別館


写真絵日記


2016年 2月 8日(月):店舗限定

亀田川上流方向

 明日から2日間函館で振動病VDT作業者健康診断で、スタッフは今日は江差町です。
 快晴で最高気温も2.6℃でした。昼頃亀田川の昭和橋近くのスーパーに行きました。ここではよく市電やダイサギを撮っています。
 昭和橋の上から見た亀田川上流で、横津連山の雪が青空に映えます。

飛んで来たアオサギ

 冬になって亀田川にダイサギが来たことが北海道新聞市内版に載りました。
 ここでは同時に2羽見ています。1枚目の写真の白い鳥はカモメです。
 ダイサギを探していたら大きい鳥が飛んで来て近くに降りました。アオサギでした。浅くて水が澄んでいます。橋の反対側で探していたらオオバンが1羽いました。

昭和橋を渡る724イチヤママル号

 市電は快晴だと影が出来て撮りにくいです。
 ここらしい背景を狙いましたが、ちょっとずれてしまいました。昭和橋を疾走する八雲町の長谷川水産イチヤママル号724号です。
 背景は合同庁舎で右端の半分欠けているのが函館山です。お恥ずかしい。

丸亀製麺函館西店限定親子あんかけうどん

 昼食は国道5号沿い五稜郭駅近くの 丸亀製麺 函館西店に行きました。最近は仕事で、丸亀製麺はいつも行く函館店にも行っていません。
 「店舗限定」と書かれた親子あんかけうどん(並590円)です。家内が注文しました。体も温まるし鶏肉が美味しいそうです。ホームページには載っていないメニューです。

2016年 2月 7日(日):ツグミも来たよ!

リンゴを食べるツグミ

 昨日庭の木の枝に刺したリンゴにツグミが来ていましたが撮れませんでした。
 ヒヨドリより小さいので判ります。今日は何枚も撮れました。野生動物・野鳥編に「レンジャク来たよ!」からアトリ、アカゲラ、ウソなどの「来たよ!」シリーズがあります。
 シメもツグミも来ていますが「来たよ!」のページはありません。

結果はカモメの勝ち

 晴れたり軽く降ったりの日なので、川沿いに歩くことにしました。
 S川を家の傍から河口に向かいます。途中までは両側に遊歩道がありますが、積雪で歩くところは狭いです。途中の街灯の上の場所取りをカモメとカラスがしていました。
 オオセグロカモメとハシブトガラスですが、ご覧のようにカモメの勝ちです。

路傍の雪と718号スナッフルス号

 半分くらいで電車通りを横切ります。湯の川温泉電停や足湯のある場所です。
 左側の湯の川電停に向かう市電718号 スナッフルス 号で、次が終点です。
 この時は少し雪が舞っていましたが空は明るいです。路傍の積雪と降る雪で季節感が出ていると思います。この塗装はとてもシックで好きな1台です。

魚を狙うダイサギ

 電車通りより先で2度ダイサギに会いました。多分同じダイサギと思います。
 人通りの多い場所で漁をしていて、近くを歩く人を全く気にしません。アジアからの観光客は雪は喜ぶけどダイサギには目もくれない人が殆どです。
 しばらくダイサギを見ていましたが餌は獲れませんでした。

2016年 2月 6日(土):相互に無関心

左にダイサギ、右にアオサギ

 長時間の遅くまでかかる健診が終って、9時間爆睡しました。
 買い物途中に湯の川温泉を流れるS川を覗くと、少し離れて左にダイサギが雪の上に、右にアオサギが水に足を入れて立っています。2羽が1画面に収まるように撮りました。
 お互いに無関心なようで、相手を見ることは無いようです。

アオサギ、眠そう

 アオサギです。眠そうな感じで、ゆったり羽繕いをしていました。
 水に入っていますが漁は全くしていませんでした。
 アオサギはダイサギと比べると複雑な羽色、姿形です。大部分が北海道では夏鳥で、宗谷海峡の海岸やオホーツク地区の湖沼でも夏にはよく見ます。函館では越冬例が多いです。

