別館


写真絵日記


2009年 7月15日(水):自家製クルミとドングリ

家の裏のクルミの木  何年か前、はっきり覚えていないのですが、確か掲示板で、自分が使うクルミは自分の家で採るように、誰か(多分、か○せみさん?)に言われました。

 子供の頃、愛知県の家は海に近くて、海岸で拾ったクルミ(カリフォルニアクルミのような大きいクルミだったと思います)を、庭の隅に植えたら、数年で大きくなり、家の裏に移植しました。その後、すごく大きくなって、樹液が甘いのかクマゼミのたまり場になりました。実はいっぱい付きますが、誰も採りませんでした。

 3年前、拾ったオニグルミを家内が今の家の裏に植えました。もう背丈くらいになりました。数年でクルミが取れそうです。

鉢植えのドングリ  2年前と思います。小さい芽の出ているドングリを2個家内が拾って、鉢に植えました。函館のエゾリスはドングリは食べませんが、紅葉が綺麗なので植えたのだそうです。少し大きくなりましたので、今年でも地面に植えなおす予定です。
 でも、とても狭い庭で、いっぱい物が植えられていますので、首尾よく場所があるか心配です。

1.5lのVittelのボトル  家で飲む水は、七飯町上藤城の七飯岳の湧水を汲みに行きます。癖の無い軟水です。

 少し渋いような感じがしますが、硬水も嫌いではありません。エビアン は札幌で泊るホテルと室蘭の港の側のホテルの近所のコンビニで1lボトルを売っていますので、連泊の時はこれを買います。
 今日体調も良くなって来たので、少し外出してスーパーへ行ったら ビッテル の1.5lボトルを売っていました。こちらの方が渋みが少ないような気がしますが、エビアンは硬度304mg/l,pH7.2,カルシウム80mg,マグネシウム26mgで、ビッテルは硬度315mg/l,ph7.8,カルシウム94mg,マグネシウム2.0mg です。マグネシウム量の差で味が違うのかも知れませんね。

2009年 7月14日(火):エゾリス、更新予定

杉の木の5匹の子リス

 本当は今日夕方は札幌に出て、明日は講習会に参加、明後日はセンター勤務の予定でした。先週末から風邪をひいてしまい、熱は殆んど無いのですが、咳がなかなか取れず、仕事は外してもらって自宅で過ごしています。K藤課長さん、ご迷惑をかけました。
 そんな訳で全く外出をしていません。絵日記はアリバイ作りに、今後の更新予定を書きます。

5匹兄弟

 上の写真は5月5日の、下の写真は5月4日の絵日記で使った物です。
 今春は子リス三昧をしましたが、今までに「子リスの冒険」だけアップしています。5月5日はたくさんの子リスが巣から出て来て、大騒ぎになりました。巣離れだったようで「子リスの日」か「大脱走」と言うページを作ろうと思っています。もう1ページ「子リス三昧」と言うページで全経過を書きたいです。乞うご期待!気長にお待ち下さい。

2009年 7月13日(月):今月のWebalizerから

時間ごとの統計

 サーバ標準装備の Webalizer と言うアクセス解析ソフトのことは時々絵日記で取り上げています。今日は休みですが、天気が悪くてネタ切れですので、2009年7月分の結果をいくつか書きます。
 上は24時間の時間ごとのアクセスの結果です。
 11時台、14時台が、22時台より多いのが判ります。つまり、昼間見てくれている人が多いのです。

リファラー

 これは今月分の「リファラー」と言って、「何所から来たか」の記録です。サイト内で移動が多いと、同じサイト内のページが移動元になります。事実、サイト外では Yahoo! が9位でトップ、キッズgoo が21位、通常掲示板が17位です。
 1位の Direct Request は直接 URL を入力したもの、2,4,8位はメニューページで、6位はウェルカムページです。単独のページでは、多い順に、写真絵日記、潜血反応、北海道のキツツキです。11位に札幌のラベンダー畑で季節物になります。

