別館


写真絵日記


2010年10月 7日(木):市電を横から撮る

駅前で交差するらっくる1と2号

 今日の昼休みは函館駅前交差点の、昨日と対角になる場所から函館市電を撮りました。
 単に市電を綺麗に撮るだけなら、進歩(変化?)はありません。線路のカーブの外側から撮るのですから、真横からの画像や、運が好ければ電車が交差する場面が撮れます。
 左は湯の川行きのらっくる9601号、右は谷地頭行きのらっくる9602号です。

723・サンクス号  画面左の函館駅前電停を離れて、湯の川方面に向う723・サンクス号です。ほぼ真横から撮れたと思います。700番台の古い市電ですが、鮮やかなデザインです。
 この市電の写真は 2008年11月1日絵日記 で初めて使ったのですが、探し出した同年7月19日撮影の723号がローソン号だった時の写真も同時に紹介しています。

8005・misuzu号と対向する715・マルハン号

 右から来た8005・misuzu号と対向する715・マルハン号を撮ったのですが、タイミングが合わずにマルハン号は頭が隠れてしまいました。
 美鈴珈琲 は1932(昭和7)年に函館で創業した、北海道で1番古いコーヒー店です。全国3ヶ所に工場があります。市電の塗装はとてもシンプルなものです。

715・マルハン号

 ちょっと行き過ぎて、真横からでなくなってしまいましたが、715・マルハン号です。
 マルハンは言わずと知れたパチンコ業界の雄です。所謂ギャンブルと言われる業種の宣伝車両は、他にJRA函館競馬場と函館競輪の市電があります。
 「函館市電の10年」なんてページを作りたいですが、最近は更新力が落ちました。

2010年10月 6日(水):函館駅前で市電を撮る

721号・にこにこでんしゃ

 今日と明日は通信会社の札幌駅前方面のビルへ行きます。市役所の近くです。
 昼休みに食事をすませてから30分くらい市電を撮りました。駅前の交差点には市電だけの黄色い矢印の「曲がって進行」の信号が出て、車は動けないので撮りやすいです。
 721・函館仏教保育協会の宣伝車両で「にこにこでんしゃ」と書いてあります。

724・東京アカデミー号

 今年 6月22日の絵日記は「駅前で市電を撮る」 でした。"2"にしても良かったです。検索エンジン対策では「函館駅前で函館市電を撮る」がベターですが、くどいですね。
 今回は駅前交差点の棒二森屋百貨店側に立って撮りました。724号は2002年10月17日撮影の北海道の旅・函館と道南の「市電の光景」では色は同じで、デザインが違うようです。

8006・JACCS号

 交差点のカーブ以外に、前を通り過ぎた所を撮ることも出来ます。日陰になりますが、直射日光で光らないのは有利な点です。
 8006・JACCS号で、クレジットカードのJACCSは全国展開していますが、函館発祥で、今でも登記上本店は北海道函館市若松町、本部は東京都渋谷区恵比寿です。

745・NCV号

 NCV は我が家でも利用しているケーブルテレビ会社で、インターネットもこちらがプロバイダーです。無線LANの設定で手こずった時は世話になりました。
 745・NCV号は後面が青いので想像できると思いますが、見えていない側面は青色塗装です。今はありませんがJR北海道の宣伝市電も側面は色違いでした。

2010年10月 5日(火):松陰通りで市電を撮る

2001・やきとり弁当号

 昨日と今日は市内の松陰町で健診をしています。松陰町は市電が通っていますが電停は無くて、湯の川側が柏木町電停、五稜郭側が杉並町電停です。
 晴れていたので昼休みに市電を撮りに行きました。信号で停まらない限り、走行中の写真になります。お馴染みの2001・やきとり弁当号です。絵は両面が同じと思います。

車の間を走る2002・CocaCola号

 今まで五稜郭交差点や函館駅前の交差点で市電を撮ったことがありますが、市電だけの信号があるので、車が側を走らない写真が比較的多く取れます。
 一直線の道の場合は、信号を同時に出て車の間を走って来ることが多くて、狙った半分は撮れませんでした。2002・CocaCola号は車の間から何とか撮れました。

810・イチヤママル号

 よく健診が当る八雲町落部(おとしべ)の長谷川水産の宣伝車両です。落部は八雲町内では函館側に位置し、現在道央道の最南端インターチェンジがあります。
 車体の右の方の絵柄はイクラとホタテの甘露煮です。イチヤママルは長谷川水産の商標の読みです。白い電車は直射日光下では光って撮りにくいものです。

8002・はこだてべいこく号

 8002・はこだてべいこく号です。函館米穀の宣伝車両で、2007年2月11日の絵日記でははこだてべいこく号は771号車両を使用していました。
 車体側面は左右で絵柄が違い、こちらは「ゆめぞう」と言うキャラの絵ですが、反対側は 8月19日の絵日記 にあるよう、函館の貿易に関連した偉人と船の絵です。

