別館


写真絵日記


2007年 1月26日(金):盛岡冷麺

中央は北大病院  今日は北24条で石狩街道に面した、自○車○備振○会へ健診に行きました。午前中は一般健診が多く、午後は特殊健診(有機溶剤など)が主となります。
 環状通と言う道を使って西へ移動するのですが、この道は北大にぶつかってしまいます。写真の突き当りが北大病院です。雪が続いて、背景の山も雪が多くなりました。

盛岡冷麺  会場の向かいに、前はパスタの店がありましたが、しばらく行かない内に、焼肉屋さんになっていました。ランチがあって美味しいですよ、と健診先の職員の方に教えられ、行ってみました。
 焼肉屋さんには滅多に行かないので勝手が判りません。ランチメニューにも石焼ビビンバとか食べたことが無いものばかりです。盛岡冷麺セットと言うのがあったので、冷やしラーメンみたいなものかと思って頼みました。朝鮮料理がルーツなので、キムチが入っています。右の白っぽいのは薄切りのリンゴで、手前の赤いのはトマトです。
 冷やしラーメンとは全く違うものでしたが、残さず食べたのは麺好きだからですね。
 ちょっと知りたい方は 冷麺(Wikipedia)をご覧下さい。

2007年 1月24日(水):積もって融けて

雪の道  今日は久しぶりに市内に巡回健診に出ました。駐車場からバスが出発する時間は7時45分でした。
 昨日積もった雪の中を家から歩いて行きます。
 まだ少し暗い感じがします。夜も降ったのか歩道が細いところでは、人とすれ違うときは身体を捻って避けねばなりません。
 新雪は真っ白で綺麗ですが、気温が高いので湿った雪です。

藻岩山  午前中の会場は南区の藻岩山の下の方でした。豊平川を渡っているところです。
 藻岩山はやはり例年より雪が少ないように思いました。
 心配になって調べてみたら 札幌藻岩山スキー場 は積雪70cmでオープン中とのことでした。やはり山は雪が多いですね。多分市街地の倍くらいの積雪と思います。

リンゴ並木  昼近くに午後の会場に移動しました。
 環状通を走っています。道路の中央は有名な平岸のリンゴ並木です。こんな市街地のメインストリートにリンゴ並木があるのは珍しいです。豊平区にはもう一つ平岸街道にもリンゴ並木があります。
 日が照っているので、雪はどんどん融けています。ちょっと早春みたいです。

2007年 1月23日(火):降りました

公園で遊ぶ子供たち  朝からべた雪が降り続いていました。
 会社の自分の部屋の窓から近所の小さい公園が見えます。札幌はこういう小さい公園がとても多くて、感心しています。
 雪をつみあげた小山は子供さんたちの絶好の遊び場です。昼前、たくさんの子供さんが元気に遊んでいました。子供は風の子、雪の子です。

ナナカマドの雪  午後は吹雪のようになりました。10cmくらいは積もったと思います。真っ白になりました。
 午後4時頃用事で歩いて外出しましたが、小降りになっていました。
 雪の積もった定番のナナカマドの実ですが、今日はちょっと凝って太い枝の上の雪も入れました。5時に帰るときは完全に止んでいましたから、ラッキーでした。

2007年 1月21日(日):巣材を運ぶ

巣材を運ぶ(家内撮影)  6時に起きて、7時半より少し早く地下鉄で円山に着きました。画像掲示板に画像を毎日投稿して下さる 円山近辺の四季 の yaoya さんとあちこち見て歩きました。
 これは家内が撮った、巣材を運ぶエゾリスで、くるくる回して丸めながら樹の上を歩いていたそうです(私は別所にいて見れませんでした)。

落花生を食べる  函館の見晴公園のエゾリスに、剥いたピーナッツを渡そうとしたら無視されたことがあります。地面にも落花生の殻は落ちていません。
 円山のエゾリスは殻つきの落花生をうまく食べるのが不思議です。
 これは落花生を、枝の上で器用に食べているところです。こういうことは学習なのだと思います。

