別館


写真絵日記


2014年11月20日(木):夕日の函館山

青空

 昼またぎで流通団地の会館での合同健診でした。
 ついていないことに連絡が悪かったようで、朝会場に到着しても扉が閉まっていて、大分待ちました。14時半に受付終了して、殆ど片付けてから受診者が来ました。診ますよ。
 昼前に快晴になりました。背後の会館と大きさを比べるような939号車です。

江差道から見た函館山

 一度しまった健診道具を出して、遅れて来た受診者の健診を終えました。
 その日の健診結果は毎日宅配便で会社へ送るので、チェックしてまとめます。
 今夜は松前町に宿泊し、明日午前中に福島町と木古内町で仕事をして、昼過ぎに函館へ戻ります。函館江差道を走行中に側面の窓を開けて撮った函館山です。

海岸の国道から撮った函館山

 江差道は今は茂辺地インターが終点です。そこで国道228号松前国道に出ます。
 その辺りで、夕日色になって来た函館山を、海をたくさん画面に入れて撮りました。太陽は車の前方にあって、夕日の函館山は方向的には撮れないのです。
 17時過ぎに宿に入り、夕食後絵日記をまとめています。

駒ケ岳とオオハクチョウ

 写真3枚だけでは淋しいと思うのは、好く言えばサービス精神、悪く言えば欲張りからでしょう。一昨日大沼で撮った写真を 1366×768ピクセルの画像 にしました。
 リラックスしたオオハクチョウたちを見て下さい。灰色の幼鳥も3羽います。
 大きい画面にすると、全部で何羽いるか数えられると思います。多分28羽です。

2014年11月19日(水):市内の仕事だけ

朝7時7分の市電

 今週私が乗る健診バスは昨夕函館に着きました。
 今日は函館市内2か所と隣町の七飯町で1か所の健診で、7時15分集合でした。
 こういう時は絵日記ネタに困ります。それで例によって、朝スタッフが泊まるホテルに向かう際に、助手席から市電を撮っています。720号千秋庵総本家号で、地味な配色です。

すしまる昭和タウンプラザ店

 昼食は健診会場近くの 昭和タウンプラザ の回転寿司 すしまる に行きました。
 すしまるは平日税抜(100円皿)90円と言うサービスを一度やめるとアナウンスがあったのですが、平日税抜1皿90円の はま寿司 の進出の影響かまだ続いています。
 なお3店ある すしえもん は前はすしまるで、タッチパネルの注文システムです。

イカの寿司

 北海道の旅 の函館と道南に「イカの街・函館」と言うページがあります。
 そんな風に自他ともに函館=イカのイメージがあると思いますが、回転寿司のネタにもイカがよく使われています。マイカ、ヤリイカの他にマメヤリイカなんてあり、イカの耳とか脚も寿司ネタになっています。左は炙りゲソ(脚)、右はヤリイカです。

17日のエゾリス

 そんな訳で、市内で仕事だけではなかなか絵日記ネタになるような写真は撮れません。
 こちらは17日に撮ったエゾリスで、ウェルカムページの壁紙と一連の写真です。大きくして見るとひげの間に目が写っているのですが、判りませんね。
 少し残った黄葉が晩秋の雰囲気を出していると思います。

2014年11月18日(火):久しぶりのキタキツネ

牧草地のキタキツネ

 今週乗るバスは室蘭などで仕事をして、今日は来函です。明日から合流します。
 風は少しありますが晴れているので、大沼公園に行きました。
 湖畔の探し物はいませんでしたが、西大沼の農耕地を渡り鳥を探していたら、牧草地にキタキツネがいました。車を近くへ回して撮った、33%縮小トリミング画像です。冬毛です。

畑のオオハクチョウ

 少し大沼公園駅側にオオハクチョウの群が食事していました。
 前回11日に撮った場所とほぼ同じですが、今度は全体が遠いです。
 雲のかかった駒ケ岳を背景に撮りました。くっきり青空なら最高ですね。写真を拡大して数えてみると、灰色の幼鳥を含めて28羽います。この群れで移動するのでしょう。

