別館


写真絵日記


2009年10月23日(金):お猿がたくさん

3縦連

 昨夜北檜山のホテルに着いたのが遅くて、夕食は19時半からでした。
 ホテルの敷地の端に、先頭から胃部エックス線車、エコー車、胸部エックス線車の3台が縦に並んでいます。今朝は7時出発だったので、6時過ぎに部屋の窓から撮りました。
 曇り空で、昼には雨が降って来ました。

ひらめ天丼定食  昼過ぎまで2ヶ所で健診です。朝一は役所で総合健診(超音波や眼底が付いた簡易ドック)で、朝二はさる協同組合の成人病予防健診です。どちらも前に何回か担当しています。
 昼食はまたホテルへ戻り、今日はひらめ天丼定食を食べました。昨年9月20日に上ノ国の道の駅のレストランで食べたてっくい天丼もヒラメです。

小雨の紅葉

 スタッフ達は車で国道230号線を国縫へ出て、そこから高速道路で札幌へ帰ります。
 私ともう一人の苫小牧のスタッフが、長万部駅からJRで帰るので、先行してT木君がバンで送ってくれました。
 沿線は峠道が多く、紅葉が進んでいて綺麗なのですが、生憎の小雨です。ワイパーを使いながら撮りました。

猿ガードがいっぱい

 工事中で片側交互通行の場所がいくつかありました。この工事の会社はサルの単管バリケード「サルガード」が好きなのか、こんな具合に道の両脇にいっぱい並べています。
 こんなにたくさんの猿の顔が並ぶと、ちょっと怖いです。
 特急で夕方函館へ帰りました。

2009年10月22日(木):クマゲラの賞状

クマゲラの賞状  2009年6月12日に北秋田市教育センターのY本さんと言う方からメールを頂きました。
 「毎年10月に市内の小・中学生が理科・社会科の研究発表会を行っていますが、例年その賞状に理科や社会に関連した写真を用いて作成しています。(例年度84枚配布)
 今年度の理科の賞状には,北秋田市の「市の鳥」にもなっている「くまげら」を使いたいと思い写真を探していました。」
 と言う訳で、峠を越えてで発表している写真を使わせて欲しいとのことでした。例によって出所を書いて欲しいと頼み、指定された「飛べ!クマゲラ」から1枚、「冬のクラゲラ」から1枚の写真を送りました。

クマゲラの部分

 昨夜出来上がった賞状の写真が届きました。そのクマゲラの部分をトリミングした物がこちらです。
 「研究発表会を今週の土曜日(24日)に控え、賞状も完成いたしましたので、画像のファイルを添付します。おかげさまで、良い賞状ができ、子どもたちも喜んでくれそうです。」とのことで、出所も明記して頂けましたので、私も満足しています。
 Y本さん、有り難うございました。

温泉ホテル きたひやま のLAN端子  今日は15時過ぎまで、函館市内2ヶ所で健診をして、その後せたな町の北檜山へ移動しました。
 泊るのは先日、北海道の旅のページの「温泉つき公営ホテル」に掲載した 温泉ホテルきたひやま です。
 先月1日には使えなかった部屋のLAN端子が使えるようになっていました。PLCではない普通のLANで、無料で使えます。

2009年10月21日(水):昼まで快晴

函館山山頂

 朝一は印刷会社に行き、その後は昼を挟んで函館山近くの海の傍の会館で、合同健診でした。会場からは函館山がよく見えます。青空ですが、午後からは雨になりました。
 窓を開けて山頂を撮りました。これより下には電線がたくさんあります。紅葉は随分進んでいました。

海を見るウミネコ

 始まるまでに少し時間があったので、海を見に行きました。
 風が強く波があるので、カモメは岸に避難していました。いたのは、写真のウミネコとオオセグロカモメだけで、ユリカモメもシギやチドリも見られません。
 このカモメは人馴れしているようですが、近寄ると逃げます。

たつみ食堂と鳥カツ丼

 会場の近くに、安さと量の多さで有名な たつみ食堂(東川本店)があります。普通の丼が他店の大盛り並みで、大盛りを頼んだらたいてい食べ切れないようです。
 私と3人の女性スタッフが行って、私たち3人は550円ランチを頼みました。特に名前は書きませんが、1人の女性スタッフが写真の鳥カツ丼を頼みました。味噌汁のお椀と比べると丼の深さが判ると思います。これで600円、完食しました。

8004・野又学園号

 昼休みには、前にも市電を撮りに行った、宝来町電停の近くの道がカーブの場所で、市電を待ちました。谷地頭行きしか通らないので、30分近くいて、5台撮れただけです。
 これは絵日記初登場の、8004・野又学園号です。学校法人 野又学園 は函館大学や短期大学、函大有斗高校、各種専門学校を運営しています。この市電は同HPの9月9日トピックスに載っています。

