別館


写真絵日記


2011年 2月24日(木):連日260余名

7時46分

 一昨日の絵日記で、同じ時計の15時59分の画像を使いました。湿度が22%でした。
 8時健診開始で、今日部屋に着いた時の時計です。温度は17.8℃しかありませんが、湿度は39%あります。部屋のエアコンが28℃、風力強にセットされているので、すぐに暖まりますが、湿度も下がってしまいます。

手洗い

 今回診察に使っている部屋は、診察室と書きました。写真はやはり一昨日の絵日記にあります。正式の室名は「産業医室」と書いてありました。
 嬉しいのは手洗い用の洗面台?(何というのでしょう)が室内にあることです。
 ハンドソープ、消毒薬やペーパータオルが装備されています。

今日は旗は4本でした

 午前中は曇りでした。夕方からは雨の予報です。まさか雨が降るとも思えなくて、先週の出張には折り畳み傘を持っていたのですが、今回は持って来ませんでした。
 昼休みには予報通りに晴れて来ました。
 外国国旗は何本かと見ると、今日は4本でした。本当に日替りです。

建物のガラスに国旗が映る

 正面玄関のガラスに国旗が映るように撮ってみました。
 今回の受診者の実際総数は1072名(1日約268名)と日程表に書いてあります。初日の22日の受診者が正に268名(内午前が163名)でした。23日と24日は共に264名でした。

 明日は夕方の特急で函館へ戻るので、絵日記のアップは遅くなります。

2011年 2月23日(水):一転の曇り空

シングルルーム

 日曜から泊っている 室蘭駅近くのホテル は会社の健診先で、今後も利用するのだと思います。20日に初めて部屋に入った印象は、お洒落、と思いました。ベッドとソファに3つクッションが乗っています。昨年4月リニューアルしたそうです。
 バスルームが狭いのが残念な点ですが、和食堂の豊富なメニューは嬉しいです。

国旗は5本立っています

 今日は曇り空で、気温は上がっているそうですが寒くて、昼休みに外に出る気はしませんでしたが、ひょっとして国旗の数が昨日と違うかも知れないと思って、見に行きました。
 やはり今日は5本ありました。ネットで調べてみると、海外から常駐者や技術打合せの来所者、或いは海外からの見学者などの国籍を表しているようです。日替りですね。

RION オージオメータ AA-73A

 昨日の絵日記で「せっかく作った診察室や聴力検査室」と書き、診察室の写真だけ紹介しました。聴力検査室は防音加工した人1人が入れるボックス型の部屋で、室内にはヘッドフォンとスィッチが、室外には写真のオージオメータが付いています。
 色々な高さ(周波数)の色々な大きさの音を聞かせることが出来ます。

曇り空

 室蘭に着いてから2日間、青空や夕焼けの写真を絵日記で使って、暖かいと書きましたが、積雪はまだ残っています。街の中の日陰の歩道や、車道の端や、写真中央のような雪を集めて積み上げた場所などは、半分凍った雪がまだあります。
 すっかり曇り空になって、明日は雨が降るそうです。

2011年 2月22日(火):国旗は3本

健診会場全景

 今日から4日間、年4回行われるN製鋼所室蘭製作所の健診です。初日は会場の準備のため7時出発でした。途中レンジャクの群を見たのですが、カメラはバッグの中でした。
 セット中の健診会場全景です。右端に視力計が1台見えますが、全部で3台あります。中央奥の茶色の扉の向こうが診察室です。私の背後に受付とか計測コーナーがあります。

診察室

 昨年は2月、5月と8月の健診に来たのですが、11月はパスしました。
 その11月から、せっかく作った診察室や聴力検査室を使うことになったそうですが、私は今回が初めてです。診察室の机にはPCが乗っていて狭いので、別の机を用意しました。
 左の反対向きの椅子は受診者の荷物置きです。

旗は3本

 昼食は職員食堂を使わせて貰います。定食類は400円で、忙しいので小盛りにしてくれません。今日は今週の丼、豚丼を食べました。
 昼休みに外へ出ました。春のような暖かさで、今日も綺麗な青空です。
 外国旗は3本立っていました。昨年2月26日には 米国や中国など国旗は6本でした。

湿度は22%

 朝は寒くて、エアコンを26℃に設定して、診察室を温めました。
 その内に日が窓に当るようになって、温室効果で室温が上がって行き、昼前にエアコンを停めました。暖かいのは良いのですが、湿度が低く、このときは22%です。
 20%未満になると"LO"と表示されるのを、初めて見ました。

2011年 2月21日(月):夕陽に間に合う

測量山と青空

 午前中は登別市のソーダ工場の健診で、室蘭新道と一般道を通りました。
 昼食には室蘭に戻りました。私は行きなれたむろらん広域センタービルの食堂に行きましたが、余りに晴天なので駐車場に出て、久しぶりに測量山を撮りました。
 午後の健診は この近くのホテル で、今回は初めてそちらに宿泊しています。

