別館


写真絵日記


2010年10月17日(日):耳毛も伸び始め2

頬のひげにゴミが付いている

 午後は雨もある予報でしたが、朝天気が好いので、9時過ぎに見晴公園に行きました。
 観光バスも来ていて、人が多いです。その人が余りいない場所でエゾリスを見つけましたが、樹上に消えてしまいました。10分位待っていたら、地面に降りて来ました。
 投げると剥きグルミを持って行きます。頬のひげにゴミが付いていて、野生ですね。

立っている

 同じリスです。道路を騒がしい人たちが通ると気になるのだと思います。
 すくっと立てるのがエゾリスやシマリスの特徴です。これで胸に手を当ててくれていると、最高のポーズになります。耳毛(ふさ毛)も伸び始めています。
 久しぶりにたっぷり遊んで貰い、写真もたくさん撮れました。

高い枝の上でクルミの殻ををかじっている

 前回エゾリスを2匹見たところは、人通りも多くていませんでした。
 グランドの端の林を歩いていたら、樹上からカリカリとオニグルミの殻をかじる音が聞こえて、このリスがいました。高所なので安心しきっています。
 とても暗くてISO1600で撮った写真です。時間がかかりそうなので立ち去りました。

離れないエゾリス

 ゴルフ場への近くの林に別のリスがいて、近寄って来て餌を手から持って行きます。
 そこへもう1匹が来て、1匹が他を追い払ったりしています。慣れたリスは私の間近から離れないで、餌を独占しようとしているようです。リス2匹に餌をあげていたので、見物人も集まりかけて、早々に立ち去りました。帰りには観光バスは3台いました。

2010年10月16日(土):ロシア対潜大型哨戒艦

ベイラー

 先週10月8日に七飯町にプルーンを買いに行き、宮田果樹園でプルーンは冷凍しておけることを教えられました。試してみると、少し凍ったままで食べるととても美味しいです。
 10月3日以来3週連続のプルーン買いです。そろそろプルーンは終りとのこと。これは トトロの里 冨原観光果樹園 で買ったベイラーと言う中玉の甘いプルーンです。

アドミラル・パンテレーエフ全景

 昨日、ロシア太平洋艦隊所属の対潜大型哨戒艦「アドミラル・パンテレーエフ」(6,700トン)が函館港に入港し、港町ふ頭(函館市港町2)に接岸しました。同日は海上自衛隊や函館日ロ親善協会による歓迎セレモニーが開かれ、今日明日と一般公開されました。
 混むだろうなと思いつつ行ってみました。行列が出来ています。

歌って踊って歓迎する水兵さん

 「ロシア軍艦 函館入港」 eHAKO 函館地域ニュース
 ロシア軍艦の函館入港は日露戦争前の明治28(1895)年以来115年ぶりです。
 埠頭は進入禁止で、しばらく並んで駐車場へ車を入れ、海上自衛隊による持ち物検査、身体検査を受けてからシャトルバスで埠頭へ行きます。歌い踊りと軍楽隊員は達者です。

甲板で

 乗艦の順番待ちに、2枚目の写真のように長い行列が出来て、1時間以上並びました。
 艦内一般公開と言っても、結局甲板を一巡しただけで、居住区も見せて貰えませんでした。警戒に立つ水兵さんの笑顔が印象的でしたが、疲れますね。
 右の4つの丸い蓋がミサイルの収納場所のようです。

2010年10月15日(金):屋上庭園の紅葉

屋上庭園の紅葉

 今朝健診会場の 渡島総合振興局(前の渡島支庁)の駐車場に着いた時に、何気なく上を見たら道路と反対側の2階部分の屋上に紅葉が見えました。
 建物の外観は昨年10月6日内部は10月5日の絵日記 にあるので割愛します。仕事の合い間に行ってみると、ヤマボウシなどがもう本格的に紅葉になってています。

屋上庭園への出口

 写真がその屋上庭園への建物内部からの出口です。広くて、たくさん植物があって、とてもよく整備されていますがお薦めは出来ません。煙たいからです。
 ドアには「屋上庭園」と「喫煙場所」と書いてあります。彫刻を横目に階段を登ると、たくさんの灰皿が置いてあって、少なからぬ人が喫煙していました。

