別館


写真絵日記


2011年 6月24日(金):東室蘭駅自由通路

こうこうと燃えるストーブ

 6時45分出発で、この3連泊では初めてホテルの朝食が当たりません。こんな日は、昨夜の内にコーヒーとサンドイッチを買って来て、部屋の冷蔵庫に入れて置きます。
 最高気温が20℃に達しない予報で、小雨も降って寒い朝でした。健診先の登別の工場では、健診会場に大きいストーブを燃していてくれました。受診者も喜んでいました。

車両消毒場

 午前の2番目の健診先は、やはり登別市の食品関係の工場です。
 建物に入るとき、全身の消毒ですと霧状の薬液をかけられました。なるほど中は清潔そうです。終って帰るときに気付いたのですが、工場へ入って来る車の車両消毒ゲイトがありました。私たちの健診バスはここを通らなかったと思うのですが、定かではありません。

東村欄駅自由通路のベンチ

 午後の健診は1ヶ所で、予定通り終りました。特急で函館は帰るために、バンで東室蘭駅に送って貰いました。K口さん、A念さん、有難うございました。
 少し時間があります。東室蘭駅は東口と西口を結ぶ高架橋の通路が、自由通路と言って、駅の改札口の外にあります。座って市内や線路が見えるベンチは硬い木製です。

自転車も通ります

 地上から自由通路へのエレベーターは自転車が乗れるような大型です。ここを通れば自転車で簡単に線路の反対側に行けます。通路に2台自転車がいて、左奥のエレベーターからも子連れのお母さんが自転車で出て来ます。
 キヨスクと本屋さんに市役所の支所まで通路にあります。

2011年 6月23日(木):魚へんに夏

歩行者専用道路の花壇のフランスギク

 午前中の2番目の健診は昼を挟んで、午後まで続きました。
 昼食に出たときに歩行者専用道路が花壇になっている、東大通3号線の傍を通りました。食事の帰りに覗いて見ました。藤棚もあるのですが、残念ながら終りかけです。
 フランスギクが一番綺麗でした。園芸でも野生でも広く見られます。

魚へんの文字

 3ヶ所目、この日最後の健診先は登別市内の冷凍会社です。
 健診会場の会議室の壁に室蘭魚市場のカレンダーが貼ってありました。これを見ていて気付いたのは、魚へんに夏と言う字がありません。春、秋と冬、暑はあります。
 IMEパッドの手書き入力で試しましたが、魚へんに夏は無いようです。

登別市のマンホールの蓋

 室蘭市と登別市は住宅街が完全に繋がっていて、カントリーサインの無い道路では、どちらにいるか判らないことがあります。でも交通安全旗のデザインを見ると、どちらなのか判ります。北海道の旅 の「交通安全」は未完成ですが、室蘭や登別はアップしています。
 登別市のマンホールの蓋です。市の花はキクで、鳥は未制定です。

2011年 6月22日(水):回転寿司ちょいす

窓から眺める東室蘭

 午前午後で室蘭市と登別市の計3ヶ所の健診でした。
 予定よりちょっと早く終わって、東室蘭でいつも泊るホテル に16時過ぎに戻りました。定点観測のように撮っている写真です。画面右側の丸井今井デパート室蘭支店があった場所は、今は建物が無くて工事中です。電気屋さんが出来るようです。

中央が測量山

 7階の部屋に泊っています。部屋からは遠くに白鳥大橋の一部が見えますが、測量山は見えません。これは廊下の端の窓を開けて撮った写真です。
 中央に見える小さい山が測量山で、この倍率ではアンテナ群が見えませんね。東室蘭と室蘭ではJR室蘭支線の駅4つ分離れているのです。

回転寿司ちょいす東室蘭店

 夕食は一番上の写真の、工事中の空き地の向こう隣にある 回転寿司ちょいす 室蘭中島店に行きました。3月に室蘭のホテルに泊ったときは室蘭中央店にも行っています。
 ちょいすは旭川の店以外は、有名なお菓子屋さんの わかさいも本舗 の経営で、東室蘭の店では1階がわかさいも本舗の売店です。

