別館


写真絵日記


2010年11月16日(火):雪山

鮮やか青空

 午前中は近くの豊平区のクロスなど室内装飾資材卸売会社の健診でした。
 昨日の雪雲が嘘のような青空ですが、放射冷却現象で寒い朝でした。健診会場の5階の窓から青空の下の街並みやや近郊の山がよく見えます。街路樹の黄葉も鮮やかでした。
 実はこの写真の左端の山は、最近絵日記に登場したばかりの山です。

ビルの間から見る恵庭岳

 それは11月11日の絵日記で取り上げた恵庭岳です。
 恵庭岳は支笏湖の北岸に噴出したトロイデ型の火山で、千歳市と恵庭市の境界にあって標高1320mの活火山に指定されています。アイヌ語の山名、「エ・エン・イワ e(e)niwa, e-en-iwa」は「頭が尖った岩山」を意味するそうです。恵庭市の地名の由来です。

お馴染みの手稲山

 午後の仕事先は北区新川の斎場でした。
 昼食後に市内の高速道路を通って移動しました。札幌市内の高速道路は均一料金で普通乗用車で400円です。市内北西部に行くと目の前に手稲山(1023.1m)が見えて来ます。山頂は雪が降っているのか雲がかかっていました。積雪は余り無いですね。

仮眠室で診察

 今回健診に来た斎場は全道で1,000人近い社員がいて、場所を換えて何回か健診があり、今日は2回目だそうです。黒いスーツやドレスを着た人たちが市内一円から来ます。
 ここには遺族用と思いますが、仮眠室が4つあって、診察や心電図などで3ヶ所使いました。何年もの受診記録がありますが、私は担当するのは初めてでした。

2010年11月15日(月):恵庭にて

函館山夕景

 昨日もいつもと同じスーパー北斗17号で札幌に来ました。同列車は函館発16時43分で、唯一函館札幌間を3時間で結びます。停車駅が少ないから出来るのです。
 家内に車で駅まで送って貰う間に函館山方向の夕陽が綺麗でした。函館駅に着いてから見ると、すでに日は沈んで暗くなりかけていました。

牧草地とカラマツ

 恵庭には工業団地があって、よく健診に行きますが、札幌から近いので泊ったことはありません。今日は午前午後3ヶ所の健診先がすべて恵庭市でした。11月11日も恵庭でしたね。
 昼休みは郊外に大きい商店がたくさん集まった一角の食堂に行きました。道路の向うは農村風景です。手前の緑は牧草でしょうか?遠くにカラマツの黄葉が見えます。

赤い実はナナカマド

 恵庭市ではナナカマドの街路樹が多いのですが、見た限り全部が、葉は落ちて真っ赤な実だけが付いています。写真を撮ろうと思ったのですが小雪がぱらつく暗い日でした。
 午後一の健診先の隣はトラクター会社でした。2階の窓から見ると、トラクターを前景にして、背景にナナカマドの実と、何かは判りませんが黄葉があったので撮ってみました。

2010年11月14日(日):海は大荒れ

川岸のアオサギ

 昼頃、下海岸(戸井、恵山方面の海岸)へ鳥見に行こうとしていたら、大雨になりました。風も強いです。しばらく待っていたら雨が止んだので、出かけました。
 通り道の川岸にいたアオサギです。車を降りて撮りに行きましたが、段々近付いてこの距離になったら、飛び去りました。漁をするより休んでいた感じです。

舟揚げ場のカルガモの群

 海は荒れていて波も高く、海岸ではカモメやカルガモが岸に避難しています。
 近くの漁港に寄ってみました。小さい舟を機械で引き上げる斜面では、コクガンやシギチも見られることがあります。
 今日はたくさんのカルガモが休んでいました。川のカルガモほど慣れていません。

カワアイサのメス

 港にはカワアイサが数羽いて、潜ってしっかり魚を獲っていました。
 この頭が茶色でボサボサの羽(冠羽)があるのはメスのカワアイサです。野生動物・野鳥編の「濤沸湖の冬鳥たち」に雌雄そろった写真と説明があります。
 基本的に冬鳥ですが、一部の地域で夏に繁殖しています。他にウミウもいました。

離れ去るヒドリガモ

 汐泊川の河口を覗いてみました。時折サケが跳ねています。
 無数のカモメとたくさんのカルガモが避難して来ていましたが、ヒドリガモやキンクロハジロ、カワアイサなども見られました。
 ヒドリガモは人に慣れていないようで、どんどん離れて行きました。

2010年11月13日(土):遠くから

玄関のマルメロ

 昨夜家に帰ると、玄関にマルメロが置いてありました。5個あって、これでスーパーで300円だったそうです。収穫時期だけ市内のスーパーで買えます。
 マルメロは北斗市の旧・大野町の特産品で、北海道の旅・探訪の「フルーツを農園で」で説明しています。果物売り場に置いてありますが、香りを楽しむだけで食べません。

