別館


写真絵日記


2018年 7月16日(月):いましたよ

霧が出ている

 連日濃霧注意報が出ていて、すっきりは晴れず、最高気温も27.3℃止まりです。
 昼食後に川へ行く前に、湯川漁港を覗いてみました。駐車場と遊歩道があり、小公園には東屋の他にトイレも整備されています。
 函館山と反対側は湯の川温泉のホテル群があります。渚で若者たちが遊んでいます。

子供は1羽

 今日は真面目にS川から覗きましたが、カルガモの親子はいません。
 次にM川支流のY川分岐部へ行きました。松の上ではアオジが鳴いています。
 M川からこちらへカルガモの親子が泳いで来ました。哀れなことに子供は1羽だけです。最初は10羽以上いたはずです。元気に上流めがけて泳いで行きました。

カワアイサはエクリプス化

 M川の下流の方に久しぶりにカワアイサのコンビがいました。
 右のカワアイサの左の羽が傷ついていますが、ちゃんと飛べます。
 しばらく見ていない間に頭が茶色のメスのような羽色になっています。これをエクリプスと言ってカモ類などでよく見られます。カワアイサのオスの 今年1月7日の冬羽の写真 です。

汚れている?オシドリ

 家内が知り合いのカメラマンさんから、もっと下流にオシドリのメスがいると教えられました。行ってみるとずいぶん黒い体をしています。
 6月28日に見たオシドリ は普通の色だったと思います。同じオシドリだとしたら、最近の雨による濁流で汚れたのでしょうか?明日も探してみます。

2018年 7月15日(日):オオウバユリ開花

スイレンの花

 心配した雨も降らず、最高気温は27.1℃でした。札幌より5℃高かったようです。
 午前中に見晴公園に行きました。風が強いので肌寒く、長袖を来ました。
 公園の池のスイレンの花はずいぶん多く咲いています。今日もオシドリどころかカルガモもいませんでした。去年は大きいミドリガメもいたのですが、越冬できなかったようです。

開花したオオウバユリ

 キビタキがあちこちで鳴いています。家内は高い木の上にいる証拠写真を撮りました。
 地面にたくさんのクリの花が落ちていました。
 オオウバユリが開花し始めています。もう少したつと花は真っ白になり目立ちます。野草ですが草刈りの対象ではなくて、公園のあちこちに林立している場所があります。

皆ウミネコ

 帰宅前に川を覗いてみました。
 前に見ているオシドリもカワアイサも姿がありませんでした。
 河口の砂地の上では、相変わらずウミネコが休憩しています。小振りで足が竹色なので判りやすいです。風があると風上方向に頭を向けます。

2002号Coca-Cola号

 湯の川温泉を過ぎた辺りで、前を2002号Coca-Cola号が走っていました。
 家内が久しぶりに見たと言いましたが、確かにしばらく遭遇していなかったです。車体全体が赤い市電は今はこれだけで、修学旅行生のラッキー伝説は前に紹介しました。
 この写真は下面が欠けるところでしたが、かろうじてセーフです。

2018年 7月14日(土):遊び疲れ

収穫間近

 先週末からお休みで、毎日遊び歩いていて、疲れもたまって来ました。
 今日の函館は本州の暑いところより10℃以上低い、27.1℃の最高気温でしたが、用事で外出した以外は何処へも行きませんでした。
 庭のカリンズ(赤フサスグリ)も、家内が収穫しようかと言うほど赤くなりました。

笹色ツートン812号(2018.7.12)

 そんな訳で写真は夕方アリバイ気味?に撮った1枚目だけなので、一昨日昭和橋で撮った函館市電の写真を見て下さい。
 今は1台だけになっている旧標準塗装・笹色ツートンの812号です。らっくる号以外には無広告車両は少ないので、イベントなどにも使われます。

2018年 7月13日(金):ラベンダー満開

函館山が見える

 例年だと北海道立 道南四季の杜公園 のラベンダーが咲いている頃です。
 曇り空ですが雨は降りそうもないので、昼頃に出かけてみました。
 一番高所の丘の家から出て、花の丘全体が見渡せる場所へ行くと、ラベンダーは良い色になっています。遠景に雲のかかった函館山や、函館港、五稜郭タワーが見えます。

ヒースの畑と

 四季の杜公園の花の丘ゾーンのメインは、北海道一の広いヒースの花壇です。
 そのヒースの間にいくつかのラベンダーの花壇があります。それぞれは少し離れていますが、ほぼ同じ高さの一帯に植えられている感じがします。
 格好良く言えば小さいながらパッチワークのようになっているのです。

