別館


写真絵日記


2018年 5月17日(木):漁港から

河口のウミネコ

 濃霧注意報が出ている暗い日です。積極的な外出気分は起きません。
 昼頃に食事と買い物に出て、M川の河口を覗いてみました。
 北へ帰る途中のユリカモメを毎年見ているのですが、今年はまだ1羽だけです。たくさん堰に並んでいるのは全部がウミネコのようです。

波消しブロックの上のシギ

 用事を済ませて家へ帰る前に、久しぶりに湯川漁港へ行ってみました。
 よくカモメやウが並んでいる波消しブロックの一番端に小さい鳥が立っているのが見えます。足やクチバシが長くてシギのようです。1羽だけで鳴いていました。
 家内も鳴き声に気付いて双眼鏡で覗いていました。詳細は不明です。

釣り人がいます

 漁港からは函館山が見えます。
 港の湯の川温泉側からは、漁港の入り口以外からは防波堤越しの光景になります。その入り口の右側に3名の釣り人の姿があります。釣れていないようで、のんびりしています。
 海霧も出ているので、少しぼやけた函館山になります。

庭のスズラン

 庭には家内が植えて、とても増えたドイツスズランがたくさんあります。
 木陰になるので日当たりは余り良くありません。この方がスズランには向くそうです。最近白い蕾が見えるようになって来ました。
 もうじき一斉に咲いて良い香りが漂います。

2018年 5月16日(水):立つエゾリス

立ってこちらを見る

 昨日成果があったので、今日も午前中に見晴公園に行きました。
 夏日すれすれでしたが風があって、暑さは感じません。昨日の場所にエゾリスが切り株の近くにいました。近寄っていくと立ち上がって、周りを見ています。
 少し移動して、木の幹を背に立っています。こうすれば安全に遠くが見えます。

遠足のよう

 芝生広場の周りには、今はヤエザクラが満開です。少数ながらシダレザクラもあります。
 五稜郭公園と函館公園と並んで市営の三大公園の1つです。
 今日も中学生のような遠足の一団が来ていました。とても賑やかなので、野鳥は傍には寄って来ないでしょう。

立っている

 今日は野鳥はキジバトが撮れただけです。ホシガラスは見れませんでした。
 ヤマブキが咲いていたので、別館のトップ写真にしました。
 帰りにも同じ場所にエゾリスがいました。草の中で立っていて、うまく撮れたと思います。リスは立っては歩けません。遠くを見るために立つのでしょう。

木の上に避難

 呼んだら近寄ってきたので、剥きグルミを見せました。欲しそうにしているのですが手許までは来ません。投げ与えても見つけられません。
 その内に近くの木に登って、枝の上で休んでいます。しばらく待ちましたが降りて来ませんでした。

2018年 5月15日(火):成果有り

1羽だけのホシガラス

 好天で最高気温も21℃超えでした。
 早目に見晴公園に行きました。サクラは殆ど終わっていて、お客さんも多くはありません。芝生広場の奥の林に2羽のドバトを追いかけるようにホシガラスが1羽飛んできました。
 ずーっと5羽いたのですが、今日は1羽しか見ませんでした。

サクラの蜜を吸うヒヨドリ

 日陰になる場所ではまだサクラの花が少し残っています。
 目の前のサクラの枝が揺れるので、ヒヨドリが蜜を吸っているのに気付きました。お腹が空いているようで、傍で私が写真を撮っているのが気にならないようです。
 花の中にくちばしを入れているのを何枚か撮れました。

エゾリス1

 オオルリやキビタキがたくさん来ていて、あちこちで鳴いています。姿も見かけたのですが、高い木の上に逃げたりして撮れませんでした。
 帰ろうとしていたら駐車場側の林でエゾリスを見つけました。本当に久しぶりです。しばらく見ていない間に脱毛が進んでいますが、耳の総毛はまだ残っています。

エゾリス2

 先のエゾリスのいた場所のすぐ近くで、クルミをかじる音が聞こえます。
 探すと貫禄のあるエゾリスが枝の上でオニグルミをかじっていました。
 食べ終えてから、持参の餌をあげようとしましたが、見ても取りに来ません。地面に投げてあげたら1個だけ見つけて食べていました。今日は成果がありました。

2018年 5月14日(月):足は竹色

並んだカモメたち

 昼過ぎにM川の河口を覗いてみました。
 ここで何度も北国へ移動の途中のユリカモメを見ているからです。最近もガングロの夏羽を見ています。河口の堰の上にはたくさんのカモメが並んでいます。小型で白っぽいユリカモメはいません。
 足が肉色の大型のオオセグロカモメが少し混じっています。