本場の活ホッキ

 寿司の料金はホームページのメニューに載っています。3分の2位のネタは1皿2カン137円です。残りの3分の1位が1皿2カン263円です。
 写真は本場の活ホッキで、これは263円です。少し大きいような気がします。わかさいも本舗のお菓子も回っているのが、お店の特徴ですね。テイクアウトも多いようです。

2011年 6月21日(火):昭和新山と羊蹄山

火力発電所の煙突

 昨夜は伊達のホテルに泊まりました。今年2回目だと思います。室内でも無線LANが無料で使えるので助かります。
 朝一の健診はよく行く伊達の火力発電所でした。この頃はまだ天気が悪く、健診車2台の屋根と煙突を1画面にして撮りましたが、曇り空なので冴えない写真になりました。

昭和新山

 午前中2番目はやはり電力会社の壮瞥町にある保養施設です。
 少し早く着いたので、10分余り時間調整をしました。すぐ傍に昭和新山があります。初めて見た頃よりも植物が山頂側に生えて、地肌むき出しの部分が減ったと思います。
 白い空なので、火山からの噴煙がはっきりしないです。

洞爺湖の中の島と羊蹄山

 時間調整で車を置いた駐車所から湖畔までが近いので、大急ぎで行ってみました。
 かすみがかかったような天候です。洞爺湖に浮かぶ中の島越しに羊蹄山が見えるのですが、まだ残雪が多くて少々驚きました。
 健診が終わると伊達の道の駅歴史の杜に戻り、昼食です。

路傍のフランスギク

 昼食後に急いで「歴史の杜のエゾリス」(エゾリスのページ にあります)を探しに行きました。1匹見つけましたがカラスに追われていて隠れるので、撮れませんでした。
 午後は伊達市内で合同健診でしたが、昼頃から晴れてすごく暑くなりました。健診が終わって、会館の向いの道路わきのフランスギクを撮りに行く頃には、また曇っていました。

2011年 6月20日(月):白老町のカササギ

6年理科学習ノート  先週札幌に出張中の自宅に、教材・教具・教育図書出版の 株式会社 日本標準 から理科学習ノートの6年生用と4年生用が届きました。

 ことの始まりは2010年8月24日に、日本標準教材編集部のI田さんから全国の小学校現場で使われている出版物「理科学習ノート4年生」(H23年度〜発行)の読み物部分で、『シマリスのドングリまき』という内容で写真を載せようと考えているので、写真を貸して欲しいと言うことでした。
 6年生の理科学習ノートにも使いたいと、他の動物の追加の依頼があって、お送りしました。
 2011年4月13日に出版されたとの連絡がありましたが、正直どんな写真を送ったか忘れていました。

6年理科学習ノート10ページ上

 使用写真は下記の通りです。

4年:表紙裏 シマリス:「紅葉シマリス」5枚目「ドングリを持つシマリス(家内撮影)」
6年:10P シマリス:同上Part2 10枚目「これは美味しい 」、エゾシカ:「近寄れて」4枚目「近いです」(上の写真です。)
同:24P オオハクチョウ:「ウトナイ湖産まれ」7枚目「親子」、エゾリス:札幌のエゾリス「落花生が好き」9枚目「お気に入りの場所で 」

 出所は見出しに記載されています。子供さんが見てくれるのは良かったと思います。

カササギに吃驚

 昨夜、苫小牧に移動し、今朝苫小牧市内の健診会場に直行して、札幌から移動して来たスタッフと合流しました。苫小牧は霧も出てとても寒かったです。
 15時頃までに白老町に移り、同町社台の会場でさる建設会社の健診でした。終って外に出てみると、会場の近くの木にカササギが止まっています。何枚か撮れました。

羽繕いしている

 遠かったので、少し近寄ったら、木の枝の上を何回か飛び移りました。これは羽繕いをしているようで、羽を少し開いていて、青色がよく判ります。
 カササギは秀吉が朝鮮半島から運ばせたという佐賀県には多いですが、他では余り見られません。どうして苫小牧を中心とする胆振地方にいるのか不明だそうです。

