別館


写真絵日記


2015年 9月 1日(火):画像縦横比16:9に

馬出没注意

 かねて考えていたのですが、デジカメの撮影画像の縦横比を今までの4:3から16:9に変更してみます。画素数で300万減るのですが、PCの画面の縦横比と同じになります。
 下海岸の鳥見が不調でした。帰りに旧戸井町の国道278号の馬の絵柄の動物注意標識のあるバイパスに、少し前から立てられた「馬出没注意」の看板です。野生の馬がいます。

口を開けるウ

 地元ネタですが北海道のダイエーの店舗が今日からイオンに変わります。イオン湯川店 に行きましたが、外装はダイエーのままで、内装もテナントも変わっていませんでした。
 帰りに川に寄ってみると珍しく中洲にウミウが立っていて、川にも1羽漁をしていました。撮っていると、陸のウミウが大口を開けました。あくびなんでしょうね。

付かず離れず

 泳いでいたウも中洲に上がって来ました。
 特別近寄るでもなく、やや離れて立っています。岩の上などでは並ぶのですが、付かず離れずと言う感じです。手前の羽を拡げているのが後から上がったウです。
 今日の写真もクリックで大きくなります。マウスポインターの変化と黒い枠線で判ります。

脱エクリプス化

 上流の木陰には今日はオシドリがたくさんいました。2羽が泳いで去り、木陰に3羽いる所に、上流から別々に2羽が泳いで来ました。見ただけで7羽になります。
 すべてクチバシの赤いエクリプス(メスのような羽色のオスの夏羽)ですが、昨日の写真でもそうだったように、冬羽(派手派手の婚姻色)に変わりつつあるようです。

2015年 8月31日(月):くりりんソフト

手乗りのヤマガラ

 今週もお休みです。今日は晴の予報で、夏日になりました。
 用事があって出るのが遅れて、10時半頃に見晴公園に着きました。遅いせいかエゾリスには会えません。赤いシャツを着た男性が長時間野鳥の手乗り給餌をしていました。
 家内もこれが好きで、別の場所で給餌しました。ヤマガラとゴジュウカラが来ます。

木陰のオシドリ4羽

 帰りに川へ寄ってみました。月曜昼なのでカワセミ狙いのカメラマンはいません。
 カワセミは近くから飛び去る背を見ただけです。上流の方の川に張り出した枝の下で、オシドリ4羽を見ました。左から2羽目は向う向きですが、別の写真ではクチバシが赤いです。
 4羽ともエクリプスのオスです。新たに集まって来たのでしょうか?

プティ・メルヴィーユのショーケース

 家内が一昨日お店の横のナナカマドの実を撮った パティスリー プティ・メルヴィーユ のかぼちゃプリンを買いたいと言うので、行きました。ペイストリースナッフルス のかぼちゃプリンはよく買っています。店員さんの許可を得てショーケースを撮りました。
 上段右から2つ目がかぼちゃプリンです。今日の写真もクリックで大きくなります

くりりんソフトとバニラソフト

 くりりんソフトと言うカボチャのソフトがあります。店内の喫茶室で食べました。
 私は右のバニラのソフトクリームです。駒ケ岳のジャージー牛の牛乳を使っているそうです。くりりん は森町産の有機栽培の糖度25度のカボチャです。
 この写真は大きくしない方が良いかも知れません。他がそうなので合わせただけです。

2015年 8月30日(日):偽タラバ蟹

コンブ拾い

 干潮が9時台になり、天気予報も悪くないので、秋の旅鳥のシギチ(シギやチドリ)を探しに、恵山戸井方面の下海岸に行きました。最初の場所では飛び去る姿は見ました。
 2番目の場所でも逃げられました。波があるので流れてくるコンブを拾う漁師の方が海岸に出ています。今日の写真も4枚ともクリックで大きくなります

キアシシギが2羽

 諦めて戻る途中で、念のために最初の場所に寄ってみました。
 遠くの岩の上に小さい鳥が見えて、聞きなれた鳴き声がします。近寄って見るとキアシシギで、上の岩の方に2羽が向き合うように並びました。もう少し寄ると飛び去りました。
 キアシシギは春も秋もよく見ます。野生動物・野鳥編に1ページあります。

