別館


写真絵日記


2014年 1月 4日(土):函館 蔦屋書店

正面口

 TSUTAYAが前から函館新道沿いに超大型店舗を作っていましたが、そこは家から函館新道に入る場所より街側で、その近くを通ることは殆どありませんでした。
 先月5日に 函館 蔦屋書店 がオープンしました。北海道ニュースリンクによる オープンのニュース です。表側入り口で、1階の左に函館3店目のファミリーマートが見えます。

裏側入口から入ってすぐ

 裏側の駐車場の方が大きくて、通路には屋根が被っていました。
 外から見てもスターバックスコーヒーが判りましたが、入ってすぐ右がスターバックス、左側がソフトバンクの店です。家族とは30分後にここで待ち合わせすることにしました。
 こちらが 店舗案内のページ です。レンタルショップは2階です。

階段

 エレベーターが両側にあり、中央部分は大きな吹き抜けで、広い階段とエスカレーターがありました。大型複合商業施設と言っているようにたくさんの店も入っています。
 施設の核は書籍やCD、DVDの販売、レンタルで、「スターバックス」、コスメショップ、レストラン、「ファミリーマート」、輸入玩具、フラワーショップで構成されています。

椅子

 売り場で無いスペースのあちこちに、座り心地の好さそうな色々な種類の椅子が置いてあります。これは自由に使える物で、自分で持ち込んだ本を読んでも良いそうです。
 上記ニュース によると、本店舗は、TSUTAYAを運営する「カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)」の100%子会社で、国内最大規模だそうです。

2014年 1月 3日(金):近所へ初鳥見

首を掻くキンクロハジロ

 今日は最高気温の予想は+3℃、午後出かけたときは車の温度計で4℃でした。
 そろそろ鳥見かリス見を考えているのですが、天気が悪すぎます。近所の川の河口付近へ車で行くことにしました。M川を泳いでいたキンクロハジロのメスと思います。
 「よぅ!」と挨拶するように足を上げていますが、首を掻いていたのだと思います。

M川河口に打ち寄せる波

 最近は昼過ぎは満潮で水位が高く、鳥は餌が取りづらいのかなかなか見ません。
 M川の河口の防波堤には波が打ち付けていますが、特に荒れている訳ではありません。外海が大荒れになると、海で過ごす水鳥も港や河川などに避難することがあります。
 でも今日河口にいたのは少数のカモメとカラスだけでした。

湯の川温泉の湯浜町地区

 海岸の国道から撮った湯の川温泉街の一部です。
 M川を境に空港側が湯川町、函館山側が湯浜町で、写真は湯浜町方面になります。
 今年はそこそこ観光客の入込も良いようで、外国人の姿もよく目にします。鳥が撮れないときに備えて、河口や温泉街の写真を撮って、ローソンの黄金チキンも初めて買いました。

うなるアオサギ

 帰りにアオサギの橋を渡ると、行きにはカルガモだけでしたが、上流にアオサギがたっていました。近くに車を停めて覗いてみると、低い声で唸り続けています。
 人が近くを通っても動じないし、写真を撮っている間も声を出していましたが、怒っているようではありませんでした。近くの仲間に何か伝えようとしていたのでしょうか?

2014年 1月 2日(木):雪の五稜郭

五稜郭タワー

 北海道は吹雪の予報ですが、道南は大したことはありません。風があって時折雪が舞います。でも気温は0℃あって、積雪は多くはありません。
 帰省中の娘が箱館奉行所も新しい 五稜郭タワー にも行ったことが無いと言うので、昼頃出かけて、車を公共駐車場に置きました。タワーまではすぐです。

タワーの上から見た五稜郭

 毎年健康診断を担当していますが、私も新しいタワーに上るのは確かこれが2回目です。
 今のカメラはワイド端が25ミリ相当(35ミリフィルムカメラ換算)なので、うまく行ったら五稜郭全体が入るかと思ったのですが、端が少し欠けました。
 正面の橋付近以外は、お濠は氷結していました。

函館海の幸カレー(中辛)

 2013年12月17日の絵日記の題は「函館カレーEXPRESS」でした。タワー2階の 五島軒レストラン 函館カレーEXPRESS で、その日はハヤシビーフ(900円)を食べました。
 今日は「函館海の幸カレー(中辛)」(1,300円)です。海の幸(蟹、海老、帆立貝、いか、あさり)たっぷりの港町ならではのカレーとのことです。カニ見えますか?

