別館


写真絵日記


2007年 3月17日(土):小枝を運ぶ

小枝をくわえて木を降りる  昨日よりちょっと遅く公園に行ったら、野鳥は集まって来ません。
 それでもエゾリスは2匹見ました。これは馴染みのリスで、餌をさし出すと貰いに来ます。今は巣作りで忙しいようで、ツリバナやイタヤカエデの枝をバキッと折って、くわえて、巣に運んでいました。杉の皮をはがす様子は先日、「巣材をはがす」としてまとめました。

ひさしの上でくつろぐ  巣材の小枝を折るためのツリバナの木に跳び移る前に、ひさしの上でくつろいでいるところです。
 気温は低かったですが、日照はありました。この辺は常緑樹もあって、背景は何となく早春を感じさせます。エゾリスも少し脱毛が始まっているようです。
 巣の準備にお母さんは大変ですが、元気な子リスの姿をを見たいものです。

川で見たキンクロハジロ  家に帰って、いつものように歩いて川に行きました。
 葉っぱが茂る前がカワセミ撮りのチャンスですが、犬の散歩などで川岸も人の行き来が多く、なかなかじっとしてはいません。今日も撮れませんでした。
 大沼のセパットや海ではよく見るキンクロハジロをこの川では初めて見ました。オナガガモはメスだけ残っていました。

2007年 3月16日(金):函館でも手乗り

手渡し  8時半過ぎに見晴公園に行きました。円山公園よりずっと遅いです。
 入り口近くに2匹のエゾリスがいて、手から餌を取って行きました。最初はためらいがちのようでしたが、じきにいつものペースになりました。殻つきクルミを渡しているのは家内の手です。
 カラ類がたくさん飛んでいて、実はここでヒガラが二回家内の手から剥きグルミを持って行きました。

モミの木でのツーショット(家内撮影)  モミの木のところにも2匹エゾリスがいて、1匹は木に上がってしまいましたが、もう1匹は何度も手から餌を持っていきました。
 モミの木の上でクルミを食べているエゾリスをシジュウカラがうかがうように見ています(家内撮影)。
 最近の積雪で地面の餌が採りづらくて、カラ類はお腹を空かしていた?のかも知れません。

ヒガラの手乗り  最初の場所に戻ると、リスはもういませんでしたが、短い木に多くのカラ類がいます。
 再び手乗りを試みると、何回も餌を手から取っていきます。手に乗ったのはすべてヒガラでした。ハシブトガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラは飛んできても手に乗れません。
ヤマガラは木の上から見ていただけでした。

臨時の給餌台  他のカラ類に餌をあげようと思って、石の上の雪を除けて、剥きグルミ、ヒマワリの種、ピーナッツを置きました。次々に餌を取りに来ます。
 これは餌を選んでいるゴジュウカラです。ヤマガラは今日は数も少なく、来ませんでした。
 本館の野生動物・野鳥編に手乗りに林のことが2ページありますが、今日は函館で、あの懐かしい羽音を間近で聞きました。

2007年 3月15日(木):強風

猿山温泉  昨夜遅く函館へ帰りました。函館駅の構内に、温泉の模型がありました。迎えに来てくれた家内は前からあったと言いますが、私は初めて気がつきました。足湯でも出来るのかと思ったら、お湯は無くて猿が入浴しています。
 函館の熱帯植物園にはお猿さんの温泉があります。2001年8月12日の絵日記は「サル山温泉」です。

隠れるツグミ  時々雪が舞って、日もさす天候でしたが、風が強かったです。
 10時頃いつもの川へ行きました。いた水鳥はカルガモ、コガモ、オナガガモ(ここでは初見)、カモメ、アオサギ、カワセミ(見ただけ)です。カワガラスはもうお山へ帰ってしまったよう。
 写真は木の枝の中に隠れるツグミです。目が見えるように撮れました。

ムクドリのペア  北海道テレビ放送HPの北海道花情報は今年で6年目になります。3月9日に本年版が 北海道花情報2007 としてスタートしました。
 今日は今年初めて、ネコヤナギと根崎グランドで撮ったタンポポ(さびしい写真です)を投稿しました。
 写真は根崎にいたムクドリで、色の黒っぽいほうがオスです。

