別館


写真絵日記


2018年 9月 4日(火):札幌行き中止

降下するJAL

 台風21号で四国、関西や北陸方面が大荒れです。こちらは今夜から荒れそうです。
 昼食と買い物から帰って、家の前から函館空港に降下する日本航空の飛行機を撮りました。今日はすでに、行き先によっては欠航便も出ています。
 空港が近いので、街側から降下する飛行機は窓からも見えます。

家内のヒマワリ

 家内が植えたヒマワリが元気に咲いています。
 台風が近付いているので、プラスティックの緑の支柱を添えています。
 昨年は大沼にさる観光バス会社が、広いヒマワリ畑を作ってくれましたが、今年はありません。道南ではヒマワリの名所が無くて残念です。

避難リス

 玄関前に置いている、庭用のエゾリスの置物は、たびたび絵日記に登場します。瀬戸物性の夏毛のエゾリスです。先日拾ってきたナナカマドの実を持っています。
 大事を取ってリスは玄関内に入れました。JR北海道のホームページで昼過ぎに明日のスーパー北斗1〜7号の運休が発表されました。で明日の札幌行きは中止になりました。

2018年 9月 3日(月):駒場車庫前電停

レディス御膳

 ずーっと曇って、夜になると雨の予報です。
 13時頃に、柏木町電停傍の そばと酒 柏木町三貞 へ昼食に行きました。
 家内が注文したレディース御膳「すぎなみ」(税込1,200円)です。ドリンクとそば粉のデザートが付いています。鴨肉やパン、サラダもあって賑やかです。

柏木町電停

 お店の裏に駐車場があって、裏口からも出入り出来るのですが、帰りは表口から外に出ました。市電の撮影が目的です。
 柏木町電停はシンプルな作りで、往復の乗り場が向かい合っています。乗客用の屋根も無いですね。市電は8006号JACCS 号です。すっきりしたシックなデザインの車体です。

駒場車庫前電停

 街中を通り抜けて湯の川温泉方面に向かいました。
 助手席から撮った駒場車庫前電停です。軽い坂の頂上にあります。
 この電停で市電が車庫と線路を出入りし、また運転手さんが交代することがあります。右の718号は「回送」と書いてありますから、車庫に入るのだと思います。

戻っていた

 買い物の途中で、日課になっている川へ寄りました。
 カワアイサは最近見た所から下流へ戻っていて、中洲の石だらけの河原で横になっていました。石と同じような色なので、最初に家内が見付けた時は1羽と思ったそうです。
 もう少し下ると前にいつも休んでいた場所になります。オシドリはいませんでした。

2018年 9月 2日(日):もっと上流に

青いどんぐり

 今週は水曜から1泊で札幌へ産業医活動で出かけますが、台風が心配です。
 快晴でしたら七飯町本町と東大沼を結ぶ城岱スカイラインへ行く予定でしたが、雲も多いので見晴公園に行きました。国指定の名勝なので、地面は苔がはった場所が多いです。
 草は刈られてしまいます。新しい青いどんぐりが落ちていました。

秋色

 公園に入ってすぐに、高い松の木の上を渡って行くエゾリスを家内が見付けました。降りても来ないし、その内に見失ってしまいました。
 東屋の近くで撮ったモミジです。一部が色付きかけています。
 公園の中をたくさん歩きましたが、成果はありませんでした。

見付けた

 せっかく一昨日カワアイサを上流で見つけたのですが、昨日はそこにいません。
 今日はそこから何百メートルも上流で車から降りて、川下へ探しながら歩いて下るつもりでした。でも歩く前に川上に探し物がいるのに気付きました。
 逃げられたら困るので、まず証拠写真を撮りました。小島のような場所です。

寛いでいる

 カワアイサの背後は大きいイタドリが密生していて、近寄れません。
 一番近くに見えるところから撮った写真です。いつものカワアイサですね。
 今度はオシドリを熱心に探しましたが、見つけられませんでした。S川や支流のY川に行くこともあるので、今後も探してみます。

2018年 9月 1日(土):活火山恵山へ

道の駅から

 天気も好さそうなので函館市の活火山 恵山(はこぶら) へ行くことにしました。
 道の駅 なとわ・えさん の裏の海岸から見た恵山です。
 ドライブの途中曇ることがあって心配しましたが、こちらへ着いた頃には快晴になりました。山頂から噴煙が上がっているのが見えます。

ウの岩

 国道を外れると未だ道が1車線しかない狭い部分も残っています。そこを路線バスも走っています。対岸は下北半島です。この辺では今日もイソヒヨドリが飛んで来ました。
 道路の近くの大きい岩には、いつもウミウがたくさん止まっています。今日もこんな感じでした。ざっと数えると30羽近くはいます。