これが精一杯

 余り近寄るとハクチョウたちはストレスを感じて、歩いて遠ざかって行きます。
 これなら大丈夫と思う距離から撮ると、600ミリ望遠でもこの程度の大きさです。上下をカットした 1366×768ピクセルの画像 が、クリックすると別ウインドウに表示されます。
 クチバシの黄色い部分が広いオオハクチョウです。右端手前は幼鳥です。

国産牛のタンシチュー

 昼食は本当に久しぶりに大沼公園駅裏の ホテル クロフォード・イン 大沼 に行きました。冬にはレストランの窓の外の給餌台に、野鳥がたくさん集まります。
 国産牛のタンシチュー(単品税込2,060円)で、スープ、サラダ、ライス又はパンとコーヒー又は紅茶のセットで3,010円です。アイスまで頼んだので、今夜はお茶漬けです。

2014年11月17日(月):今日はエゾリスだけ

貰った剥きグルミを食べる

 昨日の天気予報に反して、朝から快晴です。11時前に見晴公園に行きました。
 家内と離れて歩いているとすぐに携帯電話で連絡があって、行くとエゾリスに剥きグルミをあげていました。初めは餌を埋めていましたが、その内に食べ始めました。
 耳の総毛も伸びて、ふさふさ冬毛のエゾリスになって来ました。

2匹目は落ち葉の中に埋めている

 1匹目が離れて行くと、すぐに2匹目が現れました。
 こちらは餌は自分で見つけて、掃き集めた落ち葉の中に埋めています。この落葉は集めて持って行かれると思うので、あまり役立たないことをしています。
 エゾリスは冬に備えて餌を埋めますが、余り覚えていないそうです。

草の中から顔を出す

 もう一度家内と手分けして探しながら、公園を歩きました。
 キツツキの木を突く音を何度か聞きましたが、見つけられませんでした。
 公園の奥の方で、民家との間が堤のようになっているのですが、そこで3匹目を見つけました。こちらを全く気にしていません。探し物をしていて顔を上げたところです。

切り株の上の6匹目

 4匹目は、私か3匹目に対してか判りませんが、とても怒っていて唸っていました。
 家内と合流したときには、5匹目が枝の上で自前のクルミをかじって割っていました。
 これは公園を出ようとしたときにいた6匹目で、私に餌を貰いに近寄って来ました。耳の総毛がまだ短いです。昨日はユリカモメとカモだけでしたが、今日の絵日記はリスだけです。

2014年11月16日(日):いましたユリカモメ

これがユリカモメ

 毎年11月に北斗市上磯のH川でユリカモメを見ています。10月18日は不在でした。
 ユリカモメは本州で多数越冬するので珍しくはありませんが、北海道では旅鳥です。H川では冬越しをしているようで、野生動物・野鳥編の「北で越冬 ユリカモメ」にまとめました。
 今日は50羽くらいが飛び回って、水中に飛び込んでいました。

群れるユリカモメ

 ユリカモメは小柄のウミネコ(L46cm)より更に小振り(L40cm)で、よく鳴く賑やかなカモメです。面白いのは夏羽で、頭や顔が頭巾を被ったように真っ黒になります。その様子は 野生動物・野鳥編の「大森海岸のユリカモメ」に登場します。
 群れるユリカモメの狙いはこの時期はサケの卵・イクラです。

サケの卵を獲っている

 空中からダイブして頭を水中に入れ、川底のサケの卵を狙っています。
 その様子を同じ北斗市の茂辺地(もへじ)川での写真を使って 野生動物・野鳥編の「サケの卵を狙うユリカモメ」にまとめました。
 前述の「北で越冬 ユリカモメ」にはイクラを咥えたユリカモメの写真があります。

泳ぐスズガモ

 今日は写真のスズガモの他は、常連のカルガモとマガモしかいませんでしたが、ここにはたくさんの冬鳥が現れます。代表的なのはオオハクチョウで、数10羽になります。
 カワアイサやキンクロハジロ、ホオジロガモ、ホシハジロなどを見ています。
 前は夏にもカワアイサを見たのですが、今年はまだ見ていません。

2014年11月15日(土):場所をゆずる

ブルーベリーの葉の上の残雪

 昨夕函館は雪が全くなくて、特急から見る遠い夜景も美しかったです。
 寝る頃には雪が降り始めていて、朝外を見たら地面にも積雪がありましたが、昼前には消えてしまいました。10時半頃、庭のブルーベリーの葉に残った雪を撮りました。
 アメダス積雪深では17時現在札幌は17cm、好い時に帰りました。

