別館


写真絵日記


2012年 6月18日(月):思い入れのある八重ハマナス

健診会場

 今日からの健診会場は上ノ国町健康づくりセンターで、毎年のように来ていますので絵日記にも毎年写真を載せています。広い窓から少し離れた右側が心電図、隣が採血、一番左が視力血圧で、左端の明るいところは診察室の中待合です。
 対象が違うので今日は8時開始、明日からは何と7時開始(6時15分出発)です。

思い入れのある八重ハマナス

 会場は上ノ国町役場の裏手にあるのですが、役場側の庭に濃い色の花の大きい八重咲きのハマナスがあります。今は終わった花も目立ちますが、とても良い香りがします。
 この花の写真を2008年度に北海道花情報に投稿し、北海道花情報中文版 の上から3枚目に取り上げられています。全12枚中3〜8枚目の6枚は私の撮った写真です。

右の小さい入り口が上ノ国駅

 今日の昼過ぎのJRでM山看護師さんが札幌まで帰ります。
 JR江差線は1日6便しかなくて、江差駅は 北海道の旅 の「北海道の頭端駅」で取り上げていますが、上ノ国駅は列車で通ったことしかありません。
 行ってみると、上ノ国町商工会館の建物の一角で右側の入り口がJR上ノ国駅でした。

上ノ国町役場

 駅のホームにルピナスが咲いていましたので、後程、HTB(北海道テレビ放送)HPの 北海道・花情報 に投稿する予定です。
 昼食に外出した際に上ノ国町役場の写真を撮りました。上ノ国は北海道で最も早い時期に和人が定住した地であるとされ、役場も堂々たる威容があります。

2012年 6月17日(日):まだいたオオハクチョウ

まだいたオオハクチョウ

 明日から3日間江差町に泊まって、隣町の上ノ国町で健診です。
 いつものように家内に送って貰いました。と言っても江差町までは私が運転し、帰りは家内が一人で運転して函館まで車で戻ります。
 途中田んぼを通ったら11日にいて、15日には見られなかったオオハクチョウがいました。

車海老ハヤシライス

 昼食にはよく活イカ刺しを食べに行くかもめ島入り口の繁次郎の店を覗いたのですが、12時過ぎたばかりなのに活イカは売り切れと言われました。日曜だからかも。
 そこから高台へ上がった、れすとらん津花館(ホームページ閉鎖したよう)へ行きました。ここもよく行きます。車海老ハヤシライス(1,100円)です。野菜も多いですね。

エゾスカシユリ

 水曜の昼に上ノ国町で健診が終わります。江差で健診バスから降ろして貰う予定だったのですが、家内が会場まで迎えに来てくれると言うので、そちらまで行きました。
 途中は海岸です。道路脇の法面の上の方にエゾスカシユリが何本か咲いていました。7月の花と思っていましたが、今が満開で見頃です。

海岸の崖のエゾカンゾウ

 エゾカンゾウももう咲いていると先日ニュースで知りました。
 上ノ国町の道の駅の裏の崖に、エゾカンゾウが群生していて、何回か写真に撮りました。行ってみるとやはり満開状態です。
 後程、HTB(北海道テレビ放送)HPの 北海道・花情報 にこの2枚を投稿します。

2012年 6月16日(土):頑張れ!母さん

コチドリはたくさんいます

 今日も本曇りですが昼前にM川河口部に行きました。エクリプスになりかけのオシドリはいません。最初は街側の岸を歩きました。ここからY川が分岐しています。
 M川の対岸にもY川の洲にもコチドリが何羽かいました。鳴きながら飛んで場所を変えるので数は判りません。これはY川で撮った33%縮小画像です。小さい鳥ですよ。

2羽兄弟のカルガモ一家

 M川の対岸を家内が撮っているので見ると、2羽兄弟(姉妹かも)のカルガモ一家でした。
 ヒナの前をコチドリが走っていましたが、それは撮れませんでした。
 羽の下にヒナを隠すように現れたと家内は言っていましたが、2羽の兄弟は厳しいです。カラスやカモメ以外にも四足の天敵がいるのかも知れません。

カラスが狙っている

 車を対岸に回して、そちらの岸を上流に向かうと、カラスの鳴き声がします。
 近寄ってみると「送りオオカミ」ならぬ「送りカラス」が先ほどのカルガモ一家の後ろを追っています。これは母さんが左のヒナをかばうべく、カラスの方を威嚇しているところです。
 カラスも母さんが見張っているので、ヒナの側には行けません。

上流に向かう親子

 カラスは何度も近づいて来ましたが、母さんカルガモは頑張って、カラスは諦めたようです。お母さんはヒナの方に戻って、一緒に上流へ向かいました。
 橋の上まで追いかけましたが、親子は無事に上流へ泳いで行きました。
 家内の話ではカラスはそのまま行水をしていたそうです。余裕ですね。

