別館


写真絵日記


2008年 2月21日(木):耳欠け君

吹雪の白石区役所  朝から時折激しく吹雪いていました。最高気温が+なので、湿雪です。
 午前中4階から向かいの白石区役所を撮りました。吹雪の様子を取った訳ですが、後でコントラスト加工したりすると、写真が鮮明になって吹雪に見えなくなります。軽くアンシャープマスクをかけただけです。
 天気予報では午後には回復するとのことでした。

耳欠け君になってしまった  昨年10月20日の絵日記でエゾリス3兄弟 として紹介した木彫りの根付(携帯ストラップ?)ですが、ショルダーバッグにつけていたら、先日片耳が欠けているのに気付きました。家内のは両耳欠けでした。
 公園のエゾリス(帯広)の「春・追いかけ」に「耳欠け君」が登場しています。木の細い耳なので実用的でないのかも知れません。

近所の公園  札幌にはあちこちに小さい公園がたくさんあります。芝生で、小山があって、トイレつきが標準でしょうか。勤務先の自室の部屋の窓からも、そういう小公園が見えます。
 雪が小降りになったら、子供さんたちが楽しそうに雪遊びをしていました。画面上方の車で来たのでしょう。冬も外遊び、北国の子供です。

2008年 2月20日(水):汚れはない

今日の恵庭岳

 12月26日に 1010万画素の12倍ズーム機 Panasonic LUMIX DMC-FZ50 を購入しました。購入時から淡くて単調なものを撮ると、画面中央に勾玉のような汚れが写って、その様子を 1月28日の絵日記 に出しました。
 1月27日に修理に出し、2月11日に直ったカメラを受け取りました。CCD 部に汚れがあったのだそうです。 今日は部屋の窓から恵庭岳が見えたので、汚れが写らないことを確認するため撮りました。

2008年 2月19日(火):今日もカワセミ

水面が背景

 午前中に知内町に健診に行き、昼にスタッフは上磯(北斗市)から函館江差道に入ってバスで札幌へ向かいました。私は家内に上磯駅まで迎えに来てもらって、家へ帰りました。
 夕方の特急で札幌へ戻るので、時間がそんなに無かったですが、川へ行きました。天気がよくて、光が揺らぐ水面を背景にカワセミが撮れました。

目が光っている  今日家内が撮ったカワセミです。この下の方に水面が写っているのですが、それを画面に入れるとカワセミが小さくなってしまうのでトリミングしています。
 昨日も書きましたが、カワセミは撮られなれて来たのか、前ほど私たちを気にしていないようで、魚を獲りに水に飛び込んでも近くに止まります。追っていると良い運動です。

川の上のカワセミ  水面の上の枝ににカワセミが止まっています。このところ暖かいので、雪はどんどん融けています。木々の芽も膨らんで来たようです。
 カワセミは行きに川下の方へ飛んで去りました。そこから川上の方に戻って来たら、またいました。追い越されたのは気付かなかったので、いつも歩く範囲に2羽いるのかも知れません。

函館の川のそばのナナカマド  画像掲示板によると、札幌ではレンジャクが食べてナナカマドの実が無くなった場所があるそうです。今日函館市内を横断しましたが、どこもナナカマドの実はたくさん付いています。
 夜札幌へ戻ったら、白石駅からの道のナナカマドが食い荒らされて無くなっていました。去年はムクドリの大群が食べたのですが・・・

2008年 2月18日(月):3日続きのカワセミ

ネコやネギの枝で  8時から13時まで、湯の川温泉の大きい旅館の健診で、自宅からも見える距離です。終了後は歩いて帰宅しました。
 一休みして14時過ぎから川へ行きました。
 今日は私はカワセミしか撮れませんでした。たくさん写真がありますが、皆同一のカワセミで、「雪のカワセミ」の主人公です。ヤナギに止まっています。

魚をくわえるカワセミ  上の撮影直後に川へ飛び込み、近くの枝に止まりました。
 魚をくわえて、振り回していました。撮影位置を換えて、枝被りになるのを避けながら、飲み込むまでに数枚撮れました。
 後が雪で少し露出過度になって、色が濃くなってしまったのが残念です。
 細長い獲物ですが何という魚か判りません。

獲物を狙っています  食べ終わると、同じ場所から下の川の魚を狙っています。小さいので空腹が満たされなかったのでしょう。眼光が鋭いです。
 もう15時過ぎで、夕陽のな色になって来ました。
 昨年はなかなかカワセミを撮れませんでした。春には関東まで行って撮ったくらいです。最近は見つけるのも隠れて撮るのもうまくなったと思います。

