別館


写真絵日記


2016年12月16日(金):雪とサギたち

今日のAランチ

 8週ごとの受診日が年末に当たり、7週目の今日受診です。特変ありません。
 朝から時折り雪が降っています。昼食は本通の RISTORANTE La.Stella(リストランテ ラ ステラ)(絵日記) に行きました。パスタを選べないAセット(税込1,080円)です。
 今日はキノコとベーコンのトマト味で、パンとソフトドリンクとデザート付きです。

S川のダイサギ

 そのまま川へ行きました。真冬日ですが幹線道路は雪が融けています。
 S川の車が1台しか渡れない橋から見ると川下にダイサギが歩いていました。少し前に車の横を飛んで行ったダイサギです。車を停めて、橋まで歩いて戻りました。
 新雪を背景にすると、ダイサギの方が濃く見えます。真っ白ではないのでしょうか?

S川のアオサギ

 車に戻ろうと川上側を見ると、少し離れてアオサギが水中に立っていました。
 これは先程は気付きませんでした。遠くから見ると立派な迷彩色のようです。
 こちらは成鳥のアオサギで、顔の黒白がはっきりしていて、胸には飾り羽も見えます。カルガモの間で、ぼーっと立っているだけのようです。空腹ではないのですね。

ツタの実の雪帽子

 昼食に行くときに雪帽子のナナカマドを撮りましたが、空が白くて今一でした。
 Y川からM川にかけて、雪帽子のツタの実を撮りました。ナナカマドの実より小さいですが、2015年2月には 多くのキレンジャク(絵日記) がこの実を食べに来ました。
 M川は一部氷結していて、ダイサギと若鳥のアオサギがいました。

2016年12月15日(木):雪のダイサギ

715号シゴトガイド号

 午前中に所用があって湯の川方面に行く家内のお供をしました。
 ここではいつも待っている間に、通り過ぎる市電を撮っています。
 狭い道路で車がたくさん通るので、なかなか難しいです。こちらに向かってくる715号 シゴトガイド 号です。この写真は実はアウトで、タクシーのミラーがかかってしまいました。

大きい餌を持って行く

 一昨日と比べると雨は無いので、そのまま見晴公園に行きました。
 公園に入ってじきにヤマガラが近くに飛んで来て、餌を用意している間に3羽位になりました。カモだと思われているようです。ちゃっかりしていて大きい餌から持って行きます。
 シジュウカラも手乗りしたのですが、写真が少しぼけてしまいました。

たくさんのオニグルミの殻

 エゾリスも探したのですが見つけられませんでした。
 昼頃では遅いのかも知れません。一般にエゾリスは冬は朝活動すると言われています。
 よくエゾリスを見る木の下にたくさんのオニグルミの殻が落ちていました。リスが割ったのでしょうか?切り口がとても鋭利に見えるような気がします。

雪のダイサギ

 そのまま川へ行きました。その頃から雪が降って来ました。
 川岸の遊歩道を歩きましたが、カモでは例年よりマガモが多いと思います。
 今日も若いアオサギが昨日と同じ場所で漁をしていました。中洲の端にいたダイサギです。羽毛が膨らんで風に揺れています。雪もこの程度なら写真は大丈夫です。

2016年12月14日(水):3点セット

復活したカワアイサコンビ

 昼前から晴れて来たので、家からS川沿いに河口まで歩きました。
 本当に久しぶりですが、河口までの間にダイサギとコガモしか撮れませんでした。
 M川の方に回ると、先日コンビ復活を確認したカワアイサのオス2羽が寛いでいました。他のカモ類より羽を回すことが多いような気がします。ストレッチなんでしょうね。

アオサギの若鳥

 細い橋の近くにダイサギがいて、近寄るとその少し先にアオサギの若鳥がいました。
 体も小さいし、色が全体にくすんだ灰色で、親のような白黒鮮やかなコントラストありません。また冠羽や胸と背中の飾り羽もありません。前に絵日記で紹介した鳥と思います。
 ダイサギはちょっと離れているので、この写真では頭だけです。

