別館


写真絵日記


2012年 7月18日(水):高温注意

丘の手入れ

 札幌一泊出張2日目の今日は、会社を8時半出発です。
 ぎりぎり出たつもりでしたが、地下鉄の接続が良過ぎて10分以上早く地下鉄白石駅に着きました。通り道の南郷丘公園の夏らしい光景を撮ろうと思いました。
 丘の部分の草刈りをしていました。小さい車で楽しそうですが難しそう。

高温注意

 午前1ヵ所目はほぼ3ヵ月ごとに訪問している江別市のグラスウール製造工場です。
 健康診断の結果の説明などが終わってから職場巡視に行きました。帽子、手袋、保護メガネとマスク着用で工場に入ります。
 床や壁の熱い場所があります。この標識は初めて気付きました。

水と塩飴

 最近の改善例として、工場内の分煙の徹底や休憩室に冷蔵庫を置いて、ミネラルウォーターなどを常備しました。夏になると「熱中症に注意」ばかり言っています。
 水は黒松内銘水の水彩の森で、左にダンボールに入っています。これはホー○ックで買うと安いですよ、と言ったら、そうしていますと言われました。

地下鉄南北線のホーム柵

 私が通勤に使う地下鉄東西線は数年前に乗り場にホーム柵が整備されました。
 東西線と違って、南北線は使っている車両が乗降口が4個と2個の2種類あり、写真で判るでしょうがホームの青い線と緑の線で乗り場を区別していました。
 最近北側の2駅でホーム柵が出来ました。函館への車中で絵日記作成中です。

2012年 7月17日(火):札幌一泊出張

函館市電721・こくほ号

 昨日書いたように、産業医活動のために札幌へ一泊出張します。
 快晴になりました。予報最高気温は函館が28℃、札幌が25℃です。いつもの逆です。
 8時半発の特急に乗るために、家内に車で函館駅へ送って貰うさいに助手席から撮りました。左端に少し見えるのは函館駅です。絵日記の締めは札幌市電にするつもりでした。

札幌駅とホテル

 昼前に札幌へ着きました。道中の半分は眠っていました。
 保健師さんとの待ち合わせ時間は13時なので、まず杵屋へ行って昼食を取りました。
 それでも時間があったので、札幌駅の写真を撮ることにしました。前のカメラは最ワイド側で35ミリでしたが今のカメラは25ミリです。予想通りJRタワーが画面に収まりました。

北口からの光景

 ついでと言っては何ですが、反対側の札幌駅北口へ回り、北口から見える光景を撮りました。2枚とも素晴らしい青空ですね。これでも25℃で風があって、暑くはないです。
 正面のタワーマンションは前のカメラでは画面に入れるのに苦労しました。右隣は合同庁舎ビルです。保健師さんともうまく会えました。

7/12新発売 マンゴーパッション&ヨーグルト

 二人の保健師さんと2件の産業医訪問をスムースに行いました。
 近くのイオンモール札幌発寒(前の発寒のジャスコ)の エクセルシオール カフェ に入りました。株式会社ドトールコーヒーの経営で、北海道ではここと狸小路の2店だけです。
 私が注文した7月12日新発売のマンゴーパッション&ヨーグルト(Mで430円)です。

2012年 7月16日(月):一日雨で寒い

赤くなったカリンズ

 今週は勤務を要しない週でしたが、産業医訪問の仕事がたまっていて、保健師さんたちに決められて明日1泊で札幌へ行きます。
 今日は1日雨で最高気温は20℃、室内でも寒いです。風邪の治りかけで外出しませんでした。玄関前の カリンズ (絵日記)は赤くなりました。雨に濡れています。

とことこ移動するキタキツネ

 写真1枚だけでは淋しいので、7月8日に大沼の久保田牧場で見たキタキツネの写真を2枚見て下さい。
 山から来る、餌は貰わないと牧場の人に聞きました。
 写真を撮っていると一定の距離を取るようにとことこ横に移動します。

こちらを見ながらおしっこをする

 長い毛は冬毛です。まばらになっています。エゾリスもそうですが、脱毛の途中はみすぼらしい感じがしますね。
 止まってこちらを向いたので写真を撮ったら、何とおしっこをしています。こういう光景は珍しいかも知れませんね。

2012年 7月15日(日):水汲みの帰りに

ヒバリ

 帰省中の娘がポリタンクを水汲み場から車まで運んでくれると言うので、いつもの場所に水汲みに行きました。今日は10Lポリタンク6個です。
 帰りは田んぼの中の道を通りました。たくさんいるヒバリの内には愛想良しもいます。車の近くから逃げないので撮りましたが、口を開いています。怒っているのかも。

ゴイサギです

 今日は短距離しか田んぼの中を走らなかったので、アオサギは何羽か見ましたが、ゴイサギは1羽見ただけでした。
 道から遠く離れた畦道に立っていて、私のカメラは35ミリ換算で600ミリになるのですが、この程度にしか撮れません。後ろの黒いものはカラスです。