2012年 6月15日(金):逃げないゴイサギ

遠いゴイサギ(1羽目)33%

 今朝分で飲み薬は無くなりましたが、治ったようで熱も出ません。
 久しぶりの快晴で、スイレンを見に五稜郭公園に行きました。昔に比べるとスイレンは数も少なく、カルガモも殆どいなくなりました。がっかりして、昼食後田んぼに行きました。
 最初に見つけたゴイサギは遠くからしか撮れません。33%画像です。

ドジョウを獲りました

 2番目のゴイサギはゴイサギファンの家内が見つけたのですが、車で近寄る間に動きません。獲物を狙っていたようで、近くに車を停める寸前にドジョウを獲りました。
 野生動物・野鳥編の「ドジョウ好き2」はゴイサギの話で、昨年の撮影です。
 とても近寄れてこれが20%画像で、ノートリミングで本館の表紙にしました。

離れて行く

 私たちの車がすぐ傍にいたせいか、ドジョウを咥えて離れた方向に歩き出しました。
 大きいドジョウなので苦労して飲み込んでいる風でした。
 昨年から田んぼでゴイサギを見つけられるようになりました。何度も通ったので、どの辺で見られるか少し判るようになりました。カーナビの地図にも何本も旗が立っています。

近いゴイサギ、ノートリミング

 一度車でゴイサギから離れて、先で向きを変えて戻って来ました。
 道路からすぐのところなので、逃げないか心配もしましたが、全く気にしていないようでした。これはノートリミング(15%になります)の画像です。
 たくさん写真を撮らせて貰い、餌を探しているゴイサギから離れました。

2012年 6月14日(木):緑の島のハマナス

赤白ピンクのハマナスの花

 函館港の人工島(埋め立て地)の緑の島のことは何回も絵日記に書きました。
 北海道の旅・函館と道南の「緑の島から」では地図入りで紹介しています。この頃はゴライアスクレーンもありました。ハマナスの写真も紹介しています。
 駐車場入り口付近の赤白ピンクのハマナスの揃い咲です。

満開のハマナスと護衛艦

 緑の島にはとてもたくさんのハマナスが植えられています。1枚目の赤白ピンクのハマナスの写真を先程、HTB(北海道テレビ放送)HPの 北海道・花情報 に投稿しました。
 緑の島の隣には函館どっくもあって、海上自衛隊の護衛艦や潜水艦がよく停泊しています。そんな雰囲気狙いですが天気が悪くてハマナスの色が暗くなってしまいます。

キツネが出るようです

 最近ここのハマナスがテレビや新聞で取り上げられ、来月末まで見頃と言っていました。
 今日は午後は晴れる予報なので行きましたが、結果を見て貰えればお判りのように暗い曇り空でした。
 橋でしかつながっていないのにキツネが出るようになったようです。

719・新人権号

 帰りに電車線を走っていると、前に719号の新人権号がいました。
 6月2日に駒場車庫で撮った写真を絵日記で紹介しています。
 運転していた家内に719号を電停で追い越した場所で停車してもらい、目の前を走り過ぎて行くところを撮りました。人権号はよくデザインが変わります。

2012年 6月13日(水):オシドリ変身中

泳ぐオシドリのオス

 最高気温15℃の風の強い本曇りです。出渋っていましたが家内に誘われて、午後M川の河口に行きました。最近ここでオシドリのオスを見ています。
 ちょっと歩くとこの鳥が現れました。最初は何か判らなかったですが、目の周りの模様や背中の色で、エクリプスに変身中のオシドリのオスだと気付きました。

速い

 冬を除くと函館ではオシドリが結構見られます。冬羽のオシドリは 5月19日の絵日記「ラブラブオシドリ」を、完全に夏羽の写真は 昨年8月20日「エクリプス」をご覧ください。
 詳しいことは 野生動物・野鳥編の「オシドリのエクリプス」に書きました。哀れな感じがしますが、夏羽の方が目立たないので、本人?には好ましい現象なのです。

愛想好しのハクセキレイ

 ハクセキレイは本来は北海道では夏鳥で「一部が越冬する」と書かれていますが、今は留鳥のような感じです。海岸や川でもよく見ます。★1つのスズメ並の鳥です。
 今日は2カ所で撮りましたが、こちらは愛想好しでした。立っている場所は乾いてしまった川底で、草が生えかけていて少し変わった感じがします。

テトラポッドの上のイソヒヨドリ

 せっかく外出したので海岸まで行ってみましたが、干潮は終わっていました。
 シギチはいませんでしたが、車の方へ歩いていると大き目の鳥に追い越されました。その鳥は遠くのテトラポッドの上に止まりました。イソヒヨドリです。
 証拠写真と撮りましたが、50%でこの大きさ。証拠にもなりませんか?

