別館


写真絵日記


2013年10月 7日(月):オシドリ群れで休憩中

犬走りの上の3羽

 先週から始まっているさる役所の健診を今日から担当します。今日明日はレディスディで少し早く終わって、昼に家へ帰れました。食事に外出したのでM川へ行ってみました。
 サケが泳いでいて堤防の下を見ると、犬走り(段になった所)にオシドリが3羽見えます。通りかかった年配の男性がサケのことを聞いて来て、オシドリは水に降りてしまいました。

エクリプスから脱したオスのオシドリ

 クチバシの色から見ると3羽が赤くて、それらはオスです。
 その内の1羽はエクリプス(オスがなるメスのような夏羽)をもう脱して繁殖羽になっています。お尻の上にはイチョウバネも出来ているようです。
 野生動物・野鳥編に「オシドリのエクリプス」と言うページがあります。

4羽でした

 犬走りに乗っているときには3羽しか見えませんでしたが、水に跳び込んで泳ぎ出したら群れは4羽でした。一緒に移動して来たようで、離れていたのにじきに集まりました。
 右端の先頭を泳いでいるのはクチバシが黒くて、これはメスです。メスは夏冬同じ姿です。他の3羽はクチバシが赤くてオスで、冬羽(繁殖羽)への換羽の状態がまちまちです。

木陰に隠れるようにしている

 この辺りでも夏を過ごしているオシドリはたまに見ますが、群れにはなっていません。
 飛び立って逃げないので人馴れはしているようですが、その内に対岸の柳の枝の下に入ってしまいました。1番手前にいるのがメスで、右奥が羽が派手派手なオスです。
 他の2羽も冬に向かって繁殖羽に変わって行きます。明日もここにいますかね?

2013年10月 6日(日):今週もフルーツ買いに

大きくなったつがる

 最近毎週のように七飯町にフルーツ買いに行っています。
 今日もパープルアイと言う大きいプルーンを求めて、先ず トトロの里(絵日記) に行きましたが、まだ早いと言われました。年によって時期に差があります。
 つがるはとても大きくなっていましたが、前と同じ値段で5個買いました。

ハウス工藤園芸にあったプルーン

 七飯町への旧道が赤松街道と交わる近くにある ハウス工藤園芸 はハウス栽培の花屋さんのイメージが強く、各種講習もしています。
 道路脇のプルーンののぼりを見て立ち寄りました。小さいプルーンがたくさんあり、手前は生食用で1パック350円、向うはジャム用で200円です。生食用を3パック買いました。

マリーゴールド畑

 七飯町のマリーゴールド畑が増えて来て、このように満開に近い物もあります。
 この花には地中の寄生虫のセンチュウの忌避作用があることから、七飯町では数年に一度畑に植えて、緑肥として花の盛りに畑にすき込みます。
 恒例なので後程、HTB(北海道テレビ放送)HPの 北海道花情報 に1枚投稿します。

3パック分のプルーン

 家に帰って3パック1,050円分のプルーンをざるに入れてみました。
 鉄分が豊富と言うし、皮ごと食べられるのでプルーンは体に良いと思います。
 買うときに「シュガープルーンですか?」と聞いたら、売り子のご婦人は「シュガーも入っていると思うけど・・」と歯切れが悪かったです。品種までにはこだわらないのかも。

2013年10月 5日(土):怒らないで

遊歩道の柵のウミネコ

 天気はパッとしません。家でゴロゴロしていましたが、床屋さんと15時の予約が出来て、その少し前に車でM川に行きました。昨日もそうでしたがゴイサギは見られません、
 遊歩道の同じような場所によくウミネコが止まっています。いつも1羽なので同じウミネコかも知れません。何かする訳でもあちませんが、近くへ行くと飛び立ちます。

怒っている

 その後、怒ったように鳴いていましたが、近くの柱の上に止まりました。
 怒って鳴いているところを撮ろうとカメラを構えましたが、もう鳴かないで、何と排泄物を落としました。離れているので当たる訳でもなく、それを狙ったとは思えません。
 オオセグロカモメもウミネコも川の浅い所でよくサギのように漁をしています。