恵山山頂

 火口近くは平地になっていて、恵山高原と言われています。
 恵山は道立公園、日本百名山に指定されていますが、恵山高原までは舗装道路で車で登れて、立派な駐車場やトイレがあります。昔は家族で登りましたが、今は無理です。
 画面左側の白い岩肌から噴煙が上がっています。

コガモかな

 帰り道で昼食を取って、函館市街地に戻りました。
 昨日久しぶりに見つけたカワアイサが気になって行ってみると、今日はいません。
 そこにカルガモより大分小さい黒っぽいカモが1羽だけいました。コガモのメスかエクリプスのようです。9月になったばかりでとても早い渡来です。

2018年 8月31日(金):川上にいました

湯の川温泉電停

 用事があって、湯の川温泉にある函館東郵便局に行きました。
 その後川を見て、買い物をして戻るつもりです。
 途中の湯の川温泉電停には2両の市電がいました。函館市電は殆どの市電がスポンサーの広告塗装なので、色とりどりで面白いです。窓越しなので少し不鮮明です。

ぼんぼりの上

 M川の遊歩道には湯の川温泉と書かれたぼんぼりが立っています。シーズン中には夜灯がともります。その上にカモメが乗っていたので、行き過ぎて撮りました。
 この時期はオオセグロカモメも多くて、ウミネコもいます。
 顔を見るだけではすぐには判りません。クチバシの先が違うようです。

いました

 買い物帰りに河口より1キロ以上離れた上流から、家内が歩いて探しました。
 私は車を移動させていましたが、大きいスーパーの近くで見つけたと連絡がありました。行ってみると最近姿を見なかったカワアイサのコンビが、浅瀬に立っていました。
 荒天で増水するし、干満の大きい下流を避けていたのでしょうか。

皆と一緒

 この近くにはカルガモの他に、意外に多くカモメがいます。
 魚も草もあるのでカモ類もカモメも、この辺で食物には困りません。左の鳥はカモメの幼鳥です。後で眠っているのは函館で一番多いカモのカルガモです。
 オシドリも探したのですが見つけられませんでした。

2018年 8月30日(木):てんこ盛り

傘雲

 雨の予報でしたが中々降って来ません。
 結局最高気温は23.3℃と寒い日で、長袖のシャツを着て出かけました。探しましたが川にはカルガモとカモメしかいなくて。カワアイサもオシドリも見つけられませんでした。
 河口から見た函館山には、低い雲の他に傘雲もかかっていました。

ナナカマドの実

 本通という街にはナナカマドの街路樹がたくさんあります。冬にはレンジャクなどの野鳥が集まるので、通る時に実の状態をよく観察します。
 今年は豊作と思っていましたが、荒天で実が多く落ちてしまいます。少し減ったでしょうか、残った実の中のてんこ盛りのような大きい房です。小さいけどリンゴみたいな形です。

丸亀新メニュー

 昼食は 丸亀製麺 函館店に行きました。新メニューがありました。
 「牛肉ひらたけしぐれ煮ぶっかけ」です。冷もあったので並(税込690円)を注文しました。ピリ辛と書いてありましたが、少々辛目です。
 さっきのナナカマドの実のようにてんこ盛り状態です。好き好きですね。

2018年 8月29日(水):南千歳駅にて

会場

 朝ゆっくり起きて、ホテルで朝食を取って、8時半にタクシーで会場へ行きました。千歳市のタクシー料金は初乗り480円と安いので、安心して使えます。
 会場の会館には丁度健診車が2台来たところです。前のバスは今日は婦人科検診に使います。私は建物内で全員の診察と、希望者の乳がん検を担当します。

停車位置

 13時頃に終わったので、持っていた切符を千歳駅で早い14時1分南千歳駅発の特急に変更しました。南千歳駅は、新千歳空港や帯広釧路方面、室蘭函館方面の乗換駅です。
 これは札幌から離れる方向の特急列車の1番ホームでの乗車位置を示しています。乗車位置はここも数字でなくてアルファベットです。私はFでキツネの絵が描いてありました。

待合室のキヨスク

 南千歳駅の改札で、食事を買いに外へ出ようとしたら、途中下車できない安価な切符と通してくれませんでした。乗り換え客のためお立派な待合室があります。
 ここは初めて利用しましたが、嬉しいことにキヨスクの売り場の窓口が、待合室側にも開いています。乗り換え客が多い駅ですから、便利で合理的だと思いました。