海越し函館山

 河口からは海越しの函館山が望めます。  今日は少しかすんでいましたが、波がキラキラ光っていました。
 この写真を拡大してみると、堤の向こうの波打ち際にもカモメがいるようです。今週は休みなので、ユリカモメ探しを続けるつもりです。

賑やかです

 カモメでも特にウミネコは群れるとニャーニヤー鳴きあって、とても賑やかです。
 1枚目の写真の中央部分ですが、向こう側のウミネコは大きく口を開けて鳴いています。怒っているような感じ の鳴き声です。
 左側の叱られているようなカモメは灰色がかっていて、若いようです。

20℃行かなかった

 昼頃からは晴れて、風も弱かったです。
 てっきり最高気温も20℃越したと思ったら、夕方のNHKのデータ放送では19℃だったそうです。念のために調べ たら札幌の最高気温は13℃だったそうです。
 せっかくの休みなのに快晴は期待できませんね。

2018年 5月13日(日):雨で暗くて

どーもくん号(2018/8/13)

 一日雨の暗い日で、出かけませんでした。昨日まで仕事だったので、ゆっくりしました。
 こんな時は在庫の写真を見て下さい。5月9日の昼休みにたくさん撮った市電の写真です。NHK函館放送局の宣伝塗装は部分低床車の「どーもくん号」はonly oneの車体です。
 乗るのに勇気が要りそうな感じのデザインです。

2018年 5月12日(土):早過ぎた

参道のサクラは蕾

 毎年参道のヤエザクラのトンネルを見に行く石崎地主海神社へ行きました。
 遠くから見ても早過ぎたことが判りました。まだ殆ど咲いていません。
 知らないで来た車が結構たくさんいて、ボランティアの交通整理の人も活動していました。遠くの海もかすんではっきりしません。

手水舎

 手水舎(ちょうずや)は普通手水場と呼んでいますね。
 この傍のサクラは奇麗に咲いていたので、撮ってみましたが白っぽい花なのでうまく写りませんでした。まあ好天の海岸のドライブは満喫出来ました。
 この神社は 花を訪ねて・短編版に1ページあります。

サクラにヒヨドリ

 そのまま見晴公園に行きました。
 常連さんのサイトを覗くと、今週はオオルリとかキビタキが来ていたそうです。今日は昼近くだったせいかカメラマンが殆どいません。ホシガラスにも会えませんでした。
 サクラの花を千切って蜜を吸うヒヨドリです。証拠は撮れませんでした。

河畔のツツジ

 今週も時々河口を覗きましたが、移動の途中のユリカモメはいませんでした。
 帰りにもM川に立ち寄って遊歩道を歩いてみました。ツツジは奇麗に咲いた木もあります。上流の伐採と浚渫(しゅんせつ)のせいか鳥は少数のカルガモくらいです。
 今年はカワアイサやオシドリは期待できないでしょうね。

2018年 5月11日(金):1週終わり

五稜郭タワーを仰ぐ

 今日も気温が低く強い風の日です。
 午前中の健診先は毎年のように行っている五稜郭タワーでした。会場の設定などもしてくれてあってスムーズに終わりました。
 建物の外に出て、タワーの展望台を仰ぎ見た写真です。

葉桜です

 タワーの周囲のサクラはすっかり葉桜になっています。吊り下げられた提灯だけが花見の名残になっています。
 スタッフの一人に、ここで花見の宴会などをするのですか、と聞かれましたが、面影は全くありません。今年は五稜郭のサクラは3回も見に来ました。

街灯の飾りと

 午後の健診先は国道5号沿いのコンクリート会社です。そこを終えるとスタッフはバスで札幌へ帰り、私は1週間の仕事が終わります。昼休みはホテルにバスを置きました。
 蕎麦屋さんに昼食に行った際に、先日よりは花が開いた紫のライラックを撮りました。街灯の飾りには五稜郭と書いてあります。まだ少し淋しいですね。

函館山の山頂

 行きつけの蕎麦屋さんの窓際の席から、道路の反対側の白いライラックの木が見えます。白いライラックは前回撮影時にも満開になっていました。
 席に座ったままガラス越しに、白いライラックと遠くに見える函館山の山頂を撮りました。
 来週1週間は仕事はお休みで、再来週は札幌での健診に当たります。

