別館


写真絵日記


2013年12月26日(木):久しぶりの市電撮影

721号こくほ号

 年末などで色々雑用があります。宅急便を出して、郵便局へ行って、函館駅前の 棒二森屋デパート に用事のある家内のお供をしました。
 久しぶりに市電を撮ろうと思いました。12月20日の絵日記で来年1月にらっくる号3号のデビューと引き換えに710形市電が1両引退と書きました。どれでしょう?712号こくほ号です。

函館駅前電停

 北海道の旅 ・函館と道南の市電のページの古い2作は「市電の光景」です。
 電車そのものより街の中を走る市電が入った風景を撮ろうと思っていましたが、ついつい市電が大きくなってしまいます。これは函館駅前電停です。
 右はらっくる号2号9602号で、後の雪が少しある山は函館山です。

笹色ツートンの723号

 古い標準塗装である笹色ツートン塗の723号です。
 前はスポンサーも持っていました。サンクス号だった頃の写真が「函館市電2010〜13」に載せてあります。サンクスは同号の写真コンテストもしていました。
 笹色ツートンは812号もそうです。無広告の723号が引退でしょうか。

cafeにしむらの今週のパスタ

 昼食は携帯電話のワンギリで連絡して、棒二森屋アネックス館の2階の cafeにしむら (<ホットペッパー)に入りました。前にも来ています。今週のパスタです。
 「厚切りベーコンとモッツアレラチーズのトマトソースパスタ」で、サラダ、ドリンクとデザート付きで1,000円です。家内のズワイガニのカニカニオムライスの方が美味しそうでした。

2013年12月25日(水):年賀状投函

来年年賀状上部

 今年の年賀状は干支に無関係にウミアイサの写真を使いました。
 来年は路面電車開業100年の市電の写真にしようと思ったら、うまい具合にJRA函館競馬場の馬の絵の市電(9月からは函館自由市場号に塗装変更)がありました。
 葉書下部に近況など書き、200枚昨日1日で印刷出来て、本日投函しました。

ユリカモメとカルガモ

 上磯ダイエーで買い物があるので、その前に少し先のH川を覗いてみました。
 ユリカモメは5羽くらいで、今年は今までオオハクチョウを見ていません。写真はユリカモメとカルガモで、大きさがかなり違います。今年は暖冬で鳥の動きがいつもと違うようです。
 そう言えば近所の川にもコガモが殆ど来ていません。

さんぱち北斗店店内のネオン

 昼食はトライアル隣の ラーメンさんぱち 北斗店に入りました。
 味の時計台の函館市内の直営店閉鎖以降、函館では余りラーメンは食べてはいません。私は醤油(700円)を家内は味噌(750円)を頼のみました。具は多いですね。
 味とかは標準的と思います。店内にネオンがあったので1枚撮りました。

北海道うまいもの農園

 さんぱち北斗店は初めて入りましたが、隣に 北海道うまいもの農園農産物直売所 があるのに気付きました。HPによると函館、北斗市と倶知安町に直売店があります。
 さる農業資材の卸会社の運営で、JAの直売所などとは違います。北海道産の野菜などと同じくらい本州産の野菜などが売られていました。愛知県産のキャベツも買いました。

2013年12月24日(火):ダイサギ水鏡

HTBのカレンダー

 花通信員として2002年3月の開設以来参加している北海道テレビ放送(HTB)HPの 北海道花情報 の担当者T橋さんから、今年も来年の卓上カレンダーが届きました。
 初めの頃はonちゃんの人形などグッズをたくさん頂きましたが、今はこれだけ。
 12月分がクリスマスのデザインなので表紙と共に紹介します。

流木の傍で

 出かける前に川を覗いてみました。天気予報では曇時々雪でしたが、昼は快晴でした。
 M川の人だけ渡れる橋の近くの浅い場所に流木が引っかかっています。そこにダイサギが見えたので、魚獲りの邪魔にならないように近付きました。
 流木の枝の中にはきっと魚がたくさんいるのでしょう。

小魚獲った

 人馴れしていても近くで私が写真を撮っているのが嫌なので、川の中央の方に歩いて行きました。対岸の白い柵が水に映った中に入ってくれました。
 盛んに水面を突いていました。写真を見ると小魚が撮れています。
 ダイサギはたくさんいて真っ白なので、家内は殆ど撮りません。

カモメが邪魔?