3003号五勝手屋号

 ウミネコの写真2枚だけでは淋しいので、3日前の10月2日の昼に撮った函館市電の写真を見て下さい。市電は近くを通ると写真を撮ることにしています。
 3003号五勝手屋号で、スポンサーは羊羹で知られた江差の五勝手屋本舗です。3000形は4両しかなくて、屋根の上に大きいエアコン装置を付けているので外形だけで判ります。

函館けいりんのりんりん号

 正面から見て大きい目玉が見えるのは、この716号りんりん号と719号の人権号です。
 710形は9台が現役で運行していて、函館市電では8000形に次ぐ大勢力です。丸い車形に特徴があって、遠くから見ても710形はすぐ判ります。
 710形では、今723号だけが無広告の笹色ツートンで走っています。

2013年10月 4日(金):今年もようこそ函館へ

東室蘭のホテルの7階の部屋から

 昨日の絵日記の終わりにちらっと書きましたが、昨夕16時に健診バスで3時間かけて東室蘭に移動しました。天気予報通り強風になり、風で押されて歩きづらいほどでした。
 気温も下がって、東室蘭のホテル はまだ暖房に切り替えて無くて寒かったです。
 朝部屋の窓から眼下を撮りました。天気は回復して風も止みました。

駐車場は少し離れています

 ホテルは特急停車駅の東室蘭の1等地にあるので、ホテル裏の駐車場が狭くて、少し離れて駐車場を確保しています。左側の19号車の上に見える茶色いビルがホテルです。
 今日は電信電話会社の室蘭のビルの健診で、受付終了が11時10分です。用意しているより1便早い11時53分東室蘭発の函館行特急に間に合うか微妙なところです。

駅弁母恋めし

 うまく間に合って11時半に会場を離れて、近くの東室蘭駅に行き切符を切り替えました。
 すぐ列車が出るので駅弁を買わねばなりません。有名な 母恋めし (<農林水産省)を東室蘭駅のコンビニキヨスクで買いました。温めると貝が硬くなるそうです。
 メインはほっき飯のお握りで、箸が付いていません。一度はどうぞ。

ようこそ函館へ

 予定より1時間40分くらい早く帰れました。迎えに来てくれて家内がヒマワリが綺麗に咲いたと教えてくれました。昨年は9月26日にHTBの北海道花情報に投稿 しています。
 「函館駅前花いっぱい業務委託」の看板がありました。りんぞうと言うミニヒマワリです。天気で負けますが季節の便りですので、今年も同じ 北海道花情報 に投稿します

2013年10月 3日(木):かなり珍しい

どーもくんが入り口に

 昨日と同じ健診先で、やはり昼は昨日の蕎麦屋さんに行くことにしました。
 目の前を昨日帰宅したときに乗った函館市電唯一の部分低床車8101号どーもくん号がやって来ました。昨日の絵日記で使った写真はどーもくんが2人描かれた面ですが、昨日はこちら面から乗りました。大きいどーもくんが入り口に描かれ、インパクトが強いです。

ハコダテニキテクダサイダー

 柏木町電停の前に 回転寿司まるかつ水産 の本店・柏木店があり、玄関前の自販機で珍しいサイダー売っているのに昨日気付きました。これは目立ちますね。
 ハコダテニキテクダサイダー(<e-HAKODATE)で200円です。はこだてビールを醸造するマルカツ興産が製造・販売する100%函館山の天然水から製造されたサイダーです。

箱館ハイカラ號

 昼食を取って、仕事先に戻るときに函館市電39号箱館ハイカラ號がこちらに向かって来ました。最近は時々乗っていて、車内の様子を絵日記でも紹介しました。
 復元チンチン電車箱館ハイカラ號については 北海道の旅 の函館市電2010〜13に詳しく書きました。冬期と毎週火曜・水曜は運休されます(<函館市企業局交通部)。

函館バスの函館浪漫号

 健診先のある通りから電車線への交差点に函館バスの函館浪漫号が信号待ちしていました。これはかなり珍しいのでついていました。停まっているのでいるので楽勝です。
 由来等についてはこちら(<はこぶら)をご覧ください。一度は香川県で廃車後に修復されていましたが、2007年に函館バスが中古車販売店から購入しました。
 夕方室蘭に移動しましたので、絵日記のアップが遅れました。

2013年10月 2日(水):部分低床車の段差

超低床車らっくる号1号(9601号)

