別館


写真絵日記


2018年 1月30日(火):連写でレンジャク

待機するレンジャク

 しばらくレンジャクとご無沙汰していますが Sさんの情報 ではキレンジャクがたくさん来ているようです。本通の行き付けのスタンドに給油に行きました。
 本通の別の通りのスーパーで家内が買いものをしている間、道路にいるとレンジャクが飛び回っています。逃げると百羽以上の大群が、防風林の木の高所で待機しています。

木の実を食べるレンジャク

 近くの木にうまく来てくれても、車が通ると逃げて行きます。
 雪が降って来ると、雪にピントが合ってしまってピンボケです。
 道路の向いのナナカマドにたくさんのキレンジャクが来て、実を食べ始めました。連写でたくさん撮った写真を見て下さい。左から2羽目以外はキレンジャクのようです。

飛ぶ連雀

 連写で撮ると、普段は狙わない飛んでいる写真が撮れます。
 飛んでいる下の方の1羽とその下の枝に止まっているのが尾の先端が赤いヒレンジャクです。今日はキレンジャクが90%以上でしたが、確かにヒレンジャクも混じっています。
 何度も書いていますが、北海道ではキレンジャクが圧倒的に多いのです。

大群です

 わっーと大群がナナカマドの木に降り立ちました。
 夢中で取っていたので、後で写真を見て、画面左下の方はレンジャクが重なり合って、ぶつかるように写っています。こちらを中心にすれば面白かったですね。
 最高気温-4.9℃、雪も舞う風の中では寒かったです。満足しましたよ。

2018年 1月29日(月):道路もガタガタ

24時間で19cm増えた

 昨夜雪が降り続き、夕方のニュースでは24時間に19cm降ったそうです。
 用事のあった家内は、雪掻きが間に合わずタクシーで出かけました。今朝はタクシーが立ち往生していたと運転手さんが言っていたそうです。車の上の雪はこんなです。
 向いのご主人が雪掻きを手伝ってくれて、昼前に車を動かせるようになりました。

昨日のミヤマカケス・横

 今日は最高気温-4.1℃、最低気温-7.5℃、15時での積雪は51cmです。
 昼前に帰った家内が、道路が雪でガタガタなので、出かけるのを止めようと言います。
 そんな訳で、今日は雪掻きしただけで外出しませんでした。昨日撮ったミヤマカケスを見て下さい。昨日の絵日記2枚目と同じミヤマカケスの側面像です。

昨日のミヤマカケス・正面

 こちらは4枚目と同じミヤマカケスの、正面顔です。
 最近カメラを連写にしていますので、シャッターを押している間は撮り続けます。少しずつ違う写真が撮れるので、便利は便利ですね。とぼけた顔をしています。
 この1枚にかけるのは時代遅れかも知れません。

2018年 1月28日(日):ミヤマカケス

左のトイレがお薦め

 昼前に見晴公園に行きました。晴れたり曇ったり、時折小雪が舞います。
 最近まとまった雪が降っていないので、道路や公園の通路は踏み固まっています。
 駐車場から少し進むと、十字路に出て、写真のようは標識があります。冬にトイレを使うなら、左へ行って緑のセンターのトイレをお使いください。

スギの枝のミヤマカケス

 東屋の近くで久しぶりに近くでミソサザイを見ました。カメラを構える前に谷間に飛んで行き、見失ってしまいましたが、向いにミヤマカケスがいました。
 最近は連写にしているので何枚か撮れます。ミヤマカケスは本州のカケスの北海道亜種で、こちらの方がハンサムだと思います。50%縮小画像をトリミングしました。

多分エゾリスの足跡

 正月にはエゾリスを2匹見たのですが、その後はさっぱりです。
 公園の奥の方で見つけたエゾリスの足跡(多分)だと思います。指が細いです。
 緑のセンターの薪ストーブに、薪を足しに来た職員さんに家内が聞きましたら、今は朝6時頃出て来る、散らばっていて(縄張)、全部で16匹いる、そうです。6時はつらいです。

雪吊りの上のミヤマカケス

 帰り際にもう1羽のミヤマカケスが眼の前の雪吊り飛んで来ました。
 ぐるっと回って上がっていたので、何枚か撮れました。目付は険しいです。
 Yahoo!(Googleも同じ)で「ミヤマカケス」と検索すると、野生動物・野鳥編の「ミヤマカケス図鑑」が5番目に出ました。上には図鑑や辞典が3サイトです。お暇な折りにどうぞ。

2018年 1月27日(土):フルコース歩く

S川も浚渫中

 今日と明日車検で、代車も持って来てくれましたが、歩くことにしました。
 ほぼ晴れでしたが、時々雪も舞って、最高気温は-1.5℃(最低は-11.2℃)です。
 家からS川沿いに少し歩くと、市民会館の裏の橋の近くで川底の浚渫(しゅんせつ・土砂などを取り除く)工事をしていました。M川上流でも数カ所行っています。

