別館


写真絵日記


2018年10月24日(水):紅葉巡り

黄色が鮮やか

 昨夜は雨が降りましたが、昼前に晴天になりました。最高気温も連日20℃位です。
 地元で赤川水源地と言っている 笹流ダム前庭広場(はこぶら) へ行きました。春はサクラ、秋は紅葉の名所で、探鳥の名所でもあります。
 市街地より高所で山に囲まれているので、来るのが少し遅かったようです。

紅葉と黄葉

 駐車場の近くがモミジの林になっていて、赤い葉が多いです。
 散った葉が地面に積もっていますが、塩害もあるのか枯葉の印象でした。このモミジの先にサクラの林があって、花見の、シーズンはジンギスカンの煙が漂います。
 車で入れて、歩かなくても紅葉狩りが出来る絶妙な場所だと思います。

笹流ダム

 少し芝生を歩くと笹流ダムが見えて来ます。
 ダムの間近まで行けるし、登るとダム湖の上にも行けます。男性がベンチで一人で日向ぼっこをしているようでした。
 さらに赤川通を奥の方へ行くと新中野ダムへ行けます。周囲は公園になっています。

道南四季の杜公園

 天気も好いので少し車を走らせて 道立道南四季の杜公園 に行きました。
 花壇花の丘のメインはヒースですが、シーズンにはラベンダーも咲きます。
 その花壇を入れて、遠景に右は函館山と函館港、左に五稜郭タワーなどの市街地を撮りました。近景と遠景が明るさが違うので、なかなかうまくは撮れません。

2018年10月23日(火):今日からお休み

らっくる号1号

 今日から来週いっぱいまで仕事はお休みです。
 先々週までの4週間連続で健診の仕事があり、先週4日間と昨日は産業医活動でしたので、とても開放感があります。今日まで天気が好いとのことで、昼に川へ行きました。
 駒場車庫から出て来たらっくる号9601号で ICAS nimoca の宣伝塗装です。

ツタの紅葉

 S川の遊歩道を歩いて行き、細い橋を渡ると、平行した水道管?に絡んだツタが紅くなって来ています。今年は台風の強風による塩害で、木々の葉が傷んでしまいました。
 葉の端の方が枯れて茶色になったものが多く、紅葉と言うより枯葉になっています。
 紅葉も花と同じで、日当たりの良い方から色付いて行きます。

S川のダイサギ

 下流の公園の方で1羽のダイサギが漁をしていました。
 ツタのある岸に立っていてくれると良かったのですが、注文は付けられません。水鏡も期待しましたが、風が少しあってかないませんでした。
 今週最初に見たときに蔵の屋根にいたダイサギと思います。

S川のダイサギ

 M川では上流の方に今日もダイサギがいました。
 浚渫(しゅんせつ)工事をしている工事現場のような場所の近くにいます。こんな所の方が獲物が多いのかも知れません。
 おびただしいカルガモの他にマガモが数羽いました。

2018年10月22日(月):送り迎え

8月末だった

 昼過ぎの特急で産業医をしている電気工事会社函館支店の本社保健師さんと協会の担当保健師さんが函館駅へ着きます。送迎係兼務で函館駅まで車で迎えに行きました。
 前から気になっていたのですが、8月末のグレイのコンサートのポスターがまだ駅舎外に貼ってあります。左に写っている女性はポスターを撮っていました。

函館山山頂は?

 今日気付いたのですが朝市方向で建設中のビルが高くなって、駅前から見ると函館山山頂を遮るようになりました。地域ブランド調査 で函館市は1位に返り咲きました。
 駅の周辺でもホテルや商業施設の建設が始まったり、計画されています。
 写真の正面のビルは どんぶり横丁広場 です。その先が朝市です。

窓の外の秋

 約束の時間には少し早かったので、訪問先の近くの吉田食品の ひとひら へ行きました。
 店の奥にカフェスペース(イートイン)があります。遠路はるばる来られた二人にソフトクリームをご馳走しました。
 窓の外の木は紅葉になっていました。条件が難しい写真で、白っぽくなりました。

ハロウィン商品

 「吉田のお菓子」は函館市内のスーパーなどにコーナーがあります。和菓子屋さんのイメージですが大々的にハロウィン商品も売っていました。
 クリックして拡大して見て下さい。訪問は職場巡視や社員との面談などがあって、終了後に会社の保健師さんを五稜郭駅まで送りました。しばらく暇になります。

2018年10月21日(日):隣町で果物買い

あぐりへい屋外観

 今週は月曜だけ函館市内で産業医訪問があります。
 天気も好いので北斗市の大野国道沿いのJA新はこだて直売所 あぐりへい屋 に行きました。無料の自動車専用道路の函館新外環と函館江差道を使うと早く行けます。
 白い平たい建物が青空に映えます。漬物用の野菜が外にあります。