2009年10月20日(火):最後の収穫

2001・やきとり弁当号

 朝早くから夕方まで仕事をしていて、天気も悪いので、なかなか写真も撮れません。
 中学高校時代を過ごした愛知県豊橋市と私が学生だった頃の札幌市には市電があり、よく利用しました。函館にも市電があって、チャンスがあれば撮っています。
 今朝の2001・やきとり弁当号です。こちら→は10月8日の絵日記の やき弁の写真 です。

五稜郭タワーと桜並木  昨日と今日の午後はH新聞社函館支社の秋の健診です。すぐ傍に五稜郭タワーがあり、桜並木なのですが、まだ一部しか紅葉していません。明るい日差しの下で、桜並木の紅葉を撮れたら、五稜郭タワーも映えたと思います。この時は小雨が降っていました。
 担当のS田さん、お世話になりました。毎回爽健美茶を有り難うございました。

最後のブルーベリーでしょうか  大きい木のブルーベリーは小さい木の実より、熟すのが遅いと前に絵日記に書きました。殆んどが青くなりましたが、寒いのか小さい実も見られます。
 以前は毎日来ていたヒヨドリも余り来ないそうです。甘さが足りないのか、本州に渡ってしまったのか・・・。ヒヨドリが来ないので家内が収穫した、多分今年最後のブルーベリーです。

2009年10月19日(月):もりたの池

公園入り口

 函館市内の一般健診が始まりました。朝二の健診は西桔梗町の函館流通事業協同組合会館での合同健診でしたが、始まる前に時間が少しありました。
 この会館の隣に小さい公園があります。紅葉が綺麗だったので、覗いて見ました。
 入り口の石には もりたの池 とあり、右の碑にはその謂れが書かれています。

これがもりたの池

 奥の方に東屋と池があります。紅葉が綺麗ですが、日光が欲しいです。
 先の顕彰碑は、この流通団地を作るのに尽力した守田武雄氏が池を寄付したことが書かれています。もりたの池とは、池の名前と思いましたが、帰ってから調べてみると公園(緑地)の名前でした。小さい公園で、秋を見せて貰いました。

天然水

Edy を昨年から使っています。小銭の心配をしなくて良いのが気に入っていますが、身近で使えるコンビニがサンクスとローソンだけでした。
 それが10月7日からセブンイレブンでも使えるようになったと報道されました。試しに使おうと今日入ったら、この水が目に付きました。7&iマーク入りの水を 6月11日の絵日記 で取り上げましたが、名前も色も水も違います。
 こちらは採水地は群馬県利根郡みなかみ町で、pH7.3、硬度73です。

2009年10月18日(日):らっくる号

らっくる号側面

 昼過ぎ、小雨が舞い始めた街角で、らっくる号に会いました。2007年3月20日より営業運行を開始した超低床型の 新型車両「9601号」(< 函館市交通局)です。体の不自由な方のために前述のページに時刻表が載っています。
 変わった形なので、北海道の旅・函館と道南の「市電の光景2」や絵日記に写真がたくさんあります。暗いので鮮明ではありませんが、ほぼ真横から撮ったのは初めてです。

正面から見たらっくる号

 天気が良ければ鮮明に撮れます。これは昨日、湯の川温泉電停に停まっていたらっくる号です。正面像は面白味が無いので、昨日の絵日記では使いませんでした。
 市電は出会えばなるべく撮っていますが、まだ写真の無い新しい塗装車両が何台かいます。西部地区へでも撮りに行くと良いのですが。

2009年10月17日(土):葉牡丹の花時計

812・国保号

 昨日とほぼ同じ時刻に川へ行きました。
 勿論狙いはカワセミですが、ずーっと見なかったのが毎日見られるはずはありません。
 橋を越す所で市電が通りかかりました。古くから走っている函館市の国保号で、「年に一度は健康診断」と書いてあるのが気に入っています。

川岸の紅葉

 川岸のサクラの葉が良い色になって来ました。左のお屋敷の庭木も色付いて来ています。
 昨日はかろうじてイタドリの黄葉とカワセミを1画面に収めましたが、季節のカワセミは撮りたい物です。
 最近、絵日記の写真が大きくなって、ブログみたいになって来ましたが、写真が大きいだけで構成は同じです。文章の長さが自由なのは楽です。

美鈴号

 これも昔から走っている、8005・美鈴号です。美鈴コーヒー(珈琲焙煎工房 美鈴)は地場産業で、1932年創業の北海道で一番の老舗珈琲店です。
 市電のラッピング塗装には、このような地元の会社物も多いです。やはり青空だと市電も映えます。

葉牡丹の花時計

 少し市電の写真を撮ろうと市民会館のそばを歩いていたら、花時計が目に付きました。
 季節ごとの花で飾られて、今は冬の花壇を代表する葉牡丹でした。
 花キャベツの別名のようにキャベツの仲間ですが、色鮮やかな葉が幾重にも重なる姿が牡丹の花を思わせての名前だそうです。

2009年10月16日(金):秋のカワセミ

水の上

 今日は8週毎の受診日ですが、かって20年勤めた病院で元同僚に診て貰う訳ですから、2科受けても早く終わりました。
 昼は外食しようと、家内と川を歩きました。最近は見ていないので期待していませんでしたが、家内がカワセミが飛び去るのを見つけました。追いかけると、水の上に張り出したイタドリの枝に止まっています。

