別館


写真絵日記


2008年 3月 2日(日):シマリス3匹

お地蔵さんのマフラーが欲しい  雪面から顔を出すシマリスを撮りたいと、7時40分に円山へ着きました。yaoya さんに言われて、1週前のようにN○Kのカメラマンさんの横に立ちました。
 少しすると yaoya さんから電話があって、第1給餌台のところに斑点ちゃんがいると教えられえました。
 巣材にしたいらしく、お地蔵様の白いマフラーを盛んに引っ張っていました。

樹皮を剥ぐ斑点ちゃん  頭の上に登ったり、立って手をかけたりして、マフラーを咥えて取ろうとするのですが、非力な斑点ちゃんの手には負えません。
 諦めて近くの木に登り、樹皮を剥がしだしました。何度も被害にあった木らしく、一部皮がむけています。しばらく頑張って、樹皮のボールを作るといなくなりました。巣へ持って行ったのです。出産にそなえているのですね。

枝の上のシマリス  また下へ戻ったのですが、シマリスは出て来ません。もう一人いたカメラマンさんと3人で、私の持っていた剥きグルミを少しずつ食べました。
 お昼近くなって、上に見える yaoya さんに電話したら、シマリスがいるとのことでした。獣道のような近道を上がって行くと枝の上にシマリスがいます。近くに巣があるそうで、背中や尻尾に雪が付いていますが、判りますか?

雪とシマリス  昔、東藻琴峠で連休中もまだシマリスは冬眠中と言われたことがありますが、昨年も今年も円山では2月20日頃には出て来ました。この場に2匹のシマリスがいました。ツーショットの写真は後程、画像掲示板に投稿します。
 帰り際に第1給餌台にも1匹いましたから、昨日のと合わせると、ここ2日で4匹のシマリスを見ました。
 今日も雪面から顔を出すシマリスの写真はお預けです。

2008年 3月 1日(土):雪とシマリス

木についた水をなめている  先週はシマリスが雪面の穴から顔を出したのは10時半頃との話でした。エゾリスも見たいので7時40分に円山公園に着きました。
 yaoya さんによると、シマリスは早く出て来て、木の上に登ったきり降りて来ないとのことでした。そこで一人で待っていると降りて来て、ほこらの内面に付着した水を盛んになめていました。写真はどれもトリミングしています。

餌場でヒマワリの種を食べる  木の根元の方にある餌場へ来て、この時はヒマワリの種を食べています。
 朝で暗いので、やはり ISO800 以上にしないと苦しいです。今日はすべて800で撮りました。
 yaoyaさんの話では、既に何匹かが起き出して活動しているそうで、暖冬のせいだけなのでしょうか。
 カメラマンさんが一人来て、一緒に撮っていました。

口の中が赤い  昔はエゾシマリスは春にならないと冬眠から覚めないと言われていましたが、最近は早く覚めるようで、そのような変化が起きているのかも知れません。
 口の中の赤いのは手をなめる舌か、円山名物のピーナッツの赤い皮だと思います。
 残念ながら穴に戻る姿は取り損なってしまいました。

ヒマワリの種とゴジュウカラ  帰る途中、別の餌場にゴジュウカラが何羽も来ていましたが、樹皮の隙間にヒマワリの種を押し込んで、突いて割っているのに気付きました。画面下の方にその種が見えます。空の殻も左に刺さっていますね。
 地下鉄車中に電話があって、白石駅からかけ直すと、yaoya さんからで「何度も出たり入ったりしますよ」とのことでした。私が帰ったあと、穴から体を出した写真が画像掲示板に投稿されています。再挑戦しなければ・・・

