別館


写真絵日記


2012年12月 1日(土):今冬初のコクガン

魚を捕らえたダイサギ

 晴れたり曇ったり雪が降ったりの予報です。気温は+1〜-1℃でした。
 先日コクガンが飛来した記事が新聞の地方版に載っていたので、見に行きました。
 アオサギをよく見る橋の近くにダイサギとアオサギが見えました。上流はダイサギで、見ている間に魚を捕まえて食べていました。小さくて細長い魚です。

風の中のアオサギ

 橋の上流にはアオサギがいました。
 近所の川やその近くの川に寒くなってダイサギが集まって来たら、アオサギがめっきり少なくなったような感じでした。野生動物・野鳥編に「仲良しだった」と言うページがあります。
 複雑な飾り羽があるので、風が強いとそれらが揺れて乱れます。

S漁港のコクガン

 S漁港の斜路に8羽のコクガンがいるのを家内が見つけました。
 丁度小さい漁船が帰港して来る時間だったので、その動きを見ているようです。
 他の港では人が乗って作業中の舟のすぐ傍でコクガンが餌を取っていました。漁師さんや海藻取の人をコクガンは気にしないことを何度か書きました。

雪の中のカワアイサのオス2羽

 帰って湯の川のM川河口を覗きに行きました。折悪しく雪が降っています。
 カイツブリが潜水艦のように泳いで来て、近くで潜り、見失ってしまいました。
 カワアイサのオス2羽が泳いでいます。川幅の狭い場所なので比較的近くで撮れるのですが、高速で泳ぎ回っていて、おまけに雪も降っていて、こんな写真になってしまいました。

2012年11月30日(金):ジェニーライス

峠道の雪

 今日は午前だけで仕事が終ります。朝一は福島町吉岡での合同健診です。
 終わって知内町とを結ぶ福島峠を越えますが、この辺りには雪が残っています。
 11時から木古内町の製材会社の健診で、毎年のように来ています。社長さんともしっかり話が出来ました。予定通り12時に健診が終り、スタッフはバスで札幌へ帰りました。

ジェニーライス

 当別のトラピスト修道院へ買い物があって、近くの 龍杉創(りょうざんそう)へ食事に行きました。家内が注文したジェニーライス(1200円)で、えびフライ、パスタ、ピラフなどです。
 男爵いも生みの親川田龍吉男爵が青年時代に英国留学しましたが、恋人がジェニー・イーデーと言います。その話は 男爵資料館男爵いもは恋の味 に詳細があります。

サケを獲る人たち

 帰る途中に北斗市上磯のH川を覗いて見ました。
 丁度サケ獲りをしていました。川に網を張って、それより上流の堰(せき)のところから、数人の漁師さんたちが網を引いて下流の網までサケを追い詰めます。
 元気のいいサケがたくさん獲れていました。

ホオジロガモのペア

 今日はユリカモメは数羽しかいませんでした。
 カワアイサが増えていましたが、まだエクリプスから換羽中のオスもいました。
 ホオジロガモもオス(右)メス(左)も計10羽以上来ていました。他にはキンクロハジロ、スズガモ、ホシハジロそれに1羽だけのオオバンも見られました。

2012年11月29日(木):洋風和室?

6時37分の市街地

 毎日違う時間の朝の函館市街の写真で絵日記を始めています。
 今日は6時45分集合で、これは6時37分の写真です。昨夜は雷雨で雨がたくさん降って、雪は跡形なく消えてしまいました。気温が高いので道路も凍りません。
 この時間になると市電も車も多くなって来ます。

海越し函館山

 朝一の建設会社の健診の後は今週3日目のS工会の合同健診です。
 それも午後2時には終了しました。明日は福島町と木古内町での健診で、宿泊はその先の松前町です。函館江差道を終点の茂辺地まで使い、そこからは国道228号を通ります。
 知内町まで海岸を走るので海越しの函館山がだんだん小さくなるのが見えます。

