別館


写真絵日記


2013年 6月19日(水):厚沢部にて

バス3台

 今日の昼で上ノ国町での健康診断は終わりました。バスは昨日から3台体制です。
 1番前は胃部車です。胃の撮影装置を備えているので車体が長いです。中央はエコー車と言っていますが、レントゲン装置は積んでおらず、超音波検査などに使います。
 後がデジタル胸部車の18号車で、これ1台で10人まで移動出来ます。

18号車の内部

 これは一昨日撮った、撮影モード時の18号車の内部です。中央奥のカーテンの後ろは運転席です。移動時には写真では横を向いている椅子もこちら向きの椅子も、すべて運転席側を向きます。2人掛けの椅子が合計4個あります。
 こうして待合室として使えるので、胃撮影待ちの人などにも利用して貰っています。

ドライブイン椰子之木のミックスフライ定食

 午後は明日に備えて伊達市に移動なので、昼食は 厚沢部町の道の駅〜あっさぶ 隣の ドライブイン椰子之木(絵日記) に皆で入りました。絵日記にもよく登場します。
 「ご飯のお変わり自由」と言う本日のおすすめの内の1品ミックスフライ定食(780円)を頼みました。ライスを半分にして貰って、フライ1個を同僚にあげて、完食しました。

場所が違う百姓屋

 厚沢部の道の駅の玄関向かって右横にあった 百姓屋(<檜山振興局)と言うソフトクリーム屋さんは「乳化剤・安定剤などの添加剤を一切使用しない」こだわりの牛乳ソフトで人気があります。今までの場所は工事中で、玄関左側に移転していました。
 聞くと11月からは道の駅の内部に入るそうです。冬もきっと食べらえますね。

2013年 6月18日(火):目に豪華

見送りしげっち

 今日から総合健診で7時開始です。昨日会場を撤収したので6時にホテルを出発です。
 そのためには5時に起床しなくてはいけません。12時前にベッドに入ったのですが眠い。
 昨夜から雨が降っていて、上ノ国町との境の見送り 「しっげち」(絵日記) も、もやっています。このしげっちはキセルを咥えた繁次郎に比べて、本当にゆるキャラだと思います。

なよろの水

 レントゲンのM井先生が名寄市で買った、水道水のボトルウォーター なよろの水 をくれました。絵日記では今までに水道水のはこだての水、さっぽろの水、小樽の水を紹介しています。北海道では他に旭川、帯広、網走や釧路などでも 水道水を売っています
 でもはしりの函館市では不採算から、今年生産を中止したそうです。

海鮮ラーメン

 昼はバスを3台連ねて江差港に来ました。お目当ては皆 繁次郎の店(絵日記) です。
 まだマイカは小さくて、採算が合わないので漁はしていないそうです。
 ここでは殆どイカ刺し定食だったので、今日は食べたことが無かった海鮮ラーメン(1,000円)を注文しました。目に豪華ですが、殻から出したり殻を剥いたり大変でした。

ハマナスと開陽丸

 ホテルへ戻る前に少し時間があったので、かもめ島や 開陽丸(絵日記) の方を歩いてみました。もう雨は止んでします。開陽丸青少年センター管理棟の外の生垣のハマナスは今を盛りに咲いていて、蕾も多いですが、花弁も散っています。
 HTB(北海道テレビ放送)HPの 北海道花情報 に投稿しましょうか。

2013年 6月17日(月):上ノ国町で

上ノ国町カントリーサイン

 今日から3日間午前中に 上ノ国町 健康づくりセンターで健診で、今日だけ午後同所で合同健診をしました。この時期には毎年のように同じ健診に来ています。
 隣の江差町からは車で10分余りで着きます。写真は同町のカントリーサインです。2011年5月27日(絵日記) には、勝山館跡ガイダンス施設と菜の花畑を訪ねています。

診察室

 健康づくりセンターには診察室が2つあり、ホールに近い方を毎年診察に使わせて貰っています。カーテンに貼ってある「診察中・・」の小さい布は、診察ブースに使うものを外して、ガムテープで留めてあります。
 明るいし、プライバシーを保ちやすくて、使い勝手が良いです。

