別館


写真絵日記


2013年 1月20日(日):雪と氷の川で

雪の壁越しに首が見える

 最高気温は+1℃の予報でしたが暖かくて、実際は+3℃まで上がりました。
 オオハクチョウのいる川やエゾリスのいる公園に行くことも考えましたが、しばらく歩いてなかったので川へ行きました。地面の氷も融けて、風も緩やかで歩きやすかったです。
 最初に見つけたダイサギです。振り返って初めて判る場所でした。

融け始めた氷とカルガモ

 近所の橋から河口まで歩きましたが、カワセミもホシゴイもカワガラスもいません。
 M川河口にはヒドリガモが休んでいて、少し上ると水面の一部にまだ氷が張っています。
 舟を留めているロープに氷が少し付着していますが、引き潮なので氷は水面から離れています。カルガモが思う位置に来てくれなくて、なかなかシャッターが切れません。

中洲で行水するカラス

 引き潮になると現れる中洲では、氷の傍でカラスが行水していました。
 行水が好きなのだと思います。次から次へと入れ替わって2,3羽くらいが水浴びをしていました。楽しそうで寒くないのですね。冬でも行水します。
 短い入浴のことをカラスの行水と言いますが、結構丁寧な水浴びです。

雪の壁の前にたたずむ

 帰りは3回ダイサギを見ました。
 野生動物・野鳥編の「函館の川 2007」にはアオサギは登場しますがダイサギはいませんでした。翌年からよく見るようになりました。市内の川には冬だけ来ます。
 ダイサギは夏鳥はチュウダイサギ、冬鳥はダイサギの2亜種あるそうです。

2013年 1月19日(土):落ちそう〜

ぶら下がって食べる

 最高気温は前日差+4℃の0℃でしたが、風があって出かけるのをやめました。
 のんびりケーブルテレビのニュースチャンネルを見て過ごしましたが、庭のピーナッツリングを新しい物に交換して、給餌台にも家内が餌を補給して、部屋から鳥見です。
 早速シジュウカラが来てピーナッツリングにとり付いています。

落ちそう〜

 画面右から白いビニール紐がなびいていますが、時折風が強く吹きます。
 小柄で軽いシジュウカラも飛ばされそうになりますが、羽ばたいて落ちないで踏み止まります。見ていてさすがに身軽な鳥だと思います。
 実際足が離れてしまうこともありますが、飛べるので落ちることは無いですね。

旧給餌台のスズメたち

 1月12日と14日の絵日記で、中に入れない新しい給餌台のことを紹介しましたが、古い旧給餌台もそのまま置いてあります。家内が野鳥の餌を少し入れました。
 案の定ドバトが何度もやって来て中に体を入れて餌を食べていましたが、大きいのが無くなって来なくなると、今度はスズメの天下になります。

家の前の道の除排雪

 最近は雪は殆ど増えていませんが、前に道路に積もった分が硬くなってでこぼこになり、場所によってはわだちも出来て走り辛いです。
 家の前の道も、夕方除排雪が始まりました。除雪した雪をトラックで捨てに行くので、合わせて除排雪と言います。冬の北国の基幹産業との冗談もあります。

2013年 1月18日(金):直径30cmだけ

バスに吹き付けた雪

 8時45分集合で、昨夜移動した八雲駅隣のホテルでゆっくり朝食を取ってから出発です。
 バスに行ってみると側面と前面に雪がたくさん付着していて驚きました。昨夜少し雪が降ってそれが付いたか、風で飛んで来たのか、これが着雪なんだと思います。
 ドアが2カ所開いていますが、前部が椅子席で後部が荷物入れの特殊な構造です。

健診会場の庭の雪

 八雲町はもともと雪が多い町だと思いますが、今年も函館より積雪は多そうです。
 健診会場の庭の積もった雪は結構な量です。
 帰りに駅まで乗ったタクシーの運転手さんは全く雪が降らない日は無いと言っていました。ちなみに昨日今日と函館では雪は降らなかったそうですが、寒さは変化がありません。