雪の上のアオサギ

 こちらが1枚目の左に映っていたダイサギです。
 函館では冬になると市内の川に多く表れます。夏とは違う種類とも言われます。
 雪を背景に立っているとなかなか気付かないことがあります。よく言うタンチョウを真似て、ダイサギの白は雪より白い、と私は言っていますが、こうして見ると雪の方が白そう。

ブドウジュース漬のブルーベリー

 最近は写真の「生ブルーベリー 100%ぶどうジュース漬」を購入し、ヨーグルトに入れています。家内の話だとこれが4瓶めとのこと。こちらではスーパーアークスだけにあります。
 850g1瓶で通販(1200円前後)より大分安く買えます。防腐剤など無添加なので開封したら10日以内に使い切るよう書かれています。首を回さなくても読めますよね。

2016年 2月 5日(金):終わりました

リンゴが小さい

 今日が忙しくて長い健診の4日目で、これで終わりです。
 遅い勤務なので庭の観察も出来ます。スズメとシジュウカラとヒヨドリが来ます。
 一昨日更新したばかりの半分にカットしたリンゴも、食べやすい場所はこの通りです。ヒヨドリ2羽がしょっちゅう来て他の鳥を追い払って、我が物顔に食べています。

スズメとシジュウカラの競争

 スズメは一度にたくさんやって来ます。
 「野鳥の餌」の入った給餌台がすぐ空になって、スズメたちはリンゴやピーナッツリングにも挑戦しています。ピーナッツリングは身軽なシジュウカラ用なのですが・・・
 この通りスズメも止まってシジュウカラと鉢合わせになりました。

雪の無い産業道路

 今日も+気温で、降ったり止んだりでしたが雪は積もりません。
 8.5km離れた健診会場に乗用車を運転して直行直帰しているので、吹雪いたらタクシー利用も考えてました。市内で一番交通量の多い産業道路(道道100号)です。
 赤信号で停まって、運転席から撮りました。車道に雪はありません。

健診会場と健診バス

 青空背景の健診会場と健診バスは昨日撮った写真です。
 10人乗れるバスですが、スタッフが20名と多いのでライトバンも使っています。
 昨日までの3日間は400名以上の受診者でしたが、最終日の今日は300名に達しませんでした。挨拶してくれる顔見知りの受診者もいて、4日間無事に終わって良かったです。

2016年 2月 4日(木):夜でも+気温

市民会館前電停の8007おさめ〜る号

 朝から北海道にしては暖かい日で、仕事前に川を覗きに行きました。
 幹線道路には積雪は無くて、排雪もある程度進んでいます。
 市民会館前電停は今はかっこ入りで函館アリーナ前と書かれています。この電停は上り方向だけ屋根付きです。市電は北海道の(税金を)おさめ〜る号です。

ダイサギとマガモのペア

 S川には今日もダイサギもアオサギもいませんでした。
 M川では雪の川岸にアオサギが立っていました。魚を狙っているのですが、傍をマガモのペアが餌の草を食べながら通り過ぎて行きます。邪魔者かなと思ったのですが・・。
 マガモの動きで魚も逃げるようで、それを狙っているように見えました。

たたずむダイサギ

 マガモは離れて行きました。
 水の中にたたずむダイサギです。雪が背景になると見逃してしまうこともあります。
 ダイサギの立っているところは水面が開いていますが、その手前は薄氷が張っています。水面に映ったダイサギの水鏡も、氷の部分で途絶えています。

左が外気温、右が距離

 昨日健診スタッフより早く会場に着いたので、今日は少し遅めに出て健診バスと同時でした。車のメーターで左下は外気温で+4℃です。気象庁の発表は+3℃でした。
 右端は家から会場まで8.5kmと表しています。帰宅後の20時頃でも気温は+1で、道路には水溜りがありました。この写真はクリックしても拡大しません

2016年 2月 3日(水):ピーナッツリングに挑戦

KitKatのmini11枚入り7袋

 一昨日さるドラッグストアで KitKat miniの袋を見たらとても安いです。購入しようとしたら11枚入りです。いつもは14枚入りの袋をを購入していました。
 毎年今の長時間の健診のときにスタッフ24人に3枚ずつ、72枚を差し入れています。11枚入りでは7袋必要で、値段も同じようになりました。今日持って行って配りました。

