別館


写真絵日記


2015年 2月18日(水):札幌も雪が少ない

朝は函館市電

 8時13分函館発の特急スーパー北斗3号で札幌に出ます。今日明日と1泊の札幌出張で、面談を1件と産業医訪問を2件が組まれていて、時間的には楽です。
 駅まで家内に送って貰いました。絵日記によく登場する深堀町電停です。大きい時計があるので、時間が判ります。右のバスの行先は椴法華(とどほっけ)と読みます。

漁火通りから見た函館山

 途中海岸沿いに漁火通り(国道278号)を通ります。啄木小公園もあって、イカ漁の季節になるとここから津軽海峡に浮ぶ漁火が見えます。正面は函館山です。
 乗ったのは朝から2番目の特急ですが、自由席に車内販売のカートが入れない位混みました。車両数を増やす余裕は無いのでしょうか?18時現在で函館の積雪深は21cmです。

野幌テクノパークの雪捨て場

 昼に白石区の会社に着きました。会社で1件面談をしてから、厚別区下野幌テクノパークの産業医契約事業所を訪問しました。ここではエゾリスをよく見るそうです。
 写真は駐車場から撮った公営の雪捨て場です。こうして見ると結構高く見えますが、例年より低くて小さいような気がします。春にはこれを崩して雪融けを図ります。

11階の端の部屋から街を見る

 訪問終了後地下鉄駅で降ろして貰って、16時過ぎにホテルに入りました。
 先月半ばに札幌に来ていますが、その時は雪がたくさんありました。排雪も良いのか雪は随分少なくなりました。18時半現在で札幌の積雪深は66cmです( アメダス による)。
 11階の端の部屋から撮った明るいうちの観覧車です。市電も写っていますよ。

2015年 2月17日(火):キレンジャクがいっぱい

最初のアップ

 今日はフクジュソウを探しに行くことになり、先ずオオハクチョウがいるY川岸に車を置きました。先に降りて川を見るとオオハクチョウはいません。
 家内がレンジャクがいると言います。川のこちら岸の赤い実のツタと対岸の樹を行ったり来たりしています。最初に撮れたアップの画像で、今年初撮りのキレンジャクです。

赤い実に埋もれたようなキレンジャク

 キレンジャクはたくさんいるのですが、こちら岸ではツタの間に入って赤い実を食べています。動き回るし、体の一部しか見えなくて、なかなかうまく撮れません。
 頭にピントと露出を合わせて撮ると、体の前にある枝がぼけて体は不鮮明になります。これでは尻尾や羽先が見えないので、キレンジャクかヒレンジャクか判りません。

見張り役のよう

 昨年2月27日の絵日記が「見張りキレンジャク」 でした。キレンジャクには見張り役のような役割の鳥がいるようで、他にもそう書いている人がいます。
 最初に飛んで来て見晴の良い所に止まります。異常を感じたら鳴いて飛び立ちます。この木にも少しですが実が付いていて、しばらくしたら食べていました。

柵の上の2羽

 市街地のナナカマドは今年は殆ど実が無いので、前にも見ているここには期待していました。今日はたくさんいたようで、対岸で会ったご夫婦カメラマンもキレンジャクだけでしたねと言っていました。遊歩道の柵に並ぶ2羽はしばらくいてくれてたくさん撮れました。
 狙いの場所ではフクジュソウはまだでフキノトウだけでした。

2015年 2月16日(月):対照的

リンゴの上のツグミ

 今週も健診の仕事は休みですが、産業医活動で水木と1泊で札幌へ行きます。
 庭にリンゴが刺してあるのですが、先ず殆どがヒヨドリ用です。
 たまにツグミが来て、身軽なのでリンゴに乗って食べています。大柄のヒヨドリは別の枝に掴まって食べます。網戸越しの写真なので、ぼやけてソフトネス加工したようです。