2010年10月 4日(月):シャオロン

ストーブつけました

 昨夜は豪雨でしたが、今日は一日普通の雨(変ですね)が降り続いていました。
 今週4日間は先週と同じ通信会社の、函館市内の2つのビルに行きます。今日からの健診会場は改装工事の関係か、構内のプレハブでした。壁が薄いせいか寒いです。
 室温が22℃しかなくて、ストーブを点けました。すぐ25℃になって設定を下げました。

シャオロン(5月23日撮影)

 一日雨だったので、外に出ず、写真も他には撮りませんでした。
 5月8日にナゴヤドームに行った時に、家内が買った シャオロン を5月23日に撮った写真です。めでたく4年ぶりにリーグ優勝したので見て下さい。1997年のナゴヤドーム完成と同時に登場したマスコットキャラで「小龍」だそうです。足元の干支の寅とは無関係です。

2010年10月 3日(日):パープルアイ

地面のクリ

 強風で本曇りで、午後は雨の予報です。
 久しぶりに、9時過ぎに見晴公園に行きました。駐車場に車が多く、園内に人が多くて不思議でしたが、家族連れなどで地面に落ちたクリを拾っている人がたくさんいました。
 比較的大きいクリと小さいクリがあります。風に揺られて、結構落ちて来ます。

草刈の有無の差

 家内と手分けしてエゾリスを探しました。
 見つけられないのは、しばらく来なかったので見捨てられたのか、悪天候のせいと思います。後で家内に会ったら、クリをたくさん拾って持っていました(ゆでたら美味かったです)。
 見晴公園は庭園なので草刈をします。刈ってある所と無い所の差は歴然ですね。

のぼり

 先月中頃、七飯町鳴川の国道5号線(赤松街道)沿いの宮田果樹園の直売所でプルーンとリンゴを買いました。今日はもっと先の上藤城まで「七飯岳の湧水」を汲みに行くので、函館新道を大川インターで降りて寄って見ました。
 のぼりは各店共通のようです。リンゴとブドウとプルーンのぼりがあります。

果物

 プルーンはパープルアイと言う大きい種類で、柔らかくて甘いです。名前も良いですね。
 JAよいちのよいちニュース に大きさなどが判る写真入りで、詳しく書かれています。
 リンゴは紙に書かれた「ミキライフ」はどんなか尋ねたら、つがるより食べやすいと言われましたが、もう時期も終りで、売れて棚には無く、箱から出してくれました。普通の味です。

2010年10月 2日(土):オナガガモも来た

買った来たスポーツ紙

 昨夜4年ぶりの中日ドラゴンズのリーグ優勝が決まりました。3年前に日本1になっていますが、この年はリーグ2位でクライマックスシリーズに勝ったおかげでした。
 昨夜はテレビのスポーツニュースを全部梯子して、今朝はコンビニにスポーツ紙を買いに行きました。今年は遅くまでプロ野球が楽しめそうです。

マガモのメスのようです

 昼近くに川へ行きました。歩き出して少ししたら、幸先よくアオサギ1羽とカワセミ2羽が飛んで行くのを目撃しましたが、それだけでした。
 湯の川温泉に入って、カルガモのたまり場に見慣れぬカモがいます。隣にも変なのがいて、それは後述します。こちらはこの川には珍しいマガモのメスのようです。

オナガガモのよう

 野生動物・野鳥編の「函館の川2007」に書きましたが、近所の川の主役はおびただしいカルガモです。冬になるとコガモもたくさん来て越冬します。
 移動の途中に一休みするように、オシドリやホシハジロを見たことがあります。作冬はホオジロガモが越冬しました。こちらはオナガガモのメスかエクリプスと思われます。

メインディッシュ

 優勝のお祝いに、松倉川河口の エル,アペティー(絵日記) にランチを食べに入りました。肉と魚のランチがあって、こちらは魚のメインディッシュの帆立貝と海老、タラのグリエーです。この他にオードブル、ショートパスタ、デザートが出て、パンかライス、コーヒーつきで2,100円です。毎年お祝いできたら嬉しいですね。

2010年10月 1日(金):ヒドリガモも来た

窓越しの市電

 今日は昨日までよりちょっと遠いビルでの健診で、8時15分ホテル集合でした。
 例によって家内に送って貰う車の窓から市電を撮ります。ラッシュアワーなので、間に車が入って撮れないことが多いです。また電停近くでは速度が落ちていて撮り易いです。
 柏木町電停近くの2001・やきとり弁当号と8004・野又学園号です。

昭和橋電停の新旧2台の市電

 14時過ぎに仕事が終わり、迎えに来てくれた家内が昭和橋近くのスーパーで買物をしましたので、橋から少し市電を撮りました。走っている乗用車から撮るよりは楽です。
 昭和橋電停で一緒になった、レトロ復元電車、39・箱館ハイカラ號と最新鋭の超低床市電9601・らっくる号(1号)です。北海道の旅・函館と道南の「市電の光景」をご覧下さい。

昨日のコガモ?

 帰りに一昨日コガモを見た場所を覗いてみました。
 15時過ぎなので日陰になった水面は暗いです。対岸の階段状の部分は、満ち潮で水に浸かっていますが、やはり3羽のコガモがいました。昨日のコガモでしょうか?
 最近行っていないので判りませんが、上流には毎年コガモがたくさん来ます。

ヒドリガモのペア?