コクガンとヒドリガモとカモメ

 そのままコクガンを見に行きました。大陸方面で越冬していたのが帰りに混ざるので、今頃数が多くなると読んだ覚えがありますが、定かではないです。
 ブロックの岸側は波も低いので、餌の海藻がとれます。多分8羽写っていると思います。ヒドリガモが2羽写っていました。北帰の途中です。
 函館山の方を撮った 風の強い海の写真(←クリック)を画像掲示板に置きました。

2007年 3月14日(水):春のカワセミ

柳瀬川のカワセミ

 四季ごとに 勤務先のHP の表紙の写真を提供しています。来月が更新です。
 担当のY山センター長に「今度はカワセミですね」と言われました。春に撮ったのは、本館の野生動物・道外編の「柳瀬川にカワセミを追う」(壁紙をダウンロード出来ます)の写真しかありません。
 2006年4月10日に東京都清瀬市の柳瀬川で撮ったものです。ホームページの トップ写真(←クリック)はもっと大きい横長のものです。
 明日から2日間休暇なので、今夜の最終の特急で函館へ帰ります。

2007年 3月13日(火):相互リンク集

リンク集(4)A,B,C  2006年5月6日に本館のリンク集を5ページにして、4ページ目の「相互リンクサイト他」 に掲載済みだった5サイトを移動し、新たに12サイトを掲載しました。5ページ目は以前の4ページ目です。
 その後も相互リンク希望サイトが増加し、一回の更新ごとに3,4サイトを掲載することがあって、リンク集(4)はパンクしそうになりました。それで2007年2月25日に15サイトほどを、リンク種の(1)〜(3)に移動させて貰いました。
 それも解決にはなりません。3月10,11日の2日間に7サイトと相互リンクをしています。自分が駆け出しの頃、ベテランサイトにリンクして頂いて嬉しかったから、原則的に断らないことにしています。でも私は、リンク依頼する前にそのサイトの掲示板などに何度もお邪魔していました。「始めましてのリンクはお断り」と書いているサイトもあります。
 昨日、ついにリンク集(4)をAとBに分割しました。Cのタイトルも用意しました。今度は先着順でなく、大まかに分類しています。

 新しくホームページを立ち上げた方々に私のアドバイスを。リンク数を増やすよりも、内容を充実させる方が PageRank はアップすると思います。テキストリンクよりバーナーによるリンクの方が目を引いて、集客に役立つし、ALT属性を使えばサーチエンジンのロボットに対する効果は同じだと思っています。

2007年 3月12日(月):冬に逆戻り?

白石本郷通  一週間ぶりの出勤です。予報通りの雪になりました。予想最高気温も氷点下です。
 私の勤務先は増築を何回かしています。窓から覗いている連絡部分が左右の建物より細くなっています。

 見下ろしているのは本郷通と言う道で、向かいはいつも書いていますが、白石区役所です。
 新雪が積もっているのは歩道や木の上で、車道のものは融けてしまいます。「冬に逆戻りですね」なんて話しましたが、これでも例年の今頃よりずっと雪は少ないです。

2007年 3月11日(日):金のリス、銀のリス

金のリス、銀のリス  今日はどこへも行かなかったので、昨日買った金のエゾリス、銀のエゾリスの写真でお許しを。
 昨日円山公園から北海道神宮へ回り、久しぶりに六花亭で判官さま(2002年2月2日絵日記)を頂きました。私たち以外のたくさんいた客はすべて台湾からの人たちだったと思います。
 店内に写真のような金のエゾリス、銀のエゾリスの根付が売られていました。家内が欲しいと言うので両方を買いました。聞いたら六花亭のオリジナルでなく、北海道神宮で売っているものでした。銅のエゾリスはなかったです。
 家内は銀を選びましたので、金のエゾリスの根付は、本館の30万ヒットの切り番記念にプレゼントしたいですが、けちっぽいですね。

2007年 3月10日(土):雪のシマリス

いたずら斑点ちゃん  出張の疲れは残っていましたが、日曜が悪天の予報なので、いつものように6時15分に起きて、家内と円山公園に行きました。
 円山近辺の四季 の yaoya さんに電話すると、第2給餌台にシマリスがいたとのことです。
 第1給餌台には斑点ちゃんがお地蔵様の衣服か帽子をいじっていました。いたずらが見つかった子供みたいです。