穴から出る(トリミングしています)  yaoya さんに教えて頂いた、今まで発表したのと違う巣穴から出て来たところです。この少し前に巣穴に入りました。
 この後、枝伝いに雪をなめに行きました。この写真は遠いのでトリミングしています。雪をなめている 壁紙サイズの画像(←クリック)が画像掲示板にあります。そちらはノートリミングです。

給餌場のエゾリス  着いたときにも神宮の野鳥の給餌場に一匹のエゾリスがいました。
 2時間後くらいの、帰るときにも一匹のエゾリスが黙々と餌を食べていました。道を通る人も気にしていません。よく二匹で来るので、最初と同じリスかどうか判りませんが、こんなところで食べ続けていると、メタボリック体型になりそうですね。

2007年 1月20日(土):花鼠、松鼠

花鼠と松鼠  1月4日の絵日記で、本館のプロバイダー標準装備のアクセス解析ソフト Webalizer によると、リファラー(どこから来たか)に先月から中国の Google と評価されているような検索エンジン imageBiadu が登場したことを書きました。
 ページ数が多いので、ページ間の移動が多くなり、リファラーは自分のページが殆どです。今月分で昨日までのトップは野生動物のページです。外部のページは30位以内では9位が goo のキッズ版、12位が serch.yahoo、19位が image-search.yahoo、21位が image.baidu、29位が google です。
 imageBiadu が気になって調べたら、シマリス、リスは中国語ではそれぞれ花鼠、松鼠といいます。でも、何を検索しているのか全く判りません。

2007年 1月19日(金):怒られた

餌頂戴  今日も一昨日のように午前中の仕事から外れました。8時半に帯広神社へ着きました。
 給餌台の近くに2匹のエゾリスがいて、1匹は人馴れしていて、私に近付きズボンを前足でチョンチョンとつつきます。餌をねだっているのです。
 案の定、給餌台は空っぽでした。野鳥用のヒエみたいなものしかありません。訴えるように見上げています。この写真の 壁紙サイズ(←クリック)が画像掲示板にあります。

何か食べる別のエゾリス  もう1匹のエゾリスは少し若い感じで、近くは通るのですが、余り近寄ると離れて行きます。
 地面から何か小さいものを拾って食べています。1個しかなかったようで、すぐ食べ終わりました。ここは前にはH間さんという常連さんがいましたし、相互リンクのDDさんが「エゾリスおじさん」と言っていた毎朝給餌に来る方もいましたが、今日はまだのようです。

幹の上で怒っている  最初と同じリスです。何度も私に近寄って走って来る(これが速くて撮れません)のに、何もあげないので、切断された木の幹に登ってしまいました。
 近寄って写真を撮ると恨みがましいような目をしていると思いました。
 緑ヶ丘公園では豊富に餌を貰っているので、ここに来るときも何も持って来なかったのです。

膝をかじられる  また近付いて来たので、しゃがんで写真を撮ろうとしたら、前足を私の膝にかけて来ました。
 悪いことをしたなあーと思っていたら、写真のようにズボンを噛まれてしまいました。本当に怒っていたのですね。このままいても機嫌をそこねるだけと、神社の横を流れる帯広川へ水鳥を見に行きました。
 マガモが多いですが、結構な数のカルガモも越冬していて、この点が札幌と違いますね。ハクチョウもいましたが、餌を持ってないので遠くから見ただけです。
 今日は午後は仕事で、夜には札幌へ戻り、遅くなるのでお昼に絵日記アップしました。

2007年 1月18日(木):東奔西走

凍った道  一昨日の絵日記で凍った道の写真を使いましたが、何だか迫力不足の気がして、今朝撮り直しました。場所はホテルの駐車場の前の仲通です。
 今日は最高気温は−3℃(明日は0℃の予報です)で、氷はカチカチに道路にへばりつき、つるはしでないと砕けません。日照があると表面だけ融けますが、またそれが凍って、悪循環ですね。

白い空  午前中は帯広市内のN自動車のさる支店で、フォローアップ健診(前回軽い異常のあった人の再健診)でした。
 メインは午後の集団健診で、今日は午後3時から6時20分まで、大樹町が会場でした。月曜が芽室町、火曜が帯広市(これは午前10時から)、昨日は豊頃町、明日が士幌町です。まさに十勝地方を東奔西走です。
 写真は国道236号線で帯広から36.5キロの地点です。今日は白い曇り空で、夕方から雪になりました。