知内町の道の駅

 函館と松前町の間は80km余りで、約2時間かかります。
 中間あたりの 知内町の道の駅〜しりうち で一度休憩を取りました。この写真を撮ったのは15時48分で、もう夕焼け空になっていました。
 道の駅はJRの駅を兼ねていて、青函トンネルの工事車両の基地になっています。

初めての部屋

 松前町での宿泊は お城の隣の老舗の温泉旅館 で、今年3回目になりました。
 前回10月18日に泊ったときに初めてバストイレ付の部屋が当たりました。
 今回はバスはシャワーすが、エアコン付きの壁や床が洋風な感じの部屋になりました。畳も普通の畳ではありません。天井に見えるエアコンは強力で、暖房にも有効です。

2012年11月28日(水):帽子無し

7時9分の街

 今朝は今週1番遅い7時半集合です。昨日より1時間15分遅いけど、やはり早い。
 これは7時09分の市街地で、車の助手席からガラス越しに撮りました。少し窓が濡れているので鮮明ではありませんが、明るさや車や市電が判ると思います。
 明日は6時45分集合で、市内で仕事して午後には松前町に移動します。

凍った道

 昨日の絵日記に書いた通り、朝は濡れた道路が凍ってつるつるになりました。
 スタッフが泊っているホテルの前に置いてあるバスから外を見ていると、その道を年配の男性が自転車で横断し始めました。皆が危ない、と見ているとやはり転びました。
 立ち上がったところを撮りました。歩くだけでも怖い道です。

帽子の無いナナカマド

 3ヵ所の健診場所の内の1ヵ所が昨日雪帽子のナナカマドを撮った会館です。
 昨日は雪の中で撮りましたが、今日は昼休みは晴れています。2階の窓から見ると雪の帽子はもうありません。飛ばされたり融けたりしたのです。
 外に出て撮りましたが、これは薄い白い雲がバックになってしまいました。

2012年11月27日(火):雪帽子

午前6時8分の函館市街

 昨日の絵日記の最後に書いたように今朝は6時15分の集合です。家内に送って貰って家を出るときには車に少し雪が付いていました。街はまだ暗くて市電も走っていません。
 後で知ったのですが低気圧で室蘭は大停電になり、JRは運休し高速道路も通行止めです。昨日まで室蘭にいたのですから、ラッキーだったと言うべきかも知れません。

雪のもりたの池

 朝一の乳酸菌飲料会社の健診中もぼたん雪が降り続いていました。
 +気温なので道路などには積もりませんが、屋根や駐車中の車の上は真っ白です。
 午前中2番目の流通団地の会館の近くにはもりたの池と言う緑地があって、絵日記で前に取り上げました。ここは真っ白になっていて、冬のたたずまいです。

ナナカマドの雪帽子

 午後は亀田商K会の会員の健診で、同会の会館で今週3回開かれます。
 建物の前庭の横には大きいナナカマドが植えられていて、べた雪が実の上に乗って「雪帽子」と言う感じです。本当は綿帽子と言うべきなんでしょうね。
 強風が吹いて揺れるので、雪帽子もよく飛んで行ってしまいます。

道路は露出しています

 午後遅くなってから青空が現れるようになりました。
 会館の2階のロビーから撮りましたが雲があって函館山は見えません。左の木が3枚目の写真のナナカマドです。今日の4枚の写真はすべてガラス越しに撮りました。
 太陽に光っていて判りますが、道路には積雪はありません。濡れていて凍ると怖いです。

2012年11月26日(月):6時半の街

午前6時40分の室蘭市街

 昨夕函館発16時28分の特急スーパー北斗15号で東室蘭に移動しました。札幌へ丁度3時間の唯一の特急で東室蘭まで停まりません。到着は18時15分(所要1時間47分)です。
 今朝は昨年から始まったさる乳酸菌飲料会社のがん検診で、6時半ホテル出発です。胸部車、胃部車、エコー車の3台体制です。撮影時は6時40分の室蘭市街でまだ暗いです。

