別館


写真絵日記


2009年10月 3日(土):マガモが来た

イカねた3種

 昼食に地元で人気の120円回転寿司 すしまる チェーンの広野店へ行きました。ホームページでも「100種類にもなる充実の品揃え」とうたっています。絵日記でもマイカ、ヤリイカ、豆イカ、イカ耳、イカゲソなどを取り上げたと思います。
 今日はちょっと変わった品をと思って、左からイカ串揚げ、イカあぶり焼き、イカ黄金を頼みましたが、いつもの刺身の方が良いですね。

隠れるマガモ  買物に行ったスーパーの駐車場の側を、松倉川が流れています。ここにはカルガモがいつもいて、アオサギやカワセミやオオヨシキリを見たことがあります。
 川の対岸には木の枝がかぶさっていますが、そこに2羽のマガモが隠れていました。水に流されてたまに姿を現します。冬鳥として本州への移動の途中だと思います。

くつろぐカルガモ  野生動物・野鳥編の「函館の川 2007」や「函館のカルガモ」、それに絵日記で何度も書きましたが、函館の川はカルガモの天下です。マガモは滅多に見ません。札幌にはマガモが越冬していて、カルガモが殆んどいません。大沼公園には両方がいます。
 函館のカルガモは人馴れしているのが多くて、くつろいでいます。

2009年10月 2日(金):わたし出すわ

五稜郭交差点

 苫小牧から続いた通信会社の健診も、私の出番は今日で終わり、来週は別の先生が担当します。月曜と今日だけが14時過ぎまでで、中の3日間は午前中だけの仕事でした。
 朝家内に送って貰う時に車の助手席から、五稜郭交差点で撮りました。はこしん号は遠ざかって行くもので、背後のカールレイモン号は曲がって近付いて来ようとしています。

小さい机  今日は街の中心部で、太平洋岸に近いビルでの仕事です。
 健診会場は7階でしたが、無数のコンピュータが並んだ机はそのままで、その通路で看護師さんの血圧測定などをして、医師診察も部屋の隅で、診察用の机もこんな小ささです。
 まあ過去データはPC画面に表示されますので、これでも診察出来ますが・・

わたし出すわ
 小雨だったので傘をさして、電車線の通りのいつも行く蕎麦屋さんに入りました。外に出たら小降りになっていて、最近ちょくちょく見る、この電車がやって来ました。
 「わたし出すわ」と書いてあり、電車左側の顔は女優の小雪さんです。わたし出すわ は函館を主舞台にした映画で、10月31日土曜に全国ロードショー公開されます。
 2004年にはNHK大河ドラマ「新撰組!」の市電 もありましたよ。

街の眺め

 高い所が好きなので、昼休みに7階の窓を開けて街の方を撮りました。今年の夏にこの近所の電力会社のビルから 同じ方向を撮りました が、4階からでした。
 今度の方が広い範囲を入れてみました。中央近くに五稜郭タワーがあり、その周囲が繁華街になっています。手前の川は亀田川です。快晴の日に撮りたいです。

2009年10月 1日(木):七飯町でリンゴ買い

水汲み場

 仕事が終ってから、七飯町上藤城のガソリンスタンド大清水産業裏手の「七飯岳の湧水」を汲みに行きました。旅のページ の「名水・湧水」で詳しく紹介しています。一番近くて湧水量も多いので、定期的に行っていて、今日は10Lポリタンク6個と2Lペットボトル10本、計80L汲みました。駐車場の整理料100円が要ります。
 珍しく人がいない写真が撮れました。右にもう1個取水口があります。

きおうとつがる  先月は絵日記によると19日と26日に七飯町の産直の店でリンゴやプルーンを買っています。
 今日も行き帰りに何ヶ所か覗いて来ました。これは初めて入ったフルーツロードにある トトロの里・冨原観光果樹園(<渡島支庁)の売店で撮った写真です。左のきおうを1kg買いましたが、大きいので3個しかありません。

バーグンデン  きおうは、見た目も食感もナシに似ている感じがしました。
 こちらは同店にあった「バーグンデン」と言う、濃い赤色のリンゴです。お店の人の話では、昔のあさひリンゴのような味で、酸っぱいとのことでした。試しに1個買いました。ネットで検索してもYahoo!でもGoogleでもヒットしません。半分サラダに入れて食べました。

さんさ  こちらは国道5号線沿いの果樹園の直売店にありました。さんさは先月滝川市の道の駅で買って、少し酸っぱいですが美味しかったので、購入しました。1袋は2kgで500円でしたが、半分の1kgを250円で売ってくれました。5個ありました。
 ロシア南部のコーカサス地方が原産のリンゴは、今では日本で600種類〜1000種類あるそうです。

2009年 9月30日(水):3億年前の岩塩

函館けいりん号  昨日までの続きですが、今日から仕事先が函館市内になります。同じ時間開始なので、札幌から苫小牧へ日帰りしていた時と1時間も違って、スタッフの泊まっているホテルへ8時集合です。
 家内に車で送って貰うのですが、空いている時間では10分で着きます。電車線を走るので、助手席から市電が撮れます。