マガモのペア

 少し前から家内が北斗市上磯の上磯漁港のことを気にしているので、出かけてみました。新外環道と江差道を使うと早いです。最初はH川を覗きました。
 まだ何も来ていません。ここでは近所では見ないマガモのペアが夏越しをしています。両者ともに川底の餌を取っているので、揃って水中から顔を出すのを苦労して撮りました。

偽タラバ蟹のおろしぶっかけそば

 昼食は北斗市七重浜のトライアル向いの、そば・食事処・のとやに行きました。メニューが豊富で、ファミリーレストランのような店です。初めて見るメニューがありました。
 「偽タラバ蟹のおろしぶっかけそば(税別1,050円)」です。偽タラバ蟹はカニカマで、その向こうはちくわ天です。とてもボリュームがあって、完食は出来ませんでした。

2015年 8月29日(土):函館発ナナカマド画像

カルガモは一家のよう

 午前中は雨もありました。午後も曇って暗いです。こんな天気が最近続いています。
 昼過ぎに川を覗いてみました。昨日ゴイサギを見た木で、ホシゴイらしい鳥が枝から枝へ飛び移ったのを家内は見たそうですが、私はそこを離れていました。
 近くにいた一家かも知れないカルガモの群です。右上が少し大きいよう。

片足立ちとは知らなかった

 前にカワアイサがいたM川河口へ行きました。
 昨日も行ったのですがカワアイサはいなくて、ウミウが羽を広げて乾かしていました。今日も写真のように同じポーズです。風が強いのでよろめいていましたが・・
 写真を見ると片足立ちでした。今日の写真も4枚ともクリックで大きくなります

赤くなったナナカマドの実

 昨日のNHKのニュースウオッチ9の最後に「函館市」と書かれて赤いナナカマドの実の画像が流されました。秋が早いと言うような趣旨の話があったようです。
 いつも通る本通りの街路樹のナナカマドの実にも、とても赤くなったものがあります。通り掛かりに撮りました。強風が続いてもう一部の実が地面に落ちていました。

看板も入れました

 ナナカマドの実の写真を撮ったのは、函館メルチーズの パティスリー プティ・メルヴィーユ の横でした。 その看板を一部入れて撮りました。函館メルチーズは ペイストリースナッフルス のチーズオムレットとネットでもよく較べられています。
 この豊富な実がレンジャクが来る頃までもってくれれば良いのですが。

2015年 8月28日(金):川のゴイサギ

市場亭の中から

 函館朝市中島廉売 にはたまに行きますが、はこだて自由市場 はしばらく行っていません。駐車場は誘導員がいて簡単に入れました。今日の写真もクリックで大きくなります
 品物はスーパーなどよりずっと豊富で、新鮮ですが、その分高くなります。昼食は市場のホームページで決めていた 市場亭 にしました。店内の椅子に座って市場を撮りました。

いか刺定食

 いか刺しを頼みました。メニューでは1,000円です。「今日は1,500円になります」と言われました。注文を受けてから市場内へ取り寄せにに行くそうで、悪天候続きで高いのです。
 生簀イカだから新鮮です。パセリの右の茶色はイカの足で、左はイカゴロと言う内蔵です。左端はイカの耳です。活活なのでコリコリしていて美味い。これはお薦めです。

離れて立つエクリプスのオシドリ

 帰りに川に寄ってみました。Y川の方でホシゴイとゴイサギを見ましたが、逃げられました。カワセミは今日は2回撮ったけど小さかったです。
 いつもの小さい中洲の倒れた流木には、エクリプス(メスの羽色の夏羽のオス)のオシドリが2羽止まっていました。たいてい一緒なのに、くっつかないのは微妙な仲なんでしょうね、

今度は見つけたゴイサギ

 買い物のために一度川を離れてのですが、ゴイサギが諦めきれなくて再度その場に戻りました。しばらく見ていたらヤナギの木の奥から、見える場所に出て来ました。
 日向ぼっこをしているような感じです。枝で顔が隠れるので、風で動くの待ったり、撮る位置を何度も変えました。枝被りですがやっと赤い目の顔が撮れました。

