別館


写真絵日記


2018年 2月19日(月):プロにお任せ

裏道を通ります

 8時集合でしたが、昨日の絵日記に書いたように渋滞が予想されるので、前夜からタクシーを依頼しました。いつもなら15分で着きますが、7時半前に家を出ました。
 案の定電車通りは渋滞しています。脇道を回って良いか聞かれ、住宅街の間の写真のような細い道をすいすい走って行きます。幹線道路は通らずにとても早く着きました。

待ち椅子は9脚

 朝から昼またぎで、 函館地方自動車整備振興会 の合同健診で、4日間続きます。
 午前中は胃バリウム検査を受ける人も多く、昼過ぎまでかかりました。一般健診、特殊健診、両方受ける人が入り乱れます。写真は診察の待ち椅子で9脚中5脚埋まったそうです。
 採血は午前中は忙しいですが、午後は殆どいません。

函館山遠望

 冬と夏に数日間ずつ来ている会館ですが、今年の雪の多さは会場の窓から見ても異常です。こんなに真っ白になったこともありません。函館山も雪で時々見えなくなりました。
 画面中央の除雪車はこの後で大活躍していました。
 15時半からは五稜郭地区の役所の健診の3日間の1日目でした。

2018年 2月18日(日):様子見

深堀町電停

 明日から仕事で、数日間は五稜郭地区のホテルに、朝8時集合です。
 いつもは家内に車で送って貰うのですが、電車通りは道脇に排雪されない雪山があって、通常片側2車線なのに今は1車線しかありません。朝夕は渋滞が続いています。
 昼頃、道路の状態を様子を見に行きました。深堀町電停です。

電車通り

 遠くのビルに丸井今井デパートのMのマークが見えます。
 家内の運転です。助手席から8005号美鈴号とすれ違う所を撮りました。
 隣の線路を市電が通ったら、接触しそうな道路幅しかありません。すれすれで市電が通ると迫力満点で怖いですよ。結局明日はタクシーを頼むことにしました。

人見通り

 仕事が終ってから帰る、これは人見通と言う住宅街の間の広い道です。
 道路の中央の分離帯には雪が積まれて山になっています。
 ここは線路はありませんので、片側2車線が通れるようになっていました。函館の積雪は少し減って、73cm(17時現在)ですが、例年に無い雪景色です。

漁火通温泉街

 様子見が終って、買い物に行くために、漁火通を通りました。
 ここは海際で、車道の雪は融けて、黒い路面が現れていました。
 前方に見えるのは湯の川温泉の温泉ホテル群ですが、この辺は湯川町ではなく湯浜町と言う隣町です。青空が見えるように日照もあって、風も強くない日でした。

2018年 2月17日(土):氷の上のツグミ

中洲のダイサギ

 昼頃川に行きました。この頃は晴れていて、最高気温も+1.1℃でした。
 今日は下流側の様子を見ようと、雪をこいで川岸の遊歩道に上がりました。
 氷が張っていないので、中洲の向こう側にダイサギが立っています。キョロキョロしていましたが、見ている間に漁をする気配はありませんでした。

M川上流を見る

 立っていた場所から川の上流側を撮りました。
 足許の遊歩道は階段の所に足跡がありましたが、そこ以外は写真のように雪が積もっていて、人の歩いた跡はありません。長靴を履けば歩けるくらいの積雪でした。
 画面中央に見える橋は細くて、人が歩いて渡ることが出来ます。

氷の上のツグミ

 ツグミやヒヨドリが少しツタの実を探しているようです。
 ツグミが近くの枝に止まったりしていましたが、取り損ないました。足下の川面の氷の上に降りたので、それを狙いました。露出補正する前に飛んで行きました。
 キレンジャクの影は今日も全く見られませんでした。

雪越し函館山

 久しぶりにM川河口の駐車場に行きました。
 天気の好い時はアジアからの観光客がホテルから歩いて来て、津軽海峡や函館山、対岸の下北半島などを見ています。この頃から風が出て来て、そんな人はいませんでした。
 降る雪で函館山もかすんでいます。夕方からは荒天になりました。

2018年 2月16日(金):泳ぐアオサギ2

湯煙アオサギ

 8週に1回の受診日でしたが、検査も異常ありませんでした。
 病院から戻って、川に行きました。S川ではホオジロガモのメスが泳いでいました。
 M川のホテルの温泉排水が流れ込み、湯煙が漂っているところにアオサギが立っていました。ここではカルガモはよく見ますが、アオサギは珍しいと思います。

泳ぐアオサギ

 犬走りは垂れた草で覆われていて、所々が開いています。隣りの場所へ移ろうとしたようで、アオサギは川の中に入りました。足が届かないので泳ぐしかありません。
 体を浮かべて隣りへ移動しました。足は水底に届いているかも知れませんが、体は胸からお腹まですっぽり水の中です。泳いでいるのと同じと思います。