同じ八雲町の公的施設のエビアンの値段

 ミネラルウォーターでは硬水の エビアン が好きでなるべくこれを買います。
 左は今日の健診会場にあった自販機で、500mlのエビアンは110円です。右はJR八雲駅のもので140円です。2010年2月19日の絵日記によると、健診会場では120円でした。
 近所の薬局前の自販機では一時100円でしたが今は120円に戻ってしまいました。

アモリーノのピザ

 観光客に人気の回転寿司 函太郎 グループの ピザとパスタの店 アモリーノ があります。数年前のオープン直後に行き、量が多くてもてあましました。
 店員さんに聞くとピザは30cmサイズだけで、独りでは多すぎますよねー、とのこと。季節野菜と生ハム、半熟卵のビスマルク(1280円)にパスタ1皿で家内と二人で十分でした。

2013年 1月17日(木):りすの縫いぐるみ

8008NCVgo

 健診会場に道具を置いて来ましたので、今日は15分遅い7時半集合でした。
 昨日は1台も市電を見なかったと書きましたが、15分遅いせいか今日は5台見て3台写真を撮れました。対向して来る市電を車の間から撮るのは難しいです。
 8008号NCV号です。向かい合って撮るので前面から見た像になります。

2002号コカコーラ号

 2000形市電は2001と2002号の2両しかありません。
 2002号はCocaCola号で鮮やかな赤い色をしています。今冬も函館市電のイルミネーション電車 「冬の夢・ひかりの電車」 としささやかな電飾が付いています。
 前面中央にほうき星のような電飾があります。全部で2,600個LEDを使用しています。

下品なことは言えません

 いきさつは知りませんが、昨年末から診察ブースに担当医師の名前を書いた看板がぶら下げられています。胸に写真入りのネームカードを付けているのですが・・
 ネームカードは覗き込まないと文字は読み取れないので、この方が受診者には判りやすいと思います。これでは下品なことは言えませんね。

りすの縫いぐるみ

 エゾリスファンのK出看護師さんが、先月帯広出張中に見つけて買って来てくれた「りす」の縫いぐるみです。タグに書いてある モン・スイユ(monseuil web) を開いてみました。
 商品一覧>ぬいぐるみ とたどって行くと、森の小さい動物たち「ル・プティ・ボワ」の4種のうちに「りす」があります。お腹は白いです。エゾリスでしょうか?有難うございました。

2013年 1月16日(水):新春まぐろ4貫盛り

午前7時の街

 今日と明日は函館市内の振動VDT健診です。
 今朝は7時15分集合で、家内が送ってくれる車の助手席で市電を撮ろうっとカメラを手にしていましたが、1台も見ません。7時頃の撮影で電車は走っているはずです。
 7時だと少し明るくなって来ました。道路脇の雪山は高いです

やかんの注ぎ口の蓋

 初めて使う健診会場なので、駐車場の広さや内部の温かさなどが心配でした。
 駐車場はまあまあの広さがあり、また健診会場は大型石油ストーブが3台使われていて、午後には振動健診規定の24℃を越えてしまいました。
 やかんの注ぎ口の蓋は珍しくて調べたら、今も蓋つきのケトルが市販されています。

新春まぐろ4貫盛り

 その健診会場は周りに食堂やコンビニがありません(ネットの地図で調べます)。昼食は持ち込みと決まって、私は家内に弁当を作って貰いました。
 お礼を込めて夕食は 海鮮寿司処北々亭函館店 へ行きました。丁度新春4貫盛りフェア中でした。新春まぐろ4貫盛りは特別価格315円でした。白いのはびんとろです。

大漁盛880円

 こちらはテーブルの写真を見て衝動的に注文した「大漁盛(880円)」です。
 細い軍艦からカニやイクラやウニなどがあふれています。右はネギトロ風のマグロでしょうか。見た目は豪勢ですが、食べ応えはまぐろ4貫盛りの勝ちです。
 このお店は昔の海天丸時代からよく来ます。