満開状態

 ラベンダーがまとまって植えれれている場所は、函館ではここしかありません。
 このところ毎年見に来ていますが、一回目で見頃に当たったのは初めてです。
 近くから撮ってみると、こんな風に蕾もまだたくさん残っています。まだ1、2週は奇麗と思います。天気の好い日に是非見に行ってください。

丘の家を見上げる

 ラベンダー越しに丘の家を撮りました。丘の家には広い休憩スパース、奇麗なトイレ、飲食物の自販機などが置いてあります。
 ソフトクリーム のポスターがあって喜んだのですが、土日祝日と夏休み期間だけの販売でした。残念でした。アイスクリームの自販機を使いました。

2018年 7月12日(木):アジサイ咲き始め

アジサイ

 昨日と打って変わって寒い日です。天気予報が外れて、霧のせいか太陽も出ません。
 結局最高気温は昨日より7℃も低い21.3℃でした。それでも降りそうにないと考え、函館市民の森アジサイ園(はこぶら) に行きました。今年2回目ですがまだ咲き始めでした。
 小山いっぱいにアジサイが植えられ、端に東屋があります。

ヤマアジサイ

 市民の森のあちこちにアジサイがまとまって植えられていますが、アジサイ園には約20種、1万3000本のアジサイが、それぞれ種別でまとめられて花壇になっています。
 花期が違うので、かえって長い期間楽しめると言えます。今はアジサイの他は写真のヤマアジサイと青い花のエゾアジサイが咲いていただけです。ウォーキングにも最適です。

五勝手屋号3003号

 昼に家内が昭和橋のたもとのスーパーに買い物に行くと言います。
 この橋で市電を待つと、背景に函館山を遠いですが入れられます。
 3003号五勝手屋号です。五勝手屋本舗 は江差町に本店のある和菓子屋で、筒状の五勝手屋羊羹が有名です。3000形は旧い型ですけどエアコン付きで、4両あります。

ラックる号1号Nimoca塗装

 函館の超低床市電9600形は、愛称「らっくる号」と言い、6001〜6004号まで4編成あります。画面左側の函館山がとても小さくなってしまいました。
 通常のらっくる号は濃紺の塗装ですが、今は9601号が函館の交通系ICカード乗車券の ICAS nimoca の宣伝塗装になっています。

2018年 7月11日(水):カンムリカイツブリ親子

コチドリ

 快晴の予報なので、農耕地経由で大沼公園に行きました。
 田んぼでは今日は写真のコチドリをよく見ました。ゴイサギはいません。
 七飯町の道の駅へ寄ったら、建物外の温度計が30℃になっていて驚きましたが、帰って調べると函館の最高気温は28.8℃でした。昨日まで暖房を使っていたのですよ。

カンムリカイツブリの親子

 いつもの小沼の鳥見の遊歩道を歩きだすと、黄色いコウホネの向こうに親子連れの鳥が見えます。写真で拡大するとカンムリカイツブリの親子でした。子供は1羽だけです。
 図鑑ではカンムリカイツブリは北海道では繁殖しないが、青森県では繁殖するそうです。子連れは初めて見るのでたくさん撮りましたが、何せ遠すぎます。拡大した証拠写真です。

並ぶカンムリカイツブリ親子

 これも同じ75%縮小写真をトリミングしています。
 カンムリカイツブリは上磯漁港で撮った写真が 2015年2月27日絵日記 にあります。
 ネットで調べてみると、昨年多分同じ場所で撮った親子(1羽)のカンムリカイツブリの写真がありました。今日も大きい望遠レンズを持ったカメラマンさんが数名いました。

小沼間から見る駒ケ岳

 丁度スイレンも咲いています。せっかく来たので、遊歩道のいつもの場所から駒ケ岳を撮りました。下に見えるのはスイレンの花です。
 この後に大沼を一周しましたが、オシドリもキツネもいませんでした。
 証拠写真でしかありませんが、カンムリカイツブリです。

2018年 7月10日(火):お菓子屋さんへ

中央が季節限定品

 今日も小雨から霧雨のぱっとしない天気です。日頃お世話になっている方にささやかな感謝の品を贈ろうと スナッフルス の湯浜店に行きました。
 チーズオムレットで有名な店で、今は札幌に工場があり、東京にも店舗があります。中央のココナッツオムレットは季節限定品です。欠かせませんね。金曜夜に届きますよ。

自家用にも

 色々な菓子があるので、ついつい目を奪われます。
 たいてい自家用にも味見にちょっと購入します。中央の紫陽花(あじさい)はブルーベリージャムを使っているそうです。
 ブルーベリーは大好きで、買って来て、もう胃の中です。