グリーンがお洒落

 そのがん検診が終ると、別の会場で昼を挟んだ合同健診をしました。
 よく借りる会館ですが、大会議室の舞台側の端に鉢植えの植物が置いてあるのを、今日初めて気付きました。邪魔なら片付けますかと言われましたが、そのままにしました。
 観葉植物も良い物ですね。反対側の心電図ブースでは外に出していました。

活ホッキとホッキの紐

 15時に健診が終り、片付けて15時40分にバスで函館を目指しました。道央道が大沼公園まで延びたので、3時間で函館へ着きました。もう真っ暗です。
 迎えに来てくれた家内と 回転ずし函館サムズ花園店(絵日記) へ行きました。左は活ホッキ160円、右は(煮)ホッキの紐110円です。寿司は小振りで全皿さび抜きです。

一番新しい8000形8009号函館市電

 写真が3枚しか無かったので昨日撮った一番新しい8000形函館市電の8009号の写真を見て下さい。この市電については何回か絵日記で取り上げ、トップ写真にも使いました。
 系統番号2の下には来年の函館市電百年の「百」と言う文字があります。
 明日の乳酸菌飲料会社函館支店のがん検診は6時15分ホテル集合です。

2012年11月25日(日):アカゲラだけ

エゾリス

 クマゲラがいないか今日は午前中に公園に行きました。
 よくエゾリスと会う場所で3人のカメラマンさんが地面の何かを撮っています。一人など腹ばいになっていましたから気合が入っているのですね。
 エゾリスは日の当たる場所で何か食べていました。

ほこらを覗くアカゲラ

 耳を澄ませて、目を皿にして探しましたが、クマゲラは見つかりません。ここに住んでいるのでなく採餌に来るので、時間も不定でしょう。S田さんは3日前に見たそうです。
 アカゲラが巣穴を覗きこんで飛び去りましたが、穴からゴジュウカラ(多分)が飛び出して行きました。吃驚したのかも知れません。

河口のダイサギ

 帰りに河口に寄ってみました。
 カイツブリはいませんでした。たくさんのカルガモにマガモが少し混ざっていますが、その数は今年は例年より多いような気がします。
 ダイサギが飛んで来て海側の岸近くに降りました。上からは見えない場所です。

1羽ぼっちのコガモ

 今日は室蘭に行き、1泊で帰ってくる日ですが、時間があるので歩いて川に行きました。
 カワセミは中流で見つけましたが、相手も私を見つけて、写す前に飛び去りました。
 今年はコガモの群れが来ていなくて、時々1羽だけ見ていま。今日もイタドリの陰に隠れるようにして、1羽ぼっちでいました。仲間が来てくれると良いのですが。

2012年11月24日(土):何年ぶりかのクマゲラ

最初はコゲラ

 気温が低いので昼頃から公園に行きましたが、車の温度計で外気は+3℃でした。
 いつもエゾリスを見る辺りは、今日は何人かの職員が落ち葉を集めていました。
 中央道路より外の道路に近い側にシジュウカラ多数が地面で餌を取っていて、ゴジュウカラもいます。近くの木にはコゲラもいました。背景は落ち葉です。

変な止まり方?