 今日と明日の健診先は電信電話会社の大川町のビルで、市電の柏木町電停と杉並町電停の間にあります。昼休みに食事に外出して、行き帰りにたくさんの市電を撮りました。
 超低床車らっくる号の第1号(9601号)で、段差も無くて使いやすく、今は9602号と2編成ですが、2013年度と2017年度に超低床電車1両ずつ購入する計画があるようです。

さんてい柏木店の蕎麦

 昼食は創作蕎麦が豊富な さんてい(三貞)柏木店(絵日記) に行きました。
 今日は新作の「黒豚冷しゃぶサラダそば(950えん)にしました。函館男爵黒豚の冷しゃぶと谷農園、ばんば屋、高坂農園の日替わり新鮮野菜のコラボレーションで、自家製ゴマドレッシングだしで食べます。とても食べやすかったです。黄色い球はトマトです。

どーもくん号8101号で帰宅

 市電の柏木町電停から自宅近くの競馬場前電停までは2区間だけで、今日も市電で帰宅しました。乗ったのは部分低床車の8101号どーもくん号でした。
 8101号については 北海道の旅 の「函館市電2010〜13」に詳しく書きましたが、807号からの車体更新車両で、中央の乗り場の部分だけが低床になっています。

2段階も段差がある

 今日乗って、中央の低い部分に乗客が1名しかいなかったので、その段差を撮りました。
 写真の奥がそうですが、車体の前後の部分は下に車輪などがあるので、普通の市電のような高さがあります。乗車口のある中央部だけを低床にしたので、こんな段差が出来てしまいました。そのため使い難いとこの1両だけになりました。

2013年10月 1日(火):蛸ミンチのパスタ

雨の高砂通り

 スタッフの宿泊ホテルの近くから真っ直ぐ高砂通り進んでいくと、健診先に行き着きます。目的地近くで横切る駅前通りは恵山国道で、右に 棒二森屋 の看板が見えます。
 今日も雨で雲が低いですが、突き当りの緑は函館山です。8時33分の撮影です。
 目的の健診先は昨日と同じ建物で、デパート立体駐車場の筋向いになります。

会議室が会場

 会議室が健診会場になっています。これは開始9分前の8時51分撮影です。
 左端が受付、右奥が検尿と体脂肪測定、右端が視力血圧測定のコーナーです。2台ある視力計は高さの低いVDT健診用の視力計です。ここでは殆どの写真がPCを使うので、5mの遠方視力と50cmの近方視力の両方を計ります。右手前の椅子3個は診察待ち用です。

Cafeにしむらの今日のランチ

 今日は健診は昼までで、家内と 棒二森屋 別館アネックス2階の Cafeにしむら(<ホットペッパー)で待ち合わせました。蛸ミンチのパスタの写真が気になっていたからです。
 本日のランチ(1,000円)の1つは今週のパスタの蛸(たこ)ミンチと海老のトマトソースパスタにサラダ、デザートとドリンクです。蛸ミンチとトマトソースは微妙な組み合わせです。

窓の下を市電が通る

 昨日昼食を取ったレストラン和家は7階からで、市電の細かい様子は判りませんが、ここは電停に面した2階です。塗装の細部までよく判ります。
 電停を出て行くのは724号イチヤママル号、八雲町落部の長谷川水産の宣伝車両です。後は昨日の絵日記にも登場したJR函館駅です。雨は今日までのようです。

2013年 9月30日(月):市電で帰宅

レストランからJR函館駅を見る

 雨になりました。明日も雨の予報ですが、今日と明日は電信電話会社の函館駅近くのビルでの健診です。昼食は傘を差して、近くの 棒二森屋 のレストラン和家に行きました。
 7階なので見晴が良いです。窓ガラス越しにJR函館駅を撮りました。花壇が雨の中で鮮やかです。駅の向こうには巴大橋と函館港が見えます。左の茶色の壁は別館です。

フルーツポークのサラダソバ

 9月7日に はこだてグルメサーカス(絵日記) を見に来たときも、昼食はここで冷製パスタを食べています。今日はフルーツポークのサラダそば(850円)を注文しました。
 フルーツポーク は上ノ国町で果物ややミルクを与えて育てた豚肉のことです。野菜もカボチャ、ナスビ、アスパラガスなどがたくさん入っていて豪勢な感じでした。