アオサギとカラス

 アオサギも近くにはいないし、いてもすぐ逃げ去ります。
 これも遠いアオサギです。
 手前にいるカラスとはかなり近いです。カラスが寄って行った感じですね。何か語らっているような雰囲気ですが、そんなことはあり得ませんね

お馬の一家

 いつも通り抜ける集落の一番端に馬の牧場があります。仔馬や親馬など3頭がいます。
 今日車を停めて柵の方へ歩いて行ったら、馬たちもやって来ました。青々した草がいっぱいあるので、餌を求めに来た訳ではありません。
 広々した環境で野鳥もたくさんいて、良い場所で飼われています。

2012年 7月14日(土):爽やかだけど

鳴くノビタキのオス

 昼食後に大野平野の農耕地に鳥見に行きました。
 函館よりの半分ではアオサギもゴイサギもダイサギも見つけられません。
 快晴になった天気が好過ぎたせいかも知れません。大沼よりの方では写真のノビタキのオスがやっと撮れました。盛んに鳴いていました。3分の2の露出補正をしています。

遠いアオサギ

 アオサギは数度、ゴイサギは2度見つけました。
 ゴイサギはかなり近い畔にいて、いつものように車を近くに停めたら、逃げて行きました。
 写真のアオサギは最後にとても遠いのを撮ったもので、風景写真みたいなものですね。最高気温は23℃でしたが少し風があって寒いくらいの爽やかさでした。

ソフトクリームやめん類売り場

 同行した帰省中の娘がソフトクリームを食べたいと言います。
 ヤマトタカハシの 北海道昆布館 が通り道にあるので寄りました。当館オリジナルの昆布ソフトクリームがお目当てです。並んだ中学生は千歳市から来たようです。
 北海道昆布館は今年来た内の1番の賑わいで、東アジアの人も多かったです。

函館新道から見た函館山

 帰りは家内が運転で、助手席から函館新道で撮った写真です。
 この構図が好きで、函館へバスで戻ったときにもよく撮ります。写真の正面の山は函館山です。ここは函館新道でも自動車専用道路では無い部分です。
 最高気温23℃と言うのは本当に爽やかですよ。

2012年 7月13日(金):JR登別駅

こちらが測量山

 昨日の絵日記の3枚目の写真は、最初単純に測量山と書きましたが、じきに間違いに気付いて書き直しました。手間がかかるのでファイル名などは変えていません。
 これは今朝廊下の端の窓を開けて撮って本物の測量山です。東室蘭と室蘭はJRで4駅離れていますから、測量山もこんな小ささにしか見えないのです。

昨日は土砂降りだったのに

 今日の登別市内の健診会場です。昼前の撤収中に撮りました。
 昨日夕方セッティングに行ったときは大雨でしたが、今日は雨は降らず、仕事が終る頃には青空になりました。
 中央の3本の旗の内、左側の青い旗は北海道旗です。

JR登別駅

 今日の健診は昼で終わり、スタッフは来週月曜の苫小牧市内の健診会場のセッティングのために、バスで苫小牧へ向かいます。私は予定通りJR登別駅前で降ろして貰いました。
 登別駅は特急停車駅で、登別とカルルス温泉の最寄駅です。いつも列車の中からホーム側を見ていましたが、今日は初めて駅の外観を見ました。なかなかシックです。

温泉のシンボルの鬼

 駅前では大きい鬼の像が歓迎してくれますが、怖い顔をしています。
 登別温泉には地獄谷と言う観光名所があって、鬼は同温泉のシンボルです。
 カントリーサインや交通安全旗にも使われています。北海道の旅 の交通安全、胆振地方に写真がありますが、鬼はとても可愛く描かれています。

2012年 7月12日(木):鴨ざるそば

朝から雨

 伊達市のホテルから洞爺湖町の役所の健診に行きましたが、昨日のセッティングに参加しなかったので、どんな所か判りませんでした。場所は予想通り洞爺湖畔ではありません。
 JRの洞爺駅があるのは旧名が虻田町で、今は洞爺湖町です。この町での健診でした。
 だんだん雨が強くなって来て、水溜りが出来始めました。

鴨ざるそば

 午後の健診は伊達市にある別の役所です。
 伊達市に戻り、昼休みは昨夜泊まったホテルの駐車場にバスを置かせて貰いました。
 昨日の絵日記ネタの蕎麦家大徳をネットで検索したら、食べログなどで鴨ざるそばをよく取り上げています。鴨肉は小片だけど、だしがよく出ていると言う評価通りの味でした。

東室蘭のホテルから見た雲の中の測量山

 伊達市での仕事が終ってから、明日の健診先の登別市鷲別の役所の会場セットに行きました。登別では大雨でしたが、九州の豪雨は知りませんでした。
 今夜は東室蘭のホテルに泊まります。夕方雨はやみましたが、窓から見える山の上の方は雲の中です。薄日が差して来ました。明日の天気はは曇り時々雨の予報です。

