別館


写真絵日記


2013年 1月10日(木):すずなり

魚を獲った

 降ったり照ったりの寒い日ですが、歩いて川に行きました。
 市民会館2階の 四季彩 湯の川稜雲亭(<はこなび)のランチの写真を撮ったのですが・・・、少し歩くとカワセミが魚を獲るのが見えました。ランチの出番はありません。
 魚を見せるために、50%縮小画像をトリミングしました。

いつもの美人さん

 この辺でよく見るメスのカワセミです。下クチバシが赤いのがメスです。
 今日はお腹が空いていたのか、全然逃げる気配が無くて、川の向こう岸真正面に止まっています。魚は2回獲りました。いくら撮っても逃げないので私の方でその場を離れました。
 こちらは33%縮小画像で、今日はばっちり露出補正もしています。

アオサギとお友達

 今日は木の上にホシゴイはいません。
 温水の流れ込む排水路も覗き込みましたが、ホシゴイは見られませんでした。
 サギが見られる橋の近くの排水路には今日はアオサギが立っていました。近くをカルガモが泳いでいます。お友達なんだと思いましたが、写真では右奥にも1羽カルガモがいます。

すずなりのスズメ

 寒いので河口まで行かずに引き返しました。今日も市電を使ったので万歩計の数字は5,285でしたが、滑る道なので疲れます。
 電停近くのスーパーの人がくれる餌を待つすずなりのスズメです。すずなり(鈴生り)の鈴は巫女さんなどが持つ神楽鈴(かぐらすず)のことだそうです。

2013年 1月 9日(水):今日も鳥だけ

休むアオサギ3羽

 昼頃買い物と食事に出て、その後定例コースの一部を車を使って鳥見しました。
 今日は気温は昨日と同じくらいでしたが、風が吹くと寒いです。
 車を置いた近くの林の上には今日はアオサギが3羽休んでいました。同じような写真が元旦の絵日記にありますが、今回の方が周りの雪が圧倒的に多いです。

休むホシゴイ

 12月28日に温排水の水路の中で見つけたホシゴイは、昨日と同じ松の木で休んでしました。前からここにいて、気付かなかったのかも知れません。
 うつらうつらしているようで、時折目を閉じていたようです。夜行性と言いますから、夕方起き出して川で魚を獲るのでしょうか?見たいけど寒いですね。

川の端を歩くダイサギ

 ホシゴイを撮っていたら、近くの上流側の橋の下をダイサギが魚を探しながら歩いて来ました。今日は殆ど移動してないのでダイサギはこの1羽を見ただけです。
 下流で待ち構えていて撮りました。時々水の中を注視していましたが、魚は獲りませんでした。風が吹くと頭の上の羽が乱れて立ちます。

リンゴのヒヨドリ

 カワセミも1羽見て遠くから1枚撮りました。近寄ろうとしたら歩行者が私達を追い越して行き。それを見てカワセミは飛んで行きました。
 と言う訳で庭のヒヨドリです。絵日記の題はスマホで見てくれる某看護師さんに、鳥の話だけだと「今日も鳥だけか」と思うと言われたからです。ごめんなさい。

2013年 1月 8日(火):冷たくないかい

雪のダイサギ

 今日の最高気温は-3.6℃でしたが、風が弱い分楽でした。
 晴れて来たので昼頃家内と歩いて川に行きました。最近は近所でもカワセミやダイサギが見られます。家内はダイサギはもう撮らなくなってしまいました。
 腿まで水に浸かって、雪も降って来て「冷たくないかい」ですね。

メスのカワセミ

 1羽目のダイサギを見る前に枝の中にカワセミを見つけて撮っていると、ぱっと2羽が飛び立ちました。縄張り争いで張り合っているのを前に撮って 壁紙プレゼント にあります。
 その後下流の方から1羽飛んで来て、私達に追いつきました。近くへは寄れませんが、逃げてはまた見つけるで、3回くらい撮影のチャンスをくれました。メスのようです。