2015年 8月27日(木):草の中のキジ

ハマナスの実と蕾

 依然として晴れ間が殆ど無い日が続いています。そして寒いです。
 玄関前のハマナスは殆どが赤い実になりましたが、花期が長いので画面右下に赤い蕾が見えます。8月4日にこのハマナスの花の写真を絵日記で紹介しています。
 今日の写真も4枚すべてがクリックで大きくなります

にじり寄るカモメの幼鳥

 久しぶりに川へ行ってみましたが、オシドリは見られませんでした。カワセミは逃げて行く背中を見ただけです。ゴイサギもホシゴイもいませんでした。
 ウミネコや写真のオオセグロカモメが川に何羽もいました。右の幼鳥は鳴きながら空から降りて来て、成鳥ににじり寄ります。たいてい親子ではないようで、いい迷惑ですね。

振り向くコウライキジ

 よくコウライキジを見る林には、行きにはキジは見られませんでした。
 用事をすませて帰りに傍を通ると、家内がキジを見つけました。思ったより近くて、暗い場所なので私は始めはカラスかと思ってしまいました。
 車を降りてネットの隙間から撮りましたが、気にしないようでゆっくり動いていました。

餌を探しながら歩き去る

 最初は羽繕いをしていましたが、その内に餌を探して歩き始めました。
 暗い場所なのでISO感度はあげましたが、ぶれなのか顔が不鮮明で残念です。
 北海道のキジは狩猟用に放鳥されたコウライキジで、本州の国鳥のキジとは違います。鮮やかな緑の草の中でゆっくり歩いてくれて、今日は収穫がありました。

2015年 8月26日(水):函館駅前にて

函館駅前交差点の720号函館千秋庵総本家号

 今月は函館市での健康診断が少なくて、今日から私はお休みです。
 家内が写真奥の 棒二森屋デパート に用事があって一緒に行きましたが、私は函館駅前で市電撮影です。駅前交差点は電車だけの信号があり、車に邪魔されず撮り易いです。
 720号 函館千秋庵総本家 号で、山親爺と言うせんべいが描かれています。

JR函館駅

 昼前に家を出ようとしたら大粒の雨でしたが、デパートの駐車場に車を置くころは晴れていました。風がとても強くて、時々よろけそうな風が吹きます。
 8月21日の絵日記で暗い夕方のJR函館駅の写真を使いましたので、今日は青空の写真です。4枚の写真はクリックで、1366×768ピクセルの画像が別ウィンドウに表示されます。

函館駅前電停

 函館駅前電停です。昨年11月から新しい電停になりました。
 白い波型の屋根と壁で、ホームはバリアフリー構造です。五稜郭公園前電停も同様の改築工事が始まっていて、新電停の完成は11月下旬の予定です。
 この程度に顔が写っていても、多分肖像権の侵害にはならないと思います。

函館駅前電停の内部

 電停の前の横断歩道を渡りながら、電停内部を撮りました。
 本当は遠ざかって行く左側の718号SNAFFLE'S号(昨日の絵日記のトップ写真)を、もっと大きく入れたかったのですが、予想より早かったです。
 背景の山は函館山の一部です。市電の入った風景「市電の光景」が好きです。

2015年 8月25日(火):函館市電722号の余生

函館市電718号SNAFFLE'S号

 昨日より15分遅い集合で、7時55分に家内に送って貰って家を出ました。
 車が昨日より更に多くて、助手席から市電を撮るのを諦めていたら、五稜郭公園前電停を出てこちらに向かって来る718号 SNAFFLE'S 号が撮れました。
 箱館ハイカラ號と間違えそうなシックな色合いで、好きな市電です。

函館市電722号の車体

 14時過ぎに仕事が終り、家内と農耕地に鳥見に行きました。産業道路を中央自動車学校の所から大野側に曲がる農道で、クロダリサイクルを過ぎると市電の車体があります。
 昨年3月まで SNAFFLE'S号だった722号(函館市電2010〜13より) です。引退後車体の入札は不調で解体予定でしたが、今年3月竹田運輸が購入 しました。大きくなります