健康づくりセンターホール

 昼近くなって受診者がいなくなったときの健診会場のホールです。
 とても広い部屋で、写真左側は大きいな窓になっています。右側は廊下です。
 明日からは総合健診(簡易ドック)なので、エコー車が参加してバスは3台体制になり、会場の正面の向かって奥の方に眼底カメラが置かれます。

草刈りする人

 健康づくりセンターの広い庭には、タンポポモドキやシロツメクサがたくさん咲いていました。昼に写真を撮ろうと思っていたのですが、大勢の人が機械で草刈りを始めました。
 その草刈りで石が飛び、(臨床検査)センター(の係員)さんの車のガラスが割れましたが、代車が当たって明日には直るそうです。庭全部が丸坊主になってしまいました。

2013年 6月16日(日):証拠写真

今日のコチドリ

 江差への移動日です。家内に送って貰いましたが、江差へ来るときは私が運転です。
 恒例のように農耕地を通りました。コチドリは今年はとてもよく見ます。今日は2か所で大きく撮れました。土の上だと見つけ難い色です。幼鳥も撮りましたがぶれました。
 去年まではコチドリは田んぼでは撮れなかったですが、今年は愛想好しが多いです。

ノビタキの証拠写真

 昨年は6月下旬にノビタキ親子の写真がたくさん撮れて、野生動物・野鳥編に「ノビタキ子育て集」をアップしました。父母子供と綺麗に撮れました。
 今日は今年初めて写せる範囲でオスのノビタキを見ましたが、遠くて空が背景で、証拠写真にしかなりません。昨年7月5日撮影のオスの壁紙はこちらです

虫を咥えたイソヒヨドリのメス

 江差へ着いて れすとらん江差家 の駐車場から店内へ向かう途中、目の前の電柱に大きい鳥が停まって、呼びかけるように鳴き始めました。
 見上げると胸や腹がつぶつぶ模様のイソヒヨドリのメスです。2枚目の証拠写真です。探しましたが子供は見つけられませんでした。今年は乙部以来イソヒヨドリも付いています。

のり弁と鱒フライ定食

 今の江差家のホームページトップに載っている1日10食限定の本鱒(ます)を使った「のり弁と鱒フライ定食(930円)」頼みました。ご飯は岩海苔2段使用の弁当です。
 自家製タルタルソースとフライの下のサラダも美味かったです。
 明日から上ノ国町の仕事で、江差は3泊します。

2013年 6月15日(土):ハクセキレイ親子

庭のブルーベリーの花

 昨夜からの雨が午前中まで続きましたが、昼近くに止みました。
 少し明るくなるのを待って、もう一度シギチ(シギやチドリ)探しに下海岸へ行くことにしました。戸井や恵山方面の海岸をこう呼びます。上磯(北斗市)の対語とか。
 庭のブルーベリーが咲き始めました。ドウダンツツジに似た白い花です。

うにとじ蕎麦

 このときの気温は18℃位で肌寒いです。
 昼食は 根埼やたら家 で温かいうにとじ蕎麦(800円)を注文しました。うにとじ蕎麦はここでは初めてで、あっさりした味でした。
 やたら家本店は湯の川温泉電停の傍にありますが、メニューは違います。

カルガモたち(後は函館山)

 マガモは移動の途中に海でよく休んでいますが、カルガモは留鳥で内陸の鳥のイメージがあります。でも結構海で暮らしていて、海岸で子育て(絵日記) することもあります。
 最初の観察ポイントは川が流れ込んでいる場所で、コクガンがよく水を飲みに来ます。
 カルガモも水を飲んでいるようでした。カモメも真水で体の塩を落とします。

ハクセキレイ一家(家内撮影)

 2番目の観察ポイントで、私と反対側を見に行った家内が撮った写真です。
 右は幼鳥です。飛ばずに鳴いていたそうで、親鳥が心配して何度も来ました。
 最後のポイントで電柱の上のイソヒヨドリも撮ったのですが、完全な逆光で+2の補正も効きませんでした。残念がら旅鳥や夏鳥のシギチには会えませんでした。