マルメロ

 北斗市の旧大野町の特産物マルメロが並ぶ季節になりました。
 マルメロ(果物ナビ) は北海道でも道南だけに見られるようです。北海道の旅 の「探訪」の「フルーツを農園で」に詳しく書きました。
 香りを楽しむ「かおり」を毎年購入しています。

築城果樹園のリンゴ

 あぐりへい屋でもプルーンやリンゴは買いましたが、七飯町の果樹園も覗いてみました。
 築城果樹園 はブルーベリーが有名ですが、のぼりがあったので行くとやはり冷凍物だそうです。今はチリ産生ブルーベリーを食べています。
 台風21号の落ちリンゴは楽しめましたが、今回は傷が多くて普通の品を買いました。

トトロの里のプルーン

 築城果樹園にはプルーンは無くなったそうです。
 フルーツロード沿いの トトロの里冨原観光農園 にはシュガープルーンがありました。
 左の普通品は1パック500円ですが、右の「キズあり」は200円です。しわもあってこの方が美味しいと売り場の人も言っていました。こちらを2パック買ってジャムにしました。

2018年10月20日(土):マガモが4羽

イカを切り離す

 中島廉売 の魚屋さん澤田商店 へ朝電話をしたら、イカは入っているが大きいので高いと言われました。皮を剥いてくれるので札幌の兄に送るためお店に行きました。
 立派なイカなので自家用にも10杯頼みました。おばさんがイカを開いて、足を切り離したところです。今朝市場で仕入れたイカなので色が濃いです。

皮を剥く

 兄に送るのは初めてですが、皮を剥いて、足もゴロも要らないと言われています。
 慣れない人にはこの皮を剥くのが手こずります。
 我が家は足は全部貰って、皮は半分だけ剥いてもらって、ゴロも少し貰いました。お昼ご飯はイカ刺しとホッキ(北寄貝)の刺身がおかずです。産地ならではのご馳走です。

マガモが4羽

 午後少し遅くなりましたが、川へ行ってみました。
 S川の下流でコガモを2羽、オナガガモのメスかエクリプスを1羽、そして河口ではカルガモに混じって4羽のマガモの群れを見つけました。冬羽に変わりつつあります。
 嘴の黄色いのはオスで、右から2羽目だけがメスです。

ダイサギとカルガモ

 M川はY川の合流部から見ましたが、この範囲にはカワアイサはいませんでした。
 前にカワアイサがよく休んでいた岸辺は今日はカルガモの天下です。その中にダイサギが1羽だけすくっと立っていました。
 近付くとこちらを気にして見るので、早々に立ち去りました。

2018年10月19日(金):耳毛も伸び始め

賑わって来た

 午後3時から古巣の病院の安全衛生委員会と職場巡視です。
 昼前に見晴公園に行きました。紅葉はまだまだ始まりかけです。
 観光バスも来ていて、たくさんの来客があります。中国語を話すカップル、ヒジャブ(スカーフ)姿の一団など賑やかです。昔は地元の小学生の遠足先くらいでした。

杉の皮を剥ぐ

 1枚目の写真は緑のセンターの前です。
 そちらに行くと私と同じくらいの年配の女性たちの一団がリスを見ていて、そのリスはすぐに杉の木に登って行きました。こちらの方が見えるなどと教えてくれます。
 杉の皮を剥がしているエゾリスです。巣材に使います。今から出産は無いと思います。

毛づくろいをする

 その内にリスは見えなくなり、女性たちも立ち去りました。
 別行動だった家内が来たので教えると、あそこの枝の上にいる、と教えてくれました。さっきよりもずっと上の枝で悠々と毛づくろいをしていました。
 写真で確認すると冬に備えて耳毛(総毛)も伸び始めています。

草の間から

 帰りに川を覗いてみました。
 今日もカワアイサは見つけられませんでしたが、カワアイサがいたM川上流のもっと川上にダイサギが1羽いました。草の間から撮った写真です。
 S川の蔵の近くでもダイサギが1羽漁をしていました。何羽もいるようです。

2018年10月18日(木):昨日の写真

乗車位置E

 月曜から2泊3日忙しく過ごし、疲れ気味なので今日は写真は撮りませんでした。
 と言う訳で、昨日撮った写真を見て下さい。6月22日の絵日記「乗車位置A」 は東室蘭駅の話でした。探すと ネットの記事 もあり、写真も6種類載っています。
 こちらは昨日撮った、柱や壁についた例です。EAGLEとFOXが見えます。

カボチャのアイス

 今やJR北海道の特急列車の車内販売はスーパー北斗の昼走行分だけになりました。
 あまり利用しないのですが、昨日は今月のアイスと言って「カボチャのアイス」を売りに来たので購入しました。MISSU HOUSE のご当地限定ソフト・アイス です。
 和寒町の種を食べる「ペポかぼちゃ」から採取した「ペポナッツ」のアイスです。