林で眠るアオサギ

 昼過ぎに家を出るので、鳥見かたがた買い物に行きました。
 S川の小さい橋からはカルガモしか見えませんでしたが、近くのお屋敷の林には今日もアオサギが休んでいました。パッと見て5羽は数えられました。
 下の方で眠っていた2羽のアオサギです。離れていますが同じ方向を向いています。

川に薄氷が張っている

 細いS川は凍っていませんでしたが、広いM川には一部薄氷が張っています。
 画面左下はY川の合流部で、この辺から下流は広範囲に氷結しています。最近氷が張るようになってからカワアイサの群を見なくなりました。暖かくなれば現れるかも知れません。
 川沿いの遊歩道を歩きましたが、見たのはダイサギだけでした。

ピーナッツリングに挑戦するヒヨドリ

 庭のリンゴが殆どヒヨドリに食べられて、残った小さいリンゴ片は雪の上に落ちてしまいました。ヒヨドリは落ちたリンゴも食べてしまいました。
 買い物から帰ると、何とヒヨドリがピーナッツリングに挑戦しています。なかなか器用でちゃんと食べていました。憐れんだ家内がリンゴを補充して、ヒヨドリは大喜びです。

2016年 2月 2日(火):夜まで健診

昨夜のdNHKあなたの街の天気

 いよいよ今年のトラック協会の健診が4日間始まります。仕事後も受診できるよう13時30分〜19時20分で実施で、途中で挨拶を「こんにちは」から「こんばんは」に切り替えます。
 昨年免許を更新したばかりで今年も自分で運転して会場へ通います。NHKのデータ放送で見ても、火曜から金曜は真冬日を脱して、お日様マークが見られます。

左がどこでもユキちゃん

 テレビの横には北海道新幹線の模型がありますが、これは1月9日の絵日記で紹介した 北海道新幹線開業記念駅弁「北斗七星」の容器です。隣は1月30日に木古内町の道の駅で買った どこでもユキちゃん の人形です。なぜこんな写真を出したかと言うと・・・
 2月13,14日の新幹線試乗会にに即応募したのですが、9倍になってしまい外れました。

道路脇に残雪

 例年のごとく12時40分に車で家を出て、昼間なのでなるべく産業道路などの幹線道路を避けて、健診会場の流通団地へ向かいます。
 本通りから赤川通りを横切る前に撮りました。道路の両側には雪がたくさん積まれていますが、車道には雪が無くて濡れています。4日間こんな日が続けば良いのですが。

健診会場の待ち椅子

 ここ数年は函館流通団地の流通ホールが会場になっています。昔トラック協会の会館で健診をしている頃には建物の外まで並ぶ人が出ましたが、ここは広いです。
 手前の椅子は診察の待ち椅子、その向こうは看護の待ち椅子です。今日は450名にはなりませんでしたが、途中で診察の待ち椅子が看護の方にかなり移されました。

2016年 2月 1日(月):餌を交換したら

ピーナッツリングのシジュウカラ

 連日真冬日ですが雪はそんなに降りません。17時現在の函館の積雪深は40cmです。
 昼出かける前に庭のピーナッツリングとリンゴを交換し、給餌台の野鳥の餌を補充しました。玄関を出たらシジュウカラがやって来てピーナッツリングに止まりました。
 ちょっとトリミングしています。クチバシにピーナッツが入っています。

リンゴとヒヨドリ

 その直後にヒヨドリが1羽飛んで来ました。
 鳴き声で威嚇するし、乱暴者なのでシジュウカラもすぐ退散しました。
 いつもは2羽で現れることが多いのですが、この時は1羽でした。甘い物が大好きでリンゴを半分に切って刺しておくと、何度もやって来て美味しそうに食べます。顔は可愛いです。

