別館


写真絵日記


2009年12月22日(火):雪の鳥見

今年も雪のダイサギ

 函館は例年の4倍の積雪です。
 止んだようなので、昼食時に川へ行きました。川岸は積雪で真っ白で、カワセミがいてくれれば最高です。
 前の冬にもダイサギがいた辺りに、今年もいました。この1枚を撮ったら逃げられました。

ホオジロガモのオス

 昼食をすませた頃から雪が降り出しました。気温はそんなに低くはありません。
 河口の方に下って行くと、潜水ガモを見つけました。近寄るとホオジロガモのオスです。人を見て逃げる訳でもないですが、川幅があるし、雪が写ってしまいます。
 この写真と下の2枚はトリミングしています。

キンクロハジロのペア

 ホオジロガモよりまだ下流に、カルガモより小ぶりの2羽のカモが浮いています。
 近寄って見ると、この冬初見のキンクロハジロのペアでした。一緒に泳いだり休んだりしていました。
 他には川の主のカルガモと冬にたくさん来るコガモが多く見られました。

冷たい川のアオサギ

 キンクロハジロを撮っていたら、近くを鳴きながらアオサギが飛んで行きました。
 少し上流に戻ると、川の中央近くにアオサギが立って、餌を獲ろうとしていました。
 離れたところから撮って、もう少し近付いて撮ったのがこの写真です。
 帰る途中でも飛び立ったダイサギを見ました。

2009年12月21日(月):波浪が高い

海上の函館山

 天気予報によると昼頃までは晴れで、潮位表では函館港の干潮は11時57分です。
 その少し前に志海苔川の河口に行きましたが、道路わきは除雪された雪が溜まっていて停車できません。隣の志海苔漁港に車を置きました。そこから見た函館山で、曇って波浪は高いです。

遠くのコクガン

 港の近くに干潮になると現れる岩礁があります。今日の潮位では一部しか水の外には出ません。
 その岩の上に黒い鳥が動いているようなので、カメラを望遠側にして撮ると、コクガンがいました。背景の街は函館市街です。

港内のコクガン

 河口付近には来ないようなので、もう少し先の銭亀町方面に行き、さる漁港に車を入れました。海が荒れた日には港内の舟を引き揚げる斜面で、よく餌を食べています。
 やはりいましたが、半分くらいは車を見て飛んで行きました。露出を少し+補正すると目が写ります。

餌を取るコクガンたち

 確認できただけで、コクガンとカルガモがたくさんいて、他にヒドリガモとマガモ(オス)が同じ場所で餌を取っていました。
 港内でも波が強く、時々波で打ち上げられたようになっていました。これら2枚は車の中から撮った写真です。

2009年12月20日(日):るるぶFREE札幌

冷たいキノコ蕎麦  そんなに多くではありませんが、また雪が積もりました。昼に車の雪を降ろして、雪かきをして、よく行く市内東山、産業道路沿いの ささの家(旧・のとや)に昼食に行きました。
 暑い時も寒い時も、麺類は「冷」と決めています。今日は寒くて心が揺れましたが、写真の冷たいキノコ蕎麦にしました。大根おろしとウメがお洒落です。

るるぶFREE札幌の表紙  11月17日にJTBパブリッシングの「るるぶFREE札幌」内の特集ページを担当する会社のK松さんからメールを頂きました。同誌は札幌市内ホテルおよび観光案内所等で配布される、クーポン付きフリー(無料)マガジンです。
 その中で北海道の冬ネタ20を紹介するページに、北海道の道路標識、特に、動物飛び出し注意の看板の種類・数の多さを取り上げたいと考えての、取材協力の依頼でした。
 北海道の旅 の「動物注意」の写真を参考に、イラストを描き起こすことになりました。私は例によって、出所を明記と印刷物の1部送付をお願いしました。

特集2の10  11月26日に特集2の2ページのPDFファイルが届きました。4ページ目の10に左図のように載っています。国道、道道、高速道路、その他の道路で絵柄が変わることを書きましたが、スペースの関係で区別しないことになっています。
 本日実物が届きました。サイト名とURLも入り、さすがにプロの仕事と感心しました。動物注意のページは常に更新しています。珍しい看板があったら、是非お知らせ下さい。

2009年12月19日(土):積雪

雪の街を走る札幌市電

 昨夜札幌市内のホテルで、忘年会があり、泊っているホテルへ戻る時には雪が降っていました。フードを被るほどの雪でしたが、気温は下がっていないようでした。
 来週は休暇を貰っているので、今日はゆっくり起きて函館へ帰ります。
 すすきの電停へ近付く市電、急いで撮ったので少しぶれています。

観覧車が見えます

 ホテルの向かいにある観覧車です。北向きの部屋に泊ると、窓から観覧車が見えますが、今週は南向きの部屋でした。
 札幌は快晴で、気温もそんなに低くは無かったですが、昨夜の雪が地面に積もっています。画面中央のサンクスが「恥ずかしながらエコ」の舞台です。

