別館


写真絵日記


2014年 9月 1日(月):エゾ鹿肉チリソース丼

南郷丘公園のシラカバ並木

 今日から4日間札幌で仕事ですが、今日が1番遅い8時15分集合でした。
 ホテルの朝食を取り、地下鉄を乗り継いで、地下鉄白石駅からバスのある駐車場まで歩きました。歩く時間を入れて早朝なら45分、ラッシュ時なら35分くらいかかります。
 途中で南郷丘公園を通りますが、この公園の片側はシラカバ並木です。

525号車が応援に来ています

 朝一は白石区のアウトレジャー用品などの卸会社本社で、朝二は豊平区の印刷会社でした。今回のバス20号車は特殊健診が主業務ですが、印刷会社は胃部検診付きです。
 そのために正面の印刷会社の左側に胃部胸部併用の大型車両525号車が胃部撮影に来ています。函館ではしばらく見ていない抜けるような青空で最高気温は27℃でした。

エゾ鹿肉チリソース丼

 午後は千歳市での健診で、昼食は輪厚PAとなので Farmers Cafe(絵日記) を考えましたが、これは下りPAの外でした。ここからは行けないので上りPAの食堂に入りました。
 エゾ鹿肉チリソース丼(800円)と言う新メニューを頼みました。SA・PAエゾシカメニューコンテストでは入賞出来なかったようです。少し硬めでした。スタンプラリーをしています。

夕日です

 午後の健診は千歳市の臨空工業団地のシリコンウェハー製造工場で、何回か担当しています。今日は年1回目の2日間の1日目です。14時30分〜17時30分までかかります。
 今回は採血や胸部X線検査がありますが、有機溶剤や特定化学物質の特殊健診を同時に受ける人が半数以上で、帰る頃には夕日になっていました。絵日記も遅くなりました。

2014年 8月31日(日):庭植えシクラメン

庭植えのシクラメン

 午前中から晴れて、風は少しありますが暖かい?日です。
 庭で家内がシクラメンが良い色に咲いていると言いいました。例年冬は鉢植えにして屋内に入れ、夏は地面に直接植えています。このシクラメンはもう3年は経っているそうです。
 秋に鉢に植えて室内に入れると又咲きますので、倍お得です。

隠れるホシゴイ

 今日は15時13分函館発の札幌行特急スーパー北斗11号で出札します。
 色々考えて28日と29日にトウネンを見た場所に行くことにしました。通り道のゴイサギのヤナギを見ると、今日は奥の方に1羽いるだけです。写真では顔に縞模様が見えます。
 何才までホシゴイと言うのか知りませんが、成鳥になるのも近いゴイサギと思います。

渚で食事中のトウネンの群

 まだ干潮には少し早くて、最初に覗いた2か所目のポイントは空振りでした。
 3か所目のポイントでは一昨日は最大で3羽の群しかいませんでしたが、今日はこのように7羽の群がいました。でも愛想悪しですぐ飛んで逃げます。
 カモメが飛んで来ても、鳴きながら逃げて行きます。いじめられているのかも。

トウネンのアップ

 トウネンの群はちりぢりに別れたり、一緒になったりしています。
 写真のトウネンは愛想好しなのか、単にお腹がひどく減っていたのかも知れませんが、そんなにはすぐに逃げないので、比較的大きく撮れました。少しトリミングしています。
 日差しがあるので影が出来ますが、トウネンはこんな鳥です。キアシシギも2羽見ました。

2014年 8月30日(土):キアシシギ1羽

今日のゴイサギ

 明日は札幌への移動日で、宅配荷物を出しに湯の川の東郵便局に行きました。
 そこからはM川は近いので、ゴイサギを見に行きました。昨日は見つかりませんでしたが、今日は1羽目を開けていました。一昨日のカメラマンさんも今日は判ったそうです。
 オシドリは4羽は確認できました。散らばったようです。

キアシシギがいた

 前に函館山の山裾のS漁港の近くでキアシシギを何度か見ています。
 昼食と買い物に出るので、そちらへ行ってみました。港の手前、港にはいませんでしたが、その先のポイントの岩の上に、1羽だけキアシシギがいました。
 こちらに気付いて歩いてどんどん離れて行きました。飛び立ちはしません。