一斉に一点を見つめる

 暖かくなって来たので、北斗市上磯のH川を見に行きました。
 カワアイサがたくさんいるとの予想は外れましたが、オオハクチョウは30羽近くいました。餌を貰い慣れているようで、車から降りるとオオハクチョウもカモ類も集まって来ます。
 一斉に一点を見つめているような感じですね。

ぷりぷり海老のゆずおろしそば

 昼食は北斗市七重浜のトライアル向いのそば・食事処・のとやに行きました。ホームページ が出来たとパンフレットがありました。ドメインも取って開設は昨年6月でした。
 グランドメニューの「おすすめのおそば」に載っている「ぷりぷり海老のゆずおろしそば(税抜880円)」です。家内にはエビが6匹、私には4匹でした。柚子の香りが美味しいです。

いつものオオハクチョウペア

 ダイエー上磯店で買い物をしてから、15時近くになっていましたが、M川のオオハクチョウを見に行きました。今日は川の真ん中で2羽並んで寛いでいました。
 この頃から風がとても強くなり、橋の上にいると体が揺れました。
 S川も覗きましたが、残念ながらウミアイサもカワアイサもいませんでした。

2015年 2月15日(日):砕氷

ダイサギと

 道東、道央は大荒れですが、函館は風が強いだけでした。
 昼頃車で川へ行きました。S川はダイサギとカモ類だけでしたが、M川支流のY川のいつもの場所にはオオハクチョウのペアがダイサギ1羽と並んでいました。
 大きさは随分違いますが、真っ白い鳥同士なのでよく目立ちます。

氷を砕いて進むオオハクチョウ

 その内にY川を、本流のM川の方に泳ぎ始めました。
 写真を撮りながら遊歩道をついて行くと、M川の狭い場所で薄氷が張っているところは、砕氷船のように氷を砕いて進みます。大きい方なのでオスだと思います。
 ハクチョウは飛び立つときに助走が必要で、この方が楽なのでしょう。

氷の無い場所へ

 M川本流の川幅の広い場所には氷は張っていません。
 2羽は並んでスイスイと泳いで行きます。
 岸の方には薄い氷があって、地面にも雪が積もっています。ハクチョウは草食性で、水底の水草なども食べますが、ここで冬を過ごすのは厳しいですね。

ウミアイサのメス

 先ほどオオハクチョウがいた場所に戻ると、ダイサギは飛んで行ってしまいましたが、カルガモやマガモなどがたむろしています。中にウミアイサのメスが1羽いました。
 近くに行って写真を撮り始めると、泳いで離れて行きます。2月11日の絵日記「速過ぎる・・」はS川のウミアイサのメスのことでした。今日は鮮明に撮れました。

2015年 2月14日(土):寿司屋さんのパスタ

今日もオオハクチョウ

 今日も最高気温+3℃で晴れています。川と港で鳥見して、市街地でレンジャク探しの予定で、先ずM川へ行きました。昨日の場所にまたオオハクチョウがいました。
 今日は狭いこちらの川に数羽のカワアイサが上って来ていました。
 オオハクチョウの周りのさざ波を見ると、風が強かったことが判ります。

泳ぐカワアイサのペア

 川上に向かうカワアイサのペアと並んで歩いて、何枚か撮りました。
 カワアイサのオスは光が当たると、この写真のように頭が濃い光沢のある緑色になりますが、曇っていたりすると黒い頭になります。
 露出補正をかけ過ぎると背中が白っぽくなり、なかなか難しいです。

広いM川へ出て来たオオハクチョウ

 M川の下流の細い橋に立っていると、支流のY川からオオハクチョウが広いM川に出て来ました。先月末に見つけたときはこの辺りにいたのです。その後ここは氷結しました。
 風が強かったので、予定していた港行きは止めて、住宅地にキレンジャク、ヒレンジャクを探しに行きました。ナナカマドの実が殆ど無いので、ツグミやヒヨドリだけでした。

