別館


写真絵日記


2008年12月17日(水):ホワイトイルミネーション

昼の交差点  昨日から暖かい日が続いています。最高気温は東京と同じくらいでした。
 時々絵日記に登場する医局の窓から見下ろした交差点です。向いは白石区役所です。歩車分離式交差点なので、歩行者は一斉に横断します。
 昼に撮影した時には歩道にシャーベットみたいな雪がありましたが、帰りには融けてありませんでした。

さっぽろホワイトイルミネーション

 予告通り、昨日撮影した第28回 さっぽろホワイトイルミネーション の様子をご紹介します。手前のオブジェは4丁目海上のシンボルオブジェ「針葉樹」(高さ10m、電球数9,528個)です。これを近景にいれて時計台方向を撮ろうと、ビデオカメラやカメラ何台もが16時半の点灯を待っていました。点灯直後の写真 が画像掲示板にあります。こちらは左に移動してから撮ったものです。

西4丁目の道路越し  西4丁目通(駅前通です)越しに西3丁目方向を撮りました。
 西3丁目、2丁目にも巨大なオブジェがたくさんあるのですが、遠近感を強調したので、迫力がありません。道路右のビルの上には丸井デパート(丸井今井)のマークが見えます。
 撮影時間は16時33分です。夜景は薄暮時が綺麗に撮れます。

駅前通  大通会場以外に駅前通(北4条〜南4条)と南一条通り(西1丁目〜3丁目)でも開かれています。これは駅前通で、すすきの側を見たところです。左に三越デパートが見えます。
 去年は11月30日 に行きました。今日は自分が健康診断で、鼻から胃カメラ もしました。そんな訳で時間が無くて、昨日の写真で、お許し下さい。

2008年12月16日(火):暖かい一日

クマや人形  さる役所のVDT健診2日目が当たっていたのですが、受診者の人数から午前中だけになりました。
 暖かい日で、今日は最高気温は+6℃でした。明日は8℃、明後日は7℃で共に雨が降る予報です。
 大通公園の ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo のお店の一軒です。11月28日(金)〜12月24日(水)開かれています。

ツリーにぶら下げる鐘など  こちらのお店では、ツリーにぶら下げる鐘やバイオリンなどが売られています。
 ミュンヘン・クリスマス市は2002年から開かれていて、絵日記では 2006年11月30日2007年11月28日 に取り上げています。
 実は今日の夕方 ホワイトイルミネーション を撮って来ました。画像掲示板に1枚 置きましたが、明日の絵日記に回します。

今日の夕陽  今回は いつものホテル の11階に泊っていますが、残念なことに観覧車や市電が見えるのとは反対側の、南向きの部屋です。
 南側には藻岩山や中島公園があるのですが、建設中の大きいホテルの陰になって見えません。かろうじて南西側に少し山が見えます。部屋の窓から見た今日の夕陽です。
 明日は雨の予報です。

2008年12月15日(月):冬の写真12枚

白石健診センター分7枚

 四季毎の写真のA4のプリントを白石の健診センターに提供していましたが、最近は中央区のサテライトにも渡しています。今回は冬の分、昨年12月から今年2月に撮影したものから私が選んだものです。渡すのが半月遅れてしまい、昨夜印刷して(実費は貰っています)今日札幌へ持って来ました。
 こちらは従来からの白石のセンター分です。上左は円山の、上右は函館のエゾリスです。中段の左2枚は屈斜路湖のユリカモメ、右は札幌のオシドリです。下2枚は函館のカワセミで、この2枚は少しトリミングしています。


サテライト用の5枚  こちらはサテライトの分の5枚です。リスを中心にと言われたので、こだわってリスばかりにしています。
 下段左ははにかみ君、右は斑点ちゃん、中段は函館のエゾリス、上段2枚は円山のエゾリスです。どちらにも未発表作品がちょっと入っています。
 冬の写真は寒々としていて、飾るには向かないかも知れません。

2008年12月14日(日):川違い

すっかり人馴れ、はにかみ君  干潮時間を間違えて海岸に行ったのですが、すでに満ち潮になっていて、コクガンは見られません。
 それから見晴公園に着いたのは10時頃でした。入ってすぐの林に、エゾリスが3人の人を相手にしていました。女性から餌を貰っているのははにかみ君のようです。他の二人は写真を撮っていました。
 やはりはにかみ君です。

クルミを咥える  いつもの場所の近くに、今日は二番子は2匹いました。
 遅い時間なので、お腹が空いていないようで、余り熱心には餌を取りに来ません。これは剥きグルミの大きなかけらをあげたら、咥えて、すぐには立ち去らないでこちらを見ました。
 有り難う、と言っているのかも。この写真も「歯じゃないよ」ですね。

餌を埋めるエゾリス  お腹がいっぱいなので、餌を地面に埋めてしまいます。それでも餌を貰いに来るので、貯食する本能は強いのだと思います。
 最後は手でぽんぽんと地面を叩いて整えます。
 自分が冬に必要な量より、ずっと多くの食料を貯めます。場所を記憶しているかは疑問で、埋めそうな所を掘ってみれば出て来るのが真相かも。