北々亭の寿司

 先日久しぶりに 海鮮鮨処北々亭 函館店に行きました。回転丸本通り店の頃と違うのは、注文すると目の前で握ってくれることが多く、前より安いお皿が多いと思いました。
 ランチタイムは平日の11時半から15時までで、全皿126円に味噌汁サービスがあります。左は前にも取り上げた「こぼれあなご」、右は「おつまみイクラずし」です。

2010年10月14日(木):大沼の紅葉はまだ

小沼から見た駒ケ岳

 大沼国定公園ガイドの まるごと大沼 によると、駒ケ岳を囲む七飯町、鹿部町、森町の特産品が大集合する 秋の味覚市 が、10月9日〜31日の間の土日祝日に大沼公園広場で10:30〜14:30開かれていて、10月17日〜18日は秋の紅葉まつりも一緒に開催されます。
 今日昼過ぎに行ってみました。小沼から見た駒ケ岳です。まだ青々していますね。

札幌行きの特急北斗

 大沼の方に周り、4月11日に行った(絵日記)大沼湖畔のレストラン、ターブル・ドゥ・リバージュ へ向う道に車を置きました。ここからの大沼の眺めが最高に好きです。
 近くの踏み切りの遮断の音が聞こえましたので、線路の近くに行ってみました。見慣れた札幌行きの特急北斗でしたが、4つのライトを光らせていました。

遊覧船が見えます

 先ほどの場所からはSLや振り子特急のスーパー北斗も撮っていて、それぞれホームページで使っています。
 お気に入りの場所から撮ったアップ気味の駒ケ岳です。大きさを変えて何枚か撮りましたが、これが遊覧船が大きく写っています。風が無いと綺麗な水鏡が出来る位置です。

協会のホームページのお知らせのページ
 鳥もリスも探しましたが、今日は成果がありませんでした。
 家に帰ったら、勤務先のホームページ に関して、Y山センター長さんからメールが来ていました。更新に伴って、お知らせページ の下段の写真も変えたとのことでした。
 前に撮った滝川市の丸加高原のコスモスの写真です。使って貰えるのは嬉しいですね。

2010年10月13日(水):川沿に歩く

アオサギとカルガモ

 昼過ぎに帰宅して、先ずチリ鉱山作業員救助の様子をテレビで見ました。嬉しいですね。
 今にも降りそうな暗い天候でしたが、久しぶりに家から河口まで歩くことにしました。歩き始めに飛んでいるところを見たアオサギが、川に降りて漁をしていました。
 カルガモが泳いで来ましたが、遠慮するように近くへは行きませんでした。

3羽のコガモ

 家から河口まで1.5km弱です。柳の木が全部切られてから 余り歩いていません。
 その中流に毎冬コガモがたくさん来て住み着くのですが、やはり何羽かが滞在していました。今日はまだ10羽以下でしたが、寒くなるととても増えます。
 まだ繁殖期では無いので、エクリプスですから、オスメスははっきりしません。

カルガモとウミネコ

 9月29日の絵日記に、この場所で1羽のウミネコとカルガモがにらみ合っている写真を紹介しました。ウミネコが近付くと殆んどのカルガモは道を譲るように、水に跳び込みます。
 今日も同じようなシチュエーションでしたが、ウミネコが遠慮っぽい性格だった様で、この距離を保って、これ以上は近寄りませんでした。

疾走する723・サンクス号

 アオサギは何度も近くを飛んでいましたが、降りていたのは1度きりでした。
 家内はカワセミが飛び立ったり、水に飛び込むのを3度見ましたが、私は水から飛び出した波紋を見ただけです。もう少し葉が散るとチャンスがあるかも知れません。
 10月7日の絵日記で側面像を紹介した723・サンクス号です。前後面も鮮やかです。

2010年10月12日(火):食べ比べ

旗(左右反転済み)

 昨年も参加した、渡島総合振興局(今春から渡島支庁はこう言う名になりました)を会場にする役所の健診は、先週から始まっていました。私は今日から来週まで担当です。
 昼で終るのは嬉しいです。建物の前の国旗、道旗と交通安全旗で、まだ渡島支庁と書いてあります(左右反転済み)。昨年は交通安全旗は無かったように思います。