今朝の函館山

 健診会場の4階の会議室は窓が開きましたので、開始前に外を撮りました。
 快晴です。正面は函館山で、その裾野が観光名所の多い西部地区です。前にはこのくらいの写真でも、函館どっくの2基のゴライアスクレーンが見えました。段々無い光景に慣れそうです。
 画面中央部右に見える緑色の球は、ガス会社のタンクで、たくさんあったものが移設されて1つだけ残っています。

塩チャーシュー麺  仕事は昼に終りです。家内が迎えに来てくれて、今日は海岸の方でラーメンを食べる予定で、久しぶりに 一っ鉄 に入りました。
 3億年前の地層から採取した岩塩をそのまま砕いた天然塩の、塩チャーシュー麺を家内が頼みました。鉄分、マンガン、亜鉛を含んでいて体に良いとのことでしたが、ちょっとショッパイそう。私は醤油です。

青柳町電停のノンステップ市電

 天気が好いので、海岸を覗きながら、谷地頭方面へ行きました。電車線を西部地区へ向かう途中に、青柳町電停にいたノンステップ市電8101号です。
 青柳町は石川啄木の短歌で有名ですが、このように坂の上になります。
 最近新しい塗装の市電を何台か見たので、撮りに行きたいと思っています。

2009年 9月29日(火):1分違い

非常事態宣言の旗  昨日健診会場をセットして来たので、今日は15分遅い7時15分の出発です。苫小牧で仕事が終ると函館へ移動なので、荷物は送って、PCとカメラだけ持って来ました。
 会社のバスを置いてある駐車場のこの旗は初めて気付きました。今年8月15日に北海道知事より「交通死亡事故多発非常事態宣言」が発表されました。

ホッキのまち  昼に苫小牧の仕事が終わり、スタッフはバスやバンで函館へ移動します。私は駅まで送って貰って、JRで函館へ帰るよう頼んでありました。
 昼食後に苫小牧駅へ来ると、いつも見るこの絵柄が気になりました。苫小牧市の貝はホッキで、 市のマスコット「ホッキー君」 はアイスホッケーのユニフォームは着ていません。

L特急すずらん5号

 私が乗るスーパー北斗より1分早く、室蘭から札幌行きのL特急すずらん5号が隣のホームに入って来ます。L特急の"L"は何の略か、どういう意味か前に調べたことがあります。よく判らないようです。
 今のすずらんは、前に旭川〜札幌を走っていたL特急スーパーホワイトアローの車両で、乗り心地が良いです。

スーパー北斗12号

 札幌を12:22発のスーパー北斗12号は苫小牧は13:03着、13:04発で、すでにすずらんはいません。
 すずらんは電車特急ですが、こちらは振り子式のディーゼル特急です。旅のページ の「北海道の振り子特急」は何度も改訂をした作品で、「振り子特急」で検索するとYahoo!でもGoogleでも2位(1位はWikipedia)で表示されます(今日現在)。

2009年 9月28日(月):自作フィルム文字

16号車背面

 今週は通信会社の苫小牧2日、函館3日の健診を担当します。苫小牧は日帰りなので、昨夜札幌に入りました。今朝は7時出発で、地下鉄の始発(すすきの駅は6時15分)に乗りましたが、余裕で間に合いました。
 胸部X線者は前にも何度か取り上げた、当社標準塗装で無い小型の16号車です。写真の後姿が前っぽいという声もあります。後のバンから撮ったこの写真にはエゾリスのカントリーサインと道央道の延長の知らせが写っています。

バックして構内に入る39号車  胃部X線車は前に書きましたが、今年仕事が増えてバスが足りなくなり、同業社から借りたものです。派手な塗装はそのままですが、わが社の文字が入っています。
 この2台のバスに貼ってある文字は自作のフィルム文字で、同業社の名前はカラーフィルムで覆っています。カッティングマシンは会社にあるそうです。

2009年 9月27日(日):リスに怒られた

木につかまる  ゆくっりと、10時近くに見晴公園に着きました。いつもいる鳥がたくさん飛び回っています。ミヤマカケスも何羽もいました。
 休日の常連のご夫妻に会ったら、今日はリスが少ない、温室の裏で多分猛禽類の犠牲になったリスの遺骸を見たと、教えてくれました。
 奥の方の、民家の給餌台の近くのエゾリスです。

怒って上に登って行く

 この近くの給餌台は、民家の裏庭にあるのですが、公園の木との間に枝が1本とロープが1本渡してあります。それをつたわって、地面に降りずに訪問できるのです。
 このエゾリスは人馴れしていなくて、威嚇するような怒り声を出しながら、木に段々登って行ってしまいました。給餌台には小鳥も多く来ていました。

口を開けるミヤマカケス  こちらは帰り際に見つけた、モミの木の側の地面にいたミヤマカケスです。
 ミヤマカケスはカケスの北海道亜種で、色が随分違います。本州にいるカケスは北海道にはいません。
 ペアでいることも多いですが、このときは1羽でした。餌を探しながら地面を見つめて歩いていましたが、何か見つけたのかくちばしを開きました。