近所の川のサケ  リスが餌を埋めてしまうので、早々に公園を去って、川に行きました。
 昨日はカワセミを、今日はアオサギを見ましたが、逃げ足が速いです。
 橋の下に大きな魚がいました。サケが川底を掘っているのです。これ1匹だけで、この川でサケは初めて見ました。年配の男性が、川を間違えたと言っていましたが、哀れです。

2008年12月13日(土):来月からのトップ写真

 峠を越えてのウェルカムページに(材)北海道労働保健管理協会のバーナを置いて、「トップ写真を提供しています。健康診断を受けていますか。」と書いています。
 来年1月からの候補を頼まれました。写真はすべて、本来の幅800ピクセルを600ピクセルに縮小しています。

オシドリ(2008.2.25/札幌)

 すべて今年1月から3月に撮った写真です。
 これは2008年2月25日撮影の札幌市N島公園近くの川の越冬オスオシドリで、この写真は未発表です。オシドリはトップ写真で使っていないと思うのですが、1羽だけは淋しいです。

シマリス(2008.3.8/円山公園)

 雪のある内から活動を始めてしまった円山公園のエゾシマリスです。
 2008年3月8日撮影で、「雪上シマリス撮影記3」に登場します。2ページ目で壁紙もダウンロード出来ます。この写真のポスターサイズが、今我が家の居間に飾ってあります。

オオハクチョウ(2008.3.20/新ひだか町)

 これは未発表の写真です。2008年3月20日に札幌から日高まで鳥見のドライブに行ったのですが、絵日記ではウマとウシとカササギが登場しています。
 新ひだか町の静内川で撮りました。ちょっとおとなしい写真です。

冠雪駒ケ岳(2008年3月30日/大沼公園)

 2008年3月30日撮影で、大沼の水面が静かで駒ケ岳の水鏡が見られました。
 旅のページの函館と大沼にある「冠雪駒ケ岳」の7枚目の写真をトリミングした物です。道南の山なので、ちょっとマイナーな山の印象です。さあ、どれが選ばれるのでしょうか?

2008年12月12日(金):クマゲラのパッキー

雪のカモメ  お歳暮のシーズンなので、今日は3軒の店を回りました。最初は全国的スーパーです。送料無料は有り難いですが、函館の海産物は加工品がメインです。次ぎに前に絵日記で紹介したことのある水産物会社の直営店に行きました。函館山の近くの海岸にあります。海を背に、雪の中でカモメが2羽止まっていました。カモメは雨は苦にしないと思っていましたが、雪も平気なようです。

500mlペットボトル6本セット  最後は函館市内が本拠地のスーパーのギフトコーナーで用をすませました。こちらは函館で製造された品が中心で、それぞれ品揃えに特徴があります。
 その後、ホームセンターへ行ったら、写真のミネラルウォーター500mlペットボトルの6本セットが300円未満で売られていて驚きました。この黒松内産の水は「名水・湧水」で取り上げていますが、2lボトルはよく100円前後で売られています。

クマゲラのパッキー  12月4日に、さる広告代理店の札幌支店のI内さんからメールがあって、(NPO)国際パークゴルフ協会のホームページ をリニューアルしていて、協会のロゴマーク「クマゲラマーク」の紹介するページ(新設)に、私のクマゲラの写真を使わせて欲しい、とのことでした。
 掲載条件を尋ねられましたが、(NPO)国際パークゴルフ協会は半公的なものなので、写真の出所を明記してくれれば良いと答えました。
 本日更新されて、トップページ>パークゴルフについて>キャラクター・ロゴマーク に載っています(「クマゲラの鳴く森」より)。左はその一部をキャプチャーして縮小した物です。ちなみにマスコットキャラクターのクマゲラが「パッキー」です。

 ゲートボール が十勝の芽室町、パークゴルフ がやはり十勝の幕別町が発祥の地と言うのは面白いですね。

2008年12月11日(木):歯じゃないよ

「歯じゃないよ」  朝から本曇りで、暗いので迷っていたのですが、降っては来ないので11時近くに見晴公園に行ってみました。
 ちょっと待ったら2匹出て来てくれました。どちらも手から餌を取りました。
 あげた大きい剥きグルミを、食べずに口に咥えています。歯のように見えますが、歯ではありません。横向きの 壁紙サイズの画像(←クリック)を画像掲示板に置きました。

こちらを見ています

 立っているのはヒバ(ヒノキの仲間)の根の上だと思います。
 胸に手を当てて立っていたのですが、体を捻ってこちらを見ました。ご覧のように後の林の方は真っ暗です。カメラの感度は久しぶりに ISO 1600 にしました。大きくすると画質の低下が判ります。
 あどけない顔をしていますね。

植木の中で  人が傍にいるとカラスは来ませんが、離れると時々エゾリスの方に飛んで来ます。リスの方がスピードがあるので、容易に避けています。この兄弟も子リスの時に1匹がカラスの犠牲になったそうです。これだけ大きくなると、カラスもエゾリスの埋めた餌の方を狙っています。
 こんな風に葉の落ちた植木の中に入ってしまうと、カラスも近寄れません。「庭園のエゾリス」と言う感じです。