雪が背景です  今日で絵日記は3日続きのカワセミの写真です。
 先週はカメラが修理中で10倍ズームで300万画素のカメラを使っていて、家内の撮った写真を使いました。今は手馴れた12倍ズームの1010万画素機ですが、自分でもカワセミ撮りが慣れたと思います。また、毎日追いかけられているカワセミの方も、少し撮られ馴れてくれたようです。

2008年 2月17日(日):健在はにかみ君

 本日夕方、別館のカウンターが9万ヒットを超えました。有難うございます。写真絵日記は一年以上毎日更新しています。これからも宜しくお願い致します。

 悲しいお知らせ:ゴイ君は今日は岸辺で横たわっていて、動きませんでした。頭は雪に埋まっていました。寒波と吹雪に耐えられなかったのだと思います。北海道で夏鳥が越冬するのは大変なことです。

追いかけっこ

 見晴公園の前を車を走らせながら正門から中を見ると、追いかけをしていたエゾリスの1匹が立ち上がってこちらを見ました。
 車を置いて、早速そちらに行くと3匹が追いかけっこをしていました。後にもう1匹加わって、4匹が木々の高いところを駆け回ります。2匹一画面は何枚か撮れました。左の追いかけているエゾリスは目の下に白斑があります。はにかみ君ですね。

水面を狙うカワセミ  草木に葉が無いので、鳥は探しやすいです。
 カワセミも行けば殆んど見ています。最近は前よりちょっと鷹揚になって、すぐには逃げなくなったような気がします。逃げても近くに止まります。
 散歩の人などがたくさん岸を歩いていて、逃げ回ってばかりはいられません。
 水面を鋭い目で見つめています。

魚を呑み込む  ダイブして魚を獲って、近くの木に止まりました。ここまではよく見るのですが、カワセミ初心者なので、続きが撮れません。
 今日はやっと近寄って、呑み込む瞬間に間に合いました。開いたくちばしの奥の、のどの方に白い魚の一部が見えるでしょうか?  枝被りのカワセミになってしまいましたが、私としては大満足です。

初めて撮ったハギマシコ  川のそばにはジョウビタキ♂やハクセキレイなどがいて、絵日記に登場しています。ジョウビタキは今日は家内が撮りました。
 こちらは宅地の法面を歩いていたハギマシコです。どんどん近付いて来て、初めて撮りました。草の種などを食べていました。雪があるのでとても綺麗に見えて、何十枚か撮ってしまいました。

2008年 2月16日(土):ゴイ君は睡眠中

眠るゴイ君  昨夜函館へ帰りました。今日は晴れていましたが、風が強くて寒いです。
 10時頃に川へ行きました。ジョウビタキ見ていたら、通りがかりの男性が「カワセミはいましたか?」と聞いて来て、「そこに変わった鳥がいる」と私が気付かなかったゴイ君を教えてくれました。日向ぼっこをしながら睡眠中です。帰りには水の中で眠っていました。

今日のカワセミ  カワセミは上流から飛んで来て、私たちを追い越して行きましたが、少し先で枯れたイタドリに止まっていました。すっきりした背景ですが、ちょっと遠いので、鮮明には撮れません。
 今日は少し余裕があって、絞りを開いて背景をぼかしました。50%縮小をトリミングしています。
 いつものカワセミだと思います。

女那川のオオハクチョウ  旧・恵山町の女那川には冬にはオオハクチョウが越冬しています。午後行ってみました。
 橋の近くに車を置いて、堤防の上を歩いて行きました。人家の裏に当たる部分で家族連れに給餌されているオオハクチョウが8羽いました。多分2家族だと思います。給餌はいつもするのですかと訪ねたら、たまにしているとのことでした。

ほていドンの旗  恵山近海で獲れる、ユニークで愛嬌のある「ごっこ」(学名ホテイウオ)をマスコットキャラクター(写真がその「ほていどん」です)に行われる冬のイベントがごっこまつりです。
 他ではなかなか味わえないごっこ汁や、「ごっこの生干し」の試食はもちろん、冬の味覚を思う存分満喫できます。
◆開催時期:2月第3日曜(今年は明日17日です)
◆場所:函館市の道の駅〜なとわ・えさん
函館市恵山支所公式ホームページ から引用しました。]