2011年 6月19日(日):恵山高原のイソツツジ

海上を泳ぐカルガモ一家

 恵山高原のイソツツジが満開とテレビの天気予報で言っていたそうです。
 霧が心配でしたが出かけました。6月3日に「海岸で子育て」の4羽のヒナのカルガモ一家を見た場所を覗いてみました。カルガモが紐を引いて泳いでいるように見えました。
 よく見ると8羽のヒナを連れていました。孵ったばかりのようです。

テトラポッドの下に入りました

 近所の川に住みカルガモは人は気にしません。餌を求めて寄って来るのもいます。
 海のカルガモは警戒心があって、段々離れて行き、テトラポッドの下に入ってしまいました。とても遠いので、大幅にトリミングしています。
 3日に見たカルガモの一家は見られませんでした。

恵山の火口

 恵山高原はつつじ公園から車で登れます。よく整備されていて、多くの人が来ていました。幸い快晴でしたが海上には霧があるようで、始めは下北半島は見えませんでした。
 河口付近から噴煙が上がっています。白い花がイソツツジで、シャクナゲに似ています。中央の赤い花はタニウツギで北海道では西部に見られるそうです。

お地蔵さんとイソツツジ

 恵山は霊場としてもよく知られていて、写真のようにお地蔵さんがたくさんあります。
 イソツツジは湿原や火山灰地に多く、川湯温泉の硫黄山が有名です。川湯では見渡す限りイソツツジが広がる光景が見られます。
 後程1枚、北海道テレビ放送(HTB)の 北海道花情報2011 に投稿します。

2011年 6月18日(土):田んぼのゴイサギ

餌を狙うゴイサギ

 田んぼに鳥見に行きました。コサギを見た場所より函館側で、田んぼにゴイサギを見つけました。車を停めたら、道路のわきの田んぼからもう1羽が飛び立ちました。
 2羽とも少し離れた田んぼに降りたので、コサギを探しに行った後で、近くの道に車を乗り入れました。残っていたのは1羽ですが、車を気にしない風で、漁を続けています。

ドジョウ獲った

 水底を探し回って、ドジョウの穴を見つけるのでしょうか。ぱっと動いて捕まえます。
 獲物を獲りました。大きいドジョウのようです。野生動物・野鳥編に「ドジョウ好き」がありますが、これは田んぼでアオサギがドジョウを獲る話です。
 これだけ獲物が大きければ、腹の足しになりますね。

口を開けている

 満足して、背を伸ばして、口を開けています。足は黄色で水掻きがありません。
 こうして見ると、どこかペンギン風ですね。愛嬌があってファンが多いようです。
 北海道ではごく少ない夏鳥で、局地的に繁殖し、一部越冬と書かれています。こちらでは繁殖しているらしく、幼鳥のホシゴイを 2月1日に川で見ました(絵日記)

また獲った!

 田んぼの中を歩きながら餌を探し、もう1匹獲りました。今度は少し小さいです。
 助手席にいた家内の方がゴイサギに近く、83枚撮りました。実は家内は井の頭公園で見て以来のゴイサギファンなのです。
 それらの写真も使わせて貰って、いずれ「ドジョウ好き2」まとめたいです。

2011年 6月17日(金):撮り直し

江別ハイタク協議会の交通安全旗

 産業医活動だけの1日で、朝食もゆっくりホテルで取れました。
 午前中はあるタクシー会社の江別支店を訪問しました。真夏日の予報で、快晴で暖かいです。訪問先の前の道路に立てられた交通安全旗が目立ちました。左右反転しています。
 北海道の旅 の「交通安全」は全く更新が止まっています。

麻生駅の駅名表示板

 午後は12時半出発で、さる自動車会社に過重労働者の面談に行きました。対象者が10余名います。若い人が多いので、目に見える健康障害は無いようでした。
 16時52分札幌発の特急に乗るために、地下鉄南北線の麻生駅まで担当保健師さんに送って貰いました。一番北の頭端駅です。北海道の旅 の「北海道の頭端駅」をご覧下さい。

撮り直しのピンクのハマナス

 丁度1週間目の6月10日に札幌駅北口前のピンクのハマナスを撮って、絵日記や花情報で使いました。その日は雨が降っていて、暗い不鮮明な写真でした。
 少し時間があったので、撮り直しに行きました。昼過ぎまでは晴れていたのに、この頃は半晴(明るい曇り)で、花の撮影には良いかも知れません。アップ過ぎですか?