今日は起きている

 工事は余り気にならないようで、少し上流ではダイサギが漁をしていて、現場の横をカルガモが泳いでいます。
 電車通りを過ぎて、いつもの場所には今日もアオサギがいました。その近くにキンクロハジロのメスが草の上に上がっていて、見慣れないので最初は珍しいカモかと思いました。

ホオジロガモのメス

 もっと下流ではホオジロガモのメスが漁をしていました。
 河口には行かなかったですが、カワアイサやホオジロガモのオスは見られませんでした。
 河口近くのローソンでホットミルクを飲んで、少々暖を取りました。あちこちに色々なコンビニがあって、トイレも借りられるし、冬道でも安心です。

川下の橋

 次にM川に行きましたが、今日はY川の合流部まで氷っていました。
 河口側を振り返って、国道の橋を撮りました。氷が光っています。川の先は海です。
 途中で昼食を取って、Y川沿いに市電の湯の川電停まで歩き、そこから市電で帰りました。最近は冬にこのフルコースを歩いていません。全行程で5千歩ちょっとでした。

2018年 1月26日(金):眠いアオサギ

美鈴珈琲湯の川売店

 たまに雪が舞いますが、晴れた時間が長く、最高気温-1.3℃で最低気温-7.8℃と、まあまあ厳しくない日でした。18時現在の積雪は42cmで、札幌や旭川より約20cn少ないです。
 美鈴珈琲 ファンの家内の希望で、コーヒーケーキショップ美鈴 湯川店へ行きました。焼き立てパンはのぼりはあるけど売切れでした。

氷結した川

 そのまま川を覗いてみました。
 最初は画面左のY川が中央のM川に合流する部です。M川は殆ど全面が氷結していますが、Y川には氷はありません。ダイサギも飛んで来たけど降りません。
 Y川にはカルガモ2羽とキンクロハジロのメスが1羽いただけです。

眠いアオサギ

 戻るときに、最近アオサギを見るポイントで車を降りました。
 昨日と同じような場所の、今日は違う側の岸にいました。雪の上に立っています。
 後で写真を見ると、どれも目をつむりかけた眠そうな顔でした。時々首が曲がって頭を垂れていましたから、眠っているのかも知れません。木の上より気温は高いと思います。

千秋庵総本家号720号

 競馬場前電停に函館市電720号 函館千秋庵総本家 号がいました。
 どら焼きや煎餅「元祖山親爺」などが有名な和菓子屋さんがスポンサーです。
 雪で揺れる車の助手席からの一発勝負の写真で、コントラストやシャープネスは画像加工ソフトで変えれますが、パンタグラフの先端がぎりぎりでした。

2018年 1月25日(木):はこだて焼きピロシキ

競馬場前電停の8003うみしん号

 最高気温は-4.3℃、最低気温は-13.7℃と寒いです。
 家内がゆうパックを出すので、近所の郵便局に行きました。競馬場前電停の近くです。
 雪の市電を撮ろうと思い、車の近くで待つと、8003号うみしん号が来ました。道南うみ街信用金庫 は江差町と函館市の信用金庫が合併してでき、市電の塗装も変わりました。

野又学園号8004号

 雪は今夕の積雪深36cmと昨日より1cm増えているだけです。
 雪が舞ったり日が射したり、不安定な日でした。市電を撮ったときは暗かったです。1枚目の市電うみしん号と連番の8004号 野又学園 号です。
 野又学園は大学から高校、専門学校、幼稚園まで手広く運営しています。

寒い川のアオサギ

 3日前アオサギを撮った場所の向いの岸に今日もアオサギが1羽いました。
 S川は部分的に川岸に接して氷が張っているだけで、開いた水面が多いです。次に除いたM川は川面の殆どが氷結していて、鳥は殆どいませんでした。
 少し離れてから見ると、このアオサギは眠っていました。

パン エスポワールのはこだて焼きピロシキ

 今月NHKの北海道地方のニュース番組 ほっとニュース北海道はこだて焼きピロシキ が放送されました。市内の6事業者10店舗が参加しています。
 ピロシキはロシアやウクライナなどのパン料理で、日本では揚げた物が多いそうです。パン エスポワール 戸倉店 では税込216円でした。イートインもあります。

2018年 1月24日(水):大寒波

避寒エゾリス

 昨日は暴風雪警報、竜巻注意情報と荒れた日で外出を控えました。
 用事があって、今日は車で出かけなくてはなりません。
 玄関の外に置いてあった庭用のエゾリスの置き物は、玄関内に避寒しています。例年だと家内手作りのマフラーや帽子を身に着けるのですが、今年はまだ当たりません。

2日間の積雪

 昨日はさっと雪が降っただけで、風で飛ばされていました。
 車に積もった雪はこの程度で、5cm位でしょうか。夕方の積雪深は35cmと、例年より多いかも知れませんが、大した量ではありません。札幌や旭川よりは少ないです。
 見て判ると思いますが、気温が低いのでサラサラのパウダースノウです。