はま寿司のクリームスープパスタ

 新聞折り込みの はま寿司 のちらしに、うまさ厳選祭りの「贅沢一杯」で、はまぐりの旨だしラーメンとクリームスープパスタ(共に380円)があると家内が教えてくれました。
 寿司屋さんのパスタは経験がありません。昼食に近くの函館本通り店に行き注文しました。結構な量で肉も少々入っています。パスタ好きにはお薦めかも・・

2015年 2月13日(金):鳥だけでなく

2001号やきとりべんとう号

 昼前に家内のお供で、湯の川の市電の走っている方面に行きました。
 待っている間に道路で、行き来する市電を3種類撮りました。市電の写真は折にふれて撮り貯めしています。今日は雪のある写真を狙ったのですが。
 車道は雪融けで2002号やきとりべんとう号は水鏡になっています。

昨日と同じ場所のオオハクチョウ2羽

 その後川に鳥見に行きました。
 昨日と同じ場所に今日も2羽のオオハクチョウがいました。少し体の大きさに差があって、幼鳥を連れていないので、若いカップルかも知れません。
 近くをたくさんのカワアイサが泳いでいたので、これ以上は撮りませんでした。

カワアイサのメス

 カワアイサは合計オスが7羽、メスが1羽いました。全部が1画面の写真も撮りましたが、離れているので証拠写真にしかなりません。
 皆と離れて川下に泳ぎだしたオス2羽です。露出補正したのですが駄目でした。この後、飛んで仲間の方に戻って行きました。顔だけ見えるのはマガモのメスです。

シーフードクレープ包グラタン

 河口にはウミウやウミアイサがいましたが遠過ぎました。
 昼食は久しぶりに川沿いの エル・アペティ(絵日記) に入りました。家内が注文したシーフードクレープ包グラタン(1,300円)です。
 アジアの観光客が1組来ていて、通りすがりに入るのだそうです。

2015年 2月12日(木):まだいたオオハクチョウ

並んだカイツブリ

 雪の予報ですが快晴なので、久しぶりに7千歩コースで川を歩きに行きました。
 S川では途中は常連さんだけでしたが、河口でウミウが撮れました。少しぶれていたので、1枚目はM川で泳ぎ回っていたお馴染みの越冬カイツブリです。
 トリミング画像で、目がはっきりしません。1枚を別館トップに置きました。

又いたオオハクチョウのペア

 M川から支流のY川に回ると、すぐの場所にオオハクチョウ2羽がいました。
 1月31日と2月1日にM川で見て、2月2日にはいなくなっていました。厳寒の川が凍る時期を、海か上流で過ごしたのだと思います。人馴れしていて全く逃げません。
 海にいるオオハクチョウは 野生動物・野鳥編の「渚にて」に登場します。

ベランダのダイサギ

 オオハクチョウより少し上流でダイサギが漁をしていました。植え込み越しに覗いたら鳴きながら逃げて、近くの家のベランダに止まりました。ドアを開けたら吃驚しますね。
 ダイサギは5羽以上見ました。電停の近くにもいて、通りがかりの女性が家内に、屋根に降りると大きい音がする、縁起が好いので良いね、と言っていました。

庭に来たツグミ

 市電の終点、湯の川電停付近で食事と買い物をし、210円かけて市電で帰りました。
 家に着いたら庭にツグミがいました。私を見て塀の上に逃げましたが丸見えです。じっとしているので撮らせて貰いました。冬には時々庭にやって来ます。
 レンジャクは気にしていますが、今年はまだ見ていません。

2015年 2月11日(水):速過ぎる・・

昨夜作ったピーナツリング

 昨日の絵日記に書いたように、昨夜今年初めてピーナッツリングを作りました。
 殻付きの落花生の両端をニッパーなどで切って、中のピーナッツを取れるようにします。千枚通しで落花生の中央に穴を開け、そこに針金を通せば出来上がりです。
 野生動物・野鳥編の身近な野鳥に1ページあります。家内も1個作り今日交換しました。