2018年 5月10日(木):3か所移動

スズランも咲いた

 今日は3か所移動です。1日で3か所で健診をします。まれに4か所のこともあります。
 午前中は一昨日の健診先と同じ造船所の2日目に当たります。
 前回白いスズランの蕾を絵日記で使いました。その時に書いたように、今日は一部が開花していました。一緒にスギナがあるのが残念です、

八雲町のバス

 昼休みには上磯イオンに行きました。
 食事をして、少し用事をたしてから車に戻ると、横に見慣れぬバスが並んでいます。見ると八雲町のバスです。横に描かれているのは町営の育成牧場と日本海の夕陽です。
 育成牧場は数年前に訪ねたので、懐かしくて写真を撮りました。

プレハブにストーブ

 午後一は東山の中腹で舗装も切れた場所にある重機の運用会社です。
 日頃は電気も引いてないプレハブに、ケーブルで電気を繋いで健診をしていました。昨年から日常的に使う部屋に変更になりました。
 寒いので心配して行きましたが、今日はストーブを燃してくれていました。

八重桜が見ごろ

 午後の2番目は流通団地の端にある、畜産会社でした。
 3年位前にここの健診に来るようになりました。構内には八重桜がたくさん植えられていて、いつも見頃を少し過ぎた頃に来ています。終わったのは夕方なので光線が変です。
 夕方立ち寄った弟と食事に行って、絵日記のアップが遅れました。

2018年 5月 9日(水):新塗装の市電

ICASnimocaのらっくるぐ1号

 午前中旧市街の紙器の製造会社の健診で、午後は五稜郭地区の新聞社の函館支社の健診でした。そのために昼休みはスタッフの宿泊先のホテルにバスを置きました。
 ここでは五稜郭公園前電停の交差点に市電撮影に行きます。函館のICカード乗車券の宣伝塗装の市電は2代目はらっくる号1号ですが、不調なのかしばらく姿を見ませんでした。

新しいいべいこく号

 午前中の仕事が早く終わったので、昼休みはたっぷりありました。でも最高気温が8.8℃と寒い日です、それでも風が弱かったので、30枚近く市電の写真を撮りました。
 函館米穀 の宣伝塗装のべいこく号は時々デザインを一新します。これは最近変わったばかりの塗装です。鮮やかで明るいデザインです。

白いライラック

 ライラックは札幌を代表する花ですが、函館にはその名所はありません。
 五稜郭公園前交差点から高砂通の間の道の両側には白と紫のライラックが植えられていますが、大きい木は少ないです。それでも札幌の放送局の花情報には毎年出したものです。
 白い花が紫の花より先に先に咲きますが、地味ですね。

紫は咲きかけ

 紫のライラックは日当たりの好い側でほんの少々開花しているだけです。
 紫の大きいライラックの花が満開になると、花の香りも漂って、初夏のふんいきになります。そのような時期にまた撮りに来ようと思います。
 ライラックや昨日の絵日記のスズランが満開になればいよいよ夏です。

2018年 5月 8日(火):無広告白塗り市電

無広告の3001号

 朝家内にスタッフが泊っているホテルに送ってもらう途中で、新標準塗装で無広告の3001号を追い越しました。ラッシュなので邪魔が入ってしまいます。
 数日前に湯の川温泉電停付近で、この車両を見かけたのですが、遠くを離れて行ったので号車までは判りませんでした。

3001号NOMURA号(2017.1.29)

 3001号函館市電は長らく野村證券の赤い宣伝塗装が続きました。
 ここ数年は写真のような淡い塗装になっていました。この写真は2017年1月29日に昭和橋の上で撮ったものです。3000形は4両しかないエアコン付きの車体です。
 こんな風にスポンサーが降りることは想像していませんでした。
 追記:6月2日、以前と同じような塗装のNOMURA号を見ました。化粧直しですね。

社のスズラン

 今日と一日空いた明後日の午前中は、港のタグボートなどを作っている造船所の健診です。殆ど毎年当たっています。
 構内に小さい社があって、その傍にスズランが植えられています。日当たりが良いので毎年早く咲きます。今年もこのように蕾も膨らんで来ています。明後日には開花かも。

新旧健診バス

 工場の前の新旧2台の健診バスです。右に見えるのは造船用のクレーンです。
 左は胸部車で10名のスタッフが乗れます。右は昔他機関から手に入れ、胃部車として運用されている35号車です。この1両だけが会社でも違う塗装になっています。
 午後は新聞社の北斗市の印刷工場の健診に行きました。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について