2013年 1月15日(火):寒くないかい

室内温度計とストーブの温度表示

 今年の仕事始めです。江差町の振動VDT健診は9時半から港の中の会館で組まれていて、8時45分にホテルを出発しました。9時には会場に着きましたが室内温は氷点下です。
 ストーブの室温表示は"L"になります。点火が遅かったのですね。振動健診は手の皮膚温も計るので、再測定が続出して終わるのが予定より1時間以上遅れました。

海岸の単管ガード

 少し遅くなりますが昼食は、バスが置ける厚沢部のドライブインに行くことにしました。天気はそんなに悪くないのですが時折雪が舞います。
 海岸の国道は工事中で、長距離にわたってカエルの単管ガード(バリケード)が置いてあります。1月8日の絵日記は「冷たくないかい」でしたが、今日は「寒くないかい」にします。

厚沢部のドライブイン「椰子乃木」の狸

 何度も書いていますは厚沢部町の道の駅の隣(函館側)のドライブイン椰子乃木は、私たちが函館に来た昭和51年にはもうあったと思います。今も繁盛しています。
 店の玄関脇の雪の上には狸の置物が左右に立っていて、頭に雪が乗っています。今日のおすすめの、野菜たっぷり!天丼(798円)は微妙なので写真はありません。

函館山と夕日もどき

 函館までの国道はところどころ圧雪もありましたが、大部分は路面が見えました。
 中山峠も大野街道もスムースに通過できました。函館方面は好天で途中から夕焼けのような空が見えるようになりました。大野街道から撮った函館山です。
 家内が迎えに来てくれてホテルから帰る際はヘッドライトを点けました。

2013年 1月14日(月):シメも来たよ!

給餌台のヤマガラ

 先日庭にヤマガラが来ていることに気付きました。人馴れしやすい鳥で函館市の市の鳥に指定されていますが、数はシジュウカラの方が多いです。
 新しい給餌台にはヒマワリの種が入っているので、今日はずーっとそれを取っては、枝に足で固定して殻を割っていました。居ついてくれると良いですが。

塀の上のシメ

 シメが1羽短時間ですが、塀の竹の上に止まっていました。
 野生動物・野鳥編の「〜来たよ!」と言うページは、レンジャクに始まって、アトリ、ウソ、アカゲラまでが主人公です。シメは来たことがありますが、ページはありません。
 口に穀物が付いていますから新給餌台から取ったのだと思います。

ピーナッツリングのシジュウカラ

 幸いピーナッツリングは好評のようで、シジュウカラは2羽来るようになりました。
 スズメやヒヨドリも挑戦しますが、やはりシジュウカラ専用と言う感じです。
 今日はこの他に、たくさんのスズメ、2羽のヒヨドリ、2羽のドバトが来ましたが、ドバトは餌が取れずに退散しました。ヒヨドリは果物が良いようです。

北斗とスーパー白鳥

 長かった冬休みも昨日までで、今日は江差町への移動日です。
 14時近くの右のスーパー白鳥に乗りました。40分くらいで木古内で降りるのですが、とても混んでいました。木古内から乗った江差行の各駅停車は空いていました。
 左は振り子でない特急北斗です。

2013年 1月13日(日):歩いたけれど

2001号やきとり弁当号

 少し気温も高目で日も射しているので、歩いて川に行きました。
 降りの電車線までは全く不作な日で、ツグミを撮っただけです。カワセミもダイサギもいません。道が凍っていない分歩きやすいです。
 横断歩道を通り過ぎて行く2001号やきとり弁当号は古いデザインのままです。

橋の下のダイサギ

 カワセミポイントの一つの橋のすぐ近くにいたダイサギです。
 見ている間は魚は獲れませんでした。
 多いときは5羽以上見るのですが、今日は帰りも含めてこの1羽を見ただけです。気温が高いのでどこか違う川とか違う場所に行ったのでしょう。