マルタカ急送のマーク

 そのホテルの属するN口観光グループは道南に大規模な温泉ホテルを多数持っていて、健診は私の会社が担当しています。今回のホテルも前に健診に来たことがあります。
 午後二の健診は伊達の火力発電所内の会社です。白鳥大橋を渡って道央道に向っているとき、前のトラックのイカのマークに気付きました。函館ではなく日高町の会社でした。

有珠サービスエリアからの夕陽

 健診は今日が2日目で、前回多数が受診したので、今回は受診者も少なくて予定より30分早く終わりました。発送荷物の整理のために有珠サービスエリアに立ち寄りました。
 丁度夕陽が沈みかけていたときでした。海は噴火湾です。対岸は森町方面で、空気が澄んでいれば左側に駒ケ岳が見えます。真っ赤な夕陽にはちょっと早かったですね。

夕陽の有珠山

 海に向って右側、今来た方向には有珠山が見えます。撮影時間は16時55分です。
 もう暗くなりかけていて鮮明ではありませんが、溶岩ドームもはっきり見えます。雪もあって、北国の光景です。空は薄っすら夕焼け色?ですね。
 日が沈んだのは室蘭に入る前で、予定通りに終ったら、夕陽は撮れませんでした。

2011年 2月20日(日):何ガモ?クイズ2題

対岸にカルガモといるのは?

 昼頃昨日の場所へ行きましたが、カワアイサは1羽だけで上流へ去って行きました。
 対岸を見ていた家内が気付いたのですが、左のカルガモの右隣に、見慣れぬ小柄のカモがいます。こちらへ歩いて来ます。
 別の画像が ここをクリック すると別ウィンドウに表示されます。

久しぶりに近くで見たホオジロガモのオス

 河口の方に車を置いて、いつもの川を覗いて見ました。
 前回は遠くからしか見られなかった、ホオジロガモのオスが泳いでいました。周りを見回してもメスの姿はありません。口を開けて鳴いていました。
 私が煩く思ったのでしょう、飛んで逃げて行きました。

潜るカモ、足が汚い

 大きい橋より河口側に、最近よく見るカモがいました。いつもはオスだけですが、先日カップルでいるところを絵日記にアップしたいます。
 潜った所です。左側が足ですが、地底の泥でしょうか、汚れていますね。
 全身像が ここをクリック すると別ウィンドウに表示されます。

ダイサギ

 ダイサギは今日は1羽を見ただけです。ホオジロガモの近くにいました。
 実はホオジロガモとのツーショットを狙ったのですが、ホオジロガモは泳ぐのが速くて、ちょっと離れた場所を通って行きました。
 水面に映っているのは手すりとその根元に積もった雪だと思います。

2011年 2月19日(土):風が強い

波紋

 1週間ぶりの休みです。風が強い日で、昼頃から時々日が射して来ました。
 鳥見と食事と買物を兼ねて車で外出しました。
 よく車を置く橋の近くで、ダイサギが漁をしていました。風が強いので波紋が立って、魚が見にくいですが、それでも2度ほど魚を獲りました。カルガモが波紋を複雑にしています。

日陰から日向へ出てくる

 本流の河口の傍で食事をして、食後川を覗くと、丁度ダイサギが舞い降りました。
 川面を歩いています。日陰になった場所から日向へ出て来ようとしています。
 光線と波紋の感じが面白いと思って撮りましたが、今一不鮮明でした。
 先のダイサギと同じかどうかは不明です。この水系に5羽はいると思います。

3羽のカワアイサ

 その後買物をすませて、今度は本流の少し上流よりに行きました。
 前にカワアイサのメスを2羽見たところに、今日は3羽のメスのカワアイサが泳いでいます。よく探しましたが、見える範囲にはオスのカワアイサは見えません。
 15時半頃で、曇っていて暗いので上手くは撮れませんでした。

2羽のカワアイサのメス

 余り人馴れしていなくて、川岸の遊歩道を近付くと、泳いで離れて行きます。
 一緒に歩いて追いかけて、何枚か撮りました。
 体が灰色で頭が茶色で冠羽があるのがメスで、オスは体の側面は白くて頭と背は緑色です。オスには冠羽はありません。風の関係で手前の方が冠羽が立っています。

2011年 2月18日(金):八雲町で

健診会場

 今朝は八雲駅隣のいつものホテルでゆっくり朝食を取り、8時45分出発でした。会場の八雲町民センターが9時まで開かないからです。ここはよく利用しています。
 大集会室は写真のように広いのですが、欠点はなかなか暖まらないことです。右端が診察ブースで、見えない対角の位置に心電図ブースと採血コーナーがあります。

噴火湾の地図

 昼休みにロビーでポスターを見ていたら、噴火湾産のホタテ貝の物が2枚ありました。
 江戸時代に来訪した英国海軍の艦長が、湾を取り囲む駒ヶ岳や有珠山などの火山を見て、Volcano Bayと言ったので内浦湾は噴火湾とも呼ばれることは前から知っていました。
 活火山のある恵山方面も入っていると思っていたのですが、間違いでした。

