別館


写真絵日記


2010年 4月10日(土):もういない

たった1羽のキンクロハジロ

 雨の予報なのですが降っていないので、昼頃河口へ行ってみました。
 シマアジがもういないことを確認するのが目的です。河口は干潮ではありませんが、とても淋しい状態です。カルガモが数羽、コガモが2ペアとこのキンクロハジロのメスが1羽だけいました。シマアジはやはりいません。カワセミを見ましたが撮れませんでした。

ウミネコの群

 2つの川が海の近くで合流する場所にコンクリートの広い堤があります。最近ウミネコが多いと前に書きましたが、そこにたくさんウミネコがいました。飛んで来るもの、飛び去るものがいて、ニャーニャー鳴き交わして、とても賑やかです。
 高層マンションで給餌をする家もあり、手馴れた様子で貰いいに行きます。

隣に止まったウミネコ

 手すりに体をつけて上の写真を撮っていたら、私のすぐ横にウミネコが飛んで来てさり気なく止まりました。人を恐れたりはしません。
 オオセグロカモメより小柄で、足が竹色(オオセグロカモメは肉色)をしているのですぐ判ります。家内が私とのツーショットを撮ろうとしたら、気配を察して逃げて行きました。

水鏡

 せっかく加工に来たので、隣の川も覗いて見ました。
 こちらにはカルガモとウミネコしかいませんでした。この川には中洲があって岸から少し離れているので、野鳥にとっては安心な休憩場所です。
 ウミネコに綺麗な水鏡が出来ていました。冬鳥は殆んどいなくなりました。

2010年 4月 9日(金):春らんまん

タクシー内のキャンデー

 午前中の仕事が終ったら、13時過ぎの特急で函館へ帰ることになっています。しかし春先のこの時期は健診センターでの一般健診は受診者がとても多くなり、月曜は午前の受診者が午後1時半までかかったとか。今日も昼過ぎまでかかり、大急ぎでJR白石駅までタクシーにのりました。運転手さんが勧めてくれたキャンデーで、こんな時は美味しいです。

JR白石駅は高架橋駅化の工事中

 2009年6月5日の絵日記 は「白石駅橋上化工場中」で、そこでこの計画について詳しく書きました。
 すでに札幌側のホームは撤去されていて、その部分に写真のような大きな橋上駅の工事中の姿が見られます。通路は自由通路になるので、周辺の交通も便利になります。

スーパー北斗14号

 医局秘書のO田さんが用意してくれていたのは、スーパーでない普通の北斗14号の切符で、札幌発13時17分でした。振り子のスーパー北斗については 北海道の旅 に「北海道の振り子特急」があります。北斗はたびたび絵日記で書いていますが、最高時速130キロと120キロのものがあり、車体の前後面下方の左右に数字が書かれています。

春らんまん

 食事をしている時間がなくて、いつもの 札幌駅立売商会(弁菜亭)に駅弁を買いに行きました。新作はこれだけで、女性向ですねと言ったら、男性もたくさん買われますと薦められました。彩り御膳【春らんまん】 です。5月末まであります。女性向ですよね。
 車内で静岡から列車で旅行に来られたご夫妻とお話をしました。良い旅をお続け下さい。

2010年 4月 8日(木):残雪の山

部屋から見た藻岩山

 札幌でいつも泊る すすきのにあるホテル は、北向きと南向きの部屋があります。北向きの部屋からは観覧車や市電が見えますが、南向きは正面が建設中の大きいホテルで、端の方に写真のように藻岩山が見えます。
 風景としては面白味が無いですが、電波時計の同期は取りやすいです。

南郷丘公園の残雪

 これまでの2枚の写真で、今日の素晴らしい青空が判ると思います。風も殆んどなくて、昼はコート無しでも大丈夫でした。
 産業医訪問だけなので8時半までに出勤すれば良くて、地下鉄白石駅と勤務先との間にある南郷丘公園を撮りました。シラカバの根本の残雪で、北国の空ですね。

正面は手稲山

 午前中には手稲区にあるタクシーと観光バスを運営する会社へ行きました。
 保健師さんの運転する車で高速道路を走っていて、正面が手稲山になった時に撮った写真です。このアングルが好きで、絵日記でたびたび使っていますが、車高の低い乗用車ではバスの窓より視界が狭くなってしまいます。山の雪も少なくなりました。