何かに乗っている

 昼過ぎに外出したので川を覗いてみました。
 M川河口部の上流側はマガモが占拠していて、主のカルガモは下流側にいました。
 ダイサギが1羽水の中に立っていると思ったのですが、写真を見ると何か岩のような物に乗っていて、足は濡らしていませんでした。キョロキョロしています。

そこのけそこのけ

 ダイサギは私が近寄ったので、ちょっと歩いて離れて行き、その後飛んで近くの対岸の方に降りました。ここはマガモの群が休んでいるところです。
 ダイサギがスタスタ歩いて近付くと、マガモたちは立って左右には離れ、場所をゆずっていました。喧嘩になれば大きいダイサギの方が強いのでしょうね。

ぷうちゃんわーるどの大きいバナー  昨夜家に帰ってコンピュータを開くと、「はじめまして 「峠を越えて」を楽しく拝読・拝見させていただいています。かわいいものが好きな方のための癒し系サイト うさぎの「ぷうちゃんわーるど」の管理人ペンギンと申します。」で始まるメールが来ていました。
 「なんだろな」と言うメニューに「リスがぎっしり!! かわいさ満載!」と言うコーナーを作り、本サイトを紹介し、壁紙コーナーの写真を使ってくれています。
 最近エゾリスのページを更新していないので、過分の評価は恥ずかしいですが、こちらのリンクのページにも今日明日にも掲載せて頂きます。
 かわいいものが好きな方、ウサギが好きな方は是非ご訪問ください。

2014年11月14日(金):一転雪景色

札幌市電すすきの電停

 今日は午前午後に産業医訪問が各一軒だけ組まれています。
 昨夜から雪が降り続いていますが、気温が低くはないので、車道には積雪はありません。担当保健師さんが車で地下鉄白石駅で拾ってくれるので、9時前にホテルを出ました。
 札幌市電すすきの電停です。ドームのような中に市電が停まっています。

ロイズふとみ工場直営店

 当別町 太美地区の温泉施設 を訪問しました。札幌市を出ると雪は止んでいましたが、積雪は少しありました。雪深いので冬は夏より客が少ないそうです。
 訪問先の近くに ロイズふと美工場直売店 があり、毎年買い物に立ち寄っています。店舗沿いに小さいドウダンツツジの紅葉に、雪が少し乗って初冬の風情があります。

無料コーヒーとサンプルのお菓子

 この時期ここで、日頃お世話をかけている産業保健部の保健師さんたちに、ささやかなお菓子を買って贈っているのです。一年お世話になりました。
 店内で無料のコーヒーがセルフで頂かるのですが、買わなくてもサンプルのお菓子が置いてあって、これは良いサービスと思いました。他の店舗のことは判りません。

これが雪帽子

 戻ると札幌は雪が降り続いています。昼食に立ち寄った環状通のうどん屋さんの傍で、ナナカマドの実に乗って雪を撮りました。ちょっと帽子が重そうです。
 午後は西区の通信会社を一軒訪問し、地下鉄駅で降ろして貰って、JR新札幌駅から先週と同じ特急北斗12号に乗りました。驚いたことに恵庭市から南は積雪が全くありません。

2014年11月13日(木):苫小牧から岩見沢まで

北池に浮いた落葉

 道庁での今年最後の健診は、昨日多かった分今日が少なくて、予定通り終わりました。
 しばらくこちらに来ることは無いと思い、赤れんが庁舎や前庭の様子を見に行きました。北池に浮かんだおびただしいイチョウの落ち葉です。
 11月5日の絵日記の1枚目の写真は同じ位置からで、紅葉が綺麗でした。

スカスカの大イチョウ

 これも同日の絵日記の4枚目で取り上げた、北池周辺の大イチョウです。
 木の上の方はもう葉が殆ど無くてスカスカです。おかげで赤れんが庁舎もよく見えるようになりました。地面や水面は黄色い絨毯のようになっています。
 この後大勢のアジアからの観光客が、楽しそうに大きい声で騒いでいました。