何かくわえました  何かくわえています。丸い物のようです。
 公園に着いたとき、入り口でも2羽のミヤマカケスがいて、撮った写真の1枚はドングリのような物をくわえていました。ミヤマカケスはエゾリスが隠した餌を探し出して食べることが知られています。
 大きくて鮮やかな色なので、本州のバーダーさんには喜ばれます。

2009年 9月26日(土):花の盛りに哀れ

緑肥用のミニヒマワリ

 今日も七飯町の直販店にプルーンとリンゴを買いに行きました。晴れているので、最近NHKや北海道新聞で取り上げられているマリーゴールド畑も、再撮影のつもりです。
 住宅地の隣に鮮やかな黄色い畑が見えたので、行ってみるとミニヒマワリでした。とても広い範囲に植えてありました。
 道東ではよく緑肥に植えられていますが、こちらでは少ないです。

隣はすき込んでありました  そのヒマワリ畑の隣の畑では、すでにヒマワリがすき込まれていました。キカラシとかヒマワリとかマリーゴールドを、花の盛りに畑にすき込んでしまうのを緑肥と言います。
 花を訪ねて・短編版に「マリーゴールドのすき込み」と言うページがあります。そのタイトル写真 です。無残な姿で、哀れさが誘われます。

恒例マリーゴールド畑

 近くにあったマリーゴールド畑にも行きました。ニンジンや大根などへのキタネコブセンチュウの被害を防ぐための栽培です。
 七飯のマリーゴールドは、アフリカントールという大型の品種で、4作目毎に栽培すれば効果があるそうで、だから毎年植えられる畑が変わります。
 トラクターを背景に入れましたが、これは長ネギの収穫をしていたものです。

今日買った果物  トウモロコシやエダマメも買いましたが、今日買った果物はこれだけです。
 目的のプルーンは、北海道の旅・探訪の「フルーツを農園で」の七飯町大川の松本農園で買いました。1キロ500円と安くて、甘くてジューシーです。リンゴはつがるでそれぞれ別の店で買いました。大きいのは、はねもので4個200円、小さいのは1袋100円です。

2009年 9月25日(金):新旧エゾリスストラップ

ぶっかけトマトそば  今春 さくらのおそば を食べた市内東山、産業道路沿いの ささの家(旧・のとや、HPは未完成?)に昼食に行きました。
 期間限定の写真の「ぶっかけトマトそば」を家内が食べましたが、盛大にミニトマトが入っていて、手こずっていました。私は「焼き茄子と秋野菜 そばセット」を食べましたが写真は割愛します。

新旧木彫りエゾリスの携帯ストラップ  9月22日に泊った 北広島のホテル の売店で、「新エゾリス」と書いて写真右の品を4つ、何も書かない写真左の品を1つ売っていました。「新」の方が少し大きくて、顔も違い、200円安いです。プレゼント用に「新」を4つ買いました。
 23日に泊った 朝里川温泉のホテル は同系列で、「旧」は春にここで買いましたが、今は「新」だけです。

ガラスのエゾリス

 9月10日の絵日記で、輪厚PA内の 小樽大正硝子館 で、ものすごく小さいガラス細工のエゾリスを3体買いましたが、写真は「ネタ切れ時にお見せします」と書きました。
 写真の右がそうで、左から順に葉っぱ、リンゴ、ドングリを持っています。げっ歯目マニアのSさん、1体525円ですよ。
 写真の左は やまね工房 エゾリスの子です。別館についてに登場します。

2009年 9月24日(木):3日で1,060km

ホッキ天丼  午前中に余市町まで行ったのですが、函館へは、そのまま国道5号線経由で長万部に出た方が距離が短いし、早かったと思います。高速道路3日間乗り放題のために小樽まで引き返し、札樽道、道央道経由で帰ることにしました。
 自由に降りられるので、昼食は 苫小牧トラックステーション で季節物のホッキ天丼を食べました。

白鳥大橋  再び苫小牧東ICから高速に入りました。室蘭に近付く頃から雨もあがって、空が明るくなって来たので、今度は室蘭ICで降り、白鳥大橋を渡って、室蘭市の道の駅〜みたら室蘭 に入りました。
 インターチェンジから近いので休憩に寄ったのですが、道の駅のスタンプにも描かれた大きな風車は撤去されて、ありません。

ヒバリのペア  こんな風車でした(2004年6月4日絵日記)。度重なる故障が原因らしいですが、風力発電は高くつきそうですね。
 ここは草地が多くて、よくヒバリを見ます。野生動物・野鳥編の「10倍ズーム奮闘記」のヒバリもここで撮りました。
 今日はソフトクリームを館内で食べていたら、外を歩いていました。

海越し駒ケ岳

 今は道央道の函館側終点は八雲ですが、10月10日15時に落部(おとしべ)と言う町まで延長されます。
 終点で降りて少し走ったビューポイント(カメラの絵の立て札があります)から、海越しの駒ケ岳を撮りました。暗くなっていましたので明瞭とは言えませんが、一昨日見たときは雲の中でした。
 18時半頃家へ戻りました。3日間の走行距離は1,060キロでした。楽しい旅でした。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について