八雲町名所案内

 14時受付終了で、14時42分八雲駅発の特急の切符を持っていました。終了間際に一般健診付きの受診者が来られて焦りましたが、S藤Mさんがバンで駅へ送ってくれました。
 ホームの端の方にあった八雲駅の名所案内です。どっちへ何キロと言うのは判りづらいですね。噴火湾パノラマパークは絵日記に何回も登場します。

スーパー北斗12号

 昨日の雨が嘘のように今日は青空が見えました。
 入線して来る函館行き特急のスーパー北斗12号です。振り子としては旧いFURICO281系ですが、283系(ヘッドマークが電飾)と所要時間は変わりません。
 函館までは100キロ弱で、時間も1時間はかかりませんでした。

2011年 2月17日(木):雪投げ

雪を道路に投げる

 朝から雨で、15時まで同一会場で仕事でした。
 終って八雲へ出発するので、健診バス内で皆を待ったいるときに、目の前に見慣れた光景がありました。男性2人が、スコップで駐車場の残雪を削って道路に投げ捨ています。
 こうすると確かに融けるのは早いですが・・・。民家でやっている人も時々見ます。

720・千秋庵総本家号

 移動途中も雨で、駒ケ岳も見えません。八雲では雪に変わっていました。写真が撮れなかったので、最近撮った函館市電の写真を見て下さい。
 2月11日撮影の720・千秋庵総本家号です。昨年デビューした塗装です。
 ここは信号があって、側面が撮りやすい場所なのですが、昼は逆光になります。

718・道新ぶんぶんまる号

 これも2月11日撮影です。スポンサーは北海道新聞社で、道新ぶんぶん号と言いますが、ファンクラブの名称です。
 718号はこの塗装の前も道新スポーツの塗装で、同じ北海道新聞社の宣伝です。720号や718号の710型は昭和34〜36年に14両製作された旧い市電ですが、立派な現役です。

8003・はこしん号

 こちらは2月12日に撮影の8003・はこしん号です。函館信用金庫がスポンサーです。
 8000型は平成2〜9年に800型の台車を流用して8両が改造された、函館市電一の多数派車両です。8001・カール・レイモン号とか8005・美鈴号などがそうです。
 函館市電の写真はほぼ揃ったのですが、いつまとめられるでしょう。

2011年 2月16日(水):ミヤマガラス

渋滞中

 今日から2日間は朝8時15分集合と、45分昨日までより遅くなりました。
 朝起きるのは楽ですが、丁度通勤ラッシュに当るので、途中が渋滞してしまいます。早朝なら自宅から五稜郭地区のホテルまで10分位で行けるのですが、カーナビが渋滞の赤い矢印を表示しているように、ラッシュでは倍の時間がかかってしまいます。

3羽のミヤマカラス

 15時半終了(受付終了は14時半)だったので、家内に会場へ迎えに来てもらって、2月13日の場所へミヤマガラスを探しに行きました。
 今回は農道の方へ入ってみました。
 この3羽はクチバシが淡い色で、ミヤマガラスと思います。

後姿

 群は10〜20羽位いたと思います。
 一生懸命探しましたがコクマルガラスはいません。小さいカラスは混ざっていません。
 反射板の上に乗ってくれたカラスですが、群に入っていた1羽でミヤマガラスと思いましたが・・・。ちょっと雰囲気が違うようで、ハシボソガラスのようです。

近寄ると逃げる

 車で近寄って行くと、やはりある程度の距離で逃げます。
 降りたりすると写真のように飛んで離れて行きます。
 アオサギが雪融けの水面で居眠りしていましたが、ミヤマガラスとは仲良しのようでした。群れてる場所が判ったので、週末でもまた行きたいものです。

2011年 2月15日(火):一口ご飯

青空

 午前中の健診が予定より早く終わり、思いがけず長い昼休みが取れました。
 バスは北斗市の、函館市との境界ぎりぎりにあるダ○エー上磯店の駐車場の端に置きました。昨日今日は別のスタッフが同スーパーの健診に来ています。
 本州の荒天が信じられない青空です。気温も昼には少し上がりました。

横津岳

 余りに青空が綺麗なので、昨日の絵日記で取り上げた横津岳を撮りました。
 横津岳は標高1166mで、頂上には函館航空路監視レーダー基地など数基のアンテナ群があり、平坦な山なのでよく目立ちます。1971年7月3日に東亜国内航空のYS-11ばんだい号が墜落し、乗客乗員計68名が死亡しました。スキー場は今は営業していません。

鳥山菜蕎麦(温)と一口ご飯

 昼食にはスーパー駐車場の外にある、長吉と言う蕎麦屋さんに入りました。ざる蕎麦に生の鶏卵が付くことなど、何回か絵日記で取り上げています。
 温かい鳥山菜蕎麦を頼んだら、温蕎麦には一口ご飯がサービスで付けれますがと聞かれ、思わず頼んでしまいました。一口残すのが健康のこつと日頃言っているんですよ。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について