別館


写真絵日記


2016年 1月19日(火):不要不急の外出せず

庭木への着雪

 昨日の絵日記に、昨夜から吹雪の予報で暴風雪警報が出ている、と書きました。
 停電でも使える灯油ストーブ用の灯油を物置から出しました。日頃からカセットコンロや電池、ポータブルラジオそれにヘルメットまで用意してあります。
 夜半風が時折強くなりましたが、暴風ではありません。昼に撮った庭木の着雪です。

車への積雪

 車の積雪です。15時までの24時間積算降雪量は24cmだったそうです。
 0℃前後と気温が高いのでベタベタの雪です。こういう雪だと電線が切れて停電が起こるのが怖いです。停電で暖房が使えなくなると、この時期ではすごく悲惨ですね。
 午後は雪も降らず、残っていた波浪警報も解除されました。

西4丁目を曲がる札幌市電(2016年1月19日)

 テレビでは繰り返し「不要不急の外出はしないよう」呼び掛けています。
 と言う訳で外出しなかったので、在庫の写真を見て下さい。
 1月17日に撮った、札幌市電のループ化で新設された西4丁目の交差点を曲がる札幌市電8521号です。最近の絵日記の写真はクリックで大きくなります。後は4丁目プラザです。

打たせ湯カルガモ(2016年1月17日)

 1月17日の絵日記で紹介した「打たせ湯を浴びるカルガモ」は皆さんに珍しいと言って貰いました。こんなにもろに湯を浴びているのは私も初めて見ました。
 周りの状況がよく判る写真をこちらに掲載します。右の排水口から出る温排水は湯気を立てています。右端に写っているのは繋留されている舟です。面白いですね。

2016年 1月18日(月):だるまさんが転んだ

幹線道路は雪はありません

 これから大荒れになる予報なので、早目に用事をすますために湯の川温泉の市電の終点の方面に行きました。幹線道路には雪はありませんが、細い道には雪があります。
 通り過ぎた函館市電の超低床市電らっくる号3号・9603号です。市街地の外れの方なので道路脇にもビルはありません。右の方のビルは湯の川温泉の旅館やホテル群です。

泳ぐウミアイサのメス

 悪天候に備えて食料品などを買い出しに行く途中に川を覗いてみました。
 途中のS川の橋を渡っているときに助手席の家内が見つけたウミアイサのメスです。この頃はM川に行っていたので久しぶりに見ました。
 忙しく漁をしていて、暗いので鮮明には撮れませんでした。

カワアイサの群とダイサギ

 M川へ行って遊歩道から見ると、上流の方にたくさんのカワアイサがいます。
 昨日のような氷はありません。白く見えるのはオスで、オスが圧倒的に多いです。この画面に12羽写っていますが、ここに14羽いたと思います。下流にもペアが1組いました。
 ダイサギは周りをカワアイサが泳ぎ回るので、じきに飛んで行きました。

dNHK あなたの街の天気

 昼過ぎに見たNHKのデータ放送の「あなたの街の天気」です。
 函館には暴風雪波浪警報が出ていて、今の気温が+2℃前後と判ります。
 クリックして拡大すると判りやすいですが、左下の欄の明日午前0,3,6時の天気を表す雪だるまが傾いています。吹雪を表していて、だるまさんが転んだのは初めて見ました。

2016年 1月17日(日):打たせ湯ガモ

氷の上のカモたち

 そんなに気温は低くなかったのですが、午前中にM川は半分近く氷結していました。
 薄い氷の上に乗っているのは大部分がマガモで小さいのはコガモ、カルガモが1羽混ざっていると思います。私が遊歩道を近付いたのでマガモの一部が右の方に逃げて行きます。
 他のカモたちは寝入っているようです。氷の上でも平気なのです。

打たせ湯?カルガモ

 これはまた打って変わった光景です。
 昨日の絵日記でカワアイサが泳いでいた温排水が注ぎ込む場所ですが、何と今日はカルガモが打たせ湯を楽しんでいました。もろにお湯を浴びているのは珍しいと思います。
 湯しぶきが当たる場所にもカルガモがいます。湯の川温泉のお湯です。