松の木のホシゴイ

 カワガラスは今日も見つけられませんでした。上流へ行ったのだと思います。
 排水口付近にはホシゴイはいなくて諦めていると、家内が川岸の松の枝で休んでいるのを見つけました。顔を動かしたから判ったそうで、羽繕いもしていました。
 何年も前からホシゴイやゴイサギの越冬の話は聞いていました。

川に立つアオサギ

 途中で食事をして、寒いので今日は河口までは行きませんでした。
 アオサギはいつもの橋の近くで漁をしていました。腰まで?水に入って、冷たくないのでしょうか?そう言えばカルガモはお腹を水にいれて浮かんでいます。
 市電を使って帰ったので歩行歩数は6,000歩だけでした。また鳥だけ・・ですね。

2013年 1月 7日(月):市電の左右

アクロバチック

 今日は通常は仕事始めですが、私個人は今週は勤務を要しない週です。
 庭のピーナッツリングにはスズメが時々来ては挑戦していますが、うまく行きません。見張っている訳ではありませんが、リングに一度シジュウカラが乗ったようですが、スズメが来て逃げました。明日はシジュウカラの写真を撮りたいです。ヒヨドリも一度来ました。

2012年10月2日撮影の724号イチヤママル号帆立面

 昼過ぎまで雪で寒いので、一度車を動かしましたが写真は撮りませんでした。
 最近数日かけて2010年〜2012年の3年間の絵日記と撮った写真から函館市電の写真を全部チェックしました。この3年間の市電のページを作ろうと思います。
 2012年10月2日撮影の724号イチヤママル号です。大きい絵はホタテですね。

2012年7月31日撮影の724号イチヤママル号タラコ面

 こちらは2012年7月31日撮影の724号イチヤママル号です。
 イチヤママルは車体に記号が書かれていますが、八雲町落部(おとしべ)の海産物加工会社 長谷川水産 の商標です。この会社にはよく健診が当たります。
 こちらの面のメインはタラコですが、先と同じ車体の左右違いです。

2011年3が4日の810号イチヤママル号

 この写真は2枚目の写真とデザインは同じですが、市電が810号です。
 2012年12月23日にNHK-BSPで放映されたドラマ 北海道発・プレミアムドラマ『神様の赤ん坊』 を絵日記で取り上げ、主役の812号市電について書きました。
 800形はその1台だけが現存で、810号は車体更新され 8009号(絵日記)になりました。

2013年 1月 6日(日):年明け大海老うどん

昨夜作ったピーナッツリング

 昨夜娘と3人でピーナッツリングを作りました。
 落花生は前に買ったもの1袋と最近買った1袋がありました。シジュウカラには悪いけど先ず古いものから手を付けました。
 初めてで張り切った娘の働きもあって、リングが4本出来りました。

今日は来たのはスズメだけ

 家内が朝庭の木の枝に2本ぶら下げました。
 今日は近寄って来たのはスズメだけです。スズメは体がシジュウカラより大きいのでリングにぶら下がることが出来ず、ピーナッツはうまく取れません。
 野生動物・野鳥編の、身近な野鳥「ピーナッツリング」が面白いですよ。

丸亀製麺の年明け大海老うどん

 雪が降り続いたので道路は圧雪状態ですが、食事と買い物に出ました。
 昼食は 丸亀製麺 函館店に入りましたが、入り口に「年明け大海老うどん」のポスターがありました。期間限定で、同社ホームページでも今はトップにあります。
 並で480円でした。右手前はとろろ昆布です。海老は大きいです。

昨日のダイサギ

 スズメとうどんだけでは淋しいので昨日撮ったダイサギの写真を見て下さい。
 実は、出がけに昨日ホシゴイとカワガラスを見た辺りで車を停めて、家内に探して貰いましたが、温排水の出口にはカルガモしかいなかったそうです。
 カワガラスは前は違う場所で続けて見ているので期待は出来そうです。