 行きにはカルガモしか見えなかったS川のアオサギの橋から、ダイサギが漁をしているのが見えました。アオサギは今日は出稼ぎのようです。
 水面を突いて魚を狙っていると、同じように漁をしているカモメが下流から傍へ泳いで来ました。カモメの方がすばしっこいようで、ダイサギより多く顔を水に突っ込んでいました。

2013年12月23日(月):青いシクラメン

青いシクラメン セレナーディア

 家内が友人に花を贈りたいと言うので、お供して柏木町の かすみ園 に行きました。
 店内では写真の青いシクラメンを初めて見ました。鮮やかな青い花がとても目立ちます。サントリーの セレナーディア と言う品種で、これを購入しました。
 日本フラワー・オブ・ザ・イヤー 2013でベスト・フラワー賞受賞 したそうです。

Bees.Bee外観

 12月20日にネットで調べた RISTORANTE La.Stella で昼食を取りました。
 今日は買い物に出る柏木町までの間を検索して はこぶら の「カジュアルレストラン・食堂」の部の Cafe&Restaurant Bees.Bee(カフェアンドレストラン ビーズビー) に行くことにしました。深堀町電停から東山方向に曲がってじきの場所にあります。

店内

 店内はピアノが置いてあって、落ち着いた感じです。壁にはおびただしいワインのビンがありました。宴会を募集しています。
 入ったときは他の客は1組でしたが、その客が帰った後には2組の来店がありました。
 ランチはスープ、サラダ、デザート、ドリンク付きで1,050円からです。

パスタランチのペペロンチーノ

 ランチの種類はオムデミランチ、カレーランチが1,050円、ベジタブルヤキニクランチ、ハンバーグランチとパスタランチが1,160円、コンビネーションランが1,500円でした。
 パスタランチのパスタは4種のパスタから選べて、写真はペペロンチーノです。家内は季節物のXmasa Lunch(1,500円)を頼み、ボリュームたっぷりで、今夜はお茶漬けです。

2013年12月22日(日):茂辺地川のオオハクチョウ

ユリカモメとオオバン

 家内の発案で当別のトラピスト修道院近くの レストラン龍杉創 (りょざんそう)へ昼食に行きました。1,2月は冬期休業で、前に聞いたら12月24日まで営業とのことでした。
 途中北斗市上磯のH側を覗きました。19日によりたくさんのユリカモメがいました。中州で休むユリカモメの後を、これ又よく見る黒いオオバンが歩いて行きます。

カワアイサ

 カワアイサは今日は4羽が愛想好しで、内オスは右の1羽だけでした。もう1羽のメスは落ち着きなく泳ぎ回っていて、一緒の写真は難しかったです。
 もう1組3羽のカワアイサと思われた群れがいましたが、堤防を近付いて行ったら、離れていたのに飛び去ってしまいました。もしかしたらウミアイサやホオジロガモだったかも。

上磯漁港のコクガンたち

 19日と同じく近くの上磯漁港にも行ってみました。
 小さい漁船を揚げ降ろしする斜路は、他の場所より浅くて、高い方も干潮時には潮が引きます。そのため海が荒れたときには、多くの鳥が集まることがあります。
 今日もおびただしいカルガモと10羽くらいのコクガンやヒドリガモなどがいました。

茂辺地川のオオハクチョウとユリカモメ

 当別の手前の茂辺地川は昔おびただしいユリカモメを見たことがありましたが、今日はオオハクチョウが7羽いました。足許の小さい2羽はユリカモメです。
 レストランは冬期休業に入っていて、修道院で買い物をして帰りました。函館に帰ってからはアオサギ3羽とカイツブリ1羽(上磯のH川にも1羽いました)を撮りました。