さあどうしよう

 打たせ湯カルガモを撮っていたら、アオサギが頭の上を飛び越えて行き、やや離れた中州の氷の上に降り立ちました。どちらに行こうか迷っているようです。
 この1枚を撮ったらアオサギは飛び上って、近くの左側の水路の横に降りました。遠いので遊歩道を歩いて近付いたのですが、川岸の植え込みの陰になって見えませんでした。

余裕の腹這い

 中洲の反対側の氷の上にカモメが1羽腹這いになっていました。オオセグロカモメです。
 氷も雪も平気のようで眠りそうになるので、顔を上がるのを待ちました。
 晴れて午後も最高気温は-0.6℃まで上がりました。氷も大部分融けたと思いますので、もう一度行けば違う成果があったと思います。せっかくの休みなのでのんびりします。

2016年 1月16日(土):温泉カワアイサ

若いホオジロガモのオスのよう

 雪は降らないような予報で、5日ぶりに川へ行きました。
 M川で中洲と岸の間のこちら側の水路をホオジロガモが泳いでいました。警戒して速く泳ぐし、近いので動きがうまく撮れません。これは画面の端っこに収まってしまいました。
 若い(第1回冬羽)オスと思います。第1回冬羽ではメスも似ています。

温水の中のカワアイサのペア

 遊歩道を歩いていたら中洲の向こう側の水路にカワアイサのペアが飛んで来て、水中を覗きながら泳いでいます。遠いので少しトリミングしました。
 この辺は温泉排水が川に流れ込んでいて、冬でも凍らないし湯気が立っています。そちら側行こうと橋を渡りかけたら凄いスピードで飛び去りました。愛想悪しです。

さんていの鴨汁そば

 その他に撮ったのはオオバン、ダイサギ、アオサギ位です。
 時折雪が舞って寒いので、温かい蕎麦を食べに柏木町電停横の そば処さんてい・柏木店 に行きました。季節のおすすめそばの「鴨汁そば(税込1,180円)です。
 カモは北海道サロベツ産合鴨です。具が多くてとても温まりました。

疾走する8101号どーもくん号

 家内が蕎麦屋さんの向いのマックスバリュー柏木店に買い物に入ったので、雪景色の市電を撮ろうと道路脇に立ちましたが、風が強くてとても寒いです。
 2台目に撮ったNHK函館放送局の宣伝塗装の部分低床車、8101号どーもくん号です。開いた口の部分から乗り込むのはちょっと怖いですね。寒くて撮影は早々に諦めました。

2016年 1月15日(金):点いてます

青い線が似ている

 一昨日と同じ大手総合電機メーカーの千歳工場の健診ですが、会場がセットしてあるので7時集合です。5時台に起きるのはしばらく結構ですね。
 最終日なので予定より早く終わらせてくれました。終了後荷物を積む前に撮りました。工場の青い線とバスの青い線が同じような感じで面白いと思いました。

JR千歳駅

 もともとは15時過ぎに南千歳駅発の切符を貰っていたのですが、これなら12時45分の特急に間に合います。スタッフは千歳駅の近くで昼休みを取るので、T谷マネージャーに頼んで、M島さんにバンで送って貰いました。有難うございました。
 千歳駅は高架の線路の下にある駅です。駅前の温度計は-5℃です。

南千歳駅改札口

 幸い千歳駅で切符の変更が出来て、電車で南千歳駅に移動しました。
 南千歳駅は千歳駅の苫小牧側の隣の駅で、ここから新千歳空港に乗り入れ、また函館、釧路、室蘭行特急が停まります。ここでは何回か乗り換えたことがあります。
 苫小牧ではICカード乗車券が使える改札機です。新幹線の模型判りますか?