2009年度入賞スィーツ

 午後の訪問先は遠く石狩湾新港にあるタクシー会社で、12時半に出発しました。新人保健師さんの初訪問で、お目付け役の先輩保健師さんも同行です。相手先の担当者も交代していて、とても健康管理に熱心な方々で感心しました。
 帰りに労をねぎらって、茨戸の シャトレーゼのホテル のロビーで一休みしました。ケーキは共に さっぽろスイーツ2009入賞作品 です。私が食べたのは後のゆずソフトです。

2010年 4月 7日(水):ブラックホーク・ダウン

雪を溶かす

 今日と明日は、一日2カ所の産業医訪問が組まれています。
 午前中は厚別区の通信関連の建設会社へ行きました。駐車場で従業員の方が雪を雪かき(通称「ママさんダンプ」←登録商標でした!)で伸ばしています。昨夜少し雪が降ったようで、その雪か尋ねたら、右の写真の駐車場の隅の雪を広げているのでした。

シートベルト100%着用の旗  北海道の旅 のページに「交通安全」と言うページがあります。地方毎の交通安全旗をまとめていますが、今は全道共通、渡島檜山地方と胆振日高地方で止まっています。
 後志地方と札幌がほぼアップ出来るだけ写真があるのですが、交通安全旗を全部は撮れないので、なかなか進みません。訪問先に張られていた旗です。

今年初めて見たクロッカス

 午後は北区のビルメンテナンスなどを業務とする会社へ行きました。こことは長いお付き合いになり、毎年何かお話しているのですが、今年は3月31日の絵日記に書いた「休煙してみませんか?」の話でした。喫煙者は話に腰が引けているようで、効果は期待出ません。
 駐車場の片隅にあったクロッカスで、今年初めて見ました。日陰で閉じています。

買った来た中古のDVD

 少し早めに直帰しましたので、中古DVDを買いに行きました。最初行った狸小路の○オには探していた商品はありませんでした。○ックオフ南二条店は品揃えが豊富です。
 そこで4点買った内の2点です。右はブレードランナーやエイリアンのリドリー・スコット監督の「ブラックホーク・ダウン」で、見ていないので前から探していました。左は最初劇場で見たときは「名誉と栄光のためでなく」と言う今の副題が題名だったと思います。その後テレビで見たら「ロスト・コマンド」になっていました。アンソニー・クインとアラン・ドロンが出るフランスのパラシュート部隊の映画です。殺伐な趣味ですね。

2010年 4月 6日(火):地下鉄駅の国際化

大通駅と中の島駅の駅名表示板

 今朝は7時半第4駐車場集合です。6時台は地下鉄も10分くらいの間隔です。大事を取って6時半頃ホテルを出ましたが、案の定、乗り換えの大通駅で大分待ちました。それで一昨日気付いた大通駅の4カ国語表記の駅名表示板を撮りました。「巴士中心」判りますね。
 地下鉄南北線札幌駅の表示板は 昨年4月23日の絵日記 で取り上げました。下は帰りに健診車から降ろして貰って乗った中の島駅の在来型で、2カ国表記です。

山麓のバス営業所

 午前中は北区の建設会社の健診で、受診者の切れ目の無い忙しさでした。
 午後は南区の川沿と言う藻岩山の裏側(定山渓側)のバス会社の営業所へ行きました。昼休みから雨が降り出しました。健診が終りに近付いた頃、バスの駐車場を撮りました。後のシラカバの林には雪がまだ残っています。路線バスも525号車より大分小さいです。

付属のステップと別のステップ

 後輪が4輪ある大型トラックをベースにした健診車(10人乗りです)は目を引きます。帰る時には2階の窓から何人ものバスの運転手さんたちが見ていました。
 床が高いので、ステップ無しで乗降口を使うのは怖いです。特に降りる時はスリルがあります。写真は受診者用に付属のステップを出し、また補助ステップも使っている所です。

2010年 4月 5日(月):トラックがベース

525号車フロントビュー

 先日一部が更新された 会社のホームページ の「お知らせ」の今のトップが「財団法人JKAの補助事業により胃部胸部併用X線デジタル検診車を導入」です。車体の写真入です。
 525号車と言い、今週初めてフル出動で、私はその1,2日目を担当します。仕事先で撮りましたが、バスのイメージではありません。大きい車体はトラックがベースです。