2013年12月21日(土):草を食べるコクガン

見詰め合ってはいません

 今日から冬休みに入りました。幸い積雪も無くて動き回れそうです。
 昼前が干潮なので、それに合わせて下海岸(市内の戸井恵山方面の海岸)へ行きました。12月7日にオオハクチョウのペアを見つけた川には、4羽のハクチョウが見えました。
 近くの古い橋げたの上に、ダイサギとオオセグロカモメが見詰め合うようにいました。

4羽のオオハクチョウ

 オオハクチョウは上流にいます。雪も無いので川岸を歩いて近寄りました。
 2組のカップルのように見えました。近付いて来た私を気にする訳でもなく、上流へ餌を食べながら悠々と泳いで行きます。このときは2羽がこちらを見たようでした。
 色々な場所でオオハクチョウが越冬しますが、身近にいてくれると楽しいです。

地面のコクガン

 コクガンを探しながらよく行く旧戸井町の漁港まで行きました。
 斜路にコクガン2羽とヒドリガモがたくさんいたので家内が撮りに行きましたが、逃げられました。帰ろうとしたら、何と道路側の壁の前の草地で1羽のコクガンが草を食べています。
 愛想好しでたくさん写真を撮りました。草を食べるのは初めて見ました。

左は草をかじっている

 そのコクガンは飛び去って港内の仲間と合流しました。
 もっと先まで行って、帰りに港へ寄ると、今度は2羽が草を食べています。
 図鑑には草を食べることは書いてありませんが、ネットでは報告例が少しあります。仲間のマガンや近縁のハクチョウが草を食べるのだから、ありそうなことですか?

2013年12月20日(金):ワタリガニのスパゲティ

五稜郭公園前電停

 今朝7時20分の五稜郭公園電停です。2002号のパンタグラフが少し欠けてしまいました。
 昨日の北海道新聞によると新購入(2億2800万円)のらっくる号3号が18日に試運転して、1月中には営業運転を開始するそうです。それに伴い710形1両が廃車の予定とか。
 北海道の旅 の「函館市電2010〜13」にあるように、710形は現在9両あります。

ラ ステラ外観

 昨日の続きですが、今日は本当に記録的早さに終わりました。
 健診先に迎えに来てくれた家内と、そこと家との中間にあたるRISTORANTE La.Stella(リストランテ ラ ステラ)と言うイタリアンの店に昼食に行きました。
 行ったことの無い店をと ホットペッパー グルメ で探しました。パスタが目的です。

店内の様子

 広い駐車場で、私たちが着いたときには他のお客はいなくて、ちょっと不安になりました。店内はさっぱりした感じです。段々来客が増え、その内4組9名になりました。
 お店のことは はこぶらのLa.Stella が詳しく書いています。
 ランチは1,050円から3種類ありましたが、珍しい物を単品で頼むことにしました。

ワタリガニのスパゲティ

 私はウニのトマトクリーム(1,600円)を注文しましたが、外観が目立つ家内の注文したワタリガニのスパゲティ(1,680円)の写真をご紹介します。取り分けざらで試食しましたがカニの味がたっぷりでした。他にサラダとコーヒーを頼んでいます。
 今日で年内の仕事が終って、ささやかに昼食で祝った次第です。お疲れ様でした。

2013年12月19日(木):コクガンとユリカモメ

のとやのばらチラシ丼そば

 今日は受診者の構成などから、T谷マネージャーが記録的早さに終わるかもと言いました。でも11時過ぎに八雲町からの受診者などもあって、同じになってしまいました。
 昼食は家内と北斗市七重浜トライアル向いのお食事処のとやに行きました。ランチメニューの海鮮たっぷりの「ばらチラシ丼そば(1,220円)です。コーヒー無料です。

上磯漁港のコクガン

 函館を出たときより小降りになって来ましたが、雨が降り続いています。
 目的地のH川を覗く前に上磯漁港に寄ってみました。なんと斜路に、ここでは見たことが無かったコクガンが10羽以上います。たくさんのカルガモの他にヒドリガモもいました。
 もう干潮の盛りは過ぎていると思うのですが、斜路の海草を食べていました。