かにめし

 弁当はいくつもありました。これは税込950円の「かにめし」です。温められますよ、と言ってレンジで温めてくれました。単なる駅弁売り場とは違います。
 おかげで待っている間に昼食を取ることが出来ました。名前を知らない千歳市の工場で作った製品でした。かにめしは駅弁だけでなく、色々な場所で売られています。

2018年 8月28日(火):千歳に来ました

ハマナスの花

 曇り空で気温も低い日です。昼過ぎの特急で千歳市に行きます。
 午前中に川へ行きました。
 出がけに玄関前のハマナスの花を撮りました。先日赤い実を絵日記で紹介しましたが、花も次々と咲いています。うまい具合にハチが来ていたので、それを狙いました。

端が外れている

 今日も干潮時なので、水が少なく川底が現れています。
 カワアイサもオシドリも見つけられませんでした。上流の工事に備えたと思われるM川の堰ですが、下流はずっと前に壊れてしまい、上流も片側が外れています。
 ひどい荒天続きで大雨も降ったので、耐えられなかったようです。

漁火通と函館山

 家内に車で函館駅に送って貰う際に、いつものように助手席から函館山を撮りました。
 雲が少しかかっています。
 漁火通で丁度啄木小公園に差し掛かるところです。画面左端の電柱の向こうに啄木座像が小さく写っています。狙って撮ったのですよ。

Wルーム

 明日の健診は、スタッフは明朝札幌からバスで来ます。
 札幌の宿が取れなくて、私だけ千歳市に宿泊します。少し楽です。
 千歳の宿は前に仕事で一度だけ泊った 全国チェーンのホテル です。混んでいるようで、9階建ての8階のダブルベッドの部屋が当たりました。写真より広いです。

2018年 8月27日(月):秋色はまだ

夏毛のエゾリス

 今週は明日が移動日で、1泊で千歳市での健診に当たります。
 たまに晴れ間がある天候で、午前中に見晴公園に行きました。公園に入ってすぐにエゾリスを見つけました。剥きグルミに興味を示すのですが貰ってくれませんでした。
 そんなことをしていて写真は殆ど撮りませんでした。もう1匹いましたよ。

オニグルミ

 前にも絵日記に写真を出しましたが、芝生広場の休憩場近くのオニグルミです。
 ずいぶん実が大きくなりましたが、まだ青々しています。
 荒れた天候が多かったので、公園のオニグルミの実はたくさん落ちてしまいました。今年の秋はエゾリスが困るかも知れません。

少し紅葉

 8月も末で最高気温も下降してきたので、公園で秋の光景を探しました。
 サクラの葉が、ここだけ色付いているのを見つけました。
 でも周りに枯れて葉の無い枝があるので。傷ついた枝の葉が黄色くなったのかも知れません。まだ秋らしい光景はありませんでした。

トンボ

 今日は鳥の声も余り聞こえませんでした。でもヤマガラやシジュウカラは近くで見ました。夏になってキツツキも殆ど見ていません。
 ナツアカネでしょうか、トンボは増えて来ました。帰りに川へ寄ってみましたが、干潮で水がひいていて、カワアイサもオシドリも姿はありませんでした。

2018年 8月26日(日):田んぼのカイト

水たまり

 天候も回復したので、JA新はこだての あぐりへい屋 と七飯町の道の駅 なないろ・ななえ で果物などを買い、その間の農耕地で鳥見をしました。
 大雨だったので道路には水たまりが多いです。スズメがたくさんいる場所で撮りました。集まったのはスズメだけと思っていたら、カワラヒワも混ざっていました。

ヒマワリ畑

 新幹線の車両基地の横を走っていたら、反対側にヒマワリ畑が見えます。
 何年か前に冬にハクチョウを見に行って、車輪が雪に埋まりかけた不吉な場所です。近付いて見ると、大きいヒマワリですが、最近の暴風で端の方は倒れかけていました。
 残念なことに殆どが反対側を向いていて、鮮やかな写真は撮れませんでした。

田んぼのカイト

 最近は殆ど田んぼに来ていませんでした。
 今日は久しぶりになりますが、あちこちで先週の絵日記で取り上げた、鳥追いカイトがありました。竿からぶら下げるようになっていますが、風が無いとこんな感じです。
 近くを通ったので、アップで撮ってみました。目もあります。タカのようです。

道路の中央

 もう稲穂が垂れかかっていますが、田んぼではアオサギをたくさ見ました。
 気付いて撮ろうと車を停めると、馬鹿にしたように飛び去ります。稲が密生しているので、道路の端やあぜ道にいることが殆どです。
 これは堂々と道の真ん中に立っています。この1枚を撮ったら、逃げて行きました。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について