左が牛鍋丼

 会場の近くの産業道路沿いに、函館唯一の吉野家(産業道路美原店)があります。
 競合店との価格競争で発売とテレビニュースで見た、並盛280円の牛鍋丼が好調とのことで、昼食に寄ってみました。吉野家創業111 周年記念とかで、先月の発売です。
 お店はとても混んでいました。右が牛丼、左が牛鍋丼(共に並盛)で汁が多く薄味です。

ツタの紅葉が始まった川

 暖かいので、河口近くに車を置いて、鳥見をしました。
 先日コガモを見た場所には、満ち潮だったせいか何もいません。カルガモやアオサギも見られる場所なのですが、水が汚かったのも原因かと思います。
 堤防に絡まったツタは紅葉が始まっていました。じきに冬鳥がやって来ます。

たたずむアオサギ

 河口の、よくウが止まっている柵にアオサギが立っていました。この場所にいるのは初めて見ました。遠いのでトリミングしています。
 今年 野生動物・野鳥編に「泳ぐアオサギ」をアップしましたが、その中でアオサギには水掻きが無いと書きました。この写真では足がよく見えます。これこの通りですね。

2010年10月11日(月):活イカ購入

坂井鮮魚店

 松前に行く途中、市内石川町、トライアル向いの坂井鮮魚店に寄りました。トライアルの前身の前身エフロードに入っていた頃に何回か買物をした店で、鮮度が良かったです。
 店の中に大きい水槽があって、イカが泳ぎ回っていました。関東の妹2人に活イカを10杯ずつ、愛知の弟には船上急速冷凍のイカブロック(25杯くらい)を1個送って貰いました。

松前町白神岬

 松前に行くのは、隣の福島町と松前町のマンホールの蓋などを探すのが目的です。この2町以外は渡島地方は全部見ましたが、独特な絵柄の蓋が無い所も多いです。今回も福島町の新しい交通安全旗が撮れた位が収穫でした。
 野鳥の渡海で有名な松前の白神岬です。海の向うに津軽半島が見えます。

松前殿様どんぶり

 今年3月24日に松前に来ました。今日も昼食はその日と同じに 松前町の道の駅〜北前船 松前 の北前食堂に入りました。メニューはこちらに
 今日は遠慮して前回の「津軽海峡・松前産本マグロ」の松前本マグロ漬け丼より220円安い「松前殿様どんぶり」にしました。味がついていてかき回して食べます。

活イカ刺し2杯分

 今夜は活イカ刺しを食べようと、帰りにも前述の坂井鮮魚店に入りました。
 活イカを2杯注文したら、料理もしてくれるとのことで、どんな風に料理するか質問されました。ゴロ(内蔵)も足も食べたいと頼んだのが写真のパックです。左がゴロ、隣が足、中下が耳で、食べ応えがありました。2人なら1杯でも良さそうです。

2010年10月10日(日):消えた市電塗装

谷地頭電停の719・オサルの電車(2002年の11月17日)

 午前中は雨で、午後は NHK の「(双)ぶっつけ本番中継 夢のまるごと体感! 北海道ツアー」を見て過ごしてしまいました。今日の写真はありませんので、古い写真を見て下さい。
 最近絵日記は市電づいていますが、初めて函館市電を撮ったのは2002年の11月17日でした。谷地頭電停の719・おサルの電車です。その後は 人権号(絵日記)になりました。

西部地区の8004・JAL号(2002年の11月17日)

 これは同日西部地区まで出かけて、基坂で撮った8004・JAL号です。北海道の旅・函館と道南の「市電の光景」には、同じ時に同じ場所で撮ったJ-PHONE号の写真があります。
 JALの広告塗装は更新されたのも撮りましたが、今はありません。現在8004号は函館大学や短期大学、函大有斗高校などを運営する 野又学園の宣伝車体 になっています。