都会近くで暮らすエゾリス  別のエゾリスが枝の上にいます。色々な大きさで撮っていて気付いたのですが、背景に円山近辺のビル群(マンションが多い)が見えます。この時期、葉っぱが無いので見えるのだと思います。
 気に入ったので、壁紙サイズの大きい写真(←クリック)を画像掲示板に投稿しました。
 エゾリスはあちこちで、随分たくさん見ました。

雪のシマリス  第2給餌台のシマリスは去った後でした。降りかけたら、遅れて登ってきた yaoya さんに、巣があるから待っていれば来ると言われて、引き返しました。
 程なく出て来ました。雪のシマリス初めて撮りました。先月から出没しています。シマリスの冬眠期間は年々短くなっているようです。ユリカモメの滞日期間も延びているようで、自然も変化します。

枝上のシマリス  満足して、yaoya さんとお別れしてから少し離れたところでお電話があって、第1給餌台にシマリスが降りてきたとのことでした。引き返して、私も家内もたくさんのシマリスの写真を撮りました。
 シマリスは2匹起きて、活動しているようです。
 あちこちと見て3時間半は円山公園にいました。北海道神宮には台湾からの観光客が多いです。

2007年 3月 9日(金):好天続き

気温は0.1℃  今朝は8時半ホテル出発でした。ゆっくりレストランで朝食もとれます(昨日までは朝7時15分出発)。
 8時40分頃の根室支庁の角の交差点です。国道44号線はここで終り、ここからは道道35号線根室半島線です。気温は+0.1℃と表示されています。この時期では暖かい気温で、今日は風もありませんでした。

健診会場の駐車場  昼で仕事が終わりました。今日は受付終了時刻まで受診者の列が途絶えず、痺れました。
 お昼の会場の駐車場です。昨日は横並びだった健診バス3台が今日は縦並びです。
 相変わらずの青空で、今回の道東出張はとても天候に恵まれました。札幌や函館より気温が高くて、雪にもあいませんでした。

風連湖です

 16時17分釧路発の特急で札幌へ帰るので、バスは釧路のホテルへ預けます。
 昼は根室の道の駅でとりました。道の駅の展望室からは対岸が見えます。風連湖の水路は写真のように真ん中しか融けてはいません。
 氷に降りているのはオオワシです。飛んでいるのも多分そうだと思います。今日はエゾシカが見られずがっかりです。

エゾシカ用横断歩道橋  根室へ行くときに気付いたのですが写真は撮れなかった、厚岸町にあったシカ用横断歩道橋です。今日は運転手さんと相談して少し徐行してもらいました。
 根室市内の道道に同じようなものがあって、取材に行って旅行記などで取り上げています。国道では初めて見ました。さっと検索しましたが判りませんでした。
 シカが渡っていれば最高ですね。

2007年 3月 8日(木):根室の空

3台の健診バス  朝一番の健診先で、10時頃撮りました。健診バスは3台います。右が胸部(X線)車で一番小さいく、左の2台は胃部検診車でマーゲン(ドイツ語で胃)車といっています。今日明日は胃の検診を受ける方が多くマーゲン車2台体制です。
 お見せしたかったのは青空です。札幌や函館は雪もあるようで、根室の方が最高気温が高いです。

強風にひるがえる旗  10時頃から明日昼までは、大きい会館の部屋を借りて合同健診です。複数の事業所の方が受診し、特殊健診もします。会館の中に軽食喫茶があり、お客は7人全員が健診スタッフで、内6人がエスカロップ(旅のページの「2005年夏・根室地方への花と鹿の旅」の2日目で説明)でした。
 窓から見た旗は強風でひるがえっています。

根室駅のプラットホーム  少し明るい内にホテルに戻ったので、頭端駅(それより先が無い駅)の根室駅のホームの写真を撮りに行きました。北海道は広いので、頭端駅はたくさんあります。いつか全部行ってまとめたいです。
 写真を撮りたいと頼んだらホームへ入れてくれました。丁度夕日の時間です。
 線路は画面中央の×印の札の場所で終りです。

 判りやすい 少し大きい写真(←クリック)を画像掲示板に投稿しました。

エトピリカのキーフォルダー  誤解の無いように書き添えますと、日本最東端の駅は隣の東根室駅です。
 根室駅のキヨスクには、家内に頼まれていたエトピリカのキーフォルダーが4種類もありました。エトピリカは北の海鳥で、北海道でも殆ど見られなくなりました。確か隣の浜中町の町の鳥と思います。
 3個買ったので2個は切り番プレゼントにします。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について