渚のキアシシギ

 どんどん離れて行き、波が来て水の中も少し泳ぎました。
 崖の上だったので一度道路に戻って、そちらの船着き場に追いかけて撮った写真です。
 キアシシギはよく見る大きいシギ(L25cm)で、江差のかもめ島で初めてたくさん見ました。その話が 野生動物・野鳥編の「かもめ島のキアシシギ」です。

cafe琥珀

 車の向きを換えようとしていたら「cafe琥珀」と言う案内看板を見つけました。
 立待岬近くの海浜のマンションの1角にありました。はこぶらの紹介ページ です。
 テーブルが3つとカウンター席の小さい店で、写真下がテラスからの光景です。今日はチキンカツのワンプレーとランチ(1,000円)を食べました。混んでご飯が無くなったそうです。

2014年 8月29日(金):渚のトウネン

波打ち際から離れて

 時折小雨がぱらつきますが、空が明るくなることもあるので、傘を持って出ました。
 行先は昨日10羽のトウネンを見た浜辺です。先に家内が6羽の群を見つけ、その先に別に5羽の群がいました。波打ち際から離れた場所でも餌を探すことに気付きました。
 右のトウネンはクチバシの間に丸い物を咥えています。貝でしょうか。

岩場の砂の上を歩く2羽

 季節物なので1366×768ピクセルの壁紙サイズにしてみました。画像をクリックすると別ウィンドウに表示されます。曇り空なので模様の詳細が見やすいと思います。
 トウネンはL(全長:クチバシから尾の先までの長さ)15cm、日本産チドリで最小のコチドリL16cm、スズメがL14cmで、同じような小さい鳥です。よく見るキアシシギはL25cmです。

渚の5羽

 余り近寄ったり、カモメが傍に来たりすると鳴きながら飛び立ちますが、すぐに近くに降ります。干潮時しか餌が取れないので、食事が大事なのだと思います。
 観察難易度は亜瑠西社の北海道野鳥図鑑では★★で、観察の機会は多い(地域によっては普通に見られる)、オオハクチョウやオシドリと同じです。

波が来ても逃げません

 波が来ても平気で、逃げないで渚で食事をしています。
 シギやチドリを合わせて「シギチ」なんて言っていますが、よく見るシギチは先に書いたキアシシギ、キョウジョシギとこのトウネンで、何れも★★です。
 旅鳥は春と秋に通過して行く際に見られるだけで、見つけると嬉しいですね。

2014年 8月28日(木):トウネンがたくさん

3羽のトウネン

 早い年はこの時期に旅鳥のトウネンやキアシシギを見ています。旅鳥とは季節の変わり目に移動の途中で見られる鳥で、短期間滞在することが多いです。
 3か所目の海岸に降りると目の前に3羽のトウネンがいました。小さいシギなので「当年生まれ」と言う言葉から当年と言います。春にも夏羽のトウネンはよく見られます。

餌を食べるトウネン

 ここには他にもトウネンがいましたが1〜3羽くらいの群です。
 帰りに、先ほど空振りだった2か所目に探すと、たくさんのトウネンがいました。余り人を恐れない群れで、静かにしていると餌を取りながら近付いて来ます。
 大きさや色が違うのは、夏羽からの換羽の時期の差や幼鳥が混ざっているのでしょう。

10羽います

 数えてみると全部で10羽の群でした。何とか10羽1画面で何枚か撮れました。
 写真を撮っていると、漁師の男性が近付いて来て、何を撮っているのか聞かれました。少し離れて撮っている家内を見ても、鳥は小さいのでよく見ないと判りません。
 初めて見たと言うので、小さいので気付かないのですよ、と答えました。

眠るゴイサギ

 トウネンに大満足したので、海岸を離れ帰途につきました。
 昨日ゴイサギが2羽いたM川の方にも立ち寄りました。今日はオシドリは少なかったです。ゴイサギは家内が木の奥で眠っているのを見つけました。
 風で枝が動くのに合わせて、寝顔を撮ることが出来ました。眠っていると可愛いですね。