明るい時間のイルミネーション

 16時前に函館駅へ着きました。混んでいて途中の乗降に時間がかかり4分遅れました。
 まだ明るいので函館駅前のイルミネーションは点灯していないと思っていましたが、なんともう点いていました。小雪も舞っているので、小さい灯りが見えるでしょうか?
 もう少し遅い薄暮のときに撮れば、きっと幻想的と思います。

2016年 1月14日(木):こんな雪

本郷通の積雪

 昨夜から札幌は雪が降り続いて、朝は少し積もっていました。
 朝から会社で健康診断を受けました。胃は胃カメラ検査で鼻からカメラを入れるので、自分の胃内をモニター画面で観察できます。担当医師にも異常無しと説明されました。
 終わって昼前に、会社の4階の医局の窓から撮った一昨日と同じ場所本郷通です。

岩見沢市民会館ロビー

 13時半出発で岩見沢のトラック協会の合同健診に参加しました。
 岩見沢地方は豪雪地帯で、移動中バスの窓から外を見てスタッフたちは驚いていました。会場の岩見沢市民会館の昔は無かったロビーから見た雪景色です。
 22時30分現在の積雪深は岩見沢81cm、札幌38cm、ついでに函館25cm、室蘭6cmです。

交通指導員がたくさん

 19時過ぎに健診が終り、高速道路が事故で使えず、一般道で札幌に帰りました。
 昼の地震は函館の震度は5弱、札幌も4でJRも地下鉄も一時止まったそうです。
 そんな訳で?写真も撮れなかったので、ループ化された場所の昨日の市電を見て下さい。交通量が多いので、交通局のガードマンが一番大変のようで、とても目立ちます。

狸小路電停道路側

 ループ化で西4丁目とすすきの電停の間の札幌駅前通りの両端に線路を新設しました。
 写真は昨日の絵日記で紹介した狸小路電停での車道側の様子です。すぐ横が車道です。自動車にとっては大きいな障害です。信号も多いので市電もなかなか進めません。
 まあこれは予想されていたことなので、市電と仲良くするしかありません。

2016年 1月13日(水):札幌市電ループ化と雪ミク

雪を積んだニセコバス

 今年の初仕事は何と6時45分集合で、大手総合電機メーカーの千歳工場の年2回目の健診(3日間)の1日目を担当しました。明後日もここに来て、南千歳から特急で帰函します。
 昼で仕事が終り、千歳市で昼休みを取ってから道央道で帰りました。右のバスは屋根に雪を乗せていて、車線変更のとき一部が道路に散って少々驚きました。

西4丁目交差点を曲がるポラリスA1201

 札幌市電は先月西4丁目とすすきの電停間に線路を敷いて ループ化 しました。
 その後初めての札幌出張なので、空いた午後に見に行きました。交通量の多い駅前通りを曲がるので、写真右のような交通局のガードマンが多く出て交通整理をしています。
 市電は ポラリス と愛称の決まった超低床車のA1201号です。左後は三越です。

今年の雪ミク電車

 今日市電を撮りに行ったもう1つの目的は今年の 雪ミク電車2016 です。
 初音ミク はバーチャル・シンガー・ソフトウェアのパッケージイラストとして生まれたキャラクターで、市電の会とクリプトン・フューチャー・メディア株式会社の協力で、この冬も SNOW MIKU 2016 が運行されています。4プラ前を曲がっているところです。

新設の狸小路電停(外回り)

 ループ化で西4丁目の内回りの電停が駅前通りに移動し、狸小路電停が新設されました。写真は外回りの狸小路電停の内側です。市電は電停を離れて信号待ちしています。
 すすきの側を向いた写真です。電停の市電側がガラス張りで、前後に椅子もあります。15時頃でしたがループ化前より乗客が多かったような・・・。私は撮り鉄しただけでした。

2016年 1月12日(火):函館と同じ積雪深

左はスーパー白鳥、右がスーパー北斗

 健診の仕事は明日からで、当初は今日は札幌への移動だけでしたが、午後に時間外勤務が多かった方の過重労働面談2名組まれました。それで朝8時13分函館発の特急です。
 右がそのスーパー北斗3号で、昼直前に札幌へ着きます。左は津軽海峡線の電車特急スーパー白鳥です。新幹線開業で廃止されるので、記念入場券発売中 です。