811・冬の夢 ひかりの電車(2002年12月29日)
 年末には電飾市電の「冬の夢 ひかりの電車」が走ります。これは2002年12月29日の昼間撮った写真で、電飾は点いていません。811・野村證券号でした。
 今は811号は金森赤レンガ倉庫号で、2009年1月1日撮影の写真を、同日から6日まで別館のトップ写真にしました。歴代トップ写真集 にあります。

宝来町の8008・NCV号(2003年4月1日)

 10月6日の絵日記にケーブルテレビ会社NCVの、左右違う色の車体の写真があります。
 これは2003年4月1日に函館山の麓の宝来町で撮った8008・NCV号です。初めの頃は「市電の光景」つまり風景の中の市電を撮ることを心がけていました。
 道の端に見えるのが啄木の歌で有名な青柳町電停で、次が終点の谷地頭電停です。

2010年10月 9日(土):食べるエゾリス

柵の上でクルミを食べる

 10月3日の日曜に見晴公園でエゾリスが見られませんでした。今日はちょっと雨も降る暗い日でしたが、真面目に7時に起きて8時には公園に着きました。
 谷間の木の上にいる2匹のエゾリスを見つけました。近寄って来たので、剥きグルミを近くに投げると取ります。柵の柱の上に置いたら近くで食べました。耳毛が少し長いです。

枝の上で食べる

 まだ紅葉は見頃ではないのですが、人がたくさん来ています。帰る頃には観光バスで、日本人でないアジアの団体も来ました。
 柵の上より木の上の方が、周りから見えないので安心するのでしょう。近くの木の上で食べています。とても暗くて ISO1600 の写真で、鮮明さがありません。

枝の上でオニグルミを食べている

 公園の奥ので民家に近い方に、3匹のエゾリスがいるのを家内が見つけました。近寄ると3匹ばらけてしまいました。
 こちらはその内の1匹で、自分で見つけたオニグルミを、カリカリ音をさせて殻をかじっていました。正確には「食べようとするエゾリス」です。

木の上で食べる

 1匹は投げてあげたクルミをくわえて木に登り、そこで食べ始めました。食べている時は動かないので、写真を撮りやすいです。少し葉が黄色くなっているので、秋の風情ですね。
 猛暑だったせいか、まだたくさん蚊がいて、大分刺されてしまいました。
 帰りに入り口の近くで、もう1匹見ましたが、木に登って行ってしまいました。

2010年10月 8日(金):産直店でプルーン3種

スーパー並みの村田農園

 昨日仕事後、健診スタッフは室蘭へ移動し、私は今日が受診日だったので残りました。
 受診をすませてから、今週日曜3日に買ったパープルアイと言う大きいプルーンを求めて七飯町に行きました。最初に 8月19日に野菜を買った 旧道の村田農園に寄りました。レジかごがあって、レジ袋が有料で、スーパー並みです。トマトとキノコを買いました。

シュガープルーンとつがる

 旧道の両側にはリンゴやプルーンや野菜を売っている産直店が多くあります。
 昔入ったことがある、小規模な店にプルーンを売っていたので立ち寄りました。
 左のプルーンはシュガープルーンで1キロ500円、右のつがるリンゴは1袋(4個、小さめで不揃い)何と100円でした。プルーンを2袋とつがる1袋買いました。

左が求めて行ったパープルアイ、右は皮が割れたシュガー

 国道5号線沿いの宮田果樹園には、まだパープルアイがたくさんありました。
 左側の大きいプルーンがそうで、1パックに6個くらい入って、500円です。3日に初めて食べてとても美味しかったので、今日は4パック購入しました。右は先日の大雨で皮がはじけたシュガーで1キロ600円でした。これはジャム用に買いました。

1番左がサンプルーンです

 北海道の旅・探訪に「フルーツを農園で」と言うページがあります。その内のプルーンは七飯町大川の松本農園での記事で、木になった写真もあります。
 昨年も9月26日にプルーン を買いました。帰りに立ち寄ってみると、サンプルーンを1kg500円で売っていました。量り売りで買ったものが1番左の袋です。
 食べ比べてみると、サンプルーンは少し酸っぱ味があり、パープルアイは甘くてジューシーでプルーン離れした感じです。シュガーがお馴染みのプルーンだと思いました。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について