2008年 2月15日(金):木彫りのエゾリス

木彫りが展示されている  今日は午後に札幌市内で振動VDT健診で、そのまま夜の特急で函館へ帰ります。それで絵日記は少し古い話を午前中にアップします。
 2月2日に札幌駅西口にある 北海道さっぽろ「食と観光」情報館(キタベル)へ行きました。ここで堀井 清美(ほりい きよみ)氏の木彫りのエゾリスを見つけたのです。

右が堀井氏の木彫りのエゾリス  家内に衝動買いと言われましたが、思わず購入しました。工房堀井 に氏のプロフィールや作品が載っています。作品紹介その2 にこのエゾリスの写真もあります。
 左はお馴染みの やまね工房 のエゾリスの子(1,785円)です。木彫りはこの5倍強の値段でした。
 今は函館のテレビの前に飾ってあります。

2008年 2月14日(木):雪の時計台

2月14日のおは天ギャラリー

お天気レポーター認定証  昨日の絵日記で予告したゴイ君の HTBのおは天 出演は、ビデオのセットをうっかり間違えて録画できませんでした。
 上は この日のおは天ギャラリー をキャプチャーして縮小したものです。メールに書いたので、越冬ゴイサギは珍しいと話してくれたと思います。実際は8日の絵日記で使われて家内撮影の写真です。
 この嵐にはゴイ君は吃驚したと思います。明日夜に函館へ帰りますので、明後日には探してみます。
 右はいつもの認定証です。

ビルの谷間の時計台  今日も一昨日と同じ会社のVDT健診です。合間に7階の会場の窓のガラス越しに撮りました。
 ビルの隙間から、時計台が少し見えました。屋根には雪が積もっています。寒くて風が強いので、屋根の雪は地吹雪のように撒き上がって飛び散ります。
 右のビルは札幌商工会議所、左のビルは札幌市役所です。

大倉山シャンテ  一昨日の絵日記で大通公園の写真がありますが、その一番奥に写っているのがこの大倉山シャンツェ(ジャンプ台)です。
 夏冬使えるスキーのジャンプ台として有名ですが、大倉山のホームページ によると、展望台があって、通年の観光名所になっています。クリスタルハウスの らむDINING 大倉山 は行ってみたいです。

2008年 2月13日(水):雪の赤れんが庁舎

道庁前庭の雪だるま  今日は北海道庁近くのホテルで、200名以上の方が参加してくれる会合を主催しました。私の出番は午後3時頃からなので、その前に北海道庁赤れんが庁舎前庭を覗いてみました。
 昨夜から吹雪で、出勤する時は凄かったです。午後2時頃出発する頃は一時的に晴れていました。大きい雪だるまに外国からの観光客は大喜びです。

寒いカモ

 野鳥編に「寒いカモ〜」というページがあります。道庁前庭の池には真冬にもマガモがいて、吹雪いたりすると悲惨な姿になります。それを狙って行ったのですが、除雪の雪の壁が高すぎて、カモのいる池には近寄れませんでした。
 まだ一部氷結していない部分があって、これは南側の池の近くにいたマガモです。うまく露出があったようで、オスの目が見えます。
 明日午前5時35分過ぎに、HTBのおは天 にゴイ君の写真が登場予定です。

2008年 2月12日(火):ゴイ君見つけた

朝の大通公園です  テレビ塔の東側にあるさる会社のVDT健診が今日と明後日当たっています。
 ビルの7階から大通公園の西側の方を眺めています。左が南で右が北です。昨夜雪が降ったので、木々が白くなっています。
 さっぽろ雪まつりは昨夜午後10時に終わりました。画面中央辺りにオレンジ色の工事車両が見えますか?

「ともだっち」と書いてあります  昼食は大通の地下街に行きました。今日はよく入る店で、お好みの野菜カレーのセットを食べました。こと食事に関しては保守的?になり、なかなか新しい店には行きません。
 食後、祭りの後を見に行きました。もう雪像を壊しています。これには「ともだっち」と書いてあります。道民ならどこの会社の雪像か判りますね。

今日のゴイ君  夕方の家内からのメールで、今までと少し離れた場所でゴイ君を見つけたと知りました。
 嬉しい話なので、頼んで写真を送って貰いました。
 「函館の冬のオシドリ」とか「大森海岸のユリカモメ」という野鳥のページは一回見ただけでいなくなった話ですが、ゴイ君がいてくれてよかったです。本当に越冬ゴイサギのようです。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について