年 1月 4日(木):はこだてライナー

大海老天うどん

 昨日食べて絵日記に使うつもりだった 丸亀製麺 の福寄せ大海老天うどんです。
 おサルさんと熱帯植物園に負けて、昨日の絵日記には登場の余地がありませんでした。
 並盛税込590円は高い感じがしますが、単体の大海老天は確か290円でした。とろろ昆布と梅干しがトッピングされています。年末年始のメニューで、前にも食べています。

朝市と函館山

 今日の昼過ぎの新幹線で娘と孫が帰るので、函館駅まで送りました。
 年末年始は余り雪が降っていないので、今日現在の積雪は13cmです。ちなみに札幌は33cmで一時は函館の方が多かったのですが、逆転し大分差が付きました。
 青空のもとの函館朝市と函館山です。道路脇には雪が積まれています。

はこだてライナーといさりび鉄道

 手前が北海道新幹線の新函館北斗駅とのアクセス列車のはこだてライナーです。
 津軽海峡線は電化されていますが、この間の函館本線は新幹線開業に合わせて電化されました。札幌圏で通勤に使われているのと同じ電車の塗装違いです。
 画面奥に見えているのは第三セクターの 道南いさりび鉄道 の車両です。

今日のダイサギ

 送った帰りに川へ寄ってみました。
 川の濁りも取れて、ダイサギがS川で漁をしていました。成果は余りありません。
 M川では河口近くにホオジロガモのメスだけいました。カップル解消かも・・・。上流にはカワアイサのオスが3羽寛いでいました。他の1羽は見られませんでした。

2018年 1月 3日(水):猿山温泉

温泉の浴槽です

 随分昔に温泉に入るサルで有名な 函館市熱帯植物園谷地頭温泉(はこぶら) が市営から民営化されました。植物園は近くて側を通りますが、数年入っていません。
 久しぶりに4人で行きました。大人300円、中学生100円です。サルの餌も売っていて1袋100円でした。昔はニンジンを食べていたものです。

ゆったり寛ぐ

 湯の川温泉の中にあり、ここには源泉も足湯(無料)もあります。
 寒い時期だけサル用の温泉に湯が引かれます。地元民は猿山温泉と呼んでいて、子供を叱って脅すときに、そこに入れると言っていました。子供には怖いですね。
 サルたちはすっかり寛いでいて、時々湯から出て風に吹かれています。

猿山と温室

 入ってすぐ右側に猿山があります。画面左がそうで、日本人も外国人観光客も、餌をあげたり写真を撮ったりして楽しんでいます。
 画面の右が温室の入り口です。温泉の熱を使えば効果的に温められます。
 冬は使いませんが、温室の裏にはプールや遊具などがあります。

今が盛りのブーゲンビリア

 昔は温室内にたくさんのフラミンゴがいて、間近で写真を撮れました。
 今は鳥などは飼育していません。カメや魚位で、その点は淋しいです。
 花は写真のブーゲンビリアが綺麗に咲き揃っていました。民営化されて良かったのは猿山が清潔になって、臭くなかったことです。観光資源になっていますね。

2018年 1月 2日(火):左羽の傷

目が覚める

 昼頃に川へ行きました。風が強くて、晴れたり雪が舞ったりと不安定な日です。
 最初にS川の河口方面を少し歩きましたが、珍しいのはホオジロガモのオス位です。
 M川支流のY川では草の間にウミアイサが眠っていました。私が草越しに撮ろうとすると、顔を上げてキョロキョロしています。左の羽に傷があるお馴染みのカワアイサです。

左羽に傷

 邪魔しないように離れて、今度はM川の遊歩道を歩きました。
 かなり上流にカワアイサが3羽見えますが、ここからは行けません。
 戻る途中で、先程起きたカワアイサが泳いで来ました。追いかけて何枚か撮りましたが、このように左の羽が傷ついています。でも、飛んだり潜ったりの運動は支障はありません。

3羽のカワアイサ

 上流の3羽を撮ろうと、更に上流寄りにあるスーパーに車を置きました。
 遊歩道を下流へ歩くと、対岸の木の下に3羽が休んでいました。
 私が写真を撮りだしたので、行ったり来たり少しずつ泳ぎ回っています。後で写真を見ていたら、1番右のカワアイサの左の羽にも傷があるのに気付きました。不思議です。

遠いダイサギ

 次にスーパーの横の方を川沿いに少し歩きました。
 この辺は今川に溜まった土砂を除去しようと工事をしています。広範に木も切られました。その中洲になった対岸にダイサギが1羽いました。そちらの細い水路を見ています。
 今年はカワアイサのオス以外は冬鳥は淋しい年になっています。

2018年 1月 1日(月):お出迎え犬

謹賀新年 エゾリスから

 明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。
 上は今年の年賀状のカットです。干支の写真は今年も使いませんでした。このエゾリスは先日絵日記に登場したのと同じですが、少し周囲をカットしています。
 戌年なので、わざわざ「エゾリスです」と断りました。

湯倉神社

 雨が降ったり止んだり、晴れて来たり、ヒョウが降ったりします。
 最低気温が+2.6、最高気温は+6.4℃と高かったので、雪は随分減りました。
 最初は市電でと考えたのですが、余りに不安定な天候なので、昼頃に車で 湯倉神社へ初詣に行きました。遅かったので天候のせいで、去年みたいに並ばずにすみました。

遠いカワアイサ

 買い物があって、家内たちはM川沿いのスーパーに行きました。
 元旦に営業するスーパーと休むコンビニがあって、世間は面白くなりました。
 私は川沿いに少し歩いてみました。ダイサギとアオサギは飛んでいるのを見ました。雪融けと雨で増水した川の下流にカワアイサが3羽見えますが、傍へ行きませんでした。

お出迎え犬チン太

 孫の希望で 六花亭 函館五稜郭店に行きました。喫茶は混んでいて食事は諦めました。
 通路の先の店舗前のブロンズ像の犬は「お出迎え犬 チン太くん」だそうです。今日は戌戌と書いた前掛け(エプロン)をしていました。2012年には裃姿でした。
 戌年の年賀状にエゾリスの写真を使ったので、ここに登場して貰います。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について