2008年 2月29日(金):ヒヨドリも

リスの写真  2月1日に、相互リンクのぐうたら旦那の鯖威張る の管理人さんよりメールを頂きました。
 シマリスとエゾリスの写真を各一枚ずつ、お借りしたい。使用目的は、2月24日(土)札幌エルプラザ2F・3Fにおいて 北海道環境ミーティング の一環である「環境体験屋台」が行われ、管理人さんご夫妻は実行委員と協力者としてお手伝いをしていて、その環境体験屋台の出店で私の写真を使いたいとのことでした。ご指定の写真のデータ2枚分を送りました。
 2月2日に通常掲示板で宣伝いただいたのに、早朝からのリス見と悪天候で失念していて、出席しませんでした。申し訳ありませんでした。
 使った写真を送って頂いたものです。

4羽のヒヨドリ  今日は4週に1回の受診日でしたが、早く終わったので、地下鉄で札幌駅まで出ました。
 目的は昨日家内が撮った、西武デパートのツタの実を食べに来ているツグミを撮ることでした。
 今日はヒヨドリがたくさんいました。これには4羽写っています。ツグミもたくさんいます。
 ひさしのようになったところの雪や糞も落としてくるので、真下へは行かないほうが良いです。カメラがちょっと汚れてしまいました。
 なかなか近くに集まってくれないし、ツタがごちゃごちゃしているので、すっきりした写真は撮れません。

2羽のツグミ

 1羽だけならアップで綺麗に撮れますが、何羽かを写すと間が空くし舞台が見え見えなので、苦しいです。
 これはツグミが2羽近寄ってくれたものです。上もこれも大きくトリミングしています。
 もう実は余り残っていません。くれぐれも糞害にはご注意下さい。

2008年 2月28日(木):春の写真

春の写真

 健診センター診療所の婦人科健診の待合室やマンモグラフィーの部屋などに飾る、季節の写真を提供しています。実費はちゃんと貰っています。
 昨夜は昨年3月から5月に撮った写真から7枚を選んでA4サイズにプリントしました。春の写真です。
 冬の写真はエゾリスばかり でした。今回はエゾリスは1枚だけで、花の写真が多いのは春だからです。

雪の小径  現実は冬真っ盛りです。
 今朝出勤時に白石区役所の横の通りの歩道を撮りました。正面が会社です。
 歩道はここでは人が二人通れるくらいの幅がありますが、場所にょっては一人しか通れないところもあります。壁も高いところは私の背より高いです。
 市の除雪作業車が来て、持って行ってくれるまではしばらく辛抱ですね。

壁のツグミ  駅前の西武デパートとロフトの レンガ壁面のツタの紅葉 を昨年11月14日の絵日記で使いました。
 昨日さるブログを見たら、そのツタの実にツグミやヒヨドリが来ているとのことでした。
 街へ出る家内に頼んで撮って来て貰いました。ヒヨドリが写っている写真もあります。ツタの実はヤマブドウの実みたいなんですね。左のツグミは逆立しています。

2008年 2月27日(水):さらばC-2100

道路わきは雪の山  午前中は近場の会社へ産業医訪問をしました。週末以来の冬の嵐で積雪量が例年並みになり、急に積もったので、市の除雪排雪が間に合わず、また雪捨て場も満杯だそうです。
 という訳で道路わきの雪の壁は背の高さくらいになりました。歩道はでこぼこで、夕方帰る頃は昼に融けたのが凍って、つるつるになります。

C-2100 Ultra Zoom  少し前に、長年使った オリンパス C-2100 Ultra Zoom が動かなくなっているのが判りました。
 「別館について」に書いたように、3年間ホームページを支えてくれたカメラで、とても愛着があります。「抜海漁港のゴマフアザラシ」や「レンジャク来たよ!」など、このカメラだから撮れたと思います。修理に出さずに飾って置きます。

5年前のキレンジャクの写真  5年前に撮ったキレンジャクの写真です。最近「レンジャク来たよ!」を「増補新版」に作り直しました。その際、1ページで写真8枚だったのを3ページで写真30枚にしました。
 5年前の3月15,16日たくさんのヒレンジャクとキレンジャクが、函館の家の庭のリンゴに来た話です。たくさん写真があって、勿体無かったので作り直しました。