市役所前電停に入って来る2001号やきとり弁当号

 いつも家内に車で送迎して貰っていますが、市電の電停の近くで仕事が終ったときには、たま(本当に「たまに」ですが)に市電で帰宅しています。
 健診先は市役所前と函館駅前電停の中間くらいでしたが、市役所前電停に行きました。少ししてやって来たのは2001号やきとり弁当号で、ハセガワストア の宣伝塗装です。

後から来た貸切の530号函館市電

 地元の人以外に観光客のような荷物を持ったカップルも近くに乗っていました。
 道路が混雑していなかったので25分で競馬場前電停に着きました。料金は240円です。
 乗った市電の後を「貸切」と書いた市電530号が走っていました。北海道の旅 の「函館市電2010〜13」に書いたように古い型で余り使われません。降りた電停で撮りました。

2013年 9月29日(日):ミヤマカケス2羽

モミジの種

 かなり長らく見晴公園に行っていません。エゾリスの大きさも忘れそう。
 1日曇の予報に反して、快晴で最高気温は23.4℃、長袖にチョッキでは暑かったです。
 見晴公園では秋の気配はまだ殆どありません。でも釣り花が弾けたり、写真のモミジの種が色づいていました。HTB(北海道テレビ放送)HPの 北海道花情報 に投稿します。

水辺のミヤマカケス2羽

 公園を半分ちょっと廻って最初の位置に戻ると、ミヤマカケスの鳴き声がして2羽が見えました。写真を撮りながら追いかけて行くと2羽は水場に降りました。水を飲んでいます。
 こんな光景は初めて見たのですが、すごく暗い所で向こうのカケスにピントを合わせたら、こちら側はぼけぼけになってしまいました。こんな時はISOがオートでは駄目です。

木の上のミヤマカケス

 木の間をヒラヒラ飛び回っているので、追いかけて何枚も撮りました。
 これはISO感度は1600にしています。ミヤマカケスは本州のカケスの北海道亜種で、詳しくは 野生動物・野鳥編の「ミヤマカケス図鑑」をご覧ください。
 冬になると人里に来る鳥のイメージで、今日は早い出合いと思いました。

愛想好しのエゾリス

 手分けして別の場所を廻っていた家内を見つけると、エゾリスに餌を手渡しています。
 ミヤマカケスがいたと話したら、エゾリスを私にまかせてカケス探しに行きました。このエゾリスは満腹のようであげた餌は皆埋めてしまいます。
 私は2匹、家内は3匹のエゾリスを見ました。耳毛はまだ短いです。

2013年 9月28日(土):ノビタキ冬羽

あぐりへいやの果物

 七飯町へ水汲みに行く日ですが、久しぶりに農耕地を通りました。
 途中で大野新道沿いのJA新はこだて直売所 あぐりへい屋(絵日記) に寄りました。プルーン(5個300円)、(ツガル3個250円)などすべてに生産者の名が書かれています。
 関東に住む子供たちに地場産の新米を送って貰いました。

ノビタキのメスの冬羽のようです

 お米は半分くらいがすでに刈られています。水は無いのでサギ類はいません。
 ヒバリは何羽か見ました。他に小さい鳥で多くいたのが写真の鳥で、ノビタキと思いましたが、調べてみるとメスの冬羽のようです。9月は冬羽です。
 モズのような過眼線のあるオスの冬羽も見ましたが、撮れませんでした。

カルボナーラ風

 昼食は久しぶりに七飯町峠下で国道5号線沿いの Pino(絵日記) に入りました。向いに ラッキーピエロ峠下総本店(絵日記) が出来て影響を受けているかも知れません。
 今日は「ポークとキャベツのカルボナーラ風スパゲッティ(900円)を頼みました。カルボナーラ風とはカルボナーラと違うのでしょうか。肉も野菜も歯応えがありました。

枝上のゴイサギ

 15時前に戻ったので、M川に廻ってみました。
 今日はホシゴイ(ゴイサギの幼鳥)は水面に降りて餌を取っていました。水鏡が綺麗に撮れたので別館のトップ写真にしました。多分同じホシゴイと思います。
 枝の上に乗ったゴイサギも見つけました。動かないので居眠りをしているのかも。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について