別館


写真絵日記


2015年12月10日(木):PM2.5ではなさそう

右は津軽海峡フェリーのブルーマーメイド

 昨日北斗市の上磯漁港でたくさんのハジロカイツブリを見ました。
 やはり釣り人のいる函館港中央埠頭へ行ってみましたが、こちらは投げ釣りでカレイを釣る人だけです。小魚はいないのか水鳥は全く見られません。
 雨が止んだばかりでもやっています。右は津軽海峡フェリーのブルーマーメイドです。

函館山と緑の島

 絵日記の写真ではコントラストや明るさを変化させていますが、肉眼で見たときは1枚目の写真の上の方の、山や積雪はよく判りませんでした。函館山もかすんでいました。
 正面の函館山の積雪は殆ど残っていません。向うへ行く船は「しらかみ」と書いてあり、調べると函館税関の監視艇でした。正面の低い緑地は緑の島です。

巴大橋

 函館港はとても広いですが、万代埠頭からベイエリアまで巴大橋と言う高架橋が殆ど海上を通って結んでいます。小さい船は港湾事務所の業務艇「みずなぎ」です。
 話題のPM2.5で視界が悪いのか調べてみました。PM2.5まとめ と言うサイトでは自宅近くの駒場町のデータがあり、「安全」でした。気象庁にも、PM2.5の予測ページ があります。

ベイエリア

 中央埠頭からレンズを600ミリにしてベイエリアを撮りました。
 右の船は観光遊覧船のブルームーンです。絵日記にもよく登場しています。その奥が金森赤レンガ倉庫群で、更に左に大きいツリーが見えますね。
 はこだてクリスマスファンタジー の巨大ツリーです。毎日点灯式がありますよ。

2015年12月 9日(水):黄目、赤目

ユリカモメ11羽

 もうオオハクチョウも来たかと、昼前に北斗市上磯のH川へ行きました。
 予想通りサケ漁は始まっていませんでしたが、オオハクチョウもいません。
 ユリカモメは相変わらずイクラ狙いですが、例年と違って大きい地元のカモメもたくさんがダイビングしていました。学習ですね。写真は対岸のユリカモメで足の色に差があります。

スズガモのメス3羽

 H川の国道より上流ではカルガモやマガモがいません。サケの堰(せき)より上流に避難しています。ユリカモメたちが騒々しいからでしょうか。
 カモでは写真のスズガモがたくさんいました。オスは背中がもっと明るく脇と腹は白いです。これはメスで、クチバシの付け根に白い模様がありますが、目立たないのもいます。

ハジロカイツブリ

 カワアイサは飛んで逃げて行くのを見ただけです。
 いつものように近くの上磯漁港を覗いてみました。チカ(降海型のワカサギ)の釣り人が多くよく釣れています。そのチカを狙うのかハジロカイツブリがたくさんいました。
 家内は30羽位の群がいたと言いますが。私は見ませんでした。

ハジロカイツブリ2羽

 ハジロカイツブリは冬鳥で港内などで見られます。小型の黒っぽい鳥でよく潜ります。目が赤いですが、先ほどのスズガモの黄色い目と同じで虹彩(瞳孔の周り)の色です。
 これは2羽ですが、今年の1月25日の絵日記の 7羽並んだ壁紙 と 2月27日の 12羽の群の壁紙 もご覧ください。壁紙としては7羽の物がすっきりしています。

2015年12月 8日(火):歩いたけど

昼寝するコガモ

 晴れて気温もこの時期としては高く、風もありません。久しぶりに河口まで歩きました。
 自宅近くでダイサギがいて、逃げるところまで撮れました。
 S川の上流にはコガモが多く越冬しています。川幅が狭いのが良いのかも知れません。お昼寝タイムだったようで殆どが眠っていました。右の3羽がオスです。

ホシハジロのメス

 11月2日の絵日記でキンクロハジロと並んでいた、写真のホシハジロのメスを紹介しました。オスは茶色の顔に赤い目で凄みがありますが、メスは地味でシックです。
 目も黒いですが白いアイリングがあります。河口部ではホシハジロのオス、ヒドリガモのオス、ホオジロガモのメスが遠いながら写真に撮れました。