ウミアイサのメス

 北海道でもレンジャクが来ているそうなので、昼頃市内のあちこちを探しましたが、ナナカマドの木にはツグミとヒヨドリだけでした。
 川へ行くと+3℃あるのにM川は凍っていました。S川に回るとウミアイサのメスが泳いでいました。これが速くて、追いかけて何枚も撮りましたが、すぐ潜るしうまく撮れません。

ホシハジロ3羽、左がメスです

 S川河口付近にはホシハジロが3羽いました。これも泳いでいますが「速過ぎる」程ではありません。北斗市上磯のH川では多く見られますが、昔はこの川にはいませんでした。
 左の地味な色合いの1羽がメスです。オスは赤い目が迫力があります。
 海側の岸にはカワアイサが数羽とウミアイサが1羽いましたが遠過ぎました。

川岸に立つダイサギ

 今日は日も射してのどかな日でした。
 ダイサギも川辺に立って漁をしています。これは殆ど動かないので撮りやすいです。
 草むらにはカルガモたちがのんびり昼寝をしていました。明日は雪の予報です。
 新しいピーナツリングにはシジュウカラが、リンゴにはヒヨドリが来ています。

2015年 2月10日(火):温泉効果

休むカルガモ

 昨日は冬眠していて雪掻きもしませんでした。17時現在の函館の積雪深は アメダス実況 では33cmです。2月8日17時の積雪深は9cmで、この2日間で24cm増えています。
 雪掻きをと車の雪降しをして買い物ついでに川を覗きました。M川では温泉排水の流れ込むところだけ凍っていません。氷の端で休むカルガモです。

しっかり元気なカイツブリ

 人だけ渡れる橋の横も温泉ホテルの排水が流れ込んで、温泉効果で凍りませんね。
 先に見に行った家内がカイツブリが1羽いるのに気付きました。普段はこの対岸にいるのですが、そこは今は完全に凍結しています。頭や背に雪が乗っています。
 詳細が判るように 1366×768ピクセルの写真 にしました。クリックで表示されます。

カイツブリが2羽

 カイツブリは2羽いるのに先程は1羽しか見られませんでした。
 買い物帰りにもう一度行ってみました。先程の場所にはもうカイツブリはいませんでした。氷が張っていない場所を注意深く探すと、反対側の枝の下に2羽並んでいました。
 手前が2枚目の写真の色の薄い方のカイツブリで、向うは色が濃いです。

頑張るシジュウカラ

 家に帰るとシジュウカラがピーナッツリングに来ていました。
 昨日の写真はフィルムを貼ったガラス窓越しに撮っているので不鮮明ですが、こちらは直接撮っています。空腹なのでしょう、写真を撮っていても逃げません。
 もう殻が殆ど空になっています。今夜にもリングを作ります。

2015年 2月 9日(月):最強寒波

庭木の積雪

 北極から直行の今シーズン最強クラスの寒波が来ています。
 たまに晴れ間も見えましたが、一日中殆ど雪が降り続いています。昼過ぎには外出しようと思っていたのですが、これでは川も凍っているだろうと諦めました。
 15時過ぎの庭の様子です。真っ白な雪はそれ程多くはありません。

ピーナッツリングのシジュウカラ

 庭のりんごにはヒヨドリたちが、ピーナッツリングには多数のスズメが来ています。
 スズメがいなくると、隙をうかがうように時折シジュウカラがやって来ます。体が軽い分、スズメより上手にリングのピーナッツを食べています。
 ピーナッツリングは 野生動物・野鳥編の身近な野鳥に1ページあります。

こんなに寒い

 昨日は気温は低くなくて、昨夜21時の気温は+5.4℃( アメダス・過去天気 参照)でした。その後どんどん気温は低下して、NHKのデータ放送では今日の最高気温は-0.4℃です。
 16時現在の気温は-7.0℃です。今週休みで良かったと軟弱なことを考えています。
 写真右下のように11日水曜には最高気温は+になるようです。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について