3点セット

 そこを立ち去って橋を渡り終える頃に、そちらを撮っていた家内に呼び返されました。
 カワセミが飛んで来て、赤い実のツタに止ったと教えられました。そこは日光が当たっていて、カワセミの背中が光るのでよく判ります。カワセミだけでも遠過ぎます。
 アオサギの上の方にカワセミがいます。家内は3点セットと言っていました。

接近する笹色ツートン

 昼食を取ってから、今度はY川沿いに市電の終点、湯の川電停まで歩きました。
 そこから市電で帰ったので、歩数計の数字は6,691しか行きませんでした。
 最寄りの電停で降りたら、笹色ツートンの719号車が近付いて来ました。これは旧標準塗装で、今は1台しかありません。背後に私が乗って来た市電と五稜郭タワーが見えます。

2016年12月13日(火):コンビ復活

遠いハクチョウ

 小雨が降ったり止んだりの天候でしたが、最高気温が6.2℃と寒さは和らぎました。
 昼前に見晴公園に行きました。雨模様なので成果はありません。
 昼食後に下海岸(戸井恵山方面)のS泊川に行くと、期待していたハクチョウの小群がいました。泳ぎ去って行くのを橋から撮りました。13羽写っています。左上はダイサギです。

函館牛乳あいす118の椅子席

 少し上流の橋の近くに例年オオハクチョウが集まりますが、今日はいませんでした。
 そこから農道を市街地側に戻る途中に、函館牛乳の直売所 あいす118 があります。今年から通年営業(冬期は水曜定休)になりましたので寄ってみました。
 ストーブも燃えていて、クリスマス飾りもあります。ソフトはハーフにしておきました。

並んだアオサギとダイサギ

 街へ戻って買い物をしてからM川に行きました。
 もう15時半で、曇り空で暗くて鮮明な写真は期待できません(完全な言い訳)。
 細い橋の近くにダイサギとアオサギが並んでいました。これだけ近くにいるのはこの冬初めて見ました。魚を獲ろうとするのではなく、単にリラックスしているようです。

カワアイサのコンビ復活

 上流の方にカワアイサが見えたので、1羽だけと予想して近寄って見ると・・・
 何と2羽が並んでいました。1羽見えなくなったと散々絵日記に書いて来ましたが、戻って来たようです。羽の様子が手前は変で、向う側が残っていたカワアイサです。
 もっと寒くなるとカワアイサのメスも来るでしょう。このコンビどうなりますかね。

2016年12月12日(月):殆どヤマガラ

もう餌が無いよ

 今週からしばらくお休みです。体を動かさねばなりませんね。
 晴れて風も弱い日で、函館の最高気温は+1.5℃、積雪はありません。昼前に見晴公園に行きました。東屋の近くでリスを探していたら、ヤマガラとシジュウカラが集まって来ました。
 手に砕いた剥きグルミを置くと、すぐ無くなります。もう無いよと言いたげです。

大きい餌を取る

 シジュウカラも寄って来るのですが、慎重で1回だけ取って行きました。
 餌を持って行くのは殆どがヤマガラです。しっかりしていて大きい餌から取って行くんですよ。ヤマガラはとても人に馴れやすくて、各地の手乗り野鳥は大部分がヤマガラですね。
 ここではゴジュウカラも手乗りしますが、今日は来ませんでした。

緑のセンターの薪ストーブ

 公園を半分以上歩いて、エゾリスを探しましたが、雪の中の足跡を何か所かで見ただけです。それと最近キツツキを見ていないのが気になります。紅葉騒動が悪かったのか。
 体も冷えて来たので緑のセンターに行きました。冬はストーブで暖を取れます。燃料は自給自足の薪ですが、今年は度重なる台風禍で薪も例年より多くなりました。

なーんだスズメだ

 帰りに川に寄ったみました。川の狭い箇所に薄氷がまだ残っていました。
 アオサギとダイサギを見ましたが、今日はカワアイサはいませんでした。
 対岸の赤い実のツタに、白っぽい鳥がたくさん止っていたので1枚撮ってみました。スズメが10羽います。実を食べるのは見たことが無いし、動かないので、日向ぼっこでしょうか。