健診会場  今日の会場の準備が出来たところです。
 さる業界団体の集団検診を全道でしています。仕事が終わってからも受けられるように、終了時刻を遅くしています。
 一度に多数の受診者が来場しても対応できるよう、医師も複数(今週は2名)で診察します。それで日によって朝リス見が出来るのです。明日は帯広神社に行く予定です。

2007年 1月17日(水):ツーショット

覗いているのはゴジュウカラ  2003年3月23日に帯広市の緑ヶ丘公園で撮った写真を使った2ページが、エゾリスのページの「公園のエゾリス(帯広)」にあります。
 今日と明後日は午後の仕事で、朝のリス詣でが出来ます。寒い中を覚悟を決めて行きました。私的給餌台が前より多くなったような気がします。後から覗き込んでいるのはゴジュウカラです。

2階建ての給餌台  4年前にはこれはありませんでした。エゾリスは軽い縄張りを持っていて、他のリスが近付くと追い払います。並んで餌を食べるのは親子兄弟くらいしかありません。
 こんな風に給餌台が2階建てになっていると、お互いが直接見えないので、2匹同時に餌を取ります。下のリスの方が強いようで、時々上のリスが逃げていました。

挨拶しているような  エゾリスは10匹以上(20匹以下)見ました。給餌台も10個はあったと思います。
 愛想のよいリスも何匹かいて、足もとに寄って来るのもいましたが、餌を持って来るのを忘れました。でも大部分は余り近寄ると逃げ出します。
 「よく来たね」と挨拶している訳ではないですが、にこやな表情で、体型はメタボリックです。

本当のツーショット  一ヶ所に4匹いて、走り回っている場所もありましたが、撮れません。
 真面目に狙っていたら、立て続けに携帯電話にメールが来て、数匹同時は撮れませんでした。
 これはぼけてはいますが、左側にもリスが写っています。風が無くて、寒くなかったです。
 壁紙サイズの2枚目の写真(←クリック)が画像掲示板にあります。

2007年 1月16日(火):放射冷却

ピカピカの車道  十勝地方は冬は快晴のことが多く、今週も帯広は好天の予報です。
 昨夜も晴れで、雲が無い分、地表の熱が奪われて冷えます。放射冷却という内陸地方に多い現象です。今日は最低気温が−14℃の予報でした。
 8時半頃の車道です。昼に少し融けて、そのまま凍ってしまいます。これは車道ですが、歩道も同じです。怖いですよ。

こんな青空です  同じ時間の中心街です。影が長いですが、空はすっきり快晴です。
 この道は駅を背にして、六花亭の本店の方を向いたメインストリートです。右側は消費者金融の看板がとても多いのを撮っていて気付きました。
 明日は最低気温が−15℃、最高気温が0℃の予報です。午前中は仕事を外れたので、エゾリスを見に行きたいですが寒そうですね。

2007年 1月15日(月):合わせて150分

工事中の橋梁  10時過ぎの特急「とかち3号」で芽室へ向かいます。釧路や帯広行きの振り子特急は芽室町には停まりません。
 今週は帯広へ4泊します。メインの健診は午後から夕方にかかるさる業界の合同健診です。
 写真は夕張市と占冠(しむかっぷ)の間の建設中の高速道路・道東道の橋梁(支柱?)です。

トマム駅ホーム  トマム駅のホームです。先日の爆弾低気圧で、トマムと隣の新得駅間で脱線事故がありました。
 隣の駅は写真のように道東側が新得で道央側がしむかっぷです。実はこのしむかっぷの隣の新夕張駅からは、新得までの4駅すべてに各駅停車のように特急が停まります。峠越えで駅と駅の間隔もとても広いです。

道東道の看板  トマム駅から見えるように山の中腹に、写真のような看板が立っています。雪が降っていて、明確ではありませんが、「帯広まで50分←道東道建設中→札幌まで100分」と書いてあります。現在道東道は夕張から十勝清水までが不通で、一時は建設が断念されたような気がします。札幌から帯広まで合わせて2時間半ということですね。今の石勝樹海ロード(一般道)でも速い人は3時間位だと思います。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について