越冬中のユリカモメ(2012年2月27日)

 今回の出張中にノビタキとウミアイサのページを作りました。
 11ヵ月ぶりの新ページでしたが、更新の仕方を思い出しました。今度はこちらで越冬するユリカモメのページにしようと思っています。
 この写真は今年2月27日の絵日記「ユリカモメ越冬中」で使ったものです。

2012年 7月11日(水):間違えてました

2012年2月24日撮影のウミアイサのオス

 昨夜、野生動物・野鳥編に「川のウミアイサ観察記」と言うページを作り、2012年2月24日にウミアイサを初めて見たと書きました。
 ところが今日絵日記をチェックしていたら、何と 2011年12月21日の絵日記に 冬羽に換羽中のウミアイサの写真 があり、カワアイサと間違えていて、本日訂正しました。

白鳥大橋が見えて来ました

 むろらん広域センタービルでの健診は今日の昼に終わりました。
 明日は午前中に洞爺湖町で健診があり、午後は伊達市の別の役所の健診です。
 今夜は伊達市に泊ります。伊達へ移動する場合は白鳥大橋を通ります。橋が見えて来ました。直進すると白鳥大橋で、左へ曲がると道の駅や水族館があります。

こんなに高いです

 海上橋で下を港に出入りする船が通るので、とても高いです。
 ここを健診バスで通るときは、窓から橋の様子を撮って、東日本最大の吊り橋と書きますが今もそのようです。
 平成10年6月13日 に開通し橋長は1380mで、無料の自動車専用道路です。

蕎麦家大徳

 N良マネージャーが15時からの明日の会場のセッティングには私は同行しなくて良いと言ってくれました。力も無いので役立たずだからでしょう。
 昼食はホテルと道路を隔てた蕎麦家大徳にスタッフのほぼ全員が入りました。私以外は皆初めてだったようで、美味しいと評判が良かったです。二八蕎麦だそうです。

2012年 7月10日(火):室蘭港を散歩

位置関係

 今朝は雲で測量山の山頂は見えませんでしたが、昼前に快晴になりました。
 会場近くで昼食を取り、港の方を歩いてみました。
 画面中央遠くに小さく見えるのがむろらん広域センタービルです。右手前の建物が旧室蘭駅舎で、画面左端のビルが泊っているホテルです。遠近感は強調されています。

港から見た測量山

 この光景が狙い目でした。
 今まで何度も絵日記に出していますが、画面左にいつもいる警察の警備艇がいませんでした。崩れかけていますが山頂のアンテナ群が水鏡になっています。
 右側の青いビルは通運会社です。色がお洒落ですね。

気温は21℃でした

 繋留されている船や、今は使われていないフェリーターミナルと風力発電の風車などを撮りましたが、例年と変わりない写真なので割愛します。
 風があって爽やかでした。最高気温の予想は23℃でしたが、合同庁舎の気温計では21.3℃です。本州では34℃のところがあったそうで、これなら避暑地です。

ホテルと健診車

 ホテルへ戻って来たら、整備か給油か健診バスが出かけるところでした。胃部胸部併用車なので、いつも乗っている胸部エックス線車より大きいです。
 ホテルの横、バスの上に見えるのが健診会場のむろらん広域センタービルです。ここでの健診も明日で終わり、午後伊達市に移動します。

2012年 7月 9日(月):11ヵ月ぶりの本館更新

健診会場は節電中

 先週に引き続いて水曜まで同じ会場で健診す。
 交代したマネージャーがエアコン無しで大丈夫でしたかと、私に聞きました。涼しいのでエアコンを使ってないと思っていましたが、節電のためでした。
 4台のエアコンすべてが停止中で、30個の蛍光灯の内14個が点いていません。

むろらん広域センタービルの食堂

 むろらん広域センタービル(絵日記)での健診では、その1階にあるレストランなごみをよく利用します。写真のように日替わりランチが480円と、とにかく安いです。
 泊っているいるホテルのランチも評判が良いのですが、食べに来る人が多くて落ち着きません。朝夕食をそこで食べているのでランチも取ると3食になります。

500円の冷やしラーメン

 暑いときは冷やしラーメンが良いですね。
 7月6日の絵日記で820円の冷やしラーメンを紹介しましたが、広域センタービルのレストランの冷やしラーメンは何と500円です。
 ホタテやエビはありませんが、モヤシや生の玉ねぎが入っています。

ノビタキの幼鳥

 最近本館の更新をしないのは、絵日記を毎日アップして、ケーブルテレビで中日ドラゴンズの試合を見たり、DVDで映画を見るせいと言い訳をしていました。
 昨日家内に本館の更新をしないと言われてしまいました。今日は昼で終わって天気も悪いので、野生動物・野鳥編に「ノビタキ子育て中」アップしました。見て下さいね。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について