2018年10月17日(水):大分産かぼすそば

スーパーとかち

 昨夜函館へ帰れないことは無かったのですが、それでは疲れます。
 ゆっくり起きて9時頃ホテルを出ました。ホテルからJR新札幌駅とは地下鉄東西線で直行出来ます。ホームで乗る特急を待つ間に、帯広からのスーパーとかちがやって来ました。
 これも 白い261系スーパー北斗(絵日記) の先輩になります。

並んだすーぱーとかちとスーパー北斗

 スーパーとかちがホームにいる間に、札幌駅からのスーパー北斗が入って来ました。
 白い塗装になってから初めて見る光景です。右のヘッドライトを点けているのが函館行きです。北海道の旅 の「北海道の振り子特急」は全部青い塗装でした。
 今は釧路行きのスーパーおおぞらの全部と、スーパー北斗の半分が青い特急です。

三貞の大分産かぼすそば

 函館駅まで迎えに来てくれた家内と そばと酒 柏木町三貞 へ昼食に行きました。
 10月限定の季節のお蕎麦「大分産かぼすそば 道南きのこの天ぷら2種添え(税込1,080円)」を二人共頼みました。無農薬のかぼすで食べられるそうですが2つで止めました。
 天ぷらのきのこは 王様しいたけ と蝦夷まいたけです。完食しました。

ダイサギとカルガモ

 早かったので家へ寄らずに、川も覗いてみました。
 S川で今まで3度見た場所にダイサギはいませんでしたが、カワアイサを見に行ったM川で水の中で漁をしていました。周りにはカルガモがたくさんいました。
 これから寒くなるとアオサギもダイサギも集まって来て、賑やかになります。

2018年10月16日(火):太美と道庁で

ロイズ太美工場直売所

 朝出勤していくつか書類を書いてから、午前中近くのハイヤー会社を訪問しました。
 午後は石狩川の先の当別町 太美(ふとみ)にある温泉施設 を先ず訪問です。
 帰りに例年のように近くの ロイズふとみ工場直売所 へ行きました。外壁に奇麗に青空と雲が映っていたのでつい撮ってしまいました。

ハロウィン商品

 ハロウィン商品を写真のようにたくさん売っています。
 昨年もこの時期に来ました。もっと前は11月に来て、同じようにクリスマス商品を、日頃お世話になっている保健師さんたちに贈っています。もう習慣ですね。
 今年もソフトクリームを食べて、無料のコーヒーを飲んで帰りました。

向こうは道庁

 北海道庁の前で降ろして貰いましたが、大気が不安定で、札幌市中心部に着いたら大雨になりました。雨の当たらない場所から道路の向こうの赤れんが庁舎前庭をを撮りました。
 こうしてみると結構紅葉が進んでいるように見えます。
 この後で雨が止んだので構内に入りましたが、まだまだの印象でした。

赤れんがテラス

 最後の訪問先は 赤れんがテラス のあるビルのビルメン会社でした。
 道庁の正面のイチョウ並木の道は アカプラ と言います。ここへは車は入れません。
 16時に訪問し、17時前に終わったので、地下鉄でホテルへ帰りました。これで今回の仕事は終わって、明日朝地下鉄で新さっぽろ駅へ行き、そこから特急で函館へ帰ります。

2018年10月15日(月):札幌へ移動

3001NOMURA号

 午後札幌へ移動する日です。明後日には帰ります。
 所用があって湯の川方面へ行き、私は家内を待つ間に市電の撮影をしていました。こちらに向かって来る3001号NOMURA号です。背景は湯の川温泉のホテル群です。
 3000形は4両しかなくて、旧いけど屋根にエアコンを乗せています。

3003五勝手屋号

 こちらは遠ざかって行く3003号五勝手屋号です。
 五勝手屋本舗は江差町に本店がある和菓子屋さんで、棒状の筒から押し出す羊羹が有名です。函館市内でもデパートやお土産屋さんなど多くの店で買えます。
 この電車は、私が何十年も前に初めて見てからデザインが変わっていないと思います。

今日のダイサギ

 一昨日、蔵の屋根の上のダイサギを見た場所で車を停めました。
 感が当たってそこの川の中でダイサギが漁をしていました。
 変化を出そうと思ってススキの穂を画面の端に入れましたが、余りにもぼけてしまって、これでは何だか判りません。まだ近所にはアオサギは戻っていないようです。

白い振り子

 今日と明後日乗る列車のグリーン車は1号車になっています。
 これは白い塗装の新しいスーパー北斗で、人造レザー張りの椅子が少し硬くて私は余り好きではありません。新しい振り子特急は、これに置き換わって行くそうです。
 まだ振り子と言うと、旧い型の青い塗装が浮かんで来ます。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について