ウミアイサのメス

 今日もオオバンが泳いだり潜って漁をしていましたが、やはり綺麗には撮れません。
 オオバンを撮っていたら、今日はウミアイサのメスが現れました。初めに比べれば警戒心が薄くなったようで、やはり水中覗いては潜っていました。
 オオバンとのツーショットも撮れましたがパッとしない写真でした。

綺麗に伐採された

 最近M川上流部の川岸の林の木を伐採していました。
 今日は作業をしていないので見たら、一角が殆ど裸になっています。この近くにはカワセミの巣もあるそうで、以前はゴイサギも多く見ました。影響は必至でしょうね。
 前はS川の川岸のヤナギが皆切られて、鳥も来なくなった時期がありました。

2015年12月 7日(月):オサルの電車壁紙・PR

右の4つは長野産リンゴ

 11月30日川崎にいる娘にリンゴを送ったと絵日記に書きました。それが着く前に娘は長野産の大きいリンゴをたくさん貰ったそうです。送ったのは中玉で大きくはありません。
 娘が送ってくれたリンゴが4個今日届きました。左上の1個は七飯産のふじの中玉です。青森県がリンゴの最大産地なので、こちらのスーパーでは地元か青森産だけです。

逃げるオオバン

 昼過ぎ川に行きました。+気温で雪は減っています。
 M川を遊歩道から覗くと岸近くをオオバンが泳いでいましたが、私に気付いて泳いで逃げました。動き続けているし暗いので少々ぶれてしまいました。
 オオバンは北海道では夏鳥ですが道南では一部越冬します。

夕暮れのダイサギ

 ダイサギもアオサギもウミアイサもカワアイサも見られませんでした。
 用事をすませた帰りにもう1度M川を覗いてみると、ダイサギが漁をしていました。15時頃でもう薄暗くなっています。写真を撮っていたら水の中を歩きだしました。
 背景の水面への映り込みを見ながら何枚か撮った内の1枚です。

函館市電719号オサルの電車(2008年7月19日)

 最近は昔走っていた、旧函館市営熱帯植物園の宣伝塗装の719号オサルの電車の壁紙を使っています。2008年7月19日の撮影です。来年の年賀状に使おうと思っています。
 写真をクリックして表示されるのはFWXGA(1366×768ピクセル)です。他サイズの画像は 2011年1月8日(絵日記) からダウンロード出来ます。好かったらお使い下さい。

2015年12月 6日(日):アドヴェント・カレンダー

スナッフルスのアドヴェント・カレンダー

 お世話になっている方々にささやかな年末のプレゼントを送るため、スナッフルス の湯浜店に行きました。送った物は9日に着きますよ。有難うございました。
 写真中央は家内が見つけて孫に送ったアドヴェント・カレンダーです。24日まで毎日、日付の所からお菓子が取れるカレンダーです。知らなかったけど一般的な物のようです。

泳ぐウミアイサのメス

 そのまま川へ行きました。時々にわか雪で、気温は+です。
 ダイサギは撮れましたがアオサギはいませんでした。今日は昨日も見たカワアイサのオスがいなくて、少し前に見たウミアイサのメスが泳いでいました。風で波立っています。
 小柄で、区部の部分に白い場所が殆ど無いのがウミアイサです。

雪の積もった函館山山頂部

 河口へ行くと遠い対岸にホオジロガモのオスが2羽泳いでいました。写真を1枚撮ったら飛んで逃げました。近くにホシハジロのメスが1羽いて、岸にはウミウが立っていました。
 雪模様なので函館山はぼやけています。波も高いです。山頂部分を中心に撮りました。これなら夜景は大丈夫ですが、この後雪が降って山はぼやけてしまいました。

魚貝のクリームナポリ

 久しぶりになりますが河口の熱帯植物園駐車場向いの エル・アペティ(絵日記) に入りました。コースランチが魚と肉の2種ありますが、そんなには食べられません。
 私が頼んだ単品の「魚介のクリームナポリ(税込1250円)」です。左側中ほどの大きい白い塊はホタテです。イカも貝もエビも柔らかくて食べやすいです。