2014年 8月27日(水):ゴイサギ2羽にオシドリ4羽

犬走りのオシドリ

 先週からの2号車の仕事は道南と函館だけ担当したので、今週は今日から休みです。
 最高気温23℃と言う涼しい日で、久しぶりに歩いて川に行きました。S川ではカルガモだけでしたが、M川のいつもの中洲には2羽のオシドリがいて、草を食べたりしていました。
 ふと下を見ると犬走りにも2羽のオシドリがいて、写真を撮りだしたら泳いで行きました。

2羽もゴイサギがいる

 私がオシドリを見に橋を渡って対岸に行っている間に、家内は8月18日にホシゴイを見たヤナギの方に先行していました。追いつくとゴイサギが2羽いると教えてくれました。
 枝の中にうまく隠れていて、一生懸命探さないと見つけられません。やっと2羽が判りました。何とか同一画面と考えて撮りました。左上と右下にいます。一応目は写っています。

左上の1羽

 右下の1羽です。ゴイサギの体の向きや周りの枝の様子を見て、撮影位置を決めるとかろうじて顔も写すことが出来ました。目は赤いです。
 ゴイサギは北海道では珍しいのですが、函館方面では越冬する個体もいて、この冬に新聞に写真が載りました。18日は幼鳥で、近くに1羽写っているかも知れないと書きました。

右下の1羽

 左上の1羽は顔が葉の下になってなかなか撮れません。
 遊歩道の手摺の下の方の草を除けて、しゃがみ込んでやっと撮れました。気付いているようで、こちらをにらんでいるような感じです。ちょっと怖い顔ですね。
 後で来たカメラマンさんに場所を教えましたが、うまく撮れましたか?

2014年 8月26日(火):初つがるときおう

8008号NCVチャンネルヒカリ号

 今日の朝の市電は8008号NCVチャンネルヒカリ号です。
 最近(多分7月)新塗装になった函館のケーブルテレビ局 NCV の宣伝塗装です。前は青とピンクの2色に塗り分けられていました。マスコット名は「チャンネル ヒカリ」です。
 今月1日の絵日記 に初撮りの側面が判る写真があります。

今日は函館山が見える

 先週の金曜から 同じ会場 で昼またぎの健診をしているので、同じような写真です。
 今日は3日目で初めて函館山の全体が見えました。函館地方は今日は雨は降りませんでしたが、気温が一気に下がって、最高気温は何と22℃でした。
 スタッフは車両で札幌へ戻る日で14時に健診は終わりました。私は明日から休みです。

稔った田んぼのアオサギ

 早かったので、迎えに来てくれた家内と農耕地に鳥見に行きました。
 殆どの田んぼの稲は稔っていていて、穂を垂れたものも多くあります。ネギはもう収穫が始まっています。夏鳥は減ったのか見にくいのか、なかなか遭遇しません。
 田んぼのアオサギの先にあるは紫の花はエゾミソハギと言います。

きおうと初つがる

 プルーンの様子を見るために、帰りは七飯町の果樹園の直売店の様子を覗きました。
 まだプルーンには早いようです。トトロの里・富原観光果樹園(絵日記) では驚いたことに今年のリンゴを売っていました。左のきおう(王林とはつあきの勾配種)は落ちリンゴで2個100円、右の初つがるは1個100円です。新物はやはり美味いです。

2014年 8月25日(月):生さんま三昧

3003号五勝手屋号

 先週金曜の会場をそのまま使うので、15分遅い8時15分集合でした。
 天気予報では曇で、最高気温は24℃、昼頃小雨があるか見知れないとのことでした。送って貰う助手席から撮った函館市電3003号五勝手屋号です。エアコン付きの車体です。
 行く先表示の方向幕は右上のように4か国5書体表記(2000形以降)になっています。

函館山が見えない

 8月22日の函館山の山裾側の稜線だけ見えるのと同じ構図の写真です。函館山は真っ白い霧の中で、街の方向は何も見えません。
 前回はカラスが電線に止まっていましたが、今日はカモメが飛んでいます。
 予報より悪い天気で、時折本格的な雨が降って来ました。