イカの凧

 寒い時期ですがそこそこお客さんが来ていました。外国人も多いようです。
 アトリウムに凧(たこ)がたくさん飾ってありましたが、このコーナーはイカの形をした凧です。「イカのタコ」って言葉が面白いですね。
 寒いので箱館奉行所には行かず、六花亭で買い物をして帰宅しました。

2014年 1月 1日(水):謹賀新年

謹賀新年

明けまして
おめでとうございます。

 大して変化の無い 小バーナー を、見て頂いて感謝しています。

 本館がスタートしたのが、ウェルカムページ に書いてありますように、2000年10月30日です。始めは面白がって本館の更新もよくしましたが、1ページ作るには少し努力も必要です。
 もっと簡単にその日の出来事を更新できるように、2001年5月18日に別館をスタートさせました。本館の新作の下書きの意味もあります。

 今年も宜しくお願い致します

NHK-BS1のデーター放送

 今夜から北海道は荒れると言う予報でした。
 午前中NHKのBS1のデータ放送で気象を見ると、今日は気温は夕方までは0℃の予報ですが、午後は雪の絵です。左上の函館の実況では、今までの最高気温は+3.5℃です。
 降っても新しい雪は融けてしまいそうな天候です。

家の前の道路の雪融け水

 出かけるかどうか迷って、家の前に出てみると、写真のように道路の端の方は雪が融けて水溜りになっています。積雪も少ないです。
 どうしようか考えている内に年賀状も届き、出し忘れや住所の変更をチェックしていたら、億劫になってしまいました。今年は新年は家から出ないでスタートです。

ダイサギの水鏡

 写真が淋しいので、昨年12月24日に撮ったダイサギ水鏡の未使用写真をアップします。
 この正月休みには、昨年12月21日の絵日記で取り上げた陸地で草を食べるコクガンのページを是非作ろうと思います。野生動物・野鳥編には「泳ぐアオサギ」とカルガモの「魚も食べるよ」と言うページがあります。「珍し三部作」を狙います。

2013年12月31日(火):雪を背中に

冷凍タラバガニ

 著変なく年末を迎えることが出来ました。昨年夏には気胸で1週間入院して絵日記を休みましたが、今年は毎日更新が出来ました。ボケ防止と怠惰防止の絵日記です。
 12月16日に中島廉売の 玉村カニ店 で年越し用に購入した中型のタラバガニです。店主は自然解凍に3日かかると言いましたが、半日で大分融けました。元旦には食べれそう。

コガモがいました

 長い風邪を引いたり、寒い日が続いて、家から海まではしばらく歩いていません。
 今日は+3℃の予想で、昼ごろには晴れましたので、久しぶりにフルコースを歩きました。S川、M川、Y川に沿って歩きます。車で行くと川下だけしか見られません。
 歩き出してじきに本降りになり、いつもの場所のコガモは雪を背中に乗せていました。

魚を狙うダイサギ

 コガモと同じ場所にダイサギが漁をしていました。
 ここ数日はアオサギばかり撮って絵日記に使っていましたが、歩けばダイサギも見られます。真剣に水面をにらんでいて、私のことは気にしていないようでした。
 雪が降っていると、どうしても写真が汚くなってしまいます。

雪を乗せたカルガモ

 S川の河口に行くまで雪は盛んに降っていました。
 ファインダー部に雪が入らないように、手でカメラをカバーして歩きました。
 雪を背中に乗せたカモの写真は、このカルガモの他にマガモやキンクロハジロも撮れました。M川をさかのぼる頃には青空になりましたが、撮ったのはアオサギだけです。

2013年12月30日(月):晴れたり吹雪いたり

家の前のマンホールの蓋

 11時発表の天気予報では曇時々雪で、最高気温は2℃最低気温は-2℃でした。
 16時現在の アメダス積雪深 は函館22cm、札幌52cm、倶知安105cmです。
 家の前の道にも雪が積もっていますが、気温が高くて(車の外気温計で午後には+4℃)日照もあるので融けてしまい、マンホールの蓋が見えます。イカの絵が描かれています。

樹上のアオサギ

 年末年始の買い物にスーパーに行きました。
 途中のアオサギの橋からはダイサギもアオサギも見えませんでしたが、近所のお屋敷の林の上には、今日はアオサギが1羽だけ休んでいました。33%縮小のトリミング画像です。
 写真を拡大すると、目を押し開いているようい見えます。背景は青空です。

吹雪になりました

 M川の岸にアオサギがいるのが遠くから分かったので、車を近くに置いて撮りに行きましたが、その寸前から雪が降り出しました。風もあるので漁は難しい。
 遊歩道を歩いて正面に廻るころには、段々雪が強く降るようになって、吹雪状態です。これが2枚目ですが、3枚目を撮ったら、吹雪に耐えられず飛んで行ってしまいました。