半玉増量のなす天うどん

 夕食にちょっと早いのですが、この列車に乗るときはいつも行く駅地下の杵屋で、うどんを食べます。前にも絵日記で使った「冷しなす天おろしうどん」で、夕食時の無料サービスの半玉増量状態です。このうどんは人気メニューのようです。
 20分遅れて函館駅へ着きました。絵日記のアップも遅くなりました。

2011年 6月16日(木):久しぶりの青空

雲が晴れて行く手稲山

 今日も7時15分集合で、健診先の西区発寒の製缶工場に向う途中です。高速道路を降りる頃から、手稲山にかかった雲が薄れて、山頂のアンテナ群が見えて来ました。
 最近は不安定な天気続きで、傘を毎日持っていましたが、今日は晴で最高気温も24℃の予報です。初夏の風が期待できそうです。

咲き始めたアカシアの花

 午後は健診先が午前と正反対の南区です。円山の裏を通り抜け、藻岩山の前から裏にに出て、札幌を横断した感じです。途中でアカシアが咲いているのに気付きました。
 昼休みを取った南区のスーパーの横にもアカシアが咲いているのが見えました。行ってみるとまだ蕾が多いですが、良い香りが漂って来ます。

藻岩スキー場

 午後の1ヶ所目の健診が早く終わったので、時間調整のために藻岩山を少し登りました。
 スキー場の下で少し休みましたが、さぼっている訳ではありません。相手先に早く着き過ぎるのも迷惑をかけることがあります。
 右にリフトが見えます。白い花はフランスギクです。遠くにも咲いています。

資生館小学校前電停

 16時過ぎに午後2ヶ所目の健診が終わりました。
 会社に帰るバスに市電の電停で降ろして貰い、ホテルへ市電に乗って戻りました。終点のすすきの電停の1つ手前の資生館小学校前電停で降りました。乗って来た電車です。
 アカシアの花を北海道テレビ放送(HTB)の 北海道花情報2011 に投稿します。

2011年 6月15日(水):デザイン違いの市電

札幌祭りののぼり

 7時15分バス集合なので、ホテルを6時半に出ました。5時45分の起床です。
 北広島市の3ヶ所で健診でしたが、今日は珍しく早めに終わって、会社へ寄ってホテルへ戻ったら16時頃です。明るいのでいつもの場所に市電を撮りに行きました。
 昨日から札幌祭りでのぼりがたくさんあります。花はジャーマンアイリスです。

白が基調のたまゆら

 最初に、5月25日の絵日記 で取り上げた、黒っぽい車体の「天然温泉北のたまゆら」の市電と対になる、白っぽい車体の「北のたまゆら」の宣伝車両が来ました。こちらは真横から撮ったことはありません。
 両者を比べてみると、とてもよく似ていますが、単なる色違いではないようです。

白っぽい市電が並ぶ

 引き返していく途中、カーブを曲がった所で、やって来たワミレス化粧品の宣伝車両と並びました。こちらはただWamilesと書いてあるだけで、とてもシックな車体です。
 どちらも白っぽい塗装で、並ぶと更に目立ちます。
 別館のトップ写真だった 2009年11月11日のWamiles市電の写真 です。

青とピンクのビッグ

 5月25日の絵日記 の2枚目の写真は、白い背景にピンクの大小の水玉が並ぶ「不動産のビッグ」の塗装車両でした。
 こちらは水玉の無い模様で、やはりインパクトの強いデザインです。複数車両を契約している訳で、そういう場合はデザイン違い、色違いにした方が、宣伝効果も上がりますね。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について