函館駅前から函館山を見る

 公用移動はグリーン車で、半分以上眠っていたようです。
 札幌を離れると確かに積雪は多いと言うか、例年並みなんでしょうか。
 幹線道路には雪は無いと家内が函館駅へ迎えに来てくれましたが、予想以上に函館の雪は多いです。右は函館駅で、正面は函館山です。逆光で撮りにくいです。

2009年12月18日(金):恥ずかしながらエコ

小さいレジ袋  スーパーへはマイバッグを持参しますが、コンビニは無料で袋をくれて、それが貯まってしまいます。でもその袋には「資源を大切に」など書かれています。
 水などをよくコンビニで買います。先日思い切って写真の袋を出して、これに入れますと言ったら、店員さんが広げて商品を入れてくれました。恥ずかしながら、小さいエコです。

遠くの雪の山  午前中はセンターで内勤でした。4階の医局の窓からは、雪を被った遠くの山脈が見えます。暑寒別方面でしょうか。
 午後は業務部のD井さん、保健師のS本さんと産業医訪問に出ましたが、札幌の市街地に殆んど積雪が無いのが話題になりました。一歩出ると、江別でも石狩でも小樽でも例年のような積雪があるそうです。

大通公園のホワイトイルミネーション(15日撮影)

 ちょっと地味な構成だったので、15日に撮った大通公園のホワイトイルミネーションの写真を1枚、追加掲載します。
 その日の2枚はちょっと凝った撮り方でしたが、これが普通?の撮り方です。この日も寒かったですが、それから真冬日が続いていて、今日もすごく冷えます。雪の少ないのは決して「地球温暖化」のせいではないと思います。

2009年12月17日(木):クラフト 北の動物大賞展

市電で行きます

 今年最後の巡回健診でしたが、市内でお昼前に終わりました。近所の西線14条電停から市電に乗って、中央区役所前電停へ行きました。雪はこんなもので、殆んどありません。
 クラフト全国公募 北の動物大賞展 が中央区南1条西11丁目のコンチネンタルギャラリーで12月15日(火)〜20日(日)に開かれています。そのポスターには動物の写真8枚が載っていますが、エゾリスは私の作品です。

クラフト全国公募 第1回北の動物大賞展ポスター  7月3日札幌のH野さんと言う方からメールを頂きました。内容は「とても素敵なエゾリスの写真を見つけました。これから作るクラフトアートのポスターに使用したいのですが、いかがでしょうか。」でした。
 サイト名を入れてもらう条件で、指定の エゾリスのページ の道南のエゾリス2005年度「向こう傷」の原図を送りました。
 ポスターが出来たらお送りしますとのことでしたが、届かず、「12月15日オープンレセプションにご招待致しますので、是非お越し下さい」と言うことでした。そちらは出れず、今日会場へ覗きに行きました。

右が「向こう傷」です。

 ポスターと同一デザインの申し込み用紙も受付に置いてありました。
 壁のポスターから、画面の左下の部分を撮りました。顔に傷のある、産後の貫禄のあるエゾリスです。
 H野さんは「お母さんリスとはっきり分かり、表情がとても可愛い素敵な写真です。ハナの傷も自然観あふれる良い作品と思います。」と、選んだそうです。

会場の1部です

 会場の一部を撮影させて頂きました。
 大賞から奨励賞までの作品の写真と、入選者の氏名と作品名が前記ホームページに載っています。
 大賞の田島 享央己 氏の「シロクマ日和」は絵葉書が受付に置いてあって、頂いて来ました。ネットで検索すると、応募者はプロの方が多いようです。即売品も用意されています。

2009年12月16日(水):オシドリはまだ

群で休む

 昨日から真冬日になったので、まだ早い気もしましたが、毎年見に行く札幌の越冬オシドリを探しに行きました。
 川は勢いよく流れていて、広い範囲を探しましたが、たくさんのマガモしかいませんでした。岸辺に氷もないし、岸も雪は薄く積もっているだけです。

地面で餌を探すマガモたち

 誰かが餌を撒いていったのでしょうか、それとも何か餌になるような草でも生えているのか、マガモたちが岸辺の斜面で餌を食べています。
 マガモは本来は冬鳥ですが、札幌などでは夏にもいて、繁殖もしています。野生動物・野鳥編に「札幌のマガモ」など数編があります。

豊平館の前の池は凍っている

 地下鉄一駅分歩いて、あちこちの水路を探してみました。
 中島公園内の池は殆んど凍っています。写真の 豊平館 は国指定の重要文化財です。前の水路は完全に氷結しています。これも札幌らしい風情かと思いましたが、まだ積もっている雪もまばらですね。

餌を貰っている

 画面の橋よりこちら側は大きい池で、氷結しています。橋の下から向うは水路で凍ってはいません。
 2羽のマガモがいたので、橋の下を見ていたら、通りかかった女性がカモに給餌を始めました。たくさんの点のような物がそうです。すかさずカラスが集まって来ました。
 マガモは代表的な狩猟鳥で、冬に街から離れると撃たれて食べられてしまいます。