2015年12月 5日(土):やみました

車の上の雪

 昼頃に家を出るときは雪は降ったり止んだりで、車に積もった雪はこんなです。
 アメダス実況によると17時20分現在の函館の積雪深は11cmで、道路の雪は融けて無くなっています。同時刻の気温も+2.8℃ですから雪が消えてくれるかも知れません。
 雪掻きはしたくないです。明日は雪は降りますが、明後日以降は無いようです。

カワアイサとマガモのオス同士

 食事後川を覗いてみました。雪は少し舞う程度です。
 昨日見たカワアイサのオスがM川を泳いでいました。今度は余裕があったので、シャッター速度を上げ、目が写るように露出補正もしました。マガモのオスとすれ違いました。
 頭は同じような色と思っていましたが、マガモの方が薄いですね。

泳ぐカワアイサのオス

 絵日記の画像を1366×768ピクセル(クリックすると別画面に表示されます)にしてから、殆どトリミングをしなくなりました。大きくすれば細部も判ります。
 その分、前より構図を考えるようになりました。傾いていないか、対象は何処に配置した方が良いか・・・、なかなか奥が深い物ですね。カメラは中学生時代から使っています。

ダイサギとカルガモ

 ダイサギも魚を獲っていました。見ている間に水面を突きましたが空振りでした。
 街へ来たばかりの頃は近寄るとすぐ逃げるのですが、今日は近付いても気にしていないようでした。函館の川の主はカルガモです。周りを泳ぎ回ると漁の邪魔になるでしょうに。
 ここも水が減ると中洲になる場所で、草が生えています。

2015年12月 4日(金):雪になりました

ハマナスの実の雪帽子

 朝から雪になりましたが、気温が高いので道路には積もりません。
 昼過ぎに出掛けに家の玄関前のハマナスの実を撮りました。本当はナナカマドの実の綿帽子の方が有名なのですが、出かける方向にはナナカマドの街路樹はありません。
 ハマナスの実は美味しそうに見えますが、種が多くて食べる部分はありません。

カワアイサのオスとアオサギ

 川へ寄ったみました。S川にはカルガモだけです。
 M川の流木が引っかかって島のようになった部ですが、今は数個に別れてしまいました。
 そこをカワアイサのオスが泳いでいます。遠目にも目立つ鳥です。撮っていたら家内が近くにアオサギがいると教えてくれました。向いへ回ったら逃げられました。

ダイサギ

 小降りの雪の中をM川の遊歩道を歩いて行くと上流側の堤の近くにダイサギがいました。水が引くと中洲になる部分で周りに草が生えています。
 少し離れて見ている間には魚は獲れませんでした。もっと近寄ったら飛んで逃げて行きました。食事の邪魔をしてしまいました。

函館市電715号マルハン号(2011年4月6日)

 今日獲った写真は3枚しか無いので、もう1枚、昨日の続きの今は見られない函館市電の宣伝塗装をご紹介します。昨日の3枚目の715号を白いマルハン号と書きましたが、こちらがそれより前の715号赤いマルハン号です。
 この塗装の期間が長かったので、715号と言えば赤と黒のイメージが強いです。

2015年12月 3日(木):絵日記ネタに

いか飯になれなかったいか

 最高気温は13℃ありましたが、一日中雨で私は外出しませんでした。
 イトーヨーカドー 函館店 へ買い物に行った家内が「絵日記ネタに」と言って買った来た いか飯になれなかったいか です。メーカーのHP には載っていませんでした。
 食べやすいサイズで、足も入っています。薄味でなかなか良いですよ。

函館市電720号函館新聞社号(2010年8月29日)

 悪天候や仕事が忙しかったりなどで写真が撮れなかった際には、10月31日に絵日記 のように、塗装の変更や契約切れで見られなくなった函館市電の写真を紹介します。
 もちろん最近の絵日記の標準1366×768ピクセルです。クリックで拡大します。
 函館新聞 は1997年1月1日創刊の今は日刊紙で、写真は2010年8月29日の撮影です。

函館市電715号マルハン号(2012年11月22日)