遠くから撮りました

 最近鳥見名人に情報を頂きましたので、2月に見たエゾフクロウ(絵日記)を訪ねました。殆んど毎月のように空っぽの巣穴を見ていたのですが、今日はいましたよ。
 車が1台もいなかったので、戻っていることは知られていないのかも知れません。
 遠慮しながら遠くから撮らせて貰った写真です。目を開けています。

ドングリの木の植樹場

 帰りに大沼公園も覗いてみました。マガモが多数いた他は、湖中の岩の上にウミウやダイサギも見ましたが遠かったです。空を白鳥の編隊が飛んでいましたが、降りませんでした。
 大沼国際セミナーハウスの横の、チョウセンゴヨウの林の手前に、地元の保育園児が植樹したドングリの木がたくさんありました。大きくなれば良いですね。

函館新道周囲のカラマツ

 今一番綺麗な黄葉はカラマツです。日が当ると黄金色に見えることがあります。
 北海道でも美瑛や富良野などカラマツで有名な場所がありますが、大沼周辺にも多いです。でもカラマツは北海道では自生していなくて、長野県などから移植されたものです。
 函館新道の回りもカラマツの黄葉が綺麗でした。走行中の車からの撮影です。

2010年11月12日(金):新札幌駅から

虹が出ました

 朝から不安定な天気で、晴れたり雨が降ったりです。午前午後合わせて3社の産業医訪問をしました。健診結果の説明や社員の方の健康状態の相談などをします。
 午前2社目の話が終って応接室を出たら、北側の窓いっぱいに大きな虹が出ていました。昨日もバスの窓から虹を見ました。勧められて窓を開けて撮った写真です。

彩り野菜冷しうどん

 昼食は環状通沿いの 手延べうどん むぎの里(絵日記)に入りました。私の食べた「彩り野菜冷しうどん」です。セット用のミニ丼があるのですが、今日はうどんだけにしました。
 会計時、民芸時代からいて顔なじみの男性店員さんと話が出来ました。名前が変わって心配したけど、同じ顔ぶれで安心したと話したら、喜んでくれました。

新札幌駅改札口

 15時7分札幌駅発のスーパー北斗16号で函館に帰る日です。
 時間も余り無かったので、地下鉄で乗り換えなく行ける新札幌駅に出ました。
 特急がここまで8分かかるので、15時15分発になります。前にも書きましたが、ビルの谷間の駅なので、待合室も無くて、ホールの一角に椅子が並べられています。

ホームに入線するスーパー北斗16号

 改札口の写真でも判るように、2本のホームしかありません。そこへ函館・室蘭行き、釧路・帯広行き特急と新千歳空港行きの快速エアポートがすべて停まります。
 入線して来たスーパー北斗16号です。ビルの谷間の駅を表そうと、広い範囲を入れましたが、特急はもっと大きく撮った方が良かったです。

2010年11月11日(木):久しぶりの青空

恵庭市のカワセミの交通安全旗

 巡回検診としてはゆっくり気味の7時45分集合で、午前中は恵庭市に行きました。ずっと雨が続いていましたが、恵庭に着いた頃には止みました。青空が見えまて来ました。
 バスの窓から撮った恵庭市のカワセミの交通安全旗で、2007年11月12日絵日記 で取り上げましたが、文字が欠けていたので、こちらをアップします。似ていないですね。

遠くに恵庭岳が見えています

 健診先は私が初めて担当の、Sビールの関連会社で、ビール工場の構内にあります。
 嬉しいことに久しぶりに晴れて来ました。窓から外を見ると少し離れた場所に乗って来た胸部車が置いてあります。胃部車とエコー車と3台のバスで来ましたが、胸部レントゲン写真は今日は撮りません。地平線の真ん中の尖った山は大好きな恵庭岳です。

恵庭岳です

 青空が見えているのですが雲も多くて、午前中は時々雨が降って来ました。恵庭岳も雲がかかったりして、仕事の切れ目ではなかなかうまく撮れません。アップで狙った1枚です。
 周りの山もそうですが、冠雪があります。会社で個室が当っていた頃、その窓からこの山が見えて、困った時の絵日記ネタによく使ったものです。

YOSHIMIのハンバーグ焼きカリーとサラダ

 午後の仕事は北広島市の大曲工業団地にある新聞社の印刷工場です。開始までは少し時間があり、昼休みはその近くの 三井アウトレットパーク 札幌北広島 で取りました。
 フードコートのカリーとオムライス YOSHIMI のポスターが目にとまって頼んだハンバーグ焼きカリーで、バーナーで焼いていました。サラダは別注文です。

2010年11月10日(水):異色の組み合わせ

異色のバスの組み合わせ

 昨夜から荒れた天候で、時折強風が吹いて、雨も降り続いています。
 午前中は市内西区のさる工業団地の健診の2日目を担当しました。昨日の1日目は午前午後を通しての健診でした。外に綺麗なナナカマドの実がありましたが、雨で撮れません。
 胃部車は2台で左はトラックベースの最新機種、右は他の健診機関から購入した物です。

薄暮の観覧車

 午後は西区のさる会館を使って、ある自動車デーラーの若い人たちの健診でした。
 途中で豪雨が降りましたが、幸い終了の15時半には小降りになりました。珍しく早く終わりましたので、バンに札幌駅で降ろして貰いました。
 夜景は薄暮時が美しいと言います。昨日と同じ構図の薄暮の観覧車です。