東埠頭から(2009年3月10日)

 昨日の絵日記で予告した「函館港ゴライアスクレーン」は、第1部を昨夜アップしました。北海道の旅・函館と道南にあります。
 第2部は2009年6月16日までの写真で構成します。上の写真は3月10日に東埠頭から撮りました。函館山に雪があります。第2部、近日アップの予定です。

2009年 7月12日(日):青いブルーベリー

カリンズ  毎年の絵日記ネタ、玄関横のカリンズです。フサスグリの方が一般的なよう。
 例年たくさん実をつけて、家内がジャムを作りますが、種が大きいので、数の程にはたくさんのジャムにはなりません。今年は剪定がまずかったのか実付きが悪いです。
 一昨日室蘭から帰ったら、1週間でとても赤みが増していました。

大きいブルーベリー  ブルーベリーは花の咲く時期や実の成長の仕方が3種類くらいに分けられます。これは丈は低いですが、一番大きくなるのが早い種類です。
 実は随分大きくなっていますが、今年は実の数が少ないように思われます。野生動物・野鳥編の「ウソも来たよ!」のウソに花芽を食べられたのかも知れません。

中くらいの大きさの実  こちらは丈も実の大きさも中間のものです。小さいながらたくさん実が付いています。  もう1本大きい木があるのですが、そちらはもっと実が小さく、冷夏では完熟出来ないことがあります。
 家内の話によると、朝夕2回ヒヨドリが、ブルーベリーの様子を見に来ているそうです。子供と野鳥が喜ぶとは本当ですね。

函館西高等学校から見た函館港

 こちらは、本館更新の予告編です。
 旧函館どっくのゴライアスクレーンのページを作ろうと思っています。健在だった姿の、2008年度までで1ページ、2009年度で1ページ、撤去作業で1ページの3ページになります。写真は2007年7月24日に道立函館西高校から撮った函館港で、遠くの山は駒ヶ岳です。

2009年 7月11日(土):後出し、150周年

函館開港150周年記念切手  函館開港150年記念式典は7月1日に行われましたが、私は出張中で、こういうことよりゴライアスクレーンの撤去の方が気になっていました。
昔の函館の風景
 そういえばこの日に合わせて、絵日記でパンフレットを紹介した にっぽん丸も入港したはずですが、6月30日から室蘭に出張していたので、結局見られなかったです。
 今日入門掲示板に、この開港150周年切手の写真が投稿されましたので、家内が買ったあった函館版(6月2日発売)をスキャンして紹介します。

夜景と船  上左がシート全体で、80円記念切手10枚で構成されています。1,2枚目は昔の函館の光景を、3,4枚目は函館が誇る夜景を、5,6枚目は船の絵柄ですが、先の4枚は両端の余白部分と左右の切手が2枚揃わないと不完全になってしまうデザインです。
 この切手は正式には「日本開港150周年切手」で函館の他に横浜と長崎が150周年、その函館分になります。

観光地4枚  最後の4枚はそれぞれ独立した、函館の観光地の切手です。左上は「八幡坂と函館港夜景」、右上は「函館ハリストス正教会(重要文化財)」、左下は「旧桟橋と函館港夜景」そして右下は「函館公園と函館港夜景」です。
 書いていて気付いたのですが、3枚の背景の函館港は夜景ですね。私のホームページの北海道の旅に「函館と道南」がありますが、西部地区の観光名所は苦手で、全然取り上げていないです。

2009年 7月10日(金):古い特急

室蘭駅入り口  昨夜から昼までは雨でした。風はありましたが豪雨と言う印象は無かったです。ただ昨日渡島檜山地方に大雨警報が出て、少し気になっていました。
 健診が早目に終わって、食事を済ませて室蘭駅まで歩きました。先週気付いたのですが、室蘭駅入り口にカラス注意と書いてあります。小雨になって測量山が見えます。