 マルハン は全国展開のパチンコチェーンでテレビCMも盛んです。
 長期間赤と黒の塗装の車両でしたが、次に写真の白い塗装になりました。写真は2012年11月22日の撮影です。古い塗装は 北海道の旅 の「函館市電2010〜13」にあります。
 前のを赤いマルハン、これを白いマルハンと思っていましたが、今はありません。

函館市電718号郵便局号(2013年3月26日)

 昔も郵便局の宣伝塗装はあったのですが、まともな写真はありません。
 JRやJRAも宣伝車両を持っていたことがあります。公共性のある宣伝塗装は今は函館市以外では北海道渡島総合振興局、NHK函館放送局だけです。
 写真は2013年3月26日の撮影で、比較的短期間の契約でした。

2015年12月 2日(水):8010号ピンチヒッター

赤い橋の下のダイサギ

 干潮が13時過ぎになりました。暖かいし風も無いのでコクガン探しに行きました。
 その前に川を覗いてみました。先に通るS川の河口近くにダイサギがいました。11月29日にここで赤い橋の映り込みの中のダイサギを撮りましたが、今日も同じ狙いです。
 前回より遠かったので、手前に泳ぐカルガモを入れました。

岸の草の上のダイサギ

 M川支流のY川では今日も合流部にダイサギがいました。
 アオサギはよく岸に立って魚を狙いますが、ダイサギがこんな風に草の上から魚を探すのは珍しいと思います。冷たいから足を出しているのではないでしょう。
 岸に氷が張るとこのように氷の上から魚を狙うことが多いです。

コクガン4羽

 いつもの鳥見ポイント3か所で、車から降りてコクガンを探しました。
 例年ならもっとたくさんいると思うのですが、今日が小潮のせいか、最初の場所で4羽見ただけです。近年松前でたくさん見ましたし、越冬地が広がったのでしょうか。
 コクガンは露出補正をしないと目が写りません。遠いので目は諦めました。

疾走する函館市電8010号布目号

 先日8010号市電の後姿をちらっと見たら、水産会社 布目 の青い丸が見えました。
 8010号は最近まで自由市場のマグロの市電でしたが、広告が無くなって白塗りで走っていました。布目号は別の形の3002号 でした。今日見かけたので追いかけて撮りました。
 調べてみると、3002号が修繕のために長期離脱し8010号がピンチヒッターだそうです。

2015年12月 1日(火):手乗りが順番待ち

ミヤマカケス

 12月になりました。今月は半ば過ぎに産業医活動のため1泊2日で出札しますが、函館での健診が無いので冬籠りします。前によくJRが運休になって苦労しました。
 歯医者さんで検査を受けてから見晴公園に行きました。相変わらずミヤマカケスがたくさんいて、ヒラヒラ飛び回っていますが、撮れたのはこの1枚だけで、少々不鮮明です。

口の中が見える

 東屋の近くでヤマガラやシジュウカラがたくさん餌を取って飛び回っていました。
 近付くと柵の上にヤマガラが何羽も止まってこちらを見ます。餌を出そうとすると空の手に飛んで来ます。順番待ちのような状態で手に乗って、砕いた剥きグルミを咥えて行きます。
 シジュウカラも来ました。家内はゴジュウカラも来たそうです。10数枚自撮りしました。

緑のセンターのまきストーブ

 手乗りを長く楽しんでいたら体が芯から冷えてしまいました。
 見晴公園緑のセンター は立入自由で、内外に休憩スペースや飲料の自販機、それに清潔なトイレがあります。催し物が無かったので室内のまきストーブで暖を取りました。
 アカゲラは撮れましたが、11時過ぎだったせいかエゾリスは見ませんでした。

六花亭のほたて強飯定食

 家内のお供で 六花亭 五稜郭店に行き、昼食は 喫茶室 で取りました。
 定番人気メニューと書いてある「ほたて強飯(こわめし)定食(税込750円)」です。前にも食べたことがあるので調べたら、2013年12月11日の絵日記にありました。
 この時は味噌汁でなくお茶付きでで、値段は550円でした。健康志向の強い人向きです。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について