2008年 2月26日(火):健康相談

健康相談  北海道の名門企業I組の健診の2日目を担当しました。産業医でないのでここへ来るのは初めてです。
 保健師のM崎さんが朝バスに乗って来ました。健診と同時に健康相談をするので、診察のときに目を付けたら、勧めて欲しいとのことでした。
 何人かを健康相談に回しましたが、同じくらいの受診者に断られました。
 理由はいくつかありますが、多いのは
@毎年同じことを聞いている。
A病院でも毎回10分は注意されている。
B今日は忙しいから。
などなどでした。「健康相談」と「保健指導」は随分言葉のニュアンスが違います。

13時の街の様子  午後の仕事に備えて移動する時、13時頃に撮った市内中心部の様子です。
 気温が高いのかどんどん雪が融けていて、車道はアスファルト面が現れて来ました。水溜りも出来ていて、水鏡の写真を考えましたが、それは撮れませんでした。日照があるので、体感的にも暖かいです。
 春のぐしゃぐしゃの雪融けですね。

また雪が・・  午後になってから、また雪が降り出しました。土曜のような細かい雪ですが、気温が高いので車道などでは融けてしまいます。しかし前日までの積雪の上にはどんどん積もります。
 写真は仕事が終わって帰る16時半頃豊平区で撮ったものです。また冬に逆戻りです。
 夕方までに積雪は10cmくらいは増えたと思います。

昨日撮った2枚目  天候の話ばかりでは面白くないので、昨日撮ったオシドリの写真を一枚使います。
 昨日の絵日記では、オシドリの写真は2枚しか使えなかったので、首を伸ばしたり曲げたりしている三枚目風の受け狙いの写真ばかりでした。
 オシドリは本当は二枚目の綺麗な鳥なんですよ、というが今日の写真です。

2008年 2月25日(月):オシドリのストレッチ

2月25日のおは天ギャラリーと認定証

 昨日 HTB のおは天 のO森さんという方と何回かメールのやり取りがあって、急遽今朝の放送で、2月23日の絵日記の写真が、お天気レポートとして放送されました。
 前回担当のO本さんに おは天ギャラリー (2008年1月25日分)だけでも出所を明記して欲しいと申し出ました。今回は URL を入れてくれましたが・・・。上の写真は今日のギャラリーをキャプチャーして縮小したもので、右の認定証は66%に縮小しています。

厚別の雪  今日は風も止んで、日照もあって暖かい感じがしました。
 午前中は厚別区の会社へ産業医訪問をしました。厚別区は白石区と江別市の間にあります。札幌は区によって雪の量が違うという話しがありますが、五十歩百歩かも知れません。昨日までの冬の嵐で道路わきの雪の壁は例年並みに近くなりました。

首が伸びます  午後休みが取れました。天気も良いので、越冬オシドリを見に行きました。地下鉄東西線と南北線を乗り継げばすぐです。
 オシドリは前回の場所にいました。私が着いた時にいた男性から餌を貰った後らしく、とても寛いでいました。眠そうで時々うとうとしていました。首が長く伸びます。これは自分を大きく見せているようです。

首がくるりと回ります  羽づくろいなのか、痒いところがあるのか、盛んに首を動かします。昔、エクソシストいう映画で首が回る場面がありましたが、若い人は判らないですね。
 ストレッチ体操をしているようにも見えます。色々なポーズが撮れましたので、出来ればその内にまとめたいと思います。
 周りにはマガモだけで、手前はそのオスです。

2008年 2月24日(日):積もりました

ベランダの積雪  昨日円山公園に行った時も雪は降っていましたが、それが降り止まず、夕方からは強風が吹き荒れています。
 昨夜は窓から国道12号線の方を見ても、吹雪で白くなっていて、はっきりは見えませんでした。雪は今日になって止みましたが、風の強い状態が続いていて、寒いです。一昨日まで暖かかったのが、完全に冬に逆戻りしました。空路も鉄路も陸路も、大きな交通障害を受けました。