くじらん2色

 東室蘭で函館行きに乗り換えるのですが、室蘭から東室蘭までは札幌行きのL特急すずらんが各駅停車になり、それに乗りました。
 プラットホームを見ると白いくじらんが描かれています。白鯨か黄鯨ですね。青いくじらんは前に撮りました。2色は交互に描かれていて、2010年2月26日に数えたら合計6つでした。
 家内からメールで函館本線が、長万部八雲間で不通と教えられました。

自転車も通れる東室蘭駅の通路  東室蘭駅で聞くと、豪雨で線路に冠水があって、列車が遅れているが、今は開通しているとのことでした。私が乗るスーパー北斗12号は、そんなに遅れないだろうと言われました。
 ここで1時間時間つぶしをします。先週の絵日記で取り上げた、自転車で渡れる駅の通路です。ベンチがあります。小さい靴が可愛かったので撮りました。

これが今日のスーパー北斗12号

 函館からのスーパー北斗12号が45分遅れで来ましたが、振り子式車両でない普通の北斗でした。後で知りましたが、特急2本が運休し、4本が2時間以上遅れたそうです。車両のやりくりがつかなくなっているのです。
 10分遅れて着いたスーパー北斗12号は、今は函館方面で使わない、特急オホーツクと同じ110キロ特急です。この車両は本当に久しぶりです。臨時に編成したとアナウンスがありましたが、グリーン車も無くて、1時間近く遅れて函館に着きました。青森八戸方面への乗り継ぎ客は間に合わなくて可愛そうでした。

2009年 7月 9日(木):鯨八幡

途中の階段  今日は早めに仕事が終わりそうなので、観光しようと思いました。室蘭には前に車で遊びに来て、目ぼしいところは既に回っています。定期観光バスは今はないそうで、半日のためにわざわざレンタカーを借りるのも面倒です。
 一昨日の絵日記に書いた 室蘭八幡宮 に登ることにしました。登りだしてじきの階段です。

階段の頂上が神殿です  上の方で、展望台のように少し開けた所があり、そこからは神殿が見えます。
 室蘭八幡宮は「参拝の栞」によると、明治元年函館八幡宮より御分霊を受け、今(海岸町)とは違う崎守町に創立されました。明治8年現社地に移るさいに、噴火湾で漁民が捕えた鯨一頭を開拓使に買い上げてもらい、その費用を使いました。

港の見晴し

 展望所からの港の眺めです。
 木々が生い茂っていて、間近でウグイスが何回も鳴きましたが、探すと押し黙ってしまい見つけられません。ムクドリの群が騒いでいました。その木々の葉のために、広い眺望は得られません。この神社はまた、桜の名所として知られています。
 中央とやや左側の白い鉄塔は風車で、旧東日本フェリーターミナルの近くにあります。

鯨の絵馬  上記の鯨との関わりから、「鯨八幡」と言われるようになりました。絵馬にも鯨の絵柄が2種類ありました。ネットで検索すると、鯨八幡の語は単に移転費用のことだけでなく、室蘭の捕鯨文化に関係があるとの記述が見られました。今の水族館の近くに捕鯨会社があったそうです。
 24℃ありましたが、風がとても爽やかでした。

2009年 7月 8日(水):全員腹囲測定

昨日の夕焼けもどき  昨夕、ホテルの窓から撮った夕焼けもどきです。
 まあまあの天候で、検査部のK村さんとS部さんが イルカ・鯨ウォッチング(<観光協会)(実施団体 K.Kエルム)に行きました。イルカなら昔、釣りでよく見たと言って、私は同行しなかったので、結果が気になっていました。
 2時間位で6,000円、イルカはたくさんいたそうです。

左は腹囲コーナー  今回の健診は午前中に50名余の受診者の設定で、健診スタッフの数が通常より3名程少ないです。レントゲンバスも胸部と胃を両方撮れる1台だけで、放射線技師も1名です。
 全員(若くても)腹囲測定があり、看護師が担当で、そのコーナーが診察の隣に作られています。絵には「おへその周りを測ります」と書いてあります。