2013年 6月14日(金):カルガモ7羽と9羽兄弟

7羽兄弟中の4羽

 夕方までは天気は持つそうです。先週6月7日にM川でカルガモ8羽兄弟を見ました。
 近所のS川にもよくいるので、今日は家から歩いて川に行きました。家を出てすぐ、対岸を歩く家内が7羽兄弟を見つけました。私の側からはよく見えません。4羽がやっとでした。
 ばらけていたので家内の側からも1家1画面は撮れなかったそうです。

フランスギク

 あちこちでフランスギクが咲き始めました。この川岸にもたくさんあります。
 ヨ−ロッパ原産で江戸末期観賞用に持ち込まれました。寒さに強く繁殖力も強いので野生化し、暑い地方を除いて日本中に広がりました。マーガレットとは葉の形が違います。
 後程、HTB(北海道テレビ放送)HPの 北海道花情報 に投稿する予定です。

カルガモ9羽兄弟

 しばらく下流へ進むと、電車線の近くでカルガモの9羽兄弟を見つけました。
 フランスギクを撮った近くにいた川岸に住む男性は家内に今朝11羽の兄弟を見たと話したそうです。それが昼には7羽か9羽に減っていたなら本当に哀れです。
 どちらの兄弟も幼いので、今後の無事な成長が心配です。

718号郵便局号

 今年3月26日に初めて見た718号郵便局号が、終点から来て目の前を通り過ぎたところを撮りました。殆ど空ですが、この先の湯の川温泉電停では乗客が多いです。
 道新函館版の「みなみかぜ」に、修学旅行生の間で2002号コカコーラ号を「1日3回見ると良いことがある」と言われていて、運行時間の問い合わせもあるそうです。

2013年 6月13日(木):色々撮ったけど

仁山の残雪

 今日の天気予報は一日曇でしたが、夕方まで快晴が続きました。最高気温は24℃です。
 明日まで2日間は勤務を要しない日です。天気も好いので農耕地から大沼まで鳥見に行きました。まだ夏日も余り無いので、仁山スキー場には残雪があります。
 新幹線の木古内駅から新函館駅への高架は殆ど完成しています。

子供を探すコチドリ

 コチドリやヒバリは何回か見ました。
 コチドリの小さいヒナが走っていましたが速くて撮れません。草の中に入ってしまいました。両親が現れて盛んに鳴きながら探し回っていましたが、ヒナは出て来ませんでした。
 車の周りでうろうろしているので撮り放題でしたが、悪いことをしたような気も・・

pinoのウニとニラの漁師風スパゲッティ

 昼食は七飯町峠下で、北海道昆布館並び、ラッキーピエロ総本店向いの Pino(絵日記) に入りました。ここの「うにと小海老のたらこクリームスパゲッティ」が好みです。
 今日は「ウニとニラの漁師風スパゲッティ(950円)」にしました。カルボナーラと言うよりもスープが多いあっさりした味でした。ウニはたくさん入っていました。

田んぼのヒバリ

 大沼ではエゾリス、アカゲラやカイツブリが撮れましたが、人前に出せるような出来ではありません。他にオオヨシキリとキジバトにホオアカも撮れましたがスペースが無いです。
 帰りに再び農耕地の別の道を通りました。ヒバリが2羽現れて、1羽は車のすぐ傍に止まって鳴いていました。ヒバリはごく普通に観察できる★1つ(亜瑠西社の図鑑)です。

2013年 6月12日(水):海抜表記

萩野吟子象

 午前中はせたな町瀬棚区の会館で商K会の健診でした。
 昼食に昨夜のホテルに戻る途中、所用でせたな町役場瀬棚総合支所にバスを入れました。庭に女性の銅像が見えます。日本最初の女医・萩野吟子(<せたな町)の像です。
 彼女は明治30(1897)年〜明治36(1903)年にこの地で医院を開業していました。

せたな海鮮カレー

 ホテルのレストランでは「ひやまカレースタンプラリー」(< 檜山振興局)参加の「せたな海鮮カレー」(850円)を頼みましたが、スタンプを押す紙を忘れて来ました。
 5月28日には「おとべ黒千石カレー」を、5月30日には「あっさぶコロッケカレー」を絵日記で紹介しました。せたな海鮮カレーは9カ所の店の値段が650〜1,000円とまちまちです。