2013年 1月 5日(土):石の上のカワガラス

枝被りのカワセミ

 今年初めて歩いて川沿いに河口まで行きました。家内が娘と買い物に行ったので片岸しかチェック出来ません。出てすぐダイサギが頭の上を飛んだり引き返して来たりします。
 いつもの場所にカワセミもいましたが、3枚撮って背景が雪なので露出補正をしようとしている内に逃げ去りました。これは後が木なので、露出は良いですが見事な枝被りです。

石の上のカワガラス

 今まで見たよりずっと下流の方の、川の中央の石の上にカワガラスが立っていました。
 始めは遠くから撮り、露出補正もして撮り、段々近付いて行きました。そうすると露出補正は要らない光線状態になりました。夏は上流、冬は下流と言いますが下流過ぎます。
 愛想好で全然逃げません。連写にしようかと思う程たくさん撮りました。

白目のカワアイサ

 時々白目になりますが、目を保護する瞬膜ではなく、下まぶたが白いせいだそうです。
 カワガラスは留鳥で、長さは約22cmと中型の鳥です。生息環境は河川の中上流部で、いつもの図鑑では★★なので珍しくはありません。
 鳥崎渓谷では夏に見ますが、市内の川では冬しか見ていません。

水路のホシゴイ

 今日は前回と違う温排水が流れ出す水路の出口にホシゴイが立っていました。
 大きさから前回と同じ個体と思います。目の色は赤ではなく黄色でした。
 ホシゴイは夜行性のゴイサギの幼鳥です。ゴイサギは北海道のいつもの図鑑では★★★と珍しく、冬は道南でしか見られないと思います。この川に住んでいるのかも知れません。

2013年 1月 4日(金):塩辛のパスタ

雪を運ぶ

 所用があって昼頃函館駅に車で行きました。
 駅前通りの電車線を雪をたくさん積んだトラックが走っています。函館には珍しい光景なので、車から撮ろうとしましたが信号などで差が詰まりません。
 函館駅近くでやっと追いつきました。背景は函館駅です。

JR函館駅のジャンボ絵馬

 今日午前中のニュースでJR函館駅の待合ホールにジャンボ絵馬が置かれたことを知りました。受験生の合格祈願用で、何回も取り替え最後は函館八幡宮に納めるそうです。
 今日立てたわりにはもう一杯文章が書かれていました。写真を撮るのに絵馬の端に立っている女性に、少し退いてくれるよう頼んだら、ややむっとしたようです。すみません。

イカのクリームパスタ〜箱館風〜

 駅2階の食堂は混んでいて、1階の軽食喫茶 アットカフェ ステーション(<食べログ)に入りました。店名は看板には「@Cafe'st」と書かれています。
 イカのクリームパスタ〜箱館風〜を頼みました。ドリンク、サラダとグラタンとのセットで950円(単品700円)です。後で説明文を見るとイカは塩辛とか、柔らかかったですよ。

走る200号2CocaCola号

 道路脇にも雪の山が出来て、車道も真っ白で、こんな光景は函館では見慣れません。
 買い物のためにしばらく電車線を走りましたが、前を函館市電の200号2CocaCola号が走っています。助手席の家内に頼んで私のカメラで撮って貰いました。
 ささやかな電飾を付けていて、夜間は光の電車になります。

2013年 1月 3日(木):寒くて雪

降り積もった雪(12時半)

 クリスマス寒波に引き続き正月も寒波です。
 昨夜から雪が降り続いています。と言っても岩見沢方面の雪に比べるとささやかな物ですが、昼過ぎに車の上の積雪はこんな具合でした。
 道央道北など交通網も乱れましたが道南では特急の運休もありませんでした。