 写真はベランダの積雪で、ここに住んで4年目ですが、こんなに積もったことはありません。山は越したようでほっとしています。

遠くの山が見えます  午後買物に出て、共用の通路から外を見ると、久しぶりに遠くの山並みが見えました。
 2月1日の絵日記 に300万画素機のZ1で撮った、同じアングルの写真がありますが、この山は見えていません。
 空気が澄んでいると8階からなのでよく見えます。細い塔は野幌の北海道100年記念塔です。

2008年 2月23日(土):細雪の円山

斑点ちゃんです  しばらく円山へ行っていません。
 今朝は霧雨みたいな雪でしたが、びしょびしょになる程ではないので、6時15分に起きて(前日と同じ時間です)7時半頃円山に着きました。
 斑点ちゃんは朝食が終わる頃で、じきに木に上がって行ってしまいました。
 かろうじてトレードマークが判るでしょうか。

いつものビデオカメラマンさん  yaoya さんには会いましたが、忙しそうで、N○Kのビデオカメラマンがシマリスを待っているので、そこにいると良いと言われました。山側の雪面に向けてカメラをセットしているカメラマンさんです。リモコンのシャッターは離しません。
 画像掲示板への投稿によると、yaoya さんはク○ゲラ(投稿ずみです)を撮りに山へ登ったそうです。

穴のそばで手を付いている  シマリスを待っていると、エゾリスが一匹現れました。
 他に女性カメラマン(カメラウーマン?)が二人いましたが、盛んに撮り出しました。連写を使っているようです。後で消すのが面倒ですが、動きのある相手には良いですね。
 雪に穴を掘るようにして、餌を探していました。
 露出が難しいです。

立つエゾリス  なかなか餌が見つからないようなので、他の方にことわって、剥きグルミを少し雪の穴に入れました。
 それも食べましたが、殻つきのオニグルミが置いてあるようで、2個ほど見つけて、近くの木の上で割って食べていました。
 1時間は待ちましたが、シマリスは現れず、結局2時間円山にいて帰りました。yaoya さんの書き込みによると、シマリスはビデオカメラマンさんも帰った10時過ぎに出てきたそうです。

2008年 2月22日(金):豚汁(ぶたじる)

環状通  北海道大学キャンバスの北にある道立の研究所へ特殊健診に行きました。年2回ありますが、大部分私が行ってます。
 環状通を西へ向かうと、写真正面の北大病院に出ます。ここを少し北へ行って、北大キャンバス下のエルムトンネルを潜ります。
 左に見える並木はナナカマドで、たくさんのムクドリが実を食べていました。

デジタル眼底カメラ  ここでは冬は採血が無くて、有機溶剤作業者の方は眼底写真を撮ります。
 3年位前からデジタルの眼底カメラが使われ出していて、ここには初めて持って来ました。
 従来の光学カメラのものより、少し小さく、一番のメリットは光量が少なくて、眩しくありません。受診者の方もお日様が光らなかったと話していました。

雪を避けるカラス  研究所の玄関横のオンコ(イチイ)の木にはよく野鳥が止まっていて、健診会場の窓から撮りました。
 今日は着いた時にはカラスが雪宿りというか、雪を避けて止まっていました。
 一時いなくなって、ムクドリが来たのですが、すぐいなくなりました。その後またカラスがやって来て枝に止まりました。雪を避けている様子です。

豚汁  職員食堂の日替わり定食は、豚汁とサケの塩焼きに漬物とご飯(460円)でした。豚汁はしばらく食べていなかったし、ウォームビズで室温が低いので、温かい物はありがたい。野菜もたくさん入っていて、薄味で良かったです。
 ところで ためしてガッテンの調査 によると、「ぶたじる」と呼ぶのは西日本や北海道に多いようで54%、残りは「とんじる」です。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について