外気温-5℃

 古い車ですが一発でエンジンがかかりました。
 車のメーターの外気温の表示は-5℃を示しています。こんな低い気温表示は今まで見た記憶がありません。外出中はヒレンジャクを探しましたが、ツグミもいませんでした。
 この写真はクリックしても拡大しません。

dNHKあなたの街の天気

 家に帰ってからのNHKのデータ放送の「あなたの街の天気」です。
 最高気温は-4.9℃と凄まじい真冬日です。最低気温は21時には-10℃の予報になっています。週間天気の予報を見ても、信じられない位の低い数字が並んでいます。
 海岸の街なのに内陸の札幌より気温が低いのは不思議に思います。

2018年 1月23日(火):竜巻注意情報

dNHK あなたの街の天気

 寒くはないのですが暗くて、風が強いです。昨日から暴風雪警報が出ています。
 15時49分に函館管区気象台から竜巻注意情報が出ました(17時まで)。竜巻は日本海側の檜山地方で目撃されたようです。お世話になっているNHKのデータ放送の画面です。
 不要不急の外出を控えて、今日は出かけませんでした。

ヒレンジャク(2003/03/16)

 と言う訳で、新しい写真がありません。
 15年前の2003年3月15日と16日に我が家の庭にたくさんのヒレンジャクとキレンジャクが来て、野生動物・野鳥編の「レンジャク来たよ!」にまとめました。
 そのとき撮った写真を1366×768ピクセルにしました。ヒレンジャクです。

キレンジャク3羽(2003/03/16)

 たくさん来たので、家内が刺していたリンゴが無くなってしまいました。
 これは野鳥に食べられて皮だけになったリンゴを、庭の隅に捨ててあったのですが、キレンジャクが3羽食べています。家内がみっともないので見せたくないと言う写真です。
 211万画素1600×1200ピクセルの写真ですが、これ位なら大丈夫ですね。

2018年 1月22日(月):寒い一日

ナナカマドの綿帽子

 関東で大雪だそうで、転ばないようご注意下さい。
 寒い一日で、函館の最低気温は-10.3℃、最高気温は-3.0℃と真冬日です。昼まで録画済の香港映画を見ていました。昼過ぎに家を出てヒレンジャクを探しましたがいません。
 アリバイ的に撮った昨日と同じ場所のナナカマドの雪帽子です。

川岸のアオサギ

 18日木曜日の夕方函館へ帰りましたが、翌日ヒレンジャクを撮って追いかけモードになり、川へ行っていませんでした。気温の割には風も無く、日も照って、寒くはなかったです。
 S川の川岸を少し歩くと、昨年までよく見た場所にアオサギが立っていました。水際のアオサギは久しぶりに見ましたが、真剣には漁をしていませんでした。

ダイサギがいます

 M川にはダイサギがいましたが、私に気付いて飛んで行きました。
 上流へ飛び去ったので、そちらを探すと、はるか彼方に立っています。足許は氷ですが、その辺は水面が出ているかも知れません。一時的に避難しただけかも知れません。
 クリックして拡大しなくても、何処に写っているか判りますか。水鏡がヒントかも。

川に氷

 川幅はS川よりM川の方が広い分、氷結しやすいです。
 M川の川岸には部分的に氷が張っていました。その氷の上にカモでも乗っていれば面白い写真になりますが、今日は残念ながらいませんでした。
 と言う訳で、こちら岸の、ツタの実の綿帽子を前景に入れました。

2018年 1月21日(日):いたけど・・

こんなに残っている

 卓球全日本の女子準決勝のテレビ中継を見てから、ヒレンジャク探しに行きました。
 今日は少し足を延ばして、市内のかなり離れた場所まで行きましたが見つけられません。一昨日撮った場所へ戻ると、じきに小さい群れが2回程来ましたが撮れませんでした。
 ナナカマドの実はこんなに残っています。明日もチャンスがあると思います。

群がるヒレンジャク(2017/1/31)

 と言う訳で、前に撮ったヒレンジャクの写真を見て下さい。
 ほぼ1年前の2017年1月31日の絵日記「ヒレンジャク撮れた」の中の2枚です。
 これは本通のナナカマドの街路樹で、群れて実を食べるヒレンジャクです。頭の後が尖っていて(冠羽)、尻尾の先が赤いのが特徴です。漢字では「緋連雀」と書きます。

ヒレンジャク(2017/1/31)

 これは同日1羽のヒレンジャクを写したものです。もう実は少ないです。
 北海道でよく見られるのは、少し大柄で尻尾の先が黄色いキレンジャクですが、その群れにヒレンジャクが混ざることがあります。どちらも余り目付きの良い鳥ではありません。
 目立つ鳥なので人気があって、キレンジャクは旭川市の市の鳥です。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について