塗れた体のアオサギ

 犬走りに上がりました。体と羽の下面はすっかりびしょびしょです。
 野生動物・野鳥編に大沼公園で撮った、「泳ぐアオサギ」と言うページがあります。今は泳ぐアオサギを取り上げたサイト、画像や動画は多くありますが、当時は引用もされました。
 一緒にいた家内の写真も使っています。「ハクチョウみたい」と言っています。

手前にアオサギ、遠くにダイサギ

 アオサギを見ている間にダイサギが飛んで来て、上流へ行きましたが、じきに戻って来ました。少し離れた場所へ降りましたが氷があるので、こちらへ歩いて来ます。
 アオサギと同じ犬走りに上がりましたが、見ている間にはこれ以上近付きませんでした。無理矢理一画面に収めました。湯煙の中のアオサギとダイサギです。温泉は良いですね。

2018年 2月15日(木):積雪77cm

らっくる号3号9603号

 用事で外出せねばなりませんが、積雪が増えています。函館の積雪は16時で77cmで札幌より12cm多いです。北海道新聞によると累積降雪量は428cmで史上5位だそうです。
 出先の湯の川方面で市電を撮りました。最近超低床市電のらっくる号の4号が就航しましたが、これは3号の9603号です。片側2車線の内の1車線しか使えません。

トウショウビルサービス号2001号

 道路脇の雪山も高くなっています。前はハセストの やきとり弁当 号だった2001号は、今はビルメン会社の (株)トーショウビルサービス の宣伝塗装です。
 電車の進行方向半分に大きい函館夜景の写真を使っているので、家内は夜景市電と言っています。目立つデザインですが、今までは車庫内でしか撮っていませんでした。

水を飲むヒヨドリ

 用事と買い物と食事を済ませてからM川の様子を見に行きました。
 今日も飛び回っているのはツグミとヒヨドリだけです。ツタの実は殆ど無いようです。
 ホテルの前の氷が融けているところで、ヒヨドリが水を飲んでいました。撮っていたら旅行者に、珍しい鳥かと聞かれました。ありふれていて、大きくて元気者の鳥と答えました。

こちらを見るツグミ

 そのホテルの壁の前の木の枝にツグミが止まっていました。
 愛想好が多いようです。だから昔焼き鳥の主材料だったのかも知れません。このツグミも逃げないので大きく撮れました。クチバシの先に氷のような物が付いています。
 来週全部と再来週の前半は仕事ですが、雪が多いので心配です。

2018年 2月14日(水):もう実が無い

雪の上のダイサギ

 そんなに雪は降らず、気温も下がりませんでした。
 昼前に雪掻きを少しして、車で買い物に出る途中、一昨日キレンジャクの群を見た場所に行きました。今日はツグミとヒヨドリだけで、もうツタの実は残っていないようです。
 氷の上をダイサギが歩いて来て、近くの水辺に立ちました。

たどり着いた

 その水辺と言うのは、人だけ渡れる細い橋の傍で、ホテルの温泉排水が流れ込む場所です。冬でも凍らないので、寒くなると水鳥が集まることがあります。
 少し遠くに降りたカルガモのペアが、川の氷の上を歩いて来て、水辺にたどり着きました。湯気がちょっと立っていますか。この後は水の中に入って泳ぎだしました。

ツグミのアップ

 柵の上に止まったツグミです。大柄で太った感じがします。
 昔カスミ網と言う網猟が禁止される前は、移動の途中で網で大量に捕らえて、焼き鳥屋で提供されたそうです。そんな残酷なことは無くなり、今では群れで飛来します。
 停めた車の窓を開けて、ツグミのアップを撮りました。美味しそうですか?

もう実は無い

 人が歩いていない遊歩道に積もった「雪をこいで(意味わかりますか?)」、川岸からツタを観察してみました。実は全く見えません。写真も見直しましたが同じです。
 ツグミやヒヨドリは、雪の積もった下まで潜っていましたから、雪が融けてももう実は殆ど残っていないでしょう。今冬のレンジャク観察はもう期待できません。

2018年 2月13日(火):低温注意報

一晩の雪

 昨夜は雪が降り、とても冷えました。
 今日はケーブルテレビの回線を光回線にする工事が昼過ぎに行われます。無料と言うので依頼しました。車の上の雪は10cm位でしょうか、湿り気の無い雪です。
 私は車の雪を降ろしただけで、雪掻きは家内が殆どやってくれました。

ケーブルが光回線に

 約束の時間に高所作業車がやって来て、光回線に替える工事をしました。
 終わる頃にソフトウェアの担当者が来て、設定を行ってくれました。ケーブルテレビ込みの安い契約なので、ネットの速度はそれに合わせて抑えて遅くしているそうです。
 でも利用者によると1,2割速くなるようで、実際そんな感じです。

d天気

 いつもお世話になっているNHKのデータ放送のあなたの街の天気です。
 最低気温は-9.3℃、最高気温も-5.7℃です。函館に低温注意報は余り出ません。明日からは少し気温が上がるようで、ほっとしています。今週仕事を休んで良かったです。
 17時現在の積雪は69cm、札幌は60cm、旭川67cmです。小樽は114cmとか。