 その付近にコガモより大きく、カルガモより小さいカモが2羽いました。
 頭が茶色で目の周りが黒いようなヒドリガモのメスの姿です。カモの大部分は繁殖期を除くと、オスは目立たないメスのような姿になり、これをエクリプスと言います。
 向こう側のカモの方が大きいので、オスのエクリプスかも知れません。

2010年 9月30日(木):疾走する市電

朝の函館山

 風おさまって、雲はありますが秋らしい青空です。
 昨日と同じ五稜郭方面のビルでの仕事です。8時45分に窓を開けて函館山を撮りました。
 仕事中医師の配置を担当しているK藤課長から電話があって、昨日から函館市内に入った一般健診のバスの先生に急用が出来て、午後そちらに周って欲しいとのことでした。

冷し山菜蕎麦

 そのバスは誰がマネージャーで、何処へ仕事に行くのか判りませんが、通信会社の仕事が終った昼に、胃部車で、待ち合わせ場所の上磯ダイエーの駐車場へ送って貰いました。
 13時出発で流通団地で合同健診でした。ここでいつも行く長吉と言う蕎麦屋さんで、冷し山菜蕎麦を頼みました。たれも薄味で、山菜がとても多くて、お腹に良いと思いました。

ホテル クロフォード・イン大沼の宣伝です。

 皆とホテルに帰り、迎えに来てくれて家内の車で帰宅中に、ホテル クロフォード・イン 大沼 の宣伝車両の市電 部分低床車8101号車 に追いつきました。
 先回りして車を降りて撮った写真です。ちょっと夕陽色ですか。室内の模様が描かれた面で、反対側は 7月19日絵日記 にあり、ホテルの建物が描かれています。

疾走する8003・はこしん号

 先年、函館市電の大部分に速度計が装備されていないことが判って話題になりました。その後順次装備したようです。
 市電の制限速度は自動車と同じなのでしょうか。道が空いていると結構なスピードで駆け抜けています。これも40km/hは出ていたと思います。最近は走る市電も撮っています。

2010年 9月29日(水):コガモが来た

北海道の市電

 今日から来週の金曜まで、通信会社の函館市内の健診があり、私が担当します。1つのビルに1〜2日かかるので、市内だけで7日間予定が組まれています。
 いつものようにスタッフの泊まっているホテルまで家内に車で送って貰います。近所のJRA函館競馬場の前の市電です。昨夜の雨も止んで、電線が邪魔な綺麗な青空です。

湯の川温泉松倉川畔の街灯

 今日明日は昼で終りなので、家に帰って、着替えて川へ行きました。
 すごく風が強くて、波紋も空中に飛び散るような感じで、期待出来ません。
 9月19日に、石川啄木とカニの絵柄を紹介した、湯の川温泉に注ぐ松倉川河畔遊歩道の街灯の飾りの1つです。電球の上のウミネコは何度も強風で落ちそうになっていました。

コガモ3羽

 別の川の近くの公園に車を置いて、私は下流側を河口まで、家内は上流に行きました。
 河口ではウミネコとカルガモが風と波を避けて、たくさん岸に上がっていました。
 家内から携帯に電話があって、コガモが来ていると知らせて来ました。3羽いましたが、オスメスはエクリプスなので判りません。真ん中のコガモは吼えています。

ウミネコとマガモのにらみ合い

 そこより少し上流の、川岸が階段のようになった所にたくさんのカルガモが並んで休んでいました。日向ぼっこですね。ウミネコが1羽そこに上がってカルガモたちに近寄って行くと、殆んどのカルガモは水に飛び込んで逃げます。
 でも気の強いカルガモもいて、にらみ合います。この後どうなったと思いますか?

2010年 9月28日(火):海を見る

向うは下北半島

 午後は雨の予報なので、昼前に下海岸(戸井や恵山方面)に鳥見に行きました。今までシギチ(シギやチドリ)を見たところは念入りに、何ヶ所か周りましたが成果はありません。
 旧・戸井町からは下北半島まで最短地で17.5kmしかありません。水平線の上に見えているのが下北半島の太平洋側です。恐山は雲の中ですね。

赤いハマナスの実

 海を見る足許に赤い実を付けたハマナスの木がありました。
 まだ少しは花もありますが、大部分は実になって、一部はもう真っ赤に熟しています。
 この実を鹿部の漁港で、ヒヨドリが工夫して食べる様子を、野生動物・野鳥編の「身近な野鳥・ヒヨドリとハマナスの実」でまとめました。ジャムにすると食べられるそうです。

大森海岸のカモメたち

 食事かたがた、市内の大森海岸の方を覗いて見ました。
 ここで撮ったユリカモメの写真で 野生動物・野鳥編の「大森海岸のユリカモメ」のページを作りました。ただのカモメも見たことがあります。写真に写っているのはオオセグロカモメとウミネコで背後のビル群は湯の川温泉です。風上を向いて立ちます。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について