ホオジロガモのメス

 帰りにもう一度アオサギの橋を渡りました。
 川上の遠くにサギが見えたように思って、覗いてみました。サギはいなかったですが、前から時々絵日記に登場するホオジロガモのメスが泳いでいました。
 数年前にこの川で事故死したオスの連れ合いでしょう。毎年やって来ます。

2013年12月29日(日):積雪少々

車のトランクの上の積雪

 北海道も含め全国的に日本海側などは吹雪や強風であれました。
 幸い函館では積雪もそんなに多くはありません。昼頃に写した車のトランクで、判るように一部雪が除けてあります。軽い雪掻きで出かけることが出来ました。
 17時現在で函館市の アメダス積雪深 は26cmだそうです。アメダス の情報は便利です。

雪を被ったエゾリスの置物

 大分前にホームセンターのホーマックで、家内が庭用のエゾリスの置物を買って、絵日記でも紹介しました。それを見て会社のスタッフが購入しに行ったけど、無かったそうです。
 屋内からじきに玄関先に出されましたが、人目につかないように植木鉢の影にいます。そこにも雪が吹き付けて、リスは喜んでいるように見えます。

気温は+1℃

 昼に外出しましたが、雪は断続的に降り続いていました。べたべたした湿雪で道路などはどんどん融けていたようです。滑ることはありません。
 Yahoo!の天気予報では函館の最高気温は-1℃になっていますが、車の外気温計では+1℃でした。気温も同じ函館市内でもかなり差があり、街中の方が高いように思います。

昨日のアオサギNo4

 と言う訳で鳥見もランチ巡りも出来ませんでした。
 写真3枚では淋しいので、昨日の4羽目のアオサギの別の写真を見て下さい。
 鳥でもリスでも見つけたら、逃げられても良いように先ず遠くから1枚撮ります。これはノートリミングの写真で、雪や周りのカルガモの様子が判ります。

2013年12月28日(土):アオサギ4羽

樹上のアオサギ1

 年末の買い物に出るついでにアオサギの橋を渡りました。
 橋の左右、川上と川下に1羽ずつのアオサギが水辺にいます。
 車を置いて、向いのお屋敷の林を見ると、2羽のアオサギが木に止まっていました。真冬になるともっと増えることがあります。1羽目のアオサギです。

2羽目のアオサギ

 こちらがもう少し低い場所に止まったいたアオサギです。
 ズームレンズを600ミリ相当(35ミリカメラ換算)にしているので、ピントと露出が合ったのは判りましたが、表情は判りません。樹上の3枚は33%画像です。
 表情どころか頭がありません。羽に埋めて眠っているのでしょう。

飛んで来た3羽目

 先の2羽を撮っていると、川の方から1羽のアオサギが飛んで来ました。
 林の上をちょっと旋回してから、他の2羽と離れた木に降りました。1番上なので空を背景に出来て、すっきりした写真になります。
 川下にはアオサギがいませんでしたから、それが来たのだと思います。

水辺の4羽目

 これが橋の上から見て川上にいたアオサギです。
 水辺に立っていて、周りではカルガモが動き回っていました。川岸の遊歩道も人がよく通るのですが、全く気にしていません。この写真だけノートリミングです。
 少しして車に戻ると、林には1羽いいただけで、他は漁に行ったのでしょう。

2013年12月27日(金):年越しリンゴ

2車線化間近

 先日リンゴを大玉5キロ買いましたが、食べてしまいました。
 年明けまで持つように今日は10キロ買いに行きました。天気は落ち着いています。
 無料高速道路の函館新道は4車線化出来る幅が取ってありましたが、インター以外は単線でした。最近交通量が増えて、函館側3分の2は複線化の工事が完成間近です。

七飯町大川の松浦果樹園

 七飯町では主に2件の果樹園からリンゴを買ったり送ったりしていました。どちらからも年賀状が来ていました。顧客管理もコンピュータです。
 今年は大川インター横の松浦果樹園(Tel 0138-65-2284)から、兄や娘に送って、自家用を購入しています。最近では12月18日と12月5日に行って、絵日記に取り上げています。

写真は王林の中玉と値段表

 写真右はサンプル用の箱入りで、ふじと王林の中玉が入っています。
 左がふじと王林の値段表で、混ぜて買うことが出来ます。
 今店頭で売っているのは、ふじと王林の他にむつとジョナゴールドがあり、何れも正品(はね物もあり、こちらはぐんと安い)で1キロ400円です。

買って来たリンゴ

 買って来たふじと王林の10キロで、2段になっていますから32個あります。
 18日の絵日記で大玉は1個約320g、144円と書きました。新鮮さが違うし、値段も安いので直販店のファンになっています。
 二人で1日ほぼ2個食べるので、16日持ちそうですが、年末には娘も帰ります。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について