ホテルの駐車場の525号車

 せたな町は北檜山町、瀬棚町、大成町の3町が合併した町で、名前は平仮名のせたな町ですが、役場や警察などは旧北檜山町の北檜山区にあります。
 北檜山の温泉ホテル は駐車場も広く、こちらで仕事があるときには昼食にもよく来ています。右端の塔のようなものが温泉施設です。

長万部駅は海抜4m

 午後は役所の夜勤者の年2回目の簡単な健診で、対象者が4名だけでした。
 札幌へ帰るバスで長万部駅まで送って貰いました。駅入り口のコカコーラの自販機に「ここの地盤は海抜4m」と書かれています。初めて見るので調べてみると、昨年11月から全道の津波浸水区域内にある約4,700 台にステッカーを貼りました(ハザードラボ のリンク)。

2013年 6月11日(火):2メートルのLANケーブル

大宴会場の健診会場

 午前中の健診は 泊まったホテル の、披露宴などに使う大宴会場が会場でした。
 バスでの移動時間はかかりません。このホテルの従業員だけでなく八雲町の商K会の会員も健診の対象なので、色々な職種の人が受診しました。
 写真中央が視力血圧測定の看護師のコーナーで、右端が診察ブースです。

診察ブースも広い

 1枚目の写真のように舞台端の壁側に、たっぷりスペースを取って診察ブースを作りました。と言っても持って歩く衝立は決まった長さなので、一定以上の大きさには出来ません。
 昨日はとても小さい部屋で診察した話を書きましたが、今日は正反対です。
 でもこういう会場はたいてい少し暗いので、小さい字は見にくいです。

はぴあ八雲の前の525号車

 午後は八雲町中心部にある はぴあ八雲 が会場でした。
 八雲町での仕事は多いので、この建物が昔から無料無線LANが使える FREESPOT であることは知っていましたが、宿泊ホテル客室にも無料LANがあるので使用したことがありませんでした。貴方の街の FREESPOTはこちらから 探すことが出来ます。

2メートルのLANケーブル

 はぴあ八雲では13時半から2時間半で約100名の商K会の会員の受診があって盛況でした。終って明日の健診会場のあるせたな町北檜山へ移動しました。1時間の行程です。
 北檜山の温泉ホテル は年に1〜2回は来ています。プライベートでも宿泊しました。
 広いツインルームには2メートルのLANケーブルが置いてありました。有難いです。

2013年 6月10日(月):小さい部屋

街灯のカニ

 昨夜長万部町の温泉旅館に入りました。今年1月に初めて泊まりまし。
 今回は2間続きでしたが和室で、洗面台は部屋にありますがトイレは共同です。温泉は広くて温かくて気に入ったと 1月23日絵日記 に書いてありました。
 温泉街の街灯にはかにめしで有名な長万部名物のカニが付いていますが、足が3本?

青空です

 昼休みの長万部町中心部での健診会場と健診バスを撮りました。
 バスは525号車と言うトラックベースの巨大なバスで、胃部撮影装置も積んでいるので乗れるのは10名です。今回も丁度10名のスタッフです。
 快晴ですが長万部町の最高気温は19℃で、過ごし易い日でした。

とても小さい診察室

 前記絵日記で1枚目に紹介した役所は、道央道の長万部インターにあります。
 今回は夜勤者の年2回目の簡単な健診ですが、1月のときと同じとても小さい部屋で診察をしました。机1つを挟んで向かい合った椅子が2個入っています。
 受診者と膝がぶつかる狭さですが、聴診はしやすいですね。

温泉旅館のツインルーム

 明日は八雲町2か所で健診なので夕方そちらに移動しました。
 今回はいつもの駅の隣のビジネスホテルでは無く、国道5号線沿いの函館よりにある 温泉ホテル です。明日午前中はこちらの健診です。
 共同トイレの和室の旅館から来ると、バストイレエアコン付きの洋室は天国です。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について