振り返る  大きい魚を苦労して飲み込んで、胃に落とそうと努力しているように見えました。北海道弁では喉や食道につかえた状態を「はばける」と言いますが、そんな風にひくひくしていました。
 そのため警戒心が薄れたのか、長くこの場にいて、たくさん写真を撮れました。大きい写真は66%、小さい写真は50%縮小をトリミングしました。

別の場所の移りました

 飛び立ちましたが、近くに止まりました。そちらは草が邪魔してうまく撮れません。その内に又飛んでやはり近くに止まりました。
 ここが一番近かったと思います。最初 の写真とは反対側を見ています。下クチバシが黒いので、これはオスです。この場所は下は川面が、周りに黄色くなったイタドリの葉があるのですが、それを入れるとカワセミが小さくなります。

黄色くなったイタドリの葉  その黄色くなったイタドリの葉です。風がやや強くて揺れているので、時にはカワセミが隠れてしまいます。不完全ながら「秋のカワセミ」です。
 野生動物・野鳥編には「函館の川2007」、「冬のカワセミ」、「雪のカワセミ」の3篇に函館のカワセミの写真がたくさんあります。リス用カメラで苦しいですが、是非見て下さい。

2009年10月15日(木):大沼のエゾリス

大沼国際セミナーハウス玄関

 昨日の天気予報では渡島地方は雲一つ無いような発表でしたので、大沼公園に紅葉見物と決めました。朝起きると曇ってて、予報が晴れたり曇ったりに変わりました。
 最初に7月20日の絵日記「新島誕生」で書いた小沼の新島を見に行きました。ハンやウルシの木は無くなっていましたが、島は健在でした。
 その後、大沼国際セミナーハウス に行きました。

久しぶりに見つけたエゾリス

 この建物の横に大きいチョウセンゴヨウマツの木がたくさんあって、かってはよくエゾリスを見ました。エゾリスのページ の2002年度「秋・大沼のエゾリス」や2005年度「主食が違う」、「大沼のリス・05秋」はここのエゾリスが主役です。特に「大沼のリス・05秋」は2ページに3匹のリスが登場して、好きな作品です。
 その後、ファ○ラと言う雑誌に地図入りで紹介され、リスは殆んど見なくなりました。
 今日は久しぶりに1匹見つけました。

林に出たり入ったり

 今年はチョウセンゴヨウのマツボックリが不作のようで、熱心に餌を探していました。
 林の縁で見つけたのですが、林に出たり入ったりして、拾ったり掘り出した物を食べていました。一時期もう1匹現れて、威嚇し会っていました。
 函館のエゾリスと同じくらい耳毛でしたが、体は少しスリムなように思いました。

セミナーハウスの駐車場の紅葉

 セミナーハウスは誰でも自由に入ることが出来、休憩したり、トイレや自販機が使えます。
 ここの駐車場は日当たりが良いせいでしょうが、紅葉が早く見られます。大沼全体としてはまだ紅葉の見頃は1週間くらい後だと思います。
 この構図、何回も撮っているような気がします。この写真の400×300ピクセルのものを、後程 HTBの北海道花情報 に投稿します。

2009年10月14日(水):ハマシギ冬羽?

耳毛も伸びました

 前回見晴公園に行った10月6日の絵日記は「耳毛は伸び始め?」と言う題で、?が付いていました。
 今日は朝8時半には見晴公園に着きました。前回と同じ所にいたリスです。鼻の形が違うような気もしますが、愛想の良いところは同じです。あげた剥きグルミを食べています。
 冬に備えて耳の総毛(ふさげ)も先端が伸びて黒いです。

ミヤマカケス

 エゾリスは2匹見ただけですが、鳥がたくさんいました。ゴジュウカラ、ヤマガラ、シジュウカラの他に、ヒヨドリやミヤマカケスがたくさん騒いでいました。
 ミヤマカケスは本州のカケスの北海道亜種で、頭部が全体に赤褐色です。ギャーギャーと煩い鳴き声で、忙しく飛び回るのでなかなか撮れません。

砂の上を歩くハマシギ(でしょうか?)

 午後は、冬鳥や旅鳥が見られないか、砂浜2ヶ所に行ってみました。
 これはいつもコクガンを見る海岸で、カルガモがたくさんいる近くにマガモがいたので、確認に行きました。すると足早に渚を歩いているシギを1羽見つけました。キアシシギより小さいです。
 かなり近寄っても離れて行くだけで、飛んで逃げたりはしません。

ハマシギ?

 海岸の砂にクチバシを突っ込んで餌を取っていました。その点はかもめ島で見たキアシシギと同じです。
 防潮堤の中なので大きい波は来ません。盛んに餌を食べていました。
 図鑑で調べると旅鳥のハマシギの冬羽のようです。群で行動することが多いようですが、今日は1羽だけでした。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について