北浜商店の冷やし中華

 昼食は漁火通の ラーメンの王道-北浜商店 金堀店に行きました。産業道路沿いに昭和店があり、仕事の時によく利用しました。
 少々肌寒かったですが「夏の定番 冷やし中華」を頼みました。税込880円ですが、量が多いです。家内が聞いたら、冷やし中華は1玉半とのこと。少々残してしまいました。

dNHK天気

 雨模様なのに気温が少し上がって、いつもお世話になるNHKのデータ放送によると、最高気温は20℃超えになりました。
 この先の天気予報も少し変わって、明日の午後は晴れが期待できそうです。せっかくの休みなので、何処かへ出かけたいものです。

2018年 7月 9日(月):十字街の市電

濡れたユリ

 気温は少し上がって来ましたが、殆ど一日中雨が降っています。
 天気予報によると今週はすっきり晴れる日は無いようです。外れを期待です。
 夕方近くに庭のユリを撮りました。今が満開です。雨に濡れて風情があります。植えて世話している家内も名前は覚えていないそうです。

十字街のべいこく号(20018.6.15)

 そんな訳で写真が他にないので、在庫写真を見て下さい。
 6月15日(絵日記) に立待岬にハマナスを見に行きました。その日に十字街で撮った市電の写真を 翌16日(絵日記) に2枚使いました。
 その日に使わなかった新塗装の函館べいこく号です。函館米穀 の宣伝塗装です。

十字街のNOMURA号(20018.6.15)

 こちらは 野村証券 の宣伝塗装NOMURA号です。
 背景のビルは アクロス十字街 で函館市企業局の庁舎です。十字街はレトロな雰囲気がありますが、その代表的なビルです。
 雰囲気を出そうと広い範囲を撮りすぎて、少々トリミングしています。

2018年 7月 8日(日):にらみ合い

オニグルミ

 今週は完全な休みの週ですが天候がぱっとしないようです。
 午後には明るくなって来たので、見晴公園に行きました。
 鳥の鳴き声がよく聞こえますが、姿は見えません。公園に多いオニグルミの実も大きくなってきました。寒い日が続きますが、もう真夏ですね。

スイレンの花

 公園の池では季節によっては、ダイサギが魚を獲っていたり、オシドリのペアが怪しげなことをしていたこともありました。
 少し前からスイレンが咲いていますが、あまり日照が好くないので、数は多くはありません。色もこの一色だけです。

にらみ合い

 公園の下の方で、頭上の木の枝で大きい鳥が争っている声が聞こえました。
 カメラを望遠にして見ると、最初は右の方の鳥だけわかりましたが、左にももう1羽いました。鳴きながらにらみ合っているのは、右はアカゲラ、左はヤマゲラです。
 頭の赤い部分が見えないので、両方ともメスと思います。

勝者

 にらみ合いに負けたのはアカゲラの方で、飛んでいなくなりました。
 ヤマゲラは相手が飛び去った場所まで移動して来て、勝ち誇っているように見えました。体はヤマゲラ(本州のアオゲラの北海道亜種)の方が大きいです。
 リスは家内がうなり声を聞いただけで、樹上に行ってしまいました。

2018年 7月 7日(土):昼も暖房中

生ブルーベリー

 豪雨で多数の被害が出ています。亡くなられた方々のご冥福と、被害に遭われた方々に心からお見舞いを申し上げます。こちらも昼から雨の予報で、明日は強く降るそうです。
 いつもより早く10時頃に買い物に行きました。午後には売り切れていたアメリカ産の生ブルーベリーがありました。時期によってはチリ産、メキシコ産などですが、オレゴン産です。

家のブルーベリー

 帰りには小雨が降りだしました。
 家のブルーベリーも前回6月26日の絵日記で取り上げた時より、大分大きくなりました。今年は豊作が期待できるような状態です。

カリンズ

 これも6月27日の絵日記ネタにした カリンズ(絵日記) も赤みが増して来ました。
 こちらは正式には赤フサスグリと言うようです。家内がずいぶん赤くなったと言うので、葉っぱを避けて撮りました。庭の果実はネタ切れ用ですね。

暖房中

 昨日は16℃くらいありましたが、暖房を断続的に使っています。
 今日は最高気温も14℃しかなくて、殆ど暖房を連続して使っています。家内と、7月に暖房を使った記憶は無いことを話し合いました。
 暑いのは嫌ですが、寒過ぎるのも気が滅入ってしまいます。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について