船に立つアオサギ

 車の窓を開けてコクガンを撮っていると、近くにいたらしいアオサギが飛び出しました。
 逃げるのかと思ったら埠頭に繋がれた小舟の上に止まって、じっと立っています。
 私たちが立ち去ったら水辺に戻るのかも知れません。全体に灰色っぽくて、冠羽や飾り羽も目立ちません。若いアオサギだろうと思います。沖にはシノリガモもたくさんいました。

久しぶりのユリカモメ

 H川でサケ漁が始まってからユリカモメが見られなくなったと2度ほど絵日記に書きました。今日は港でコクガンを撮っているときにすぐ近くに1羽飛んで来て海面に降りました。
 H川の方に行くと、数羽のユリカモメが水底のイクラ狙いで水中に跳び込んだり、泳いでいました。カワアイサも健在ですが、雨が降っているので近くへは行きませんでした。

2013年12月18日(水):大玉と特大

路面電車100年

 朝いつものように送って貰う際に市電8009号を撮りました。ISO感度を上げているとシャッター速度が上がって、LEDの行先表示器の文字が流れて、読めなくなります。
 最近はISO感度をオートにしていて、これはISO 100でシャッターは1/125秒でした。左上のように「路面電車は開業100周年を迎えました」の文字がはっきり読めます。

太鼓橋の上のダイサギ

 好天の予報なので、迎えに来てくれた家内と大沼公園に行きました。
 小沼は大分凍っていますが大沼は端だけ氷です。駒ケ岳の水鏡を狙って、時々食事する ターブル・ドゥ・リバージュ の方に行くと、太鼓橋の上にダイサギがいました。
 家内が見ていたら飛んで来て橋げたに降りたそうです。凍って来て困っているのかも。

駒ケ岳の水鏡

 駒ケ岳が水鏡になって大沼に映るのは、風が殆ど無い日だけで滅多に見られません。
 壁紙プレゼントの2008年2 に2枚あり、自信作は こちらをクリック で表示されます。
 今日はさざ波がありましたが、水鏡が出来ていて、大沼湖畔を一周しました。フレンドリーベア の小動物園・ふれあい広場の前の湖畔から撮った駒ケ岳です。

大玉のリンゴと特大のふじ

 帰りには峠下の七飯岳の湧水を40L汲みました。
 更に函館新道大川IC横の松浦果樹園でリンゴを買いました。写真の左右は大玉のふじと王林で、5kgが16個入りで2,000円(1個125円)、箱入りは2,300円(1個144円)です。
 中央は1個200円の特大ふじで416gありました。大玉は約320gです。

2013年12月17日(火):函館カレーEXPRESS

2階が五島軒函館カレーEXPRESS

 今日は午後に臨時の仕事が入っていて、北斗市へたった一人の健診に行きます。定期Uと言っていますが採血の無い健診で、行くスタッフは私を含めて4名だけです。
 行く前に食事をすることになって、レントゲンのM井先生と五稜郭タワーの五島軒のカレーショップに行くことにしました。アトリウムから見上げた2階がカレーショップです。

五島軒函館カレーEXPRESS入り口

 ずっと昔、五島軒のレトルトカレーを出すコーナーがありましたが、今は立派なレストランになっています。入り口左側でレトルトカレーを売っていて、試食も出来ます。
 五島軒レストラン 函館カレーEXPRESS と言う名前でした。メニューの一部は前記リンク先にありますが、実際はもっと豊富なメニューでした。

ハヤシビーフ

 五島軒本店の レストラン雪河亭 でも何度かカレーを食べています。
 今日はハヤシビーフ(900円)を頼みました。具豊富で、肉も野菜もたくさん入っていて、味はマイルドでした。向うに見えるのはM井先生の注文したポークカレーで、別盛りです。
 値段は一般的な食堂よりやや高目の設定だと思います。

窓から見下ろすアトリウム

 店内の窓から五稜郭公園は見えません。窓から見えるのはアトリウムの内部と、その先の窓ガラス越しの公園です。窓側のらせん階段を登ると2階です。
 五稜郭タワーと言う観光地の真ん中で、ロケーションとしては最高です。日本で一番古いフレンチレストラン?と言う五島軒のカレーを簡単に味わうことが出来ます。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について