 逃げないのでたくさん撮れました。撮影時には変な止まり方と思いましたが、しっかり枝を掴んでいます。しゃがんでいた私が立ったら逃げて行きました。
 北海道のコゲラは亜種エゾコゲラで、観察難易度は★(ごく普通に観察できる)です。とても小さいいキツツキです。アカゲラほどは都市緑地や公園では見かけないそうです。

何年かぶりのクマゲラ

 寒い昼のせいかリスは出て来ません。公園をほぼ一周してグランドの入口の方に来たら、カラスより小さい黒い鳥がスーッと飛んで来て木に掴まりました。後頭部だけ赤い。
 暗い木立でISO1600でもぶれてしまい3200にしてやっと2枚撮りました。昔は見ましたが何年ぶりでしょう。★★★(稀に観察の機会がある)です。餌がないのか飛び回っています。

顔だけアカゲラ

 いなくなったクマゲラを探して、昔見た辺り中心にまた公園を半周しました。
 ドラミングを聞いて見るとアカゲラのオスがいました。動きが速くて顔だけ出したところしか撮れませんでした。後の黄葉が秋っぽいですね。
 亜種エゾアカゲラは★1つで、五稜郭公園のお濠の外でも撮りました

2012年11月23日(金):邪魔者?仲間?

水鏡

 リス見に行こうと思ったのでが、昨夜一晩中雨で地面が濡れているので止めました。
 昨日久しぶりにカワセミを撮ったせいです。家を出るとすぐカワセミとすれ違いました。
 ダイサギはたくさんいます。多分5羽以上はいると思います。飛んでいるのも含めると10回以上見ています。夏はいないんですよ。典型的な水鏡の写真です。

カルガモは邪魔している?

 家の傍の橋から河口へ行くまでに川に降りていた3羽目です。
 サギ類は根本的には北海道では夏鳥で昔は珍しくて、野生動物・野鳥編の「函館の川2007」には登場しません。越冬に来るようでこちらでは段々増えています。
 カルガモはバチャバチャしていますが漁の邪魔者かも知れません。

仲間たち?

 M川で小さい鳥が泳いでいました。近寄るとカイツブリでした。1枚うまく撮れたと思ったら、電池を替えた直後で書き込みエラーになってしまいました。他のは小さいです。
 赤い実のある場所では多数のカルガモやカモメまでが一緒でした。カモメはダイブして魚を獲っていたからライバルですが、ダイサギもよく動いて魚を追います。皆仲間ですね。

今日のカワセミ

 風が少しあって、時折雪も待って来ました。昼食の蕎麦屋さんで暖を取りました。
 それでも昨日2回カワセミを見ているので歩いて帰ることにしました。
 行きに見た場所の近くに止まっていましたが、暗くてISO800ではシャッターは100分の1秒です。感度をあげようとカメラを操作している間に飛んで行きました。下クチバシは何色?

2012年11月22日(木):赤から白へ塗装変更

白いマルハン号

 朝の小雨も止んだので昼頃歩いて川へ行きました。家のすぐ傍の橋をダイサギが飛び越え、下に降りました。電車線に着くまでにも何回かダイサギを撮れましたが多分2羽です。
 見たことのない白い塗装のマルハン号が湯の川電停方面からやって来ました。6月8日の絵日記 で同じ場所で撮っていますが、715号は赤と黒の塗装でした。

赤い実越しに

 河口まで行き、今度はM川とY川をさかのぼりました。
 この辺りの遊歩道の堤防には赤い実をつける蔦の植物が植えられていて、今は実は真っ赤になりました。真冬にはツグミやヒヨドリが食べていました。
 川のこちら側にいるダイサギを赤い実越しに撮りました。

ささやかな獲物

 日も出て来て暖かかったので、蕎麦屋さんで食事後に湯川ダイエーまで歩いて、そこからM川を歩いて元の川に戻りました。ダイサギばかりで今日アオサギはいません。
 川を家へ向かってさかのぼるとやはりダイサギがいて、漁をしていました。ささやかな獲物です。無数のカルガモと少数のマガモがいますが、コガモは見ませんでした。

久しぶりのカワセミ

 川の中流でカワセミを見ましたが、そちらに知らないカメラマンがいて逃げました。
 何となくカワセミを見そうな気がして歩いていると、家の近くの方に来て枝に止まっているのを見つけました。遠くから撮ったら飛びましたが近くに止まりました。
 上空を気にしています。下クチバシが赤いのはメスです。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について