2016年12月11日(日):酸味は3倍

スーパーアークス七飯サウス店の看板

 北海道最大のスーパーチェーン アークスグループ の道南5店目の大型店舗 スーパーアークス七飯サウス店 が今秋に開業しました。高速道路を使うと通らない赤松街道沿いにあるので、今日初めて行ってみました。駐車場の隅に雪が少し置かれています。
 新しいけど近所のスーパーアークス戸倉店と余り違いは無いようです。

みやごのリンゴ売り場

 これも赤松街道沿いの みやご果樹園 を覗いてみました。
 売り場にあったのは左から名月、王林とサンふじです。名月だけは1袋2個入りで400円、他は1袋500円です。年配の売り子さんは名月を誉めて、試食させてくれます。
 気に入って2袋購入しました。みやごの リンゴのページ に載っていませんね。

リンゴほおずり

 売り場の壁際に真っ赤なリンゴの箱がありました。「ほほずり」と書いてありますが「ほおずり(食彩王国)」 が正式名称のようです。昨冬版で ANAでも取り上げて います。
 ワイン用に栽培が再開された、酸味が通常のリンゴの3倍の品種です。他のリンゴと混ぜてジャムにすると良いと教えらレました。生で食べると、かなり酸っぱいです。

開拓ラーメン

 次いで あぐりへい屋 に行きましたが、食堂受付の14時を1分過ぎていて断られました。
 それで大野国道沿いで北斗追分IC近くの、昔何度か入った レストラン菜花館 に寄りました。この店は食べ物の量が多いので最近は敬遠していたのです。
 私の注文した「開拓ラーメン(税込1,080円)」です。完食出来ました。

2016年12月10日(土):雪は大丈夫

背景は函館山

 札幌で65cmの積雪だったそうですが、函館は午前で4cm、昼で2cm、午後3時には0cmになりました。晴れていたので昼に出かけるまで雪掻きしなかったら、殆ど融けました。
 昼食後昭和橋のたもとのスーパーに行きました。亀田川には大きい鳥はいませんでした。函館山を背景に信号で留まっている8006号JACCS号です。シックで好きな塗装です。

日陰のアオサギ

 +気温でしたが、風が強くて寒いので見晴公園は諦めました。
 帰りに川へ寄りました。S川の川岸の日陰になった岸にアオサギが立っていましたが、逆光気味で見逃すところでした。白黒灰色ですがコントラストが強くて目立ちます。
 でも今日のような条件では、保護色みたいになっているのだと気付きました。

羽の乱れたダイサギ

 M川には今日もダイサギがいて、その少し先にはカワアイサがいました。
 どちらも1羽だけです。最近こんな状態が続いているので、絵日記も代わり映えしません。ダイサギを撮っていると強い風が体に当たったときに羽毛がよく乱れます。
 クリックして拡大してみると、頭も胸も尻尾も羽が逆立っているのが判ります。

オスのカワアイサはこんな色です

 カワアイサはいつの間にか1羽だけになってしまいました。コンビだったもう1羽のカワアイサはどうしたのか、気になるところです。
 オスのカワアイサの頭は、マガモやホオジロガモのオスのように緑色光沢があります。これは光量が少ないと黒く見えることが多いです。今日は日光が当たっていて、緑ですよね。

2016年12月 9日(金):光の小道

函館駅前広場イルミネーション

 昨夕札幌から帰って函館駅を出ると、駅前広場のイルミネーション 光の小道(はこぶら) が出迎えてくれました。12月1日から始まっていて、撮影しようと思っていました。
 夜景やイルミネーションの撮影は薄暮の、まだ少し明るい時間が最適と思います。札幌ではその時間は仕事中だったので、ホワイトイルミネーションには行きませんでした。

近くから見ると

 規模は大きくはありませんが、漁火や函館山をイメージしたオブジェが楽しいです。毎年撮影していますが、今年1月15日の絵日記の写真 が構造がよく判ると思います。
 前は はこだて冬フェスティバル の一環でしたが、今は独立した催しのようです。はこだてクリスマスファンタジー とか行きたいけど、寒そうで二の足を踏んでいます。