KITACAエリア

 午後は1人で、JRを使って江別市の グラスウール断熱材製造工場 へ産業医訪問です。
 PASMO を使い始めてから初めてJRで行きます。先ずは互換性のあるJR北海道の Kitaca利用可能エリア を調べました。江別市は右上の岩見沢市の4つ手前です。
 JR東日本のSuicaや札幌市交通局のSAPICAのエリアでも使えるので、とても便利です。

午後5時40分で0℃です

 江別での訪問を終えて札幌に戻り、地下鉄からホテルのあるすすきので外に出ると、すごく寒いです。帰ってNHKのデータ放送で調べると、17時20分現在の気温は0.1℃でした。
 既に雪も舞っています。これから札幌は薄っすら雪が積もるとのことです。
 今回の出張は冬靴を履いてマフラーの手袋も持って来ました。

2014年11月12日(水):5人待ち

健診会場

 今日明日の道庁での健診は受け漏れの人の予備日で、人数から2日間になりました。
 1日受診者は71名の計画で、今日は1割増しの受診がありました。看護師3名体制で、女性の受診者が続くときは、血圧1回測定が多いので、診察待ちが5名になりました。
、終了後の健診会場で、左前の診察用待ち椅子は、8脚用意してくれていました。

道庁前庭の紅葉

 胸部車1台、胃部車2台の体制だったので、健診は昼前に終わりました。
 午後は会社でインフルエンザワクチンを接種して貰い、その後は産業医訪問があります。食事したら真っ直ぐ帰らねばなりません。帰り際に横目で見た道庁前庭の紅葉です。
 先週に比べると淋しくなっていますが、それでもまだ色鮮やかで綺麗でした。

JR北海道バスの入り口

 昼食は札幌駅と道庁の間にあるそば徳で、蝦夷もみじせいろを食べました。
 札幌駅から会社へは、地下鉄を乗り継ぐより、JRバス利用の方が安くて、歩く距離が短いです。バスでPASMOなどのIC乗車券を使うには、乗車時に読み取り機にタッチします。
 乗車整理券は取る必要はありません。最近やっと慣れました。

雨の観覧車

 インフルエンザワクチンの接種を受け、15年も産業医をしている通信会社に「インフルエンザ」の講話に行きました。雨の中を地下鉄駅まで送ってくれた坂本保健師さん有難う。
 雨に濡れた舗装が綺麗だったので、宿泊中の11階の部屋の窓から向いの観覧車を撮りました。本当は薄暮時の方が美しい夜景が撮れます。明日明後日は雪の予報です。

2014年11月11日(火):オオハクチョウ食事中

帽子を貰ったエゾリス

 昨夜家内が出来たと言って、玄関前に置いてあるエゾリスの置物に赤い毛糸の帽子を被せました。10月14日には初めてのマフラーを貰ったので、当たり年になりました。
 15時13分函館駅発の特急で出札です。好天なのでM川を覗き、入門掲示板のSAKAさんにお会いし、掲示板で教えられたオオバンも撮れました。越冬するかも知れません。

畑のオオハクチョウ

 七飯町の果樹園でリンゴを買って、時間があったので大沼公園に行きました。
 狙ったものは不在でしたが、帰りに道道43号大沼公園鹿部線の脇の畑でオオハクチョウの群を見つけました。手前に幼鳥2羽の1家族、中景に数羽、遠くに多数がいました。
 これは母子と少し離れた父さんオオハクチョウと思います。

手前が母子

 写真の手前が母さんと幼鳥2羽です。近くに数羽、遠くにもオオハクチョウが見えます。
 人馴れしているようで、近付いても気にしていない風でしたが、この距離までしか傍へは行きませんでした。食事の邪魔はしたくないです。
 この辺りは、渡りの時期にはハクチョウやガンが食事していることがあります。

函館駅のイカの郵便ポスト

 ニュースで11月3日に、函館臥牛ライオンズクラブが、JR函館駅西口に「イカポスト」(北海道ニュースLINK) を贈ったと知りました。北海道の旅 の「函館と道南」の「イカの街・函館」に載せねばなりません。今日は15時なので撮れます。
 赤いので時節柄サンタかと思いましたが、なかなか可愛いです。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について