健診会場と2号車

 夕方に函館空港側のパチンコ屋さんの健診が入っていて、この会場は15時終了です。
 この頃は一時的に雨は殆ど止んでいたので、今乗っているデジタル撮影でない古い型の胸部車、2号車を会場の建物と撮りました。ワイドを利かせすぎて歪んでしまいました。
 このバスと11号車は特殊健診が主で、よく乗って全道走り回りました。

根室直送生さんま三昧

 息子と孫は今日東京へ帰りました。
 17時過ぎにパチンコ屋さんまで迎えに来て貰った家内と 北々亭函館店 に夕食に行きました。 歴代の人気メニューフェアの他に根室直送のメニューがありました。
 生さんま三昧(150円)で、七味、生姜、胡椒添えです。生さばも美味しいですよ。

2014年 8月24日(日):恵山岬灯台見学

今日はイカ刺し定食

 息子と孫と一緒に先ず 函館市の道の駅なとわえさん へ行き、昆布ソフトを食べました。
 昼食は8月3日にランチに行った hakodateホテル恵風(けいぷ) に寄りました。
 今日はレストランでなく日帰り入浴の軽食堂とどぽっくるで、イカ刺し定食(720円)を食べました。こちらには麺類などもあってメニューが豊富です。この値段はお得と思います。

恵山岬灯台

 家内と息子、孫が日帰り温泉に入ることになって、私は近くで一般公開されている 恵山岬灯台(灯台資料館HP) を見学に行きました。万国旗が飾られています。
 売店などを開いていた函館海上保安庁の職員さんたちがとても商売熱心で、何も買わなかったのにポケットティッシューまで2つもくれました。小銭が無かったんですよ・・

灯台内部の一番上

 ぐるぐる螺旋階段を使って上に登ります。展望所になっているところで外に出られます。
 なかなか見晴らしが良くて、ホテル恵風と背後の活火山恵山、反対側には崖と大海原が見えます。そこから更に狭い急な階段を上がると、旋回している灯りがあります。
 急な階段を昇降して、日ごろ使わない足の筋肉がとても疲れました。

函館市縄文文化交流センター売店

 帰りは北海道唯一の国宝中空土偶 のある 函館市縄文文化交流センター函館市臼尻町の道の駅〜縄文ロマン 南かやべ に寄りました。息子は初めてです。
 2011年10月8日の絵日記は「縄文ロマン南かやべ」 です。こちらは博物館の方の売店ですが、中空土偶のお土産グッズがずいぶん増えていました。愛嬌ありますよ。

2014年 8月23日(土):人気No.1

今日のお買いもの

 昨夕東京で暮らす息子と孫が帰省して来ました。
 今日は孫の夏休みの宿題のために北斗市の、カタクリの群生で有名な匠の森公園の 匠の森研修センター に行きましたが、目的には合いませんでした。
 途中で寄った あぐりへい屋(絵日記) での今日の買い物です。

きじひき高原の牛

 匠の森があるのは木地曳(きじひき)山で、きじひき高原にはキャンプ場やパノラマ展望台、牧場などがあります。今日はパノラマ展望台にも行きました。
 明日は きじひき高原まつり2014 で、北斗産黒毛和牛やサフォーク羊のバーベキューが楽しめて人気があります。この牛たちは食べられる難を逃れた訳ですね。

ラッキーピエロの人気No.1

 昼食はきじひき高原からは近い ラッキーピエロ峠下総本店(絵日記) に行きました。
 14時頃なのに家族連れなどで、大きな店がとても混んでいました。
 息子が食べたセットにあった、当店人気No.1と言う「チャイニーズチキンバーガー(350円)」です。結構なボリュームで、私は食べたことがありません。息子の感想は微妙でした。

都市や施設の方位と距離

 初めて気付いた、ここから日本や世界の主要都市の方位と距離を書いた案内板です。外国人観光客が目当てなら、せめて英語も表記すると思いますが日本語だけです。
 矢印の先端は南を指しています。函館駅は南へ18kmです。この施設は新幹線の新函館北斗駅や道央道の終点とも近くて、七飯町の町外れなのに総本店です。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について