ダイサギ

 ゆっくり起きて川へ行きました。
 M川にはいつもの逃げないダイサギが漁をしていました。朝まで雨がたくさん降ったので川は濁った泥水があふれています。これでは魚は見えないのではと心配です。
 水鏡のダイサギの頭の部分が欠けています。全部入れると小さくなってしまいます。

1羽だけのカワアイサのオス

 カワアイサのオスは下流の方で、元気に泳いでいました。時々水中に顔を入れて魚を探して、たまに潜っていましたから、魚の姿が見えるのかも知れません。
 今日も相棒の姿は無くて、1羽ぼっちでした。どうしたのでしょうね。夏からコンビのカワアイサのオスを見て来たので、つい同じカワアイサと思ってしまいます。

2016年12月 8日(木):新札幌駅にて

滑り止め用の砂が入っています

 午前中にストレスチェックの高ストレス者2名とメンタル問題の1名と面談しました。
 色々な職場があって、色々な人が働いています。色々な悩みがあります。
 昼休みに外出したときにすぐ傍の本郷通の、滑り止めの砂袋の置き場を撮りました。札幌にいた頃はよく絵日記ネタに使いました。黒い砂はとても有効です。

玄庵の浅草おろし

 向いの白石区役所の食堂を利用していたのですが、引っ越してしまいました。
 少し先の蕎麦屋さん さっぽろ玄庵白石本郷店(ホットペッパーグルメ) に前に何回か行ったことがあります。この「浅草おろし、税込980円」は初めてです。冷たい蕎麦に刻み海苔、鰹節、万能ねぎ、大根おろし、揚げ玉が乗っていて、とてもあっさりしています。

季節限定の雪だるまくん

 午後は通信関連会社に産業医訪問しました。健診結果の説明や各種要望なども打ち合わせします。予定より早く終わり、1便早く帰れそうで、地下鉄でJR新札幌駅に出ました。
 切符も無事に変更できました。キヨスクで写真のようなチョコレートを見つけました。石屋製菓の雪だるまくん(おいしいお取り寄せ) です。季節限定で2014年から発売でした。

新札幌駅ホーム乗り場案内

 新札幌駅は地下鉄に乗り換えで降りることはありますが、乗車したのは久しぶりです。
 乗り場案内を探すと、写真のような液晶表示のパネルになっていました。南千歳駅のホームの待合室で見たことがあります。最初は2番目の特急に乗る予定でした。
 1号車がグリーン車なのが 白い261系スーパー北斗(絵日記) です。

2016年12月 7日(水):札幌の雪道

今朝の南郷通

 今日は午前午後合わせて9件の面談が組まれていましたが、結局8件になりました。
 9時スタートなので健診に比べて朝はゆっくりです。
 新札幌のホテルの7階の部屋の窓から外を見ると、幸い雪が止んで青空が見えています。この道路は南郷通と言って、札幌の幹線道路の一路線です。雪道で真っ白です。

本郷通午前中

 午前中の面談の間に、4階の医局の窓から下の本郷通を撮りました。
 こちらの方が1枚目より雪が多いですね。
 向こう側の角にいる二人は椅子を置いてずーっとここにいました。交通量の調査でしょう。画面右上の茶色い建物は、最近引っ越しで空きビルになった旧白石区役所です。

ツルツル道路

 昼休みに外出したときにツルツルの車道を撮りました。
 真冬日でしたが日光が当たる場所は少し雪が融けて、夕方頃から冷えて凍るので危険です。ここは日陰になるので融けず、車のタイヤに削られて光っています。
 今年は早く雪が積もり、例年よりスムーズに雪道歩行モードになって、転んでいません。

雪帽子のナナカマド

 昨日雪の中を車で走っているときに、雪帽子を被ってナナカマドの実を何回か見ましたが、撮影チャンスがありませんでした。車を停めて、とも言えません。
 旧区役所の駐車場入り口の、いつも撮るナナカマドを見に行きました。風に落とされずに少し雪が乗っているナナカマドの実がありました。かなり苦しい写真です。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について