2009年12月15日(火):寒かった

広告ラッピングのJRバス  3時頃まで市内で健診でした。会社へ戻ってから雑用をすませ、JR札幌駅へ行くためにバス停でバスを待ちました。
 写真の札幌らーめん共和国の塗装のバスが入って来ました。長距離仕様の座席で、入り口は前しかありません。待っていた人がたじろぐと、女性の運転手さんが札幌駅行きの路線バスと説明していました。

富士フィルムフォトサロン札幌  駅近くの富士フィルムフォトサロン札幌で、北の写真家集団DANNP 写真展、北の貌(かたち)2009が12月11〜16日開かれています。画像掲示板でお馴染みの白さんとTAKOさんも出品しています。
 本名で展示されていますが、白さんは子リスやモモンガ、TAKOさんはエゾフクロウなどの写真です。
 証拠に記帳しました。

大通4丁目

 駅からそのまま地表を歩いて(地下街は建設中です)、地下鉄の隣駅の大通公園まで行きました。
 今日は真冬日だったとかで寒いです。カメラを使えるように薄い手袋なので、指先が冷え切ってしまいました。さっぽろホワイトイルミネーション も薄雪で綺麗だろと思ったからです。西5丁目方向です。

ツリーです

 こちらは西3丁目にあるツリーで、たくさんの飾り物がついています。
 時計台の時計の時間を見ると判りますが、ちょっと撮るのが遅かったです。薄暮で少し空が明るい方が美しい写真が撮れます。
 点灯が16時半なので、その時待っていなくてはいけません。ISO 800で手持ちで撮れます。どうぞ挑戦してみて下さい。ただし手が冷えますよ。

2009年12月14日(月):はにかみ君写真集

木の幹で栗を食べる

 今日は夕方札幌へ移動する日です。入門掲示板へのporipori33さんの昨日の書き込みを見て、見晴公園に行くことにしました。朝7時におきて、8時過ぎに着きました。じきに工事も始まりました。
 人家側の林の中で家内が木から降りてくるエゾリスを見つけました。寄って行ったら、声を上げて怒ったそうです。その後、見つけた栗を木の上で食べています。

地面を歩く

 教えられて見に行くと、はにかみ君です。右の目の下に白斑があります。
 2007年春に彼に気付いた時はとても若かったです。気が弱くて、人の手から餌を取れないリスとして、道南のエゾリスに何編かの主役として登場します。
 その後、一時は手から餌を貰うようになったのですが、又貰わなくなっていました。

木の根元で食べる

 この辺りは栗の木が多くて、たくさん埋めてあるようです。
 掘り出して木の根元で食べています。決して私たちが与えた餌ではありません。
 函館は今現在は全然雪がありません。エゾリスにとって過ごし易いと思います。
 はにかみ君は左の顔にも白斑がいくつかあります。

こちらを見ている

 木の根元を歩きながら、顔を上げてこちらを見ました。
 しばらく逢っていないので、全然記憶には無いようです。
 道南のエゾリスの2007年度から登場します。3歳か4歳ですね。もうすっかりベテランです。ちなみに今、私の家の壁には彼のポスターサイズの写真が飾ってあります。

2009年12月13日(日):黒ベコ丼

いつもの場所から

 寝坊したのでリス見を諦め、昼前に大沼方面に行きました。最高気温が3℃位で、風が強くて寒いです。
 駒ケ岳の冠雪は随分減りました。12月10日の絵日記で、八雲町と森町で特急列車の車窓から撮った写真を使いましたが、その時の方が綺麗です。
 これは大沼のいつもの場所(七飯町)から撮ったもので、2006年3月撮影の壁紙 と同じ場所です。今日は曇り空で、波があって、悪い条件ですね。

鹿部町から

 こちらは道道43号大沼公園鹿部線の途中から撮った駒ケ岳です。12月10日の森町からの写真の裏(反対)側になります。
 ここは牧草地でしょうか、広い草地があるのですが、その端を電線が通っていて、どうしても写ってしまいます。この辺は朝早くにはエゾシカも見られるそうですが、駒ケ岳を背景のエゾシカは撮ってみたいものです。

黒ベコ入り口  昼食は久しぶりに東大沼の黒ベコに行きました。「べこ」とは牛のことです。
 2005年4月30日絵日記(黒ベコ) で紹介していました。今やブランド品になった大沼牛の生産者が共同で経営しています。店内の掲示によると大沼和牛は岡山牛を北海道へ移した物だそうです。看板には「世界の頂点に立つ霜降り牛肉!」と書いてあります。

黒ベコ丼  詳しくは まるごと大沼のページ をご覧下さい。
 昔は小さいお店で、牛丼とステーキしか記憶に無いのですが、今は焼肉が中心になり、店内は煙いです。メニューは前記ページに載っています。ステーキは最高8,250円とかで、原点の850円の黒ベコ丼を頼みました。肉は柔らかいですが、味がちょっと濃いように思いました。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について