赤いのは通称ママさんダンプ

 玄関には雪掻き道具が置いてあります。
 赤いのは通称 「ママさんダンプ」(<はてなキーワード)と言う除雪器具で、スノウダンプと言うのが一般名のようです。昨年2月の大雪では函館ではどこも売り切れになりました。
 手前に置いてあるのは車の除雪道具です。

昼の気温-6℃

 家内と娘が雪掻きでは大活躍で、私は専ら車の雪降ろしです。
 エンジンをかけて窓の氷を溶かしているときに、車の外気温計を見ると-6℃です。真昼にこの温度では凄く寒いです。
 函館などの道南地方は雪も少なく、寒さは厳しくないと思っていましたが・・

まだ少し降っている

 こんな天気では出かける気にもなりません。
 雪のカワセミも雪のダイサギも、もっと気温が上がったら撮りに行きます。今日は昼から映画のDVDを見て過ごしてしまいました。午後は日も射して、雪は小降りになりました。
 15時半には撮りましたが、積もった雪はそんなに多くはありません。

2013年 1月 2日(水):リニューアル

そば処陣屋湯川店外観

 家から近めの大きい蕎麦屋さんが、産業道路沿いのそば処陣屋湯川店でしたが、昨年店舗の建物が無くなっているのに気付きました。別によく行っていた東山の蕎麦屋さんは閉店して、跡地に丸亀製麺函館店が出来ました。
 心配していましたが昨年11月末にビルの1階にリニューアルされました。

店内の鎧兜

 鳥見や買い物のコースから外れていて今日まで来てなかったですが、こちらを通る都合があって昼食に寄りました。陣屋は市内に他に柏木店と昭和店があります。
 13時頃でしたが混んでいて少し待ちました。
 入り口には旧店舗にあった鎧兜が鎮座していました。少し懐かしい感じです。

店内

 店内は和風な感じで前の店に似ています。
 入り口近くが禁煙席と言うのも理にかなっていると思います。掘り炬燵の小上がりは喫煙席になっているそうです。これは4人掛けのテーブルですが、カウンター席もありました。
 一人で入ったときにはカウンターがあると有難いです。

三色蕎麦

 蕎麦は白っぽい細いつるつるの蕎麦です。
 メニューにランチ類やセット料理が多くて、家族連れで賑わっています。近所の家族やタクシーの運転手さんが入るのが良い店だと思っています。
 三色蕎麦で、右は数の子が乗っています。1,000円ちょっとでした。

2013年 1月 1日(火):今年も宜しく

樹上で休むアオサギ

 旧年中は見て頂いて有難うございました。今年も宜しくお願い致します。
 飾りも無い正月ですがお雑煮は食べました。
 最近はどのスーパーも元日から営業していて、買い物に行くついでに鳥見もしました。いつもの木にはアオサギが4羽休んでいましたが、画面では3羽だけです。

土管のそばのアオサギ

 アオサギやダイサギが見られる橋の傍には今日はアオサギが1羽だけでした。
 家内はカワセミが目の前を飛んで行くのを見たそうですが、私は気付きませんでした。ホシゴイのいた水路を見に行く途中で振り返って、ツララを前景にアオサギを撮りました。
 口を開けています。飛行機が飛んだらそちらを気にしていました。

橋の下のダイサギ

 電車線の近くまでカワセミを探しに行きました。
 すると橋の下の暗闇に土管のようなものが、少し離れて2つ直立していました。
 近寄って見ると暗くて灰色に見えるので、肉眼ではアオサギかと思いました。ISO1600で撮った写真を見ると2羽ともダイサギでした。湯煙が流れて背後にカモの影が見えます。

川辺のダイサギ

 最初にアオサギのいた場所に戻るといなくて、ダイサギが1羽漁をしていました。木の上のアオサギは5羽になっていましたから、先のが戻ったのかも知れません。
 M川も覗いてみましたが。足湯するダイサギはいませんで、少し離れた川辺に1羽立っていました。年末と同じようにサギ見だけで、今日はアオサギ5羽とダイサギ4羽見ました。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について