2010年11月 9日(火):鮮やか落ち葉

黄色い落ち葉

 朝から雨で、傘を差して出社しました。午前中は内勤で、昼食に出たときは雨は殆んど止んでいました。会社の敷地内に黄色い落ち葉が積もっている場所があります。
 塀と建物に挟まれた場所で、誰も入る訳では無いので、うず高く積もっています。午後の産業医訪問に出るときに撮りました。変な物を撮って怪しい人と思われたかも。

昨日も撮った公園

 産業医訪問から戻ってから、懸案だったインフルエンザワクチンの接種を受けました。午後の外来で決められた時間に受けることになっているのですが、今週も来週も午後健診に出ない日は産業医としての会社訪問が組まれています。
 昨日と同じ公園を、帰りに今度は落ち葉を狙って撮りました。変わりは無いでしょうか?

赤い落ち葉

 地下鉄の駅へ歩く途中の、店舗の庭に真っ赤なモミジがあってとても目立ちます。
 青空ではないので、その木を撮っても鮮やかさは出ないと思います。近寄って木の根元を見ると、周りにたくさん赤い葉が落ちています。
 もう一工夫すると、もっと立体感とか遠近感とか、深みのある写真になったと思います。

窓から観覧車が見える

 巡回に出ると朝が早くて、帰りも遅くなることが多々あります。今日は産業医訪問間がスムースに終り、ワクチンも打てたので、早く退社をして、明るい内にホテルに戻りました。
 今週は久しぶりに観覧車が見える側の部屋が当りました。曇り空ですが遠くまで見えます。一番右側のテレビ塔は、拡大すると時間も判ります。

2010年11月 8日(月):真っ赤な地面

午前7時の南郷丘公園

 今週は月曜と水、木曜日に特殊健診のバスで巡回に出ます。
 今朝が一番早くて7時15分集合でした。私の泊っている すすきののホテル から会社の駐車場までは約40分かかりますが、その内の半分近くは徒歩の時間です。7時頃通りがかったいつもの南郷丘公園です。シラカバの葉も黄色くなりました。

地面に敷きつめた赤レンガ

 午前は江別市の窯業の会社で、主力商品は赤レンガです。建物も赤レンガで作られて、敷地も赤レンガの小片が敷きつめられています。初めてだったので少々驚きました。
 健診が終わって荷物を積み込み終えた頃に撮りました。バスのバックモニターでは地面が真っ赤に見えて鮮やかでした。この頃から雨が降り出しました。

雨の道央道

 朝は一般道を使いましたが、午後の健診は千歳市の新千歳空港内の会社です。
 昼食も千歳市で取るので、そのまま雨の中を高速道路を使って移動しました。
 もう紅葉は終わりかけです。雨が降っていて、窓ガラスも雨に濡れていて、曇ったような写真しか撮れません。

17時頃の新千歳空港ターミナルビルのバス乗り場

 今日の空港ターミナルビル内の会社の健診は、夜勤をする人の年2回目の健診です。採血や心電図検査が無いので一人当たりは早く終わりますが、17時まで組まれています。
 終って、荷物をバス乗り場まで持ち出したところです。右に畳んでカバーを被せた衝立が見えます。バンやバスは離れた駐車場に置いてあるのでしばらく待ちました。

2010年11月 7日(日):自転車道路晩秋

ここから歩き始め

 家のそばを通称「自転車道路」が通っています。この道に関しては、前年3月25日絵日記 で説明しましたが、終戦前に未完に終った旧戸井線の線路用地を利用した歩行者と自転車専用の道路です。この道を湯の川方面の終点まで歩き、川沿に帰ることにしました。写真は家の近所の自転車道路で、全長の中間辺りになります。

黄色いモミジ

 朝は散歩する人が多いのですが、昼近くだったのでそれ程でもありません。
 走る若者は数組いました。犬の散歩は川沿の遊歩道や見晴公園より少ない感じです。
 絵日記の題に晩秋とつけましたが、黄葉の見頃は終っています。写真右手のひときわ鮮やかな黄色い葉の大きい木がありましたが、モミジ(カエデ?)でした。

東屋と遠くに青い橋

 道路はとてもよく整備されています。産業道路などの道の下はトンネルになっています。
 写真の右手に東屋が見えます。遠くの青い建造物は自転車道路の橋です。
 水飲み場は3ヶ所ありましたが、トイレはありません。道路なのでトイレは要らないのでしょうか?3月にはたくさん鳥を見ましたが、今回はヒヨドリやシジュウカラくらいでした。

アオサギ2

 自転車道路終点から川へ歩き、いつもの川沿の道を通って引き返しました。
 アオサギは2ヶ所で見ました。最初の場所では、あれは何という鳥か聞かれました。
 こちらは2羽目で、先に橋を渡っていた人が見つけて、私を呼んで教えてくれました。逃げないで良い雰囲気でしたが、そばでバイクのエンジンをかけた人がいて、飛び去りました。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について