もう稲穂が垂れています

 もう稲穂は黄色くなって、垂れている物が多いです。遠くの山は函館山です。
 今日はアオサギとキジバトをたくさん見て、写真も撮れました。ヒバリもいました。稲穂にはスズメもたくさん来ていました。写真を撮ろうとするスズメは逃げます。
 あぐりへい屋 にも行き、今日はトマトミックスソフトクリームを食べました。

オパールと言う名前だった

 8月17日にプルーンを買った マルサン宮田果樹園(絵日記) へ寄ってみると、まだたくさんありました。1パック400円です。試食もさせてくれます。
 いつもの売り子のおばあさんは種類を聞いても「早生のプルーン」としか言いませんが、今日の売り子は娘さんでしょうか、「オパール」と言う名前と教えてくれました。

2015年 8月24日(月):ブランマンジェ

白い2001号

 今日と明日は先週金曜の特殊健診の続きです。
 8時集合で楽ですが、家内に集合場所のホテルに送って貰う際には通勤の車が多くて、すれ違う市電は撮れませんでした。これは深堀町電停を出て行く2001号市電です。
 8月12日の絵日記で紹介したように、ハセガワストア の広告塗装はありません。

職歴の待ち椅子

 特殊健診では、病歴と同じように「職歴」がとても大事になります。
 受診者がいつからいつまで、どのような有害業務(仕事)をどんな風にしていたか。聞きます。職歴担当スタッフは先週は2名で、写真の待ち椅子では足りませんでした。
 今日は職歴を取れる看護師さんが1名参加してくれて、スムースに進みました。

ブランマンジェ

 息子と孫は今日の昼に函館を発って、東京へ帰りました。
 今日は特殊健診の後で、函館空港の近くのパチンコ屋さんの健診がありました。終了後迎えに来てくれた家内と、近くの広野町の すしえもん(絵日記) に夕食に行きました。
 初めて食べたデザートの「ブランマンジェ(税抜100円)」です。レシピが多数あります

最高気温は21℃

 昨日あたりから涼しくなって、夜など寒いくらいです。
 今日はこの夏では初めて長袖の上着を着て仕事に行きました。少し風があるので余計そう感じます。NHKのデータ放送で調べると、今日の最高気温は21.0℃だったそうです。
 夏も終わりましたね。室内でも長袖、長ズボンにしました。

2015年 8月23日(日):城岱高原にて

珍しやダイサギ

 今日は北海道新幹線の車両基地、新函館北斗駅を息子たちに見せ、その後は大沼公園へ行き、山川牧場 のローストビーフサンドを食べて、城岱スカイラインを戻る計画です。
 函館を出るときは霧雨でしたが、じきに止みました。途中の農耕地に夏には珍しいダイサギがいました。この夏は初めて見ました。今日も4枚の写真はクリックで大きくなります

牛追いオートバイ

 大沼公園から グリーンピア大沼 まで足を延ばし、何十年ぶりかで自転車に乗りました。
 東大沼から七飯本町を結ぶ 城岱スカイライン を通ると、城岱牧場で牛たちが揃って同じ方向に勢いよく走っています。見ると牛追いがオートバイで追っています。
 画面左端が牛追いです。牛たちを餌場に集めるのが目的のようでした。

ぼやけた遠景

 昨年開設された城岱牧場展望台は屋内から眺望を楽しめ、売店やトイレなども完備されています。しかし眺望だけなら、少し下の旧展望台の方が見事です。北海道の旅・函館と道南の「函館展望と裏夜景」は旧展望台からの撮影です。
 新展望台から旧展望台を入れて、眺望を撮りましたが、ぼけ過ぎています。

愛想好しの牛たち

 展望台の周りの牛は子牛のようです。
 人が傍に行くと、次々に近寄って来ます。餌を貰えると思っているようと息子が言っていましたが、超愛想好しと言う感じです。嬉しそうに結構傍で見ている人たちがいました。
 午後は予報通り晴れて良かったですが、眺望だけが期待外れでした。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について