鯨の大和煮の缶詰  泊っているホテル は日本船員厚生協会の港の宿です。その為か、南氷洋科学調査捕鯨のクジラの、レストラン手造り特製ベーコンを売っています。これはクール便でしか送れないとのことで、先週は大和煮の缶詰を買いました。
 今週も家内のリクエストで4缶買いましたが、木の屋石巻水産(宮城県石巻市)の製造です。

2009年 7月 7日(火):室蘭でも鶏卵付き

今朝の測量山

 今日から天気は下り坂で、明日は雨も降る予想です。朝からもやが少しかかったような状態でした。出る前にホテル3階の部屋の窓から移した測量山です。
 画面中央の大きい建物は産業会館で、昨日路線バスの乗降に使ったバス停が産業会館前でした。画面外の右に旧室蘭駅舎があります。

小がね海岸町店のざる蕎麦  産業会館の近くに蕎麦屋さんあるのを、健診会場の窓から見つけ、昨日昼に入りました。冷やしたぬき蕎麦を頼んで周りを見たら、ざる蕎麦などに生の鶏卵が付いています。函館ではよく付いて来ることを絵日記で紹介しました。
 今日はざる蕎麦(580円)を頼みました。室蘭地方に多い「小がね」の海岸町店でした。

旧室蘭駅舎、現観光案内所  昨日の絵日記2枚目の写真と反対側から見た、旧室蘭駅舎です。くじらんの付いた看板は画面一番左奥になます。
 古い木造建築で、周りに建物が無いので、とても目立ちます。白壁も特徴の一つです。内部も時代を感じさせる造りで、展示物もたくさん飾られています。
 この頃は空が薄雲を貼ったようになっていました。

階段の道です  室蘭は半島になっていて、中央は山です。それで坂道も多くて、山の途中にも家や建造物があります。
 この立派な階段は産業会館(画面左)の横にあります。上には民家の他に鳥居が見えます。鳥居をくぐって、一番上の写真の左側の山に登ると、室蘭八幡宮があります。登ったスタッフによると、木が多くて展望は良くないそうです。

 先程17時過ぎに、本館のカウンターが44万ヒットに達しました。これも皆様のおかげと感謝しています。これからも宜しくお願い致します。

2009年 7月 6日(月):路線バスで観光に

旧室蘭駅舎公園

 先週から室蘭は肌寒い曇天や雨天が多かったですが、今日は写真のような青空で、風も弱く、夏日になったそうです。
 昼過ぎに健診が終わったので、路線バスで市立水族館と道の駅(向かい合っています)に行くことにしました。バス停は旧室蘭駅舎の前にあります。建物の横に鉄道の車輪があります。右の白い建物が健診会場で、左が泊っているホテルです。

室蘭観光案内所  写真の旧室蘭駅舎は明治末に建てられ、道内の駅舎の中で最古の木造建築物で、平成11年7月8日、国の登録有形文化財に指定されました。
 現在は室蘭観光協会が入っていて、観光案内所になっています。この看板は 2008年8月26日の絵日記 で取り上げましたが、くじらんが噴き上げる豚のいわれが判りますか?

ゼニガタアザラシ  市立室蘭水族館は多分ずーっと大昔に一度来たことがあると思います。それに反して道路の反対側の道の駅には公私共々来ています。
 小さい水族館で、入場料は300円でした。
 これはゼニガタアザラシです。隣の水槽でゴマフアザラシの餌やりショーが行われていて、それが気になって覗いています。

白鳥大橋

 室蘭市の道の駅〜みたら室蘭 は東日本最大のつり橋、白鳥大橋の開通とともにオープンし、その魅力を設計から完成、そして現在の姿まで余すところなく楽しめるように作られています。
 二階展示室から外の展望デッキに出られます。そこから撮った白鳥大橋です。
 路線バスは片道200円でした。今日は25℃になったようで、暑かったです。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について