ヒヨドリ

 河口まで降りましたが、常連のカルガモとコガモ以外には、キンクロハジロ、ウミウ、ホオジロガモのメスを見ただけです。
 M川の河口の方も歩いてカワセミを見ましたが、撮れませんでした。
 大きい旅館の庭木に止まっていたヒヨドリで、これは逃げません。

8009号ガスコープいちたか号

 上りではダイサギのいた場所にカワセミ、電車線の近くで泳ぐカワガラスを見ましたが、どちらにも逃げられました。
 丁度通りかかった先日デビューの8010号と同型の8009号です。
 この後カワセミとツグミを撮りましたが今一の出来です。万歩計は8115歩でした。

2013年 1月12日(土):雪で渋滞

冷ぶっかけ(並)とカニカマ天
 雪が降ったり止んだりですが、家内のプリンターインクを買って、ストーブを見るために電器屋さんに行きました。昼食は途中の 丸亀製麺 函館店に入りました。
 わたしは殆ど、冷ぶっかけうどん(並、280円)に天ぷらを取りますが、今日は季節限定のカニカマ天(110円)がありました。カニ風味に海苔を巻いた天ぷらです。味は微妙ですね。

赤い矢印は渋滞です

 プリンターインクは専門のKズ電器でも大型スーパーでも1個1,050円ですが、ドラッグストアのTハでは980円と言うことが判りました。インクは買いましたがストーブは見ただけです。
 市内を抜けるときは産業道路と言う交通量の多い道や電車線は通らないことにしています。ナビで赤い矢印のところはその向きが渋滞しています。土曜なのに混んでいます。

積雪はこの程度

 本通りと言う道を走っているのですが、本来は片側2車線の道なのに、道路脇の積雪が車窓をふさいで、片側1車線しかありません。
 雪は昨年の大雪と比べるとまだずっと少なくて、ニュースで見る道央の街とは比べ物になりませんが、雪に慣れない土地柄なので混雑します。市の除排雪も全然駄目です。

新しい給餌台

 最近はピーナッツリングにコンスタントにシジュウカラが来ます。
 昨日Hマックで家内が見つけて、二人で衝動買いした新しい給餌台です。右の古いものはオープンなので中でスズメがぎゅうぎゅう詰めになったりハトが入るので使いません。
 今度のはガラス張りで下から餌が出るのですが、まだ鳥たちが慣れません。

2013年 1月11日(金):8010号車デビュー

車庫内の8010号

 新しい市電8010号車のお披露目運転の日です。函館市企業局交通部 のホームページに運行時間が載っていて、駒場車庫出庫の9時55分より少し早く行きました。
 駒場車庫前電停は家から直線距離で一番近いと思うのですが、団地が通り抜けが出来ず、競馬場前電停の方が時間的に楽です。電車は道路の近くに置いてありました。

電車側面の松風かれん

 先の写真で電車の運転席に飾ってあったイラストの女性は、電車の側面に詳細が貼ってありました。鉄道むすめ に関してはリンク先をご覧ください。
 彼女は函館市電の運転士の設定です。箱館ハイカラ號の車掌さんも 鉄道むすめ(北海道ファンマガジン)です。実際今は女性の市電運転手さんもいます。

駒場車庫前電停に到着

 カメラマンは50人くらいいました。テレビカメラも2台以上でした。東京から来た人もいて、どーもくん号は知らなかったようです。
 車庫からゆっくり道路に出て、湯の川方面行きの電停に入りました。乗車証明書が貰えるので、殆どの撮り鉄が乗り鉄(鉄道ファンの種類)なって有難いことです。

811号市電(2011年11月17日)

 新しい市電が登場してめでたい話ですが、この裏で消えて行く市電がいます。
 8000形市電は800形市電の車体更新と前に書きましたが、本車両は811号市電(2011年11月17日撮影)の車体更新車両です。台車やモーターは残して車体だけ更新します。
 今唯一残っている800形の812号も2016年には更新される計画があるそうです。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について