サイドビュー

 昼に一度会社へ戻りましたので、その時駐車場で側面を撮りました。後輪は4輪です。車体が高いので、補助台を使わないと入り口の乗り降りが大変です。
 側面の窓ガラスは黒くて中が見えませんが、ここに2人掛けの席が4つあり、中からは外が少し暗いですがよく見えます。車体に描かれた自転車のマークが目立ちますね。

3台の車のリアビュー

 大きさが判るように駐車場で並んでいた3台を撮りました。3台の前面は揃っています。
 中央は前にも絵日記で取り上げた、1番小さい胸部X線車16号車で、運転手を含めて4人しか乗れません。右はTHP健康測定の自転車エルゴメーター5台と担当スタッフを運べるように作られた32号車で、通常の胸部X線車と同じくらいの大きさです。

雪捨て場の残雪

 函館には殆んど雪が残っていなかったので、昨日特急から見て八雲の牧草地や長万部の日当たりの悪い場所に、残雪が多くて驚きました。
 札幌でも駐車場の隅や建物の間などに、まだ雪が残っています。写真は最後の仕事先の厚別のパチンコ屋さんの駐車場から撮りました。川の向こう岸は雪捨て場のようです。

2010年 4月 4日(日):シマアジはオスだけ

川底の土の上に立つ

 昨日シマアジのオスの写真を撮りましたが、近くにメスがいたかどうか判りません。シマアジとコガモのメスの区別の仕方を覚えて、昼近くに同じ場所に行って見ました。昨日の方がいて「シマアジでしたね」と言いました。メスはいないようです。
 リラックスしていてすぐ眠ってしまいます。川底の土に上がったところです。

他の鳥と

 土の上で眠っています。起こすのに石を投げるわけには行きません。
 干潮時間で水がとても少なくなっています。風が強くて海が荒れているようでカモメも多くいました。シマアジの大きさが判るようにカルガモやカモメと一緒に撮りました。中央がシマアジです。壁紙サイズのシマアジの写真(←クリック)を画像掲示板に置きました。

漁師さんとコクガン

 そのまま下海岸(戸井方面の海岸)へコクガンを見に行きました。
 まだいましたが、潮が大きくひいていて近くには来ていませんでした。
 いつも書きますが、海苔をとっているような仕事中の漁師さんを、コクガンは余り警戒しません。今日は少し離れていましたが、カメラ持参ではこうは行きません。

カモメと

 ここはよくコクガンの写真を撮る場所です。潮と波の関係か今日はコクガンはいません。
 漁船が帰港してくると、おこぼれを貰おうとカモメが多く集まって来ます。船を上げる場所にたくさん止まっていて、水に入った漁師さんを見て何羽も舞い上がりました。
 遠くに見えるのは函館山です。

 タンポポの写真を、北海道テレビ放送(HTB)の 北海道花情報2010 に投稿します。

2010年 4月 3日(土):鳥のシマアジ

挨拶ではありません

 9時頃見晴公園に行きました。よく話を聞くリス好きな方と挨拶をしたら、今日はたくさんエゾリスがいると教えてくれました。
 あちらの森では10匹くらいが走り回っていたとのことです。1匹はそこと教えられたエゾリスです。あげた餌を食べてしまって貰いに来る所です。毛が白っぽいです。

手を休めている

 同じリスです。剥きグルミを食べ終えて、手が空の時がシャッターチャンスです。円山公園でエゾリスやシマリスに落花生をあげている時に覚えました。
 お山の方であった常連のご夫妻によると、撮影があって何か撒いたのか、リスがたくさん走り回っていたが、終ったらいなくなったそうです。

日なたのシマアジのオス

 早かったので、河口の公園に車を置いて、川を覗いていました。渡りの途中のものが加わったのかキンクロハジロは8羽いました。ホシハジロもオスだけ1羽います。
 コガモもまだたくさんいますが、同じくらいの大きさで、太く白い眉斑があり、胴体の側面も白っぽい鳥がいます。小型のビデオカメラを回していた方がアメリカコガモと言いました。