いつもの場所のアオサギ

 S川の小さい橋を渡るときに見ると、いつもの場所にアオサギがいました。
 1月29日の絵日記にも登場しています。水が少ないのも同じで干潮時の撮影と判ります。河口近くでは川の水量は潮の干満で大きく変動します。
 近くにいるのはカルガモで、隣のM川では今年はマガモが多いです。

膨らみ始めたネコヤナギ

 M川の遊歩道を歩いていたら、家内がネコヤナギが膨らみ始めていると教えてくれました、まだ小さいですが白っぽい灰色になっています。
 北海道テレビ・HTBの 北海道・花情報 に投稿しようかなと思っています。昨年は 2月21日にフクジュソウを投稿 しました。まだ早いけど、〜春よ来い〜ですね。

2016年 1月31日(日):貝6個だけでは

近くにいたオオハクチョウ6羽

 今週は月曜が健診スタッフの札幌からの移動日で、私の出番は火曜からです。
 昼頃、北斗市 貝鮮焼北斗フィッシャリー(絵日記) に焼きガキを食べに行きました。
 目的地近くのH川ではサケの堰があった場所近くにオオハクチョウがが6羽いました。餌をくれる人がいるようですが、今日私たちはお土産無しです。ご免なさい。

川下側にもオオハクチョウが見える

 橋の上から国道の方の下流を見ると、画面でも12羽のハクチョウが休んだり、騒いで遊んだりしています。多分上流で給餌が始まると、大急ぎで飛んで来ると思います。
 サケの堰が無くなってサケがいなくなったせいか、その後ユリカモメは見ません。これからはたくさんのサケが産卵で川を遡上するときだけのユリカモメになりそうです。

これで2人分の海鮮セットB

 貝鮮焼北斗フィッシャリーには12月23日の開店日に来ましたが、それ程ではないですが土曜のせいか1時間近く待ちました。今日は合席をしていなかったせいもあるでしょう。
 家内と2人分の貝鮮セットB(税別1,150円)です。1人分でカキが4個、ホタテがとホッキ貝が1個ずつです。タイマーをかけていって焼けると教えてくれます。

1人分焼きガキは4個

 紙製のエプロンと軍手片手分、ホークなどを貸してくれます。
 カキは頼めば開けて外して貰えますが今日は全部自分たちで開けました。大きさに差がありますね。1番右のは貝柱が太くて手こずったので、汚くなってしまいました。
 250円のご飯セットは売切れでした。貝だけではやや空腹感が残ります。

2016年 1月30日(土):みそぎの郷きこない

津軽海峡のオオハクチョウのペア

 北海道新幹線が停車する木古内町の駅の正面に、道の駅 みそぎの郷きこない が今月13日にオープンしました(北の道の駅のページ)。天気も好いので車で出かけました。
 高速道路の函館江差道の今の終点の茂辺地(もへじ)ICを降りてすぐの海にオオハクチョウのペアがいました。幸先良いと思ったけど、オオハクチョウはこの2羽を見ただけでした。

キーコのポストがお出迎え

 家から道の駅まで49kmでした。昼過ぎに着いて土曜のせいか広い駐車場は満車に近く、かなり遠くに車を置きました。完成前に何度か見ていますが、出来てからは初めてです。
 駐車場側の入り口には木古内町のマスコットキャラ キーコ の大きいポストがありました。キーコは木古内町特産の「はこだて和牛」をモチーフにしています。

木古内町の道の駅売店

 道の駅は広くて道南杉をふんだんに使っています。
 こちらは道南西部9町ならではの特産品を集めたショッピングエリアで、品物も豊富ですが交通系やイオンのプリペイドICカードが使えて便利です。
 冷凍の天然あわび煮貝や どこでもユキちゃん の人形など買ってしまいました。

パスタランチ

 ここにはレストラン どうなんde's Ocuda Spirits があって、今日は道南のウニとタラコのスパゲティーニのランチセット、サラダ、パンとジェラート付きを税抜1400円で食べました。
 食事中に新幹線が木古内駅に着き、大勢の人が道の駅へ歩いて来ました。店の人が高橋知事がお見えです、と言い、知事が入り口から挨拶して行きました。試乗会でしょう。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について