小さいテーブルのグリーン車

 スーパー北斗のグリーン車は中央の5の席は左右共1人掛けで、そこを境に1人席と2人席が左右入れ替わります。今日は6B席だったので前の椅子がありません。
 椅子そのものは他の席と同じなのですが、前の席の椅子の背の大きいテーブルが当たりません。写真のような小さいテーブルだけです。もっとも大部分眠っていましたが。

杵屋の冷やしなす天おろしうどん

 昼食はいつもの札幌駅地下の 杵屋 札幌駅パセオ店に入りました。
 食べ物に関してはなかなか保守的で、いつも同じ店で同じ物を食べる傾向があります。この店も月に1,2回は来ているので、顔馴染の店員さんは冷水を持って来てくれます。
 いつもの冷やしなす天おろしうどん(税抜630円)で、海苔や花かつおが良いです。

医局から見た本郷通

 午後3時から面談だったので医局で時間を待ちました。
 4階の医局の窓から見下ろすと下は本郷通で、向いは白石区役所です。
 例年より雪は少ないです。函館より少ない感じがしましたが、アメダス実況 で調べると積雪深は17時半で札幌も函館も27cmと同じでした。これで十分です。

2016年 1月11日(月):こんな寒さ

アメダス実況 道南

 一時期暖冬と浮かれていましたが、大寒波が来て以来とても寒いです。
 今日は最高気温が-4.7℃(13:20)、最低気温は-7.9(05:10)でした。上は日本気象協会の アメダス実況 の道南の画面です。この図はクリックしても拡大しません
 マウスで示した函館の16時40分の気温は-5.9℃、積雪深は28cmです。

砂上のダイサギ

 明日からの出張に荷物を送るために昼頃湯の川の東郵便局に行きました。
 そのまま川へ鳥見に行きました。ここからはクリックで拡大します
 S川の川岸へ飛んで来てくれたダイサギです。水には入らずそっぽを向いています。カラスが2羽近くに来ましたが餌を探しているようで、行水はしませんでした。

水中ダイサギ

 M川へ回ってみると、ダイサギが2羽飛んで来て1羽が近くに降りました。
 水の中に立っています。水は0℃以下になると凍ってしまうので、外気よりは温度は高いのでしょうが、やはり足は冷たいでしょうね。
 少し見ていましたが魚は獲りませんでした。

水路のダイサギ

 こちらは中洲と川岸の間の、満潮で狭くなった水路のダイサギです。
 この場所は赤い実の付いた木の陰になって遊歩道からは見えません。遊歩道を歩いて来た家内も気が付かなかったそうです。細い橋や対岸からしか見えません。
 ホオジロガモもカワアイサもホシハジロもうまく撮れず、ダイサギだけです。

2016年 1月10日(日):3日ぶりに鳥だけ

漁をするダイサギ

 今週は火曜から3泊4日で札幌へ出て、仕事の他に自分の健診を受けます。
 2日間川に行っていなかったので、昼頃覗きに行きました。
 S川のいつもの場所で漁をしていたダイサギです。すっかり人に馴れて、傍の遊歩道を人が通ってもチラッと見る程度です。ここにはカルガモやマガモなどがたくさんいます。

泳ぐカワアイサのペア

 M川には今日もカワアイサが何羽も泳いでいました。
 久しぶりに会った顔馴染のカメラマンさんがジョウビタキが来たと教えてくれました。
 カワアイサはペアや1羽を何枚も撮りました。オスの緑がかった頭の色がなかなか写せません。露出補正をして明るくすると判るのですが、体が白くなります。手前がオスです。

後のオスは脱エクリプス

 これもカワアイサのペアなのですよ。
 手前は頭が茶色で体が灰色のメスです。それに引き替え、後は頭が黒っぽい茶色で、背中に黒い羽がありますが、2枚目のオスより不鮮明です。
 エクリプス(メスのような羽色の夏羽)から冬羽に戻りかけのオスでしょう。

水から出て来たウミアイサのメス

 ウミアイサのメスは3日前と近い場所にいました。
 空腹だったのか盛んに潜っていました。浮き上がるところを狙って撮りましたが、冠羽も濡れて頭にくっつきます。体には水滴も着いています。
 お洒落な体色のオスも来てくれると嬉しいのですが。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について