眼が光るキレンジャク(2018/2/12)

 写真が足りないので、昨日撮って絵日記の3枚目に使ったキレンジャクの別の写真です。こちらは目が光っています。家内は目が光っている方が良いと思っているようです。
 眼光鋭い鳥なので、目が光ると怒っているような感じもします。
 昨日のキレンジャクの写真はまだまだたくさんあります。小出しに出来ますよ。

2018年 2月12日(月):キレンジャク再び

キレンジャクの群1

 昨日より気温が低くて道路の雪も締まった感じです。出入り口の雪を整えて、家内は心配していましたが、車で買い物に出ました。幹線道路は除雪されて問題ありません。
 帰りにM川を覗いてみました。細い橋から見ると、無数のキレンジャクが赤い実の付いたツタに集まっています。積もった白い雪の間にいるので、露出補正を掛けます。

キレンジャクの群2

 条件を変えて色々撮りました。こちらの方が少し暗くなりました。
 よくここにいる年配のカメラマンに聞くと30分位前に飛んで来たと言うことです。粘りも必要ですね。ここではツグミ混じりで、レンジャクはすべてキレンジャクのようです。
 新しい群れが来て、街路樹のナナカマドの実が無くて、ここに集まったのでしょう。

柵の上のキレンジャク

 路上駐車なので車に残った家内と交代して車の傍に立ちました。
 すぐ横が遊歩道で、その柵の上に何羽かキレンジャクが止っています。凄く近いですが、下が気になるのか逃げません。その1羽をたくさん撮ってしまいました。
 羽毛まではっきり判るキレンジャクは今まで撮ったことがありません。

柵越しキレンジャク

 柵越しにもたくさんのキレンジャクが見えて、ツタの実を食べています。
 こんなに実がまだ多く残っています。キレンジャクは羽の横の模様が鮮やかです。
 出るより帰る方が悪路を長く通るので心配でしたが、家まで帰ることが出来ました。寒くて雪も降って来ましたし、明日は行けるかどうか判りません。

2018年 2月11日(日):雪道歩いてお買い物

わだち

 朝からオリンピック放送を見て過ごしました。
 最高気温は+2.8℃ありましたが、最低気温は夜間に向かって下降し-7℃の予想です。
 家の前のように住宅街の細い道は深いわだちが出来ていて、雪もザクザクなので歩いて コープさっぽろ湯川店 へ行くことにしました。帰りには車を皆で押す光景も見ました。

バス通り

 函館アリーナ の横まで来ると、そこはバス道路です。
 車道にはもちろん雪がありませんし、歩道も歩きやすくなっています。この写真の奥に写っている建物が目的の店舗です。歩道の脇の雪山が高いですね。
 今日の16時の積雪は函館52cm、札幌56cm、旭川70cm、苫小牧23cm、釧路6cmです。

後は生協

 絵日記ネタに市電を撮ろうと目論んでいました。
 うまい具合にコープの建物を背景に旧標準塗装・笹色ツートンの719号が撮れました。急いで撮ったので少し傾いていて、画像処理ソフトで修正しています。
 一部に青空が見えるように、この頃は明るかったです。

函館タナベ食品号3004号

 フードコートで昼食を取って、荷物が多くならないように少し買い物をしました。
 帰る頃には雪が降り出していました。これから雪が多くなる予報です。
 街の方からやって来た3004号 函館タナベ食品 号です。昔は赤い車体でしたが、今は抑えた色遣いで、タラコとシュウマイが描かれています。「うまいべ!」は良いですね。

2018年 2月10日(土):休み1日目は雨

アプローチ

 昨日の早起きで疲れていて、昨夜はぐっすり眠りました。
 朝起きたら天気予報通り雨になっていました。気温が高いです。
 写真は玄関前のアプローチで、除雪はしてありましたが濡れて光っています。雪の山は家内の花壇に、雪掻きした玄関前や車の置き場の雪を置いているからです。

dNHKあなたの街の天気

 いつもお世話になっているNHKのデータ放送のあなたの街の天気です。
 この時間には雨は止んでいました。今後もしばらくは雨の予報は無くて残念です。
 気温はやはり高くて、今日の最高気温は+4.2℃ありました。17時現在の積雪は53cmです。札幌より1cm多いそうです。月曜火曜が寒波で再び寒くなる予報ですね。

レンジャク2羽のお尻(2018/02/02)

 道路の積雪が雨でぐちゃぐちゃになって、近所で動けなくなった車もいました。外出しなかったので、他に写真がありません。と言う訳で、在庫の写真を1枚。
 2月2日に撮ったお尻をこちらに向けている2羽のレンジャクです。この2羽は種類が違います。どちらがキレンジャクで、どちらがヒレンジャクか判りますか?

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について