2012年 6月12日(火):最高気温14℃

ブレブレのヒバリ

 受診日です。胸部XPは大きい変化は無いようですが、熱は1週間出ていないし血液検査での炎症反応も消えました。投薬3日分で飲み切り(投薬はこれで終わり)となりました。
 昨日は気温23℃で暑かったですが、今日は最高気温は14℃で冷たい風も吹いています。病院以外は出なかったので、昨日撮ったブレブレのヒバリの写真を見て下さい。

本当はオオジシギの頭

 今日の写真は全部昨日撮ったものです。
 オオジシギを見つけたときはこんな具合でした。これはトリミングしていますが、実際はもっと小さく見えます。黒っぽいビンの頭かなと思ったのですが、模様もあるようです。
 写真を撮っていたら少し動きが見えました。

横を向きました。

 頭だけでなく体も見えるように、車を降りてゆっくり近付きました。
 背中も見えて、顔もきょろきょろ動かしています。ここでオオジシギと判りました。
 この後で欲張ってもっと近寄ったら、私の前を横切ってあぜ道に立ち止りました。そこを撮ったのが昨日の絵日記の写真です。

田んぼで寛ぐオオハクチョウ

 オオハクチョウも昨日の絵日記に書いたように最初は判りませんでした。
 こんな風に植えたばかりの稲の苗の上を悠々と泳いでいました。
 カルガモ位でも苗にはダメージを与えるようで、マガンやハクチョウが田んぼに迷い込むと、お百姓さんに追い出されるようです。草取りするのはアイガモの小さいヒナですよ。

2012年 6月11日(月):愛想好し

キジバト(家内撮影)

 飲み水を汲みにいつもの七飯町上藤城の大清水産業へ行きました。七飯岳の湧水と言います。途中は鳥見をしようと大野平野の農道を通りました。
 途中車の前にいたキジバトは愛想好しで、遠くへは逃げず、車の真横になったところを助手席の家内が撮った写真です。愛想好しと思いましたが、怒ったような目ですね。

久しぶりの田んぼのアオサギ

 水は10Lポリタンク8個、2Lペットボトル8本汲みました。まだ肺機能が戻っていないし、寝てばかりいたので腰が痛くて苦労します。
 帰りに別の農道を通りました。撮れる距離で田んぼのアオサギを今年初めて見ました。先日はゴイサギもいたし、田んぼにサギの餌になる魚が戻って来ました。

初めて撮ったオオジシギ

 オオジシギと言う★1つのポピュラーなシギは、相互リンクのサイトでいつも写真を見ていました。とても賑やかな鳥だそうですが、今日は静かでした。
 最初田んぼの端から頭だけ見えました。何枚か撮って、車を降りて近付いて行っても、歩いて少し離れただけでした。初めて会ったオオジシギが愛想好しで良かったです。

田んぼのオオハクチョウ

 車を走らせていると道路脇の草の間から大きい鳥の頭が見えました。昨年7月2日にこの辺で「迷子のハクチョウ」(絵日記)を見ています。
 車から降りて覗いて見るとやはりオオハクチョウが1羽いました。迷子でしょう。愛想好しでは無くて、走って飛んで隣の田んぼに行ってしまいました。お百姓さんに怒られそう。

2012年 6月10日(日):函館市電の新旧

9602・ラックル号2号

 公私共に昼食によく行く、味の時計台函館日の出店へラーメンを食べに行ったら、6月24日で閉店するとのこと。ここは直営店で、残るはフランチャイズの本通店だけになります。
 買い物は近くの昭和橋のたもとのスーパーにして貰いました。電停があって市電が撮りやすい場所です。最初に来たのが9602・ラックル号2号で一番新しい形式の電車です。

8009・GasOne号

 今別館のトップ写真の函館市電8009号は一番新しい改装で、広告付きは見たことがありません。今日は付いていたようで2台目に現れました。部分塗装なのですっきりしています。
 調べると6月1日にラッピングし、2日から運用されています。
 スポンサーは ガスコープいちたか と言うLPガス・灯油等の販売会社です。

39・箱館ハイカラ號

 4台目には39・箱館ハイカラ號までやって来ました。
 レトロ復元電車ですが形式的にはこれが一番古いですね。
 ちょっと待っている間に8台の市電を撮りました。湯の川から谷地頭とどっく前に各12分毎に運行されていますから、十字街までは6分毎、往復あるので3分に1台電車が来ます。

人懐っこいスズメ

 昼食後は市内のさる港を覗きましたが、成果はありません。
 先日泳いでいるオシドリを見た川に行きました。
 遊歩道を先を歩いていた家内の、近くの手すりに何度も同じスズメが飛んで来て止まります。家内が手にクルミ乗せて見せましたが来ません。道に投げてあげると食べていました。

2012年 6月 9日(土):コチドリだけ

水浴びするコチドリ

 霧雨が舞う寒い日でしたが、昼が干潮で、海岸の様子を見ようと昼頃家を出ました。
 最初に昨日オシドリを見た場所へ行きましたが、いる訳もありません。
 中洲へ鳴きながらコチドリが飛んで来ましたが、すごく遠くへ降りました。寒いと思わないようで、盛んに水浴びをして、羽繕いなどしていました。

中洲を歩くコチドリ

 その後餌を探しながら歩き回っていました。
 しばらく撮りながら待っていましたが、間近へは来てくれませんでした。小さい鳥なので、600ミリ相当の望遠側で撮って、66%の画像をトリミングしました。
 こんな所にいると完全な迷彩色です。海では寒かっただけで成果はありませんでした。
 2010年4月18日の絵日記「コチドリ」 では近くで撮れています。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について