日陰のシマアジ

 コントラストのある体色で、川の日なたと日陰を泳いでいるので撮りにくいです。2枚とも50%縮小画像をトリミングしています。鳥名は判らないので反論出来ません。
 帰って図鑑で調べたら「シマアジ」のオスでした。図鑑によっては、珍しい旅鳥と書いてあります。メスはコガモのメスに似ているので見逃したかも知れません。

2010年 4月 2日(金):アカゲラ・ヤマゲラツーショット

会社のHPの新写真

 昨日、会社のY山センター長から「本日、当協会ホームページ を一部更新しました。お知らせページで『春エゾリス』を使っています。以前にもトップページで使用させていただきましたが、私が個人的に好きな写真で、独断で今回も使わせていただきました。」とのメールがありました。エゾリス の道南のエゾリス・2004年版「春・花見リス」のトップ写真です。

ポスターサイズのカタクリの写真

 今日は8週ごとの受診日です。前回2月5日受診時に、かって20年間相棒だったI坂院長と話して、お礼と記念にポスターサイズの写真を2枚贈ることにしました。
 いつも頼んでいる栃木県のプリントショップから発送して貰った1枚です。昨年撮った匠の森のカタクリで、花を訪ねて にあります。もう1枚は秋の子リスです。
 その後、調剤薬局に寄ったら、この写真をとても誉められて、早速A4で2枚届けました。

アカゲラとヤマゲラのツーショット

 昼過ぎに大沼公園の ホテル クロフォード・イン 大沼 へ月替わりランチを食べに行きました。枚数の関係でランチの写真は割愛です。
 給餌台には新しい脂身があって、アカゲラ♀、アカゲラ♂、ヤマゲラ♂と入れ違いに順番に来ました。ヤマゲラがいるのにアカゲラ♀が来て、珍しいツーショットが撮れました。

愛嬌がありますね

 キツツキとカラ類以外では、シメが2羽来ていました。
 いつもの図鑑ではシメは★(ごく普通に見られる)で、道東や道北では夏鳥で、道央から道南では越冬するものがある、と書いてあります。冬には庭の給餌台にも来るので、冬鳥みたいに思われますが、夏鳥だそうです。いかつい顔ですが愛嬌がありますね。

 ミズバショウの蕾?を、北海道テレビ放送(HTB)の 北海道花情報2010 に投稿します。

2010年 4月 1日(水):今年はスーパー白鳥

函館駅の桜めぐり宣伝コーナー

 雨降りでしたので鳥見もリス見も行きませんでした。
 それでかねてから気にしていた、弘前公園へのJR日帰り旅行の切符を買いに行きました。写真は函館駅ホールの片隅にある函館駅発の桜めぐり宣伝コーナーです。
 昨年は4月29日 にさくらエクスプレス( ノースレインボーエクスプレス )で行きました。

桜めぐりの旅パンフレット表紙  貰って来てあった桜めぐりの旅パンフレットの表紙です。

 函館発で、弘前公園や角館、芦野公園、北上展勝地。十和田市「駒街道」などの北東北と、北海道の滝上、静内、松前と森のコースがあります。日帰りではなく宿泊を伴うものも勿論入っています。

 今年は「@さくらエクスプレスで行く弘前桜まつりの旅」初日の24日(土)を申し込んだら、もう1席しか空きが無く、25日(日)は満席でした。
 「Aスーパー白鳥で行く弘前観桜の旅」は4月24日にも空席があって、それを申し込みました。

スーパー白鳥利用のここがお得です

 上のパンフレットの最下段、右半分の「スーパー白鳥利用のここがお得です」です。
 @と比べて、優れたお得は余り無い様です。違いは弁当が青森駅で貰うことくらいです。行きは青森駅から快速に乗り換え、帰りは弘前から青森は特急列車の自由席です。ただ、さくらエクスプレスは北斗などと同じ183系気動車で、速度はスーパー白鳥の圧勝です。

クリックすると壁紙サイズになります

 この写真は昨年の絵日記と、野生動物 の「道外編・弘前城のオシドリの群」で、プレゼント用に置いた壁紙サイズの写真です。画像をクリックすると別ウィンドウに表示します。水の色がもっと青ければ最高でした。
 旅行記は作れませんでしたが、絵日記とオシドリのページで雰囲気を味わって下さい。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について