手から貰う  こちらは耳毛がストレートヘアのリスです。お腹を空かしていた様で、家内が手渡す剥きグルミを、次から次へと食べていました。満腹すると咥えて行って、地面に埋めてしまいます。
 餌はたくさん埋めてあるようで、地面を探しては掘り出して、食べたり、埋め直しています。
 函館は積雪も少ないし、気温も内陸ほどは下がらないですが、エゾリスにはやはり冬は厳しい季節です。

2008年12月10日(水):3プラス1匹

ソバージュ  昨日の成果が嬉しくて、今日は9時に見晴公園に着きました。昨日より駐車場の車がずっと少ないのは30分の違いのせいでしょうか。
 公園に入ってじきの所に、二番子が2匹いました。写真を撮っているともう1匹現れ、兄弟全部が今日は近くにいます。これは耳の総毛がソバージュパーマのように縮れたリスです。周囲の雰囲気を入れたくて、あえて小さく撮っています。

耳毛の無いエゾリス  じきに耳毛が殆んど無いエゾリスも現れました。少しころっとした印象です。人馴れしていて、手から餌を取ります。
 11月23日の絵日記「寒いだろうに」 のエゾリスは夏毛でしたが、これは少し毛が伸びている感じです。3プラス1匹が走り回っていて、家内は「リス公園みたい」と言いました。
 木の幹の ツーショットの画像(←クリック)を画像掲示板に置きました。

直毛エゾリス  石の上に餌を置いて食べさせて、写真を撮りました。
 こちらは耳の総毛がストレートヘアです。にっこり笑っているように撮れたので、これとちょっと角度が違う写真を、別館のトップ写真にしました。鼻の頭に付いているのは、クルミのかけらだと思います。
 ヒマワリの種も上手に割って食べることが判りました。兄弟リスの内には、手から餌を取るリスもいます。

固まるエゾリス  水の涸れた川の上流部分は、木が生い茂ってとても暗いです。
 その川岸の石の上で、1匹が固まってしまって動かないのを家内が見つけました。動かないのはチャンスだと言って、家内がたくさん撮った写真の中には、カメラ目線もありました。固まっても、途中から視線だけは動かすのですね。口にはヒマワリの種を咥えています。この後、枝の上でも固まりました。

2008年12月 9日(火):頑張る二番子

立つ子リス  久しぶりに天気も回復して暖かいくらいです。9時半頃見晴公園に行きました。
 公園に着いてすぐに杉林で「秋の子リス」が2匹チョロチョロしていました。餌を探したり埋めたりで、近付き過ぎると相手を追い払います。付かず離れずの兄弟(姉妹かも)ですね。もう1匹はどうしたのでしょう?
 鼻の先が黒いのは濡れた土です。耳の総毛も濡れてくっ付いています。

木に逆さにつかまる  私たちが最後に子リスを見てから50日くらい経っていて、すっかり逞しくなっています。
 11月1日の絵日記に書きましたが、S田さんに聞いた話では、いつもいた谷間から10月23日にはいなくなったそうで、紅葉目当ての人が多すぎたから、との話でした。
 その後はばらけて、公園内で目撃されていたそうです。私たちは久しぶりに成長した子リスにあったのでとても嬉しいです。

このリスは餌は取れません  通りかかったカメラマンが、リスを見て、「二番子だよ」と言って通り過ぎて行きました。その年の2回目の出産で生まれた子供を二番子と言います。
 クルミを取りに手の近くまで来るのですが、この2匹は取れませんでした。
 この後、モミの木のところにいたもう1匹は、最後に家内の手から餌を取ったそうです。カラスも見ていましたが、無事に大きくなりました。

ツーショット?

 昔ここで見た、貰える君(エゾリスのページのトップ写真です。本当はメスでしたが)と貰えない君もよく一緒でした。円山の斑点ちゃんの子供にも一緒に付かず離れずで行動している兄弟と1匹狼みたいな子がいました。
 帰りにもう一度少し離れた場所で見つけましたが、こんな感じで走り回っていました。

2008年12月 8日(月):避難するカモ

急流から避難するカルガモ  昨夜から昼頃まで雨でした。結構な量になります。
 午後は雨も止んで明るくなったので、川へ行きました。大失敗でした。
 増水した泥水が急流になっていて、カモたちも大部分が岸に上がっていて、浮いているのも流れのゆるい場所だけです。
 カワセミはこんな日は魚も見えないと思うのですが、どこか綺麗な池にでも行っているのでしょうか?


サンクス号

 11月1日の絵日記 で写真を使った、函館市電のサンクス号は、多分一番新しい塗装(ラッピング)と思います。前回の写真は斜めに撮っていて、側面の塗装がよく判りません。
 今日はほぼ真横から撮りました。